積崩GOOD LUCK




−記事の内容−

*前へ | 後へ#

Wizardry Empire 復活の杖 プレイメモ 【19】
[2010-05-21 13:25]

GB 「Wizardry Empire 〜復活の杖〜」(GBC)のプレイ記録、ようやくの最終回。
今回は最下層をひたすら徘徊し、クリアを目指します。
前回、侍をムサシに転職させたので、今回はLV上げ作業から。
敵が強いEx07でボコボコにされながらも経験値を稼ぎ、LV.13まで育ててみました。HPもだいぶ増えてきたので、試しにEx08へ降りてみる事にします。

【Ex08】
(N4 E12)にある仕掛け扉を開けるため、同じ室内にある3つの掛け軸の元へ。
各スイッチで数字の入力を要求されるワケですが、やたらと俳句を詠み上げられるこのフロアの状況から推測するに、「五七五」ではなかろうか。
と、いう事で思い切って5、7、5と順に入力してみたところ、ドアが開き先へ進めるようになりましたヽ(´ー`)ノ

(N6 E12)「狼藉者めが!!おのおのがた、ご油断めされるな!!」

待ち受けていた「ゆうれい」シリーズとの戦闘。いつもの様に神聖魔法で一気にいきます。
彼等を撃破し、更に奥へと進んで行くと……。

(N9 E12)「あるじの間」
(N11 E12)「部屋の中には一人の男がいた。鋭い眼光でこちらを見つめている。
『何者か!!我は我が主君の命によりお屋敷を任された者なり。我が眼前に立った事をあの世で後悔するが良いわ!!』」


さぁ、ボス戦です。敵は「マスターニンジャ」×4、「ザ・ハイマスター」×2、「シャドウ」×1、そしてボスの「カムイ」。
このカムイ、雑魚で出て来るものと名前こそは同じですが、見た目も能力も大きく異なります。
なんで雑魚と一緒の名前にしちゃったのかは謎なのですが、前作で登場した武家屋敷フロアにも「カムイ」という名のボス敵が居たので、それと関連があるのかもしれませんね。

戦闘では「シャドウ」がとにかく面倒。「ブレス」をかけまくって攻撃するしかありません。
カムイ自体は、運が良かったのか、そこまで手こずった記憶がありませんでした。

「『むねん……。』
そうつぶやくと男の姿は消えていった」


ボスを撃破したのでEDかと思いきや……何も起こる気配がありません。
それもそのはず、実は今倒した「カムイ」は影武者らしく、本物はこの奥にあるSドアの中に居るとのこと。
折角ここまで来た事ですし、一気に本物の元へ向かうのも良いのですが、高確率で負けると思うので(笑)、今はまだガマンガマン。Ex07にて、もう少しLV上げに勤しみたいと思いますです。

ちなみにこの直後、Ex05の扉を開けに向かったものの、LV.28くのいちでも未だ駄目でした。盗賊だったら開いてたんだろうか(´-ω-`)

気を取り直し、Ex07でひたすら戦闘。LV40前後で、やっと普通にダメージを与える事が出来る様になりました。
それ以下のLVだと、ブレスがないときついです。

こんな調子でひたすらドラゴンを狩っていると、突如、宝石がゴテゴテデコレーションされた宝箱を発見。大急ぎで開けてみると(今作は開けるのに手間取った分、宝箱の中身のランクが落ちていくので)、「むらまさ」が出ました! しかも同時に2本も! 装備出来るのはムサシ1人だけなのに!

それはともかく、早速ムサシに装備させて戦ってみたのですが……ムサシのLVがまだ低いので、まだ真の威力が発揮されそうにありません(´;ω;`)

ちなみに、前述の宝石ゴテゴテの宝箱は「みわくのたからばこ」といい、今作では最高ランクの宝箱だそうです。
現在相手にしているクラスの敵がこの宝箱を落とす確率は12/256と、そこまで高くはありませんが、粘って出せない数字でも無し。
また、攻略本にはこの「むらまさ」(攻撃力:8〜80、命中率修正30、クリティカル率+5%)を上回る威力の「うら・むらまさ」(攻撃力:15〜105、命中率修正40、追加攻撃1、クリティカル率+10%)という、いわば最強の武器が掲載されているものの、実はこの武器、デバックモードでプレイしないと入手出来ないんだとか。・゚・(ノД`)・゚・。
そこまでして取るのもなんか虚しいので(面倒くさいとも言う)、やりませんけれども。

そう言えば、前作でも入手困難なアイテムが幾つかありましたが(入手確率が天文学的数字とか)、今回もそれを引き摺ってたのですね……。

アイテムコンプの夢を絶たれ、失意のまま、再度Ex05のドアを開けに向かうものの、LV.32のくのいちでもダメか……(+ω+)!
何だか一気にモチベーションが下がったので、玉砕覚悟でラスボスの元へと向かう事に。

Ex08(N13 E11)
「恐ろしいほどの殺気を放つ男がパーティーの前に立った。
『ほう、我が影を倒してここまで来るとはな……。少しは楽しめそうだ。我が主君の命により、貴様等に引導を渡してくれようぞ。いざ、参らん!!』」


ここで「ザ・ハイマスター」×6、「くのいち」×4、そして本物のカムイが登場。
流石影武者とは違い、今回のカムイは強烈。ほぼ毎ターン、誰かを殺してくれます。
運が悪いと「ザ・ハイマスター」にも殺されるため、蘇生させるので精一杯。まともに太刀打ち出来る状況ではありませんでした。
また、LVが足りないのか、「ブレス」かけてもカムイに殆どダメージ与えられなかった気がします。

見事玉砕した後(リセット押しちゃったけど)は、ひたすらにEx07で修行です。
くのいちのLVが37になった頃、ようやくEx05の扉を開ける事が出来ました! よっしゃ!

【Ex05】

(N11 E8)
「何かをまつったような祭壇がある。その前には棺のようなものが置かれている。棺を調べてみますか?」


ここで「はい」を選ぶと、「ボックス」1体との戦闘になります。
この敵とはEx06でも戦闘した事があり、結構な強敵……と思いきや、召喚していた「リヴァイアサン」が麻痺&石化させてくれました。サクっと戦闘終了です。

「ボックス」撃破後、扉から先に進むと魔法陣を発見。最強(たぶん)の召喚モンスター、「ジ・エレメンタル」との契約が成立したところで、このフロアともお別れ。
Ex08に戻り、カムイにリベンジします。

【Ex08】
ラスボス戦、再び。あらかじめ「ジ・エレメンタル」を召喚しておき、初ターンで「ブレス」「マジックアーマー」をかけておきます。
カムイは相変わらずクリティカルをかましてきますが、「ジ・エレメンタル」がある程度は防いでくれる上(他の召喚モンスターだと一撃死することが多い)、攻撃時はダメージを600前後与えてくれるので、超便利!
前回に比べると、圧倒的に楽な戦闘となりました。もちろん、撃破にも成功です。

「『……消える?…… ……この私が……? ……そうか……そうであったか!! ……この私こそが……ふふふ……どうやら、ぬしらの労も徒労に終わりをみるようだな。ふふふ……奈落で再びあいまみえようぞ……』」

最期にこんな事を言い遺すカムイさん。更に、

「カムイの最期の言葉……それは一体何を意味するであろうか……。その言葉の意味を知る者は まだ 誰もいない……」

……などと続くのですが、またこんな思わせぶりな締めを('A`)

その後はそのままスタッフロールへと突入し、終了後は、何事もなかったかの様にボス戦があった地点へと放り出されましたとさ。
クリア時のパーティーは、こんな感じ。

ヴァ:LV43 HP723
ム:LV24 HP774
くの:LV38 HP675
アベ:LV58 HP878
司教:LV50 HP609
召喚:LV53 HP573

くのいちの攻撃力を活かしたかったので、アベンジャーにはMレンジの武器を装備させ、後衛へ。
ムサシはまだまだLV不足の感がありましたが、LV40程度まで上げれば、カムイ戦でも安定した攻撃をしてくれるかな。

【今回の戦利品】
「ウサギの足」「ゆみつかいのこて」「ガーブ オブ ローズ」「むらまさ」「あくまのこて」「まじんのしゅりけん」「カムイのしょうぞく」「ゆみつかいのぼうし」


□ ■ □

以上、「Wizardry EMPIRE 復活の杖」のプレイ記録でした。
通常ならば、この後も引き続き迷宮を徘徊し、モンスターとアイテム図鑑をコンプする作業を行うのですが……今回はもういいや、という心境(´-ω-`) 今作に限っては、コンプリート達成時の充足感より時間の方が惜しい(笑)。

簡単に感想を述べると、前作に比べると無難にまとまっちゃった、というのが正直な感想です。前作はバグ(もしくは仕様)だらけながらも、勢いを感じられたので。
個人的には可も無く不可もなく、といったところですが、時間経過と共に宝箱のアイテムランクが下がっていく仕様は止めて欲しかった……。
あと、盗賊の罠解除の成功率の低さも気になりました。終盤あたりになると、失敗するのが当たり前といった雰囲気でしたし。もっとも、盗賊ないし忍者(くのいち)のLVを上げ続ければ、成功率が上がってくるのでしょうが……。
あと、前作を踏襲したのか、今作も「アンバーハルク」の巣に到達するまでロクなアイテムが出ないというのはちょっと……。

……あれ? 結構、不可があるな(笑)。

それでは、「Wizardry EMPIRE 復活の杖」のプレイ日記はこれでおしまい。
ご縁がありましたら、次のゲームでお会いしましょう!

*前へ | 後へ#

@ コメントを見る(2)
A コメントを書く
B トラックバック(0)
H トップ

ログイン

i-mobile



Design By bbajou
Powered By FC2ブログ