「ARC THE LAD 精霊の黄昏」 プレイ日記 第32回

PS2 「ARC THE LAD 精霊の黄昏」のプレイ日記、第32回。
今回はカーグ編 ユーベル~ペイサス 大図書館まで。

今回はカーグ編から始まります。

カーグ編 - 相克 -

ユーベル

シャムスンに連れられ故郷へと帰還したカーグでしたが、町の入口で足を止めてしまいました。魔族の翼が生えた時の事を思い出しちゃったのです。
自信を失いかけているカーグに対し、シャムスンはこう諭しました。ユーベルへの帰還はカーグ自身が望んだ事であるし、カーグの仲間達はダークの仲間のように力で従属させられていたのではなく(実際は違うけど)、カーグの勇気と思いやりに惹かれていたのだから、それを不安に抱くという事はカーグ自身が仲間を信じていない事になる、と。

仲間を信頼しろ、という言葉に腹を括ったカーグは……とりあえずシャムスンを勧誘(笑)。当然断られました。シャムスンの目的である「ダッカムへの復讐」は私怨なので、カーグと行動を共にするには動機が不純過ぎる、だって。
リリアに関しても、もし「ダッカムを殺せば世界が破滅しリリアが死ぬ」という状況だとしても、自分はダッカムを仕留めるだろうから、そんな自分が一緒にいてもチームワークを乱すだろ、とのこと。

そんなこんなで、シャムスンは去ってしまいましたが……いやぁ、この人はたぶんリリアが死ぬような事は出来ないと思う。ヘモジー村でのリリアとのイベントを見る限り。

Read more...

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。