「ARC THE LAD 精霊の黄昏」 プレイ日記 第37回

PS2 「ARC THE LAD 精霊の黄昏」のプレイ日記、第37回。
今回はいよいよ空中城へと突入します。

空中城

ダーク達の後を追うように空中城へ入ったカーグ達。何かイベントがあると思いきや、ダーク達と同じ警告が出ただけでそのまま入れちゃった。
ここで場面は変わり、空中城へ入った直後のダーク達。禍々しい城内の気配を感じ取っていた刹那、背後からカーグ達が姿を見せました。

「人間王は共通の敵だから共に戦おう」と言うカーグに対し、ダークはクラーフ島での一件を挙げ、人間と魔族は共に生きることは出来ないと一蹴。それでも共存の道はあるはずだ、とカーグは訴えるのですが……いや、このタイミングで言っても何か企んでいるようにしか聞こえ無いのでは(;´ρ`)

ダ:そんな方法があるなら誰も苦労しないっちゅーの→カ:だったら俺達で方法を作り出せばいいじゃん→ダ:出来もせんくせに綺麗事ばっかぬかすな!

……とまぁ、こんな具合に相変わらず意見が噛み合わない双子なのでした。


Read more...

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。