「WILD ARMS the 4th Detonator」プレイ日記 第13回

PS2 「WILD ARMS the 4th Detonator」プレイ日記、第13回です。
今回は鈍色の駅バックライ~エ・テメン・アン・キ まで。

ユウリィを連れての逃避行の果て、ようやく目的地「バックライ」に辿り着いた一行。
しかし、ユウリィは逃げ続けている自分に迷いを抱き始めていました。

鈍色の駅バックライ

遂に到着した駅の町は、予想に反し寂れた雰囲気。
何はさておき駅へと向かい、行き先と時刻を決めることに。その道すがら情報収集しときます。

・駅ならあるが、錆び付いた線路と打ち棄てられた列車車両ぐらいしか残ってない。
・昔はバックライの駅から放射状に走る線路に沿って軍事拠点が点在していた。
・この町は戦争中は景気が良かった。
・駅が機能していたころのバックライは人々が集う賑やかな盛り場だった。
・最近この辺りをうろついている戦犯は、本当は戦争が嫌いだという噂。戦争をしようとする国に単身乗り込み、その政体を潰したという話もある。


なんか絶望的な情報が見え隠れしてますが気付かない振りをしよう。

Read more...

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。