「WILD ARMS the 4th Detonator」プレイ日記 第23回

PS2 「WILD ARMS the 4th Detonator」プレイ日記、第23回です。
今回は イルズベイル監獄島 の探索の続き。

監獄島侵入後、防衛システムを護るファルメルを退け、ラムダ、そして「神剣」のもとへ向かうジュード一行なのでした。

イルズベイル監獄島

外でセーブした後、再びファルメル戦のあったFLOOR4へ。霧に変化出来る不思議アイテム「ミストクローク」を被り、フロアを出るとイベント発生。
防衛システムのコンソール(破壊済)のある部屋に一人残ったファルメルさん。曰く「この程度のダメージで防衛システムを黙らせたつもりなのかしら」。……な、なんですと!?
イルズベイル中に広がるARM暴走体の根を断ち切らなければ、制御装置は修復され続けるらしいのです。

ここで、とある事を理由とし、とあるお節介を焼くことにしたファルメルさん。その直後……。

さて、気持ちを切り替え監獄島巡り。最終ダンジョンということもあり、アクション下手泣かせの仕掛け満載です(´Д⊂
特に手を焼いたものがFLOOR7のレーザー地帯。奥の直線レーザーがどうしても抜けられないので、おかしいなと思ったら、一気に突破しないと盾が潰れてダメになっちゃうんですね。通路から落ちないようにと、そっちにばかり気が向いててノロノロしすぎてました。

Read more...

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。