「魔神転生」 プレイメモ 【13】

PS魔神転生」(SFC)のプレイ記録、第13回です。
今回はシナリオ31、29。

地上で「三日月の塔」に入ってからというもの、戦いの連続で「邪教の館」にも「ラグの店」にもフリーエリアにも行けず、徐々にストレスが溜まり始めている一行(というか私)。

前回のシナリオ28をクリア後、フィールド上の道は東西に分岐し、西は「灼熱の海」、東は「炎の腐海」だそうです。西の「灼熱の海」の先の方には神社らしき建物が見えるのですが、「炎の腐海」の先には「邪教の館」及び「ラグの店」があるので、先ずは「炎の腐海」へと向かう事にしてみました。……これで道が通じてなかったら、泣くしかないけどねっ(´;ω;`)

◆ シナリオ31:てきの ほういもうを くぐれ! @ 炎の腐海
◇ 勝利条件:敵を全滅せよ!

「炎の腐海」って懐かしい響きだなぁ(*´ω`*)、などとまったりしたのは良かったのですが、あれ? シナリオ31?
前回がシナリオ28だったので、29と30をすっ飛ばしてきちゃったのか。
……となると、「灼熱の海」あたりがそうだったのかな。

「炎の腐海」の名に違わず、今回のマップは全体的に炎だらけ。1ターンごとにHP削られる鬼仕様だったらどうしようと不安になったものの、そんな事はない様で一安心。
初期位置はマップ南西あたりで、すぐ側にはN悪魔が4体。敵は邪龍、霊鳥、堕天使と飛行ユニットが多いので、こちらも神獣と霊鳥を召喚しておきました。

初期位置付近の民家では、以下のようなメッセージが。

「この世界の西側には『りそういん』と言われる建造物がある」

何でもその「りそういん」は、魔界で行き場を無くした者が流れ着く所なんですって。掘り出しものがあるとか鬼が出るとか、なんかよく解らないカオスな場所の様です。
西にあるって事は、「灼熱の海」の先にあった神社みたいなのがそうなのかな?

それはさておき肝心の戦闘を。前回ほとんど戦えなかった鬱憤を晴らすべく、主人公は最前線に投入。グングン南下してくる敵の「魔神ロキ」を倒す気満々でいたところ、ロキさんったらN悪魔「龍王ティホン」のカウンター攻撃で倒されてやんの(´;ω;`) ……強いな、龍王。

その後は、各個襲って来る敵を確実に撃破していくだけで、比較的楽にシナリオクリア。マップ北東の魔法陣から敵が湧く前に終わらせる事が出来て良かった…………って、ギエエエエ、「アメジスト」の入った宝箱を回収する前にクリアしてしもうた!

シナリオ31クリア後は、ようやく「ラグの店 魔界1号店」(勝手に命名)へ行く事が出来る様に。「オーラのこて」が貰えたので、早速交換です。
その後は「邪教の館」へと向かい、手持ちの悪魔で作成可能な悪魔をチェックし、今後の合体方針などを思索。この作業が実に楽しくてですな(笑)。

◆ シナリオ29:ちにうえたせかい @ 灼熱の海
◇ 勝利条件:敵を全滅せよ!

今度は、一旦後回しにしていた「灼熱の海」へ。やはりここがシナリオ29だった様です。
主人公達の初期位置は、マップ南の中央。マップは広く、東西南北の四隅には宝箱の置かれた飛び島があります。
主な戦場はマップ中央を南北に走る3本の狭い(ユニット1体分)通路の様ですが、あみだくじの如く横線で繋がっているので、敵がどのルートで来るのかをある程度見極める必要がありそう。

敵の数は多く、種族もバラエティに富んでいるので、こっちも数で対抗。霊鳥×2、飛龍×2、魔神×2、女神×2、魔獣ケルベロス、天使ウリエル、神獣キマイラ、龍王ヒドラ……と、どう見ても喚び過ぎだよ('A`) LV差考えろ。

開始後、女神クシナダヒメにアイテム回収を一任し、最初に襲ってきた堕天使を霊鳥で撃破。敵の地上部隊は、西通路の連中は直進するものの、東通路の奴らは何故か中央の通路に集まる習性がある様です……って、こちらのユニット配置に左右されているだけかな? そんな気がする。

別に苦労する事もなく一体一体を倒していると、何故かマップ北に留まっていた「邪神エムプウサイ」が突如合体開始。や、やばい、また何か厄介な奴になるんじゃ……と怯えていたら、「龍王バジリスク」でした。なーんだ。
……正直、合体しない方が倒し難かったのに(笑)。

シナリオクリア後は、天使様が登場するイベントが発生。

「破壊と殺戮を好みし、我等が仇敵『サタン』。今こそ彼奴の野望を打ち砕き、この戦いの決着を我々の手でつけようではないか」

……という事で、「天使ラファエル」(角刈り?)が仲魔になったところで今回はここまで。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。