「魔神転生」 プレイメモ 【17】

PS魔神転生」(SFC)のプレイ記録、第17回です。
今回はシナリオ34。

前回「レーテの橋」から宝箱だけ盗んで逃亡した一行。宝箱の中にはレア宝石があったので「ラグの店」に持って行ってみたところ、また新たなオーラグッズが入手出来ました。
これでヒロインは全身オーラグッズ装備です。パラ上がりまくり。

◆ シナリオ34:HI-LABYRINTH @ ハイ・ラビリンス
◇ 勝利条件:外に出たくば引き返せ!

謎アイテム『ボルヴェルクのラティ』を入手するため、空中迷宮へ。底の見えない崖の上に幾つもの浮島があります。
勝利条件から推測するに、初期位置から南下してマップの端に行けばこのシナリオから離脱出来るのでしょうが、それだとここに来た意味が無いので、頑張ってやってみるとします。何していいのか解らないけども。

まずは飛龍や霊鳥などの飛行ユニットを召喚。浮島だらけのマップなので地上ユニットをは使い難いのです。
当然ながら主人公とヒロインは地上を移動するしかないのですが、浮島にはワープ装置があるので、地上ユニットはそれを使って移動。装置の上で行動終了すると、その装置に対応する場所へとワープします。

この装置の面倒なところは、転送先の装置の上に他のユニットが重なっていたり、装置の上で「終了」以外のコマンドで行動を終えた場合は(攻撃や召喚など)ワープしてくれないという点。なので、複数のユニットを同じワープ装置で送りたい場合、(1ターン目)1体目を送る→(2ターン目)送った1体目を転送先の装置の上から動かしてから、2体目を送る……といった手順を踏まないとスムーズに転送出来ません。実に厄介。

そんなこんなで、進軍開始。今回の目的は『ボルヴェルクのラティ』の入手の他、特定のポイントに行くと出現する「鬼神ジコクテン」を仲魔にする事でもあるので、主人公とヒロインはしばらく別行動をさせます。
まずはヒロイン&龍王を北東の島へと送り、そこに居た2体を根性で倒させます。間違って龍王ではなくヒロインを先に送っちゃった時は焦りましたが、「マハラギオン」が使えたのでどうにかなりました。敵が片付いたら、しばらくそこで待機。

一方の主人公は南東にある大きな浮島へと向かい、飛龍を喚んで敵の数を減らします。この島には魔法陣があるのでそれも塞ぎ、島の敵を一掃したら、飛龍達はマップ西の中央にある大きな浮島へと移動。
この西の島はヒロインが次に向かう島なのですが、もとから敵が多い上に魔法陣まであるので、ヒロインを転送する前に、ある程度は掃除しておく必要があります。

そんなこんなで少しずつ進んでいると、マッカとマグタイトがカンストしている事に気付きました。上限で、どちらも「65,535」なんですねー。

さて、主人公がマップ北西にある小さな浮島に到着し、特定のポイントへと進むと、イベント発生。

「このような所に、ニンゲンが現れるとは……只者ではあるまい」

主人公が自分の元を訪れるのを待っていた、という「鬼神ジコクテン」は、自らには「トウキョウ」を守護する使命があると告げ、主人公と共闘する事を告げました。

「これより我等、共に世を荒らす者共平らぐため、立ち上がらん」

鬼神の皆さんって、いちいち台詞が格好良いなぁ(*´ω`*)
これで「鬼神ジコクテン」が仲魔に加わりました。

さて、主人公がそうこうしている内、ヒロインはどうにかマップ北東にある浮島へ到着。
この島には宝箱が1つあるのですが、その周囲を「霊鳥フェニックス」8体が囲んでいて、あからさまに怪しい状態。
早速、「神獣バロン」をけしかけて霊鳥退治を……と思ったものの、折角なので何匹か主人公で3体ほど捕獲しました。一応、最高ランクの霊鳥だしね。

ところで、問題の宝箱の中身は、やっぱり『ボルヴェルクのラティ』でした。
入手した直後、イベントが発生。主人公によれば、何か表面に書いてある様です。

「大いなる 力 持つ者に かの 道 示し 賜わん」

ヒロインがラティに刻まれた文を読み上げた途端、地鳴りが。何かが起こった様です。
「外に出たたら 確かめた方がいいかも」というヒロインの言葉を最後に、イベントは終了……したのですが、シナリオクリアにはなりませんでした。
そうだった。ここのクリア条件は、初期位置の島まで引き返してマップから離脱しなきゃならないんだった……。

せっせと入口まで戻ってシナリオ34をクリアすると、早速フィールドで異変をチェック。すると、「レーテの橋」付近にて大穴が空いているのを発見しました。「忘れられた道」という名前の様です。
どうやら、さっきの地鳴りはこの穴が開いた音だった模様。

それにしても、『ボルヴェルクのラティ』とは何ぞや、と思い調べてみたところ、元ネタは北欧神話でした。
「ボルヴェルク」というのはオーディンの世を忍ぶ仮の姿の時の名で(ちょっとちがう)あり、「ラティ」というのは山に穴を開けるのに使った錐(キリ)なんだそうです。細かいエピソードも読んだのですが、ここでは割愛。

何はともあれ、これで渓谷を渡る事が出来る様になった一行。「ハイ・ラビリンス」もフリーエリアだという事が判明し、喜びも2倍(*´ω`*)……といったところで、続きはまた次回。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。