「魔神転生」 プレイメモ 【19】

PS魔神転生」(SFC)のプレイ記録、第19回です。
今回はシナリオ40、41。

前回の失敗を教訓に、今回は慎重に移動。南北西と行ったので、残るは東。

◆ シナリオ40:にほん だじょう いとくてん @ 天神島
◇ 勝利条件:神社を目指せ!

「日本太政威徳天」という事は、菅原道真公のご登場でしょうか。昨年、我が従兄弟が高校受験をした際にはお世話になりました。太宰府天満宮のお守りとお札で(それがどうした)。

さて本題。マップは広めで、中央部にある南北に伸びた巨大な谷が陸地を東西に分断してます。
主人公の初期位置はマップ西の陸地、目的地である神社は東の陸地にあり、この2つの地はワープ装置で繋がっているのですが、ワープ装置を目指している間に敵が容赦なく押し寄せて来るのは目に見えているので、巨大な渓谷を意にも介さない飛行ユニットを中心に召喚。先ずは飛来してくる敵霊鳥を迎撃するとします。

ちなみに、スタート地点付近に居る老人はこんな事を教えてくれました。

「ここに祀られているのは、なんでも、たいそう頭の優れた立派なお方だったそうじゃ」

更に、魔界に来たばかりの頃は猛り狂っていて人の話を聞いてくれなかったものの、「どなたかえらく高貴な方」と会った後、ようやく落ち着いたのだとか。えらく高貴な方……誰だろ(´・ω・`)?

そんなこんなで進軍開始。基本的に、西の陸地に居る連中は主人公とヒロインの2人で片付けられるのですが、東の大陸から飛来する敵悪魔が厄介なので、こちらも霊鳥や神獣を召喚。
幸い、東の地上ユニット連中はワープ装置から離れた場所に集結してくれたので、転送直後に敵からフクロにされるという事態は回避出来ました。

邪龍が湧き出してくる魔法陣は女神で占拠。付近には敵邪神&魔神がいたものの、攻撃は殆ど効かないので安全です。ただ、妖獣には弱いので、他の飛行ユニットで速攻撃破する必要がありました。
本当は誘き出そうとしたんですが、女神を真っ先に狙いに行っちゃって、全然誘いに乗ってくれないでやんの(´;ω;`)

その間、主人公達は「龍王ナーガ」を引き連れ、東の陸地へとワープ。近付いてくる敵の地上ユニットを蹴散らし、ようやく神社に到着しました。ふー、長かった!
神社に入るとイベント開始。道真公らしき方が姿を見せました。

「余は一千年に渡りて日の本を見守り続けし、日本太政威徳天也」

威厳に充ち満ちた雰囲気の道真公は、主人公達に労いの言葉をかけると、ご褒美にパラメータのポイントを3くれました。主人公&ヒロインにそれぞれ貰えるので、その場で振り分けます。
そして「何か困った事があれば、いつでも訪ねて来るが良い」と仰って頂けました。また来るよぅヽ(*´∀`)ノ

神社を出たら「邪教の館」方面へと一旦戻り、そこから更に西へと向かいます。

◆ シナリオ41:SOPHISTA -のろいのち- @ ひび割れた大地
◇ 勝利条件:魔王バラムを倒せ!

久々の魔王戦……の様な気がします。シナリオに突入するなりイベント発生。

「強力な邪視が主人公の自由を奪っている」

困った事に、主人公は身動きが取れなくなりました。ところで「じゃし」って「邪視」で正解なのかな……。ゲーム中のテキストは全部ひらがななので、ちょっと不安。

「恐ろしく強い凶眼。一体何処から…………見付けたわ! あなたの仕業ね!」

なんと、ヒロインが術(?)をかけていた主を突き止めてくれました。主人公の身体は解放され、見抜かれた魔王バラムは「な、なんだと」などと軽く狼狽しつつも直接戦闘を仕掛けてきました。
この時、「我が精鋭の力、思い知るがいい」と言い放ったバラムに対する主人公のツッコミはというと。

「ほう、堂々と闘う度胸も無かった奴がよく言うな……」

ほう、あっさりと術にハマった奴がよく言うな……。
ちなみに、この時までにヒロインを「裏僧院」で救出しておかなかった場合、ここから先には進めないそうです。更に、何故ヒロインにバラムの術が効かなかったのかは、ヒロイン自体もよく解らないんだとか。
そう言えば、ヒロインってまだ正体が解ってないんでしたね。記憶喪失とか何とかで。

さて、このステージはバラムが精鋭をけしかけて来た事を表現しているのか、敵のターンから開始します。N悪魔を先に狙ってくるみたい。
また、マップ中央の敵本陣には魔法陣が4つあり、1ターン目から敵が湧いてくるのが実に厄介。特に妖獣と邪龍に同時に襲撃されるとやりづらい事この上無いので、この2種が湧く魔法陣を優先的に塞ぐと楽でした。

バラムの四方を囲んでいる「邪神ベヘモス」は飛龍で1匹ずつ倒し、最後に残ったバラムを皆で総攻撃。どうやらバラムは動かない様なので、物理攻撃に強いユニットで東西南北を一気に囲み、魔法の射程範囲に魔力の高いユニットを配置すれば苦戦する事もありませんでした。寧ろ、バラムの側に行くまでが大変なステージ。

魔王バラム撃破後は、お約束の末期の台詞タイム。

「選ばれ呪われ、そして裁かれるヒトの子よ。我も倒せし恐るべき者よ。数多の我が同胞を冥府へと送りたる血塗れし英雄よ、我が言葉聴くがよい」

何なのさ、人を化け物みたいに(メ゚皿゚)……それはともかく、ここでは、魔王バラムから質問を受ける展開になりました。回答次第で何か影響が出るのかと思いきや、どう答えても構わないらしいというので、自分の思う様に答えていったところ、2問ほど答えた所で質問タイムが終了しちゃいました。あれ、短くない?

「栄光や名誉など、お前には必要あるまい。お前に相応しいのは破滅だけだ。神にも悪魔にも愛されず、その血塗られた呪われし道をドス黒く染め上げていくがよい」

まったくもって酷い結果発表だ(´;ω;`)
バラム様のお言葉は数種類あるそうですが、殆どが酷い言いようらしいので、気にしない事にします。……そんなに変な回答したかなぁ?(←思い切り気にしている人)

バラム様によりガラスのハートを傷付けられつつ、シナリオクリア。灼熱の地から険しい渓谷地帯を経て、今度は氷の大地へと突入です。
とっとと先に進みたいところですが、この時点で仲魔がゴチャゴチャとしてきたので、整理のために一旦戻る事にして、続きは次回。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。