「魔神転生」 プレイメモ 【23】

SFC魔神転生」(SFC)のプレイ記録、第23回です。
今回はシナリオ49。

道真公から「ヒノカグツチ」を貰ったら、再び「氷穴」へGO。
せっせとB3Fのイベント発生ポイントへ向かうと、イシスの封印を解く事が出来ました。

「私はイシス。イシュタル、いえ、アスタロトによって封印されてしまいました」

アスタロトはもともと「イシュタル」という名の女神だったのですが、何をやらかしたのか、醜い姿に変えられ魔界へと堕とされちゃったんですって。で、現在は「アケロン線」という防衛ライン上で主人公達を待ち受けている模様。
ちなみに、イシス様は魔界に墜とされたイシュタルを気に掛けて追ってきたものの、それが逆にイシュタルを傷付ける事となってしまい、結果、氷漬けにされちゃったんだそうな。

「なによ! アンタなんかにアタシの気持ちなんて解るもんですか! キーーーッ!」、ってな感じかしら。
女心は難しいからなぁ。女のアタクシでもそう思いましてよ。

何はともあれ、「アスタロトを殺さないで」というイシス様の願いを受けつつ、フィールドに戻ったのでありました。

◆ シナリオ49:うしなわれたもの @ アケロン線
◇ 勝利条件:魔王アスタロトを倒せ!

殊の外、あっさりと対峙する事になったアスタロト。何やら仮面を被ってます。

「ニンゲンよ……。神に創られし哀れな醜き仔羊共よ……」

ちょっと聞いただけでは少し優し気ですが、結局は「お前等死んじゃえ」って事でした(´;ω;`)
イシス様は殺すなって言ってたけど、一体どうすればいいのやら。

さて、マップについては……広い、とにかく広い( ゚д゚ )!
主人公達は南西からのスタートなのですが、南東にいるアスタロトの下へと向かうには、大きく北回りで行くか、南にある非常に歩きづらい氷原を進むかのどちらかしかありません。しかも、どちらのルートを通っても、途中で敵の一団とぶつかっちゃうんだよなぁ。
更に、マップ中央の島にある魔法陣からは、1ターン目から霊鳥が出現しやがりました。ああん、もう!

愚痴はほどほどにして、進軍開始。とりあえず、ヒロインは氷原より襲来する敵邪神、そして主人公は南下してくる魔神達をそれぞれ迎え撃つべく準備しておきます。魔法陣から出て来る霊鳥は、霊鳥と女神を向かわせました。

飛龍&龍王を召喚した主人公は少しだけ北上し、幅が2ユニット分しかない狭い箇所へと魔神達を誘導。龍王2体を盾にし飛龍で水上からつつけば、あっという間でした。回復が出来る女神か天使を召喚しておけばなお安心。
一方のヒロインは、氷原を東へと進み、邪神をギリギリまで引き付け、飛龍で各個撃破。面倒臭くなったらリムドーラ使っちゃえば以下略。

氷原をチマチマ進み、ようやくアスタロトのいるマップ南東部へと到着。アスタロトのいる場所は周囲を水に囲まれ、1ユニット分の幅しかない一本道でのみ陸地と繋がってます。また、側には堕天使や妖獣、邪龍などがウジャウジャいるため、下手に突っ込んでいくと、フクロにされるのは間違いありません。

そこで、ヒロインや女神を餌に1体ずつ誘き出す作戦。邪龍や霊鳥あたりは割とすぐ引っ掛かってくれましたが、堕天使は射程に入っても攻撃してこない模様。
その後は、少しずつ距離を詰めていき、ヒロインのリムドーラで堕天使&アスタロトを一気に攻撃。アスタロトに効き目がないのは解ってましたが、堕天使を一掃出来たので良しとします。
更に、ダメもとのつもりで飛龍チィンロンに「おしつぶし」をさせてみたところ、453もダメージを与え、あっさり撃破してくれましたとさヽ(*´∀`)ノ

「あァ、ここまで来て敗れるとは……神に貶められ、今またヒトの子にまで貶められようとは」

撃破後、こう嘆くアスタロトにとどめを刺すかどうかの選択肢が。ここはイシスの頼みを果たすべく、殺さないでおくことに。
すると、アスタロトは「心まで醜くなっていたようだ」などと俄に反省し、「アンクスタッフ」をくれました。はいはい、イシス様にこれを渡しておけばいいのね……って、また氷穴に潜らなきゃならないのか('A`)!

この後は三度「氷穴」に向かう事になるのですが、その前に天神島に行くと、道真公が「ヒノカグツチ」に自らの御力を注入し、剣を強化してくれました。よっしゃ、これで攻撃力アップだ! ……と喜んだところで、続きは次回。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。