「魔神転生」 プレイメモ 【24】

SFC魔神転生」(SFC)のプレイ記録、第24回です。
今回はシナリオ50、51。

前回アスタロトから預かった「アンクスタッフ」を届けに、イシスの元へ。
氷穴に潜るのはこれで最後にしたいよぅ(´;ω;`)

「それはアンクスタッフ……。では、アスタロトを生かしておいてくれたのですね。ありがとう、感謝します」

御礼に「アンクスタッフ」の魔力で何かしてくれると言うイシス様。そこで、ヒロインの記憶を甦らせてもらうという展開になったのですが、何故か失敗に終わりました。

これにはイシス様も驚き、「まさか、貴女の記憶はもともと存在しなかったとでも……」などと不穏な事を口走るも、「そんなワケはない」と自らツッコミを入れる始末。一方、主人公は主人公で「アスタロトに奪われている間、(アンクスタッフの)魔力が落ちたんじゃね?」と楽観的な事を言うワケですが…… たぶん、イシスの言った事が正解なんだろうな。この雰囲気だと。

とりあえず、これでイシス様関連のイベントは終わりの様です。ここまでが、LIGHTエンディングを迎える条件となるそうな。
フィールドを先へと進むと、氷結地帯を抜け、砂漠地帯へと突入しました。……えー、砂漠ぅ?

◆ シナリオ50:かわきのち -はるかなるおもい- @ 死の砂漠
◇ 勝利条件:敵を全滅せよ!

あまり広くはないものの、やっぱり大変そうなマップです。南には平原が広がっていますが、他は大部分が砂漠。また、マップの北東&北西には魔法陣と回復の泉が横並びで設置されていて、周囲を悪魔達が囲んでいます。

主人公達の初期位置は南の平原の中央で、左右を悪魔の団体様に挟まれた形でのスタート。
効率良く立ち回るには、主人公とヒロインを東西に分けて進軍した方が良さそうです。

東にはヒロインを遣わし、有無を言わさずリムドーラでドカーン(笑)。「邪鬼テトカリポカ」だけは生き残るのでちょっと注意かな。一方、西に向かった主人公は仲魔を喚びつつ地道に進軍。平原の東西にある魔法陣は雑魚仲魔で塞いでおきます。

平原の悪魔達を片付けたら、東西の北部にいる悪魔を倒しに向かうワケですが、途中には砂漠が広がっているので飛行ユニット&神獣が便利。北の魔法陣から邪龍が湧いて来たので、神獣に加え霊鳥も喚びだしておくと楽でした。

北の悪魔達の元へと到達したら、先ずは一番手前にいる「邪神アドバン」を倒し、女神などの魔力の高いユニットで魔法陣を封鎖。後は、残った魔神&邪神を片付けるのみです。

クリア後は、突然イベントが発生。久々にイザナミ様の登場です。魔界に来てたのねー。

「私はあなた方をずっと見守ってきました」

なんと、イザナミ様が仲魔になって下さいましたよヽ(*´∀`)ノ!

◆ シナリオ51:SANCTUARY @ 悪魔の墓場
◇ 勝利条件:祠を目指せ!

とても特殊なステージ。マップの大部分は砂漠と流砂に覆われ、中央にある湖上の島には祠が一つ。また、マップ上に点々といる悪魔達のHPは全て1と瀕死状態。
主人公とヒロインはマップ南からのスタートとなりますが、二人の間には流砂が走り、合流するには大きく迂回してくる必要がある様です。

開始後、それぞれが中央の祠を目指して進む事になるのですが、実はこのシナリオもED分岐に関わっていたりします。マップ上を小刻みに行ったり来たりしているHP1の悪魔を1体でも倒してしまうと、DARKエンディングへとまっしぐらだそうです((((;゙゚'ω゚'))))
幸い敵から攻撃してくる事はないので、主人公&ヒロインはせっせと祠へと向かうのみです。

ヒロインを北上させていると、途中、メッセージを聞ける民家(?)を発見。

「ここはアクマの墓場と呼ばれる死の砂漠……」

老人の話によると、ここにいる悪魔達は死を目前にした存在の様です。更には「この地で血を流すことはクシティ・ガルバ様がお許しならない」とのこと。
「クシティ・ガルバ」を詳しく調べてみたら、地蔵菩薩の事なのかぁ。勉強になりました(`・ω・´)

そんなこんなで、祠に到着。ヒロインの方が若干早く到着した気がします。

「よくいらしゃいました」

何か妙だなと思ったら、小さな「つ」が抜けてますよ、クシティ・ガルバ様……。
それはともかく、この場所に来たのはクシティ・ガルバ様のお導きだった模様。「貴方達が悪魔と闘わなければならないのは解ってるけども、悪魔が生きている理由というのも考えてみてね」(要約)というお話でした。

クシティ・ガルバのイベントを終えると、フィールドへ。矢印に沿って進んで行くと「ラグの店」があり、その先には大きな谷が口を開けてました。
そして、その谷の向こうには巨大な城らしきものが見えるのですが、あそこが次の戦闘の舞台なのかな?

ここで「ラグの店」から伸びた矢印の通りに進むと、真っ直ぐ谷の方へ……と思いきや、ぐいっと東へと進路変更。
一体何事かとビビっていると、突如イベントが発生しました。

「目の前に強力な結界が張られていて、進む事が出来ない」

まぁ、敵の本拠地なら普通はそうするよねー……などと言ってる場合ではありません。ここに力が集中しているのならば、その分結界が希薄である場所もきっとある筈、という事で、ヒロインは気を集中して結界の隙探しを敢行。すると、あっさりと隠された橋を見つけ出しました。

イベント後、フィールドに戻ると、どどーんと橋が架かってました。これを渡ってあの大きな城に行くのか……と思いきや、橋を渡った後もそのまま東へと向かい、辿り着いたのは「パンデモニウム」。
どうやら最終決戦の地はまだまだ遠いらしい、と思い知ったところで今回はここまで。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。