「deSPIRIA」プレイメモ 【7】

DC 「deSPIRIA」(DC)のプレイ記録、第7回目です。

【バーみやび】
マスターに話し掛けたら、おつかいを頼まれちゃいました。スラムセンターの207号室にいるディルキンに、「あやしい小包」を届けてくれ、とのこと。ただし、このおつかいには条件が3つあり、

1:勝手に食べたらダメ、2:水に濡らしたらダメ、3:ディルキン以外に渡したらダメ

……との事。アイアイサー。
実はこのおつかいイベントはシナリオ進行とは無関係なのですが、無事にやり遂げたらご褒美が出ます。但し、わざわざ条件を提示してある事からも推測出来るように、途中でトラップが仕掛けられていて、迂闊すると問答無用で失敗判定を喰らっちゃうそうなので、攻略情報を見ながらやっちゃいました。ずるっこです。

おつかいの詳細を書くと長くなるので要点だけを述べると、アルーアが運んだ小包の中身は「マギスパイス」という伝説のスパイスで、その価値は同じ重さのプルトニウムに等しく、水気に弱いそうです。
そんな「マギスパイス」を無事にディルキンへと届けると、御礼を30万新元もゲット。更に、バーみやびのマスターからは「バール」を頂戴しました。このバールを何に使うかというと、「ナンキンロック」という、謂わばカギがかけられている木箱などを開ける……というか、叩き壊す時に使用するそうな。

ちなみに、マギスパイスを誰かに渡した状態でディルキンに会いに行くと逆にお金を取られ、また、水に濡らした状態で持って行き激怒させると、異常な強さを誇りかつレアアイテムを所持している「デスディルキン」との戦闘に雪崩れ込むのだそうですが、今作ではあまり危険な橋を渡りたくはないので、きっちりおつかいを済ませる方針でいきました。

さて、この後は「ナンキンロック」のかけられた木箱などを探してバザールを徘徊。その際に、側の木箱を調べさせてくれなかった「噂好きのサントス」の木箱をもう一度調べようと試みるのは良いのですが、アルーア、いくら調べさせてくれないからって人格を弄る事ないじゃん! アンタたまに無茶苦茶やるよね!
ですが、そのお陰で「あやしいカギ」を入手する事が出来ました。そして人格改変されたサントスは、突き抜けたポジティヴ思考に(゚ω゚;)

【材木倉庫び】
ボビーの座る場所のすぐ脇にあるコンテナを調べると、怪しいカギを使用する事が出来ました。コンテナの中は誰かが住んでいた痕跡があり、散乱している紙切れには「みんな、バケモノ呼ばわりする」で始まる、迫害されたらしいマインド使いの手記が。それも、覚えのある思念が残っています。
更には「なかよしモーリー」というマスコットを入手。赤と青のウサギ(?)がさくらんぼの様に繋がったもので、なかなか可愛いです。イベントでダイブすると、助けを求める子供と、罪悪感らしきものを感じつつもそれを拒む男の思念がありました。

【スラムセンター前~スラムセンター】
センター前の通りにいる、子供を失った女性に「なかよしモーリー」を見せると、それが彼女の息子の持ち物であった事が判明。更に、イベントダイブで女性の思念を覗くと、フードを被った男の姿が確認出来ました。……どっかで見たなぁと思ったら、確か201号室にいた奴だ!
早速201号室に行くと、男の正体が判明。記憶喰らいの「のぞき屋ゴドー」です。気弱だと思っていましたが、ヤケを起こしたのか、妙に強気な態度になり襲いかかってきました。

VS のぞき屋ゴドー
マインド使いであるがために迫害されていた過去を持つ男との戦闘。マインドは3体繰り出して来ましたが……何か忘れた。こちらは「セイバ」(怨)&「ランガ」(絶)でGOです。

戦闘後、攫われた子供達は地下水路にいる事が判明。邪教「カーラ神教」のアジトもそこの様です。最期にゴドーは「子供達を助けてやってくれ」とアルーアに告げ絶命。更に、彼の哀しみがマインドと化し「パンパス」をゲット。
子供達には可哀想な事をしていると解っていたけれども、自分を迫害した街への復讐のため、引き返せなくなっちゃってたのね(´;ω;`)

201号室から出ると侍女団登場。「異形の者達が現れ始めた」との事。えええ、狂った住民に加えてまた変なのの相手しなきゃならないの? とうんざりしている最中、今度は奥の部屋から誰かの絶叫が。もうやだ orz
悲鳴は気になるものの、ひとまずセーブがしたいのでセンターから出ようとすると、アイラが登場。彼女が言うに、アルーアが行動ルートを潰し始めたので犯人連中が焦り始めているそうです。また、このスラム襲撃はフェイクだ、とのこと。

アイラと別れた後、大聖堂へと向かうついでにトウコの所に報告に行くと、トウコは地下水路へと繋がっている浄化ポンプを調べてました。中から扉がロックされていて開かなくなっている上、教会にある筈のカギがスペアキーごと紛失している様です。更に、司祭らしき人物が浄化ポンプからメンテナンス室に入って行くのを見たという報告もあったそうで……何、その慌ただしさは。

何がなんでも地下水路へと入らねばならないのは明白ですが、カギが無いとどうしようもありません。仕方が無いのでさっきの悲鳴を対処しにスラムセンターへと戻ると、「波動カーラ」という雑魚とエンカウントしました。カーラというからにはやっぱりカーラ教徒なのかな? そう強くはありませんが、マインドを使って来るので侮れない……。

206号室に入ると、あのガードが固かった(笑)住人は犯人側の連絡係だった事が判明。しかし、事が露呈しかけた今、教団にとって都合が悪くなったため、カーラ教徒によって始末されていました。悲鳴はその時のものみたい。
男を始末した男「シグ」は、「聖なるカーラ女神の命により、セントラルを血に染める」と言い放ち襲いかかってきました。畜生、立ち姿がちょっと格好良いと思ってしまったぜ(笑)。

VS カーラ教徒シグ
使用マインドはセイバ、ヒュプノ、イーティン。ゴドーに比べるとかなり強かったですが、どうにか撃破。

戦闘後、部屋の中にデータパッドを発見するも起動出来ず。ただ、本体横にカードスロットを発見しました。後から、ここで使うカードか何かを入手すると見た(ΘωΘ)
更に、ベッドの下を探ると「地下水路のカギ」を発見。教会の誰かが手渡したのだと思われますが……一体誰が。

その後は改めて部屋の1つ1つをチェック。205号室の武器商人さん以外はみんないなくなっていて、部屋によってはカーラ教徒との戦闘になる事も。ちなみに、208号室のマッチョなポスターは、実はポスターでなく壁に直接ペイントしたものである事が判明。物凄いスキルの持ち主だったのね……あの青年。

【バザール~地下水路】
スラムセンターを出てトウコの所に戻ると、「地下水路のカギ」がスペアキーである事が判明。早速地下水路の中へと入る事になったのですが、トウコから「地下水路はクリーチャーの巣窟なので焦らないでね」との注意が。はーい、気を付けて行ってきまーすヽ(´ー`)ノ

さて、ここからは地下水路の探索。「第1メンテナンス室」からスタートし、水路3へと向かいます。初期状態では水路4→6へは移動出来ない様です。
トウコの言った通り水路内ではクリーチャーとエンカウントするワケですが、その中に「マンピード」という、人の身体から百足の足が生えた様なクリーチャーがいます('A`)。このクリーチャーは、ゲーム中で唯一「記憶素子」を落とす雑魚敵らしいので、暫くはそいつを狩る事に。「怒」が極端に少ないんだもんよ(´・ω・`)
ただ、この「マンピード」、行動は素早いは逃げる確率が高いわと一筋縄ではいかない上、水路には他のクリーチャーも出現するため、運が悪いと全然エンカウントしない事もあるのが辛いところ。

「マンピード」狩りに飽きたら、ちょっとだけシナリオを進める事に。「ポンプ室」に入ると何故かセス司祭の姿がありました。し、しかも、周囲が血塗れで人の死体まで((((;゙゚'ω゚'))))!

・死体はコンラート司祭と、信者アンヌ。身体の中から弾けた様な死に方。
・「新東京」から「ミナミ・セントラル」を中心に、「奇妙なモノ」が出回っている。
・「奇妙なモノ」とは「物質化した記憶」とでも言うべきもの。使用者の肉体構造さえ変化させる程の激しいヴィジョンを与える。
・セス司祭はミナミの製薬業者からその話を聞いて以来、内密に情報収集をしていた。
・マスターからコンラート司祭がミナミに出入りしている事を聞き、行動を探っていた。

以上が、セス司祭との会話の中で判明した事。コンラート司祭というと、最近姿を見掛けなくなっていたっていう司祭だったよね、確か。あと、使用者の肉体構造を変化させるっていうのも、1章のフィオナあたりを思い出します。
アルーアがセスを信じたり疑ったりしていると、トウコが登場。セス司祭を、教会への背徳及び司祭殺害容疑で連行すると言い出しました。
この状況でセスの身の潔白を証明するのは無理であるものの、現状ではあくまで「嫌疑」なので、これから弁明すればいいじゃない、というトウコに、セスは自分が異端審問にかけられるというのならば、自分も教会に問い質したい事があるので好都合だと告げ、抵抗する事もなく連行されて行っちゃいました (´;ω;`)
その後、アイラも登場するのですが……アイラはセスが好きだったのね~。切ねぇ。

その後、室内の「排水ユニット」から「バーハンドル」を入手。これで水路ゲートを開く様です。ダクトからはマップである「地下水路案内図」を入手。更に……うっかり死体にダイブしちゃった。怖いよォオオ。・゚・(ノД`)・゚・。
ちょっとばかりナーバスになりつつポンプ室を出ると、突如トウコの思念バーストが。アルーア達に助けを求める思念が飛んで来ました。セスに何かがあったらしいのでトウコの元へと行ってみると、セスが逃げたと言うではありませんか。両手で顔を押さえながら、苦しそうに水路の奥へと向かったみたい(゚ω゚;)

一挙に話が進み始めたところではありますが、続きは次回。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。