「deSPIRIA」プレイメモ 【25】

DC 「deSPIRIA」(DC)のプレイ記録、第25回目。
大詰めに一歩近付きました。

シナリオが展開するためのフラグを探して、エデンを徘徊中。

【天狗堂】
何かないものかと店内に入ると、なんとユージンの姿が。ちょ、子供がこんな店に入っちゃダメでしょΣ(゚Д゚ υ)!?
……が、ユージンは頭を抱えて苦しみ出したかと思うと、「だまらせてやる」と叫び「イライジャ」に飛びかかった挙げ句、最後には外に駆け出して行っちゃいました。な、何をやらかしたんだ……(゚ω゚;)

ユージンがこれまで見せていた苦痛の原因は、どうやらイライジャの出していた思念波動にあった様なのですが、それを感じとったとなると、ユージンには強力なマインド能力があるのかもしれない、とのこと。

このイベントの直後、スーツ姿の妙な男性が登場。男が言うに、ユージンはイライジャの人工声帯を奪っちゃったみたいです。
実はこの男性こそが「天狗堂」支配人の「オスカー・レンドルフ」。オルデラ教皇、プロスペロ技師長をも凌ぐ気迫の持ち主で、アルーアの事を何故か知ってました。
「あの時オルデラの奴がはしゃいでいたのも解る気がする」……って、どういう意味だ???

アルーアが自分を探していた事は知っていたものの、教皇と技師長の確執に巻き込まれたくなかった、というレンドルフは、「ラザロ」の居場所を教えてやる代わり、アルーアの力を試してみたい、と言い出しました。
力試しも何も、要は「イライジャの人工声帯を奪った犯人をとっ捕まえろ」と、予想通りの依頼なワケですが……それが出来たら支配人室へカモン、ですって(ΘωΘ)

【大通り~再生の塔】
人工声帯を奪い去ったユージンを追い、大通りへ。ユージンは自動3輪が好きなので、まずはそこから調べたところ……ダミー隠してやがったな(# ゚Д゚)!

その後各所を探し回った結果、ようやく再生の塔の図書館内で発見。本棚の所に隠れてました。
ユージンが能力の高いマインド使いである事を確信したアルーアは、マインドを制御する方法をレクチャーする事に。今のうちに教えとかないと、一方的に流れ込んでくる思念に、心が押し潰されちゃうみたい。
荒療治というワケではないのですが、強引にユージンにダイブしたところ、能力をコントロールするコツを得たのか、すっかり落ち着いたユージン。結果、あっさりと人工声帯を返してくれました。

【天狗堂】
ユージンから返して貰った人工声帯をレンドルフに渡すと、以下の情報が。

・アルーアを「帰らずの病院」に行かせる事は、臨界寸前の核反応物質に、その半分を追加するようなもの。
・ラザロはマインド治療チームを抜け病院内にこもった後も、レンドルフと繋がりがあった。
・レンドルフはラザロの娘「メノウ」と仲が良かったので、子守をしていた。
・メノウは天使並の可愛さ。
・「誰かが……何かがそれ(「人類の記憶」)を制御しなければならない。河の流れを変えるように……全体的なレベルで、制御出来れば……」byラザロ
・「生命の治療」における患部は「記憶」にあると、ラザロは見たらしい。
・レンドルフは廃墟から追い出された。その際のラザロの言葉から推測するに、メノウを実験に使う気満々。
・病院の全ての扉が閉ざされた後、メノウの絶叫が。その後、扉が開き、エデンの各所に現れた幻が、人々を廃墟へと誘った。
・病院に誘われた者達は、誰一人としてまともな姿で戻る事は無かった。

ここまでがレンドルフが知るラザロの顛末。ちなみに、レンドルフが無事だったのは、メノウに呼ばれなかったからなのですが、それが「メノウの自分に対する愛」だそうです(笑)。
周囲が言う「彼女にとってレンドルフはそれほど重要な存在じゃ無かった」という意見はやっかみなんだってさ(゚∀゚)!

ともかく、メノウを救う事が出来なかったレンドルフは、代わりにメノウの思念をイライジャの声帯ユニットに組み込み、あの悲痛な思念を聞き取る事が出来る人間の出現を待っていたそうな。
彼女の魂を救うことが出来るであろう、「誰か」を……。

以前に聞いた事がある様に「帰らずの病院」の鍵は技師長が持っているのですが、例え鍵を貰って中に入ったとしても、病院は魂を喰らい尽くし「全ての封印を一瞬で破壊して、全世界を覆い尽くす」というレンドルフ。
アルーアが勝とうが負けようが、人類は今のままの存在である事は出来ない、だそうな。……そんな達観されてもなぁ(´・ω・`)

【再生の塔】
とりあえずはプロスペロ先生の意見を聞こうと、再生の塔へ。
以下はその会話のまとめ。

・たぶんラザロは生きている。
・帰らずの病院からの生還者達は、記憶を奪われ廃人となったり、または別人の記憶にすり替えられたり、複数の記憶を植え込まれてクリーチャーの様になったりと、スピリアを打ち込まれた様な状態になっていた。
・ラザロの実験は失敗していない。数十年の時を経て「完了」した。
・ラザロは自らの存在を失うことなく、自らを思念体へと変容させる事に成功。病院を異界化し、無数の記憶を自らの内に取り込み始めた。
・ラザロの最終的な目的は解らないが、強力なマインド使いであるアルーアを取り込み、何かをしようと企んでいる。
・ラザロの恐ろしさを明確に感知しているのは、プロスペロとレイベンぐらい。

ここで先生の口から「レイベン」の名が出てきたところで、話はレイベンに関するものに。

・レイベンは、かつて「帰らずの病院」からただ一人無事に戻った少年。
・当時レイベンは10歳で、「再生の塔」の子供だった。
・メノウに誘われ病院の鍵を持ち出し、中に入ってしまった。
・病院からは直ぐに帰還し、身体も心も異常が無かったので安心していた。
・ところが、病院はレイベンの「存在」自体を変えていた。レイベンは物質と思念の境界をさまよう虚ろな存在……つまり「マインド」と化していた。
・レイベンは次第に病院内の事を思い出し、ラザロを倒さねば、という考えに至った。

予想外にも程がある、レイベンの正体。彼はラザロの精神核を破壊出来る意思の持ち主を探す必要がある、と考えた様なのですが……それがアルーアって事?

ともかく、これでラザロの目的の末端とレイベンの正体が判明。更には、教会の勢力がエデンに集結しつつある、とのこと。こりゃ、悠長な事やってる場合じゃござません。
いい加減腹を括ったのか、先生は「真実は自分で見極めろ」、と、病院の鍵である「プロスペロの鍵」をアルーアに手渡したのでした。

【再生の塔前】
塔の外に出ると「ヤマちゃん」が。教会の兵がいっぱい来たと怯えてます。
直後の静止画イベントでシスターズが登場。まずは「再生の塔」を制圧しプロスペロ先生を拘束するのが目的の様ですが、彼女等を率いている隊長は……「トウコ」なんだろうなぁ、やっぱり(´;ω;`)

【病院広場】
大通りはやばそうなので病院方面へと向かうと、シスターズにあっさり見付かり、戦闘になっちゃいました。
雑魚戦なので詳細は割愛しますが、「薄汚い裏切り者め」とか言われちゃったよぅ。酷いや。

広場に着くと、遂にトウコと再会。彼女の口からは衝撃の事実(薄々解ってたけど)ばかりを聞かされました。

・ラーベン大司教は本気。いざとなればエデンごとアルーアを消し去る。
・セスにスピリアを打ったのも、ボイスの舌を噛み切らせたのも、アイラ達を襲撃させたのも、全部トウコ(!!)
・セスとアイラは知り過ぎ、ボイスはあの時教皇の名を口にしようとしたから殺した。

淡々と真実を語るトウコに、教会を疑う事の無かったかつての自分を重ねるアルーアさん。アルーアがかつて任務で殺してきた標的達は、教会にとって邪魔であるために消されただけなんでしょう。
一方のトウコは、目の前に立つ、かつては憧れの存在だった「教会の敵」に対し、教会に戻るか、エデンに残るかの選択を迫るのでした。

※ 教会に戻る場合 -----
ここで「教会に戻る」選択をすると、イオ&リーシュとの初対面の際に選択した時と同様に、エデンの門→中央ホワイエ、という流れに。
ありゃ、まるっきり同じEDなのかと思いきや、最後の最後でムービーが挿入されました。
その内容を簡単に言うと、「最強で最凶な暗殺者誕生!」ってカンジ。アルーアさん、なんか眼光が赤いし、ニターって笑うし(´;ω;`)
ここまで -----

一方、エデンに残る選択をした場合はトウコとの戦闘になります。
……くっそー。怪しいんだろうな、とは思ってたんだけど、やっぱり最後まで信じていたかったよ、トウコ(´;ω;`)

VS トウコ
シスターズのエリートとの戦闘。マインドはダークエッグ、アルマ、シュトロメク、ナイトブレダ。
これまでのボスに比べ、一際強い……かと思いきや、全然でした(´・ω・`) いつもの様にクリスナイフで混乱させれば楽々。
それにしても、アルマとダークエッグを連れているところを見る限り、アルーアに抱いていた憧れは本物だった、という彼女の言葉は、やはり嘘ではなかったみたい。

戦闘後は、死ぬ間際のトウコとの会話。トウコも教会の異常さを薄々ながら感じていたらしく、ミッションをこなせばこなす程、心に隙間が生まれていた模様。
そして彼女は、その隙間を埋めるためには、教会に忠実であり続ける事しかない、と考えちゃったそうな。
最後、「神は私のどこがお気に召さなかったのかしら」と寂し気にアルーアに問い掛けながら、トウコは消滅したのでした。・゚・(ノД`)・゚・。

【再生の塔】
トウコとのイベント終了後、セーブも兼ねてプロスペロ先生の所に行こうとしたところ、上のフロアには行けなくなってました(´;ω;`)
技師の一人が先生からの伝言を伝えてくれるのですが、その内容は「病院に行け!」と単純明快なもの。
先生と技師達はシステムの基幹部分に制御デバイスを組み込もうとしているものの、制圧されるのも時間の問題なんだって。たいへんだぁ(゚ω゚;)

こ、こうなったら、「帰らずの病院」に特攻かけるしか無いみたいですが、今回はここまで。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。