「deSPIRIA」プレイメモ 【26】

DC 「deSPIRIA」(DC)のプレイ記録、第26回目。

いざ「帰らずの病院」……に行く前に、パルマのお店へ(笑)。やっぱり可愛いなぁ(*´ω`*)

【帰らずの病院前広場】
最終決戦前に和んだところで、改めて病院へ。いざ中へ入ろうとしたら、レイベンが登場しました。
会話の内容をまとめるとこんな感じ。

・病院の中は、ラザロの思念が渦巻く異界。空間そのものがスピリアのようなもの。
・通常は病院内に入った瞬間、精神の変容が始まる。どんな強い精神力の持ち主でも避けられない。
・レイベンが以前アルーアに渡したビジョンは、レイベンがこの病院で受け取った思念波動を、アルーアの思念パターンに合わせ調整したワクチンの様なもの。

なるほどなるほど、よくわかんないけど、なるほど。
ひとしきり感心してはみたものの、ラザロの縄張りに飛び込むからには更なる強化が必要、というレイベン。では、どうやって強化を行うかと言うと……レイベンがアルーアの精神に入る、ですってえええΣ(゚Д゚ υ)!?

存在そのものがマインドとなっていたレイベンは、このイベントを経てアルーアの記憶の一部となりました。もう会う事は出来なくなる様ですが、彼はアルーアの精神の一部として生き続ける事となります。
更には、経験値を999もゲット。……嬉しいような、悲しいような。

【帰らずの病院】
アルーアの記憶となり精神核を護ってくれているレイベンを感じつつ、いざ、病院の中へ。
足を踏み入れるなりアルーアを襲ったのは、侵入者を喰い尽くす気満々の思念の嵐。更に、アルーアが鍵を開けた隙を狙ったんでしょう、恋人を病院に喰われた女性、レインが入って来てしまっていました∑(゚ω゚;)
アルーアとは違いワクチンを持っていない彼女は、にわかに苦しみ出したかと思うと、か、顔が大変な事に……((((;゙゚'ω゚'))))!!

VS 変容のレイン
病院に精神を喰われ、変わり果てた姿となったレインとの戦闘。
大変可哀想な彼女ですが、申し訳ない事に、雑魚レベルでございました……(´;ω;`)

レインとの戦闘後、2Fへ。非常灯の緑色のみに照らされている暗い内部を進んでいくと、予想外の人物と遭遇しました。

2Fにて姿を現したのは、ミディアン地区でリシュアン神父の治療を受けていた女性「リーザ」。げげげ、こんな所にいるって事は、もしかして彼女も……と思いきや、どうやらそうでも無さそうです。本体じゃなくて思念体みたいだし。

リーザの説明から判明したのは、この病院は思念の集積所のようなものであるという事と、各部屋から思念が来ているので、それを断ち切れば病院は力を失う、という事。
更に「助けに来てくれたのか?」とアルーアが問うと、「アンタにバカにされた仕返しに、笑いに来てやっただけだ」「さっさと各部屋の思念の流れを断ち切ったらどうだ」と、盛大なツンデレ返しをされちゃいました(*´ω`*)

【201号室】
まずは201号室へ。ドアの向こうからは攻撃的な思念が感じられます。
嫌々ながらも中に入ると、そこは病室などではなく、まったくの異世界。ただ、なんか見覚えのある風景だと思ったら、ここって、第1章で出てきた「旧セントラル第2ビル」へと続く通路だ∑(゚ω゚;)!

この部屋の「攻撃的な思念」の主は、以前この場で戦った「アンリエッタ」。ツインテールの少女型アンドロイドです。
当然ながら戦闘になりました。

VS アンリエッタ
マインドはリングリン、リングリンガ。ほぼ雑魚戦だったので、楽勝でした。

戦闘後は元に戻った病室へとダイブ。すると、ラザロの娘、メノウのものらしき思念をキャッチ。
レンドルフが言っていた様に、メノウは実験に使われていた様です。「人々のためになる」という名目で……。

【202号室】
続いて202号室。こちらは、セントラル教会領のバザールで、誰が出てくるのかと思っていたら……なんと、ヴィが登場。それも第1章仕様の俺様バージョンです。やっぱり脱いでる(笑)。

・目の前の光景とヴィは、思念体というよりは実体に近い存在。
・この病院は思念の「ハブ」のようなもので、あらゆる場所と繋がっている。
・アルーアがいなくなったお陰で、ヴィが記憶を集めるハメになっている。・喰われた「心」は、アルーアをも包む大いなる場所に集められる。

ヴィとの戦闘もあるのかと思いきや、会話だけでイベントは終了。ちょっと拍子抜け。

【受付】
ドアの向こうからは憎悪の念が。中は「旧セントラル第2ビル」にあったヴィの実験室で、登場したのは「バイオレット」の思念体でした。
頭に包帯巻いて、第1章のラストでアルーアに致命傷を負わせた女性です。

VS バイオレット
思い切り雑魚でした。感想はそのぐらい。

戦闘後に室内を調べると、ガラスの割れた棚から病院に侵入したらしい泥棒の思念が。それによると、ラザロの娘「メノウ」が使っていたらしい最強の蟲と撃針があるとのこと。
更に室内にはセーブポイントがあったので、すかさずセーブでございます。

【帰らずの病院 3F】
2Fの探索を終え3Fに向かおうとすると、再びリーザが登場。実はこれまで3Fに行く事は出来なかったのですが、アルーアが部屋からの思念の供給を断った事により、3Fに行ける様になったとのこと。

【301号室】
無人の部屋でした。かつてはメノウの部屋だった様で、棚から防具、ぬいるぐるみから撃針を発見。
どうやらメノウもアルーアと同じ能力を持っていた様で、様子がおかしい父親の事を案じる……というより警戒している雰囲気。

【302号室】
ここから漂うのは、何だか懐かしい香りのする思念。
まさかと思い飛び込んでみると、そこにいたのはセス司祭でした。……しかも、変異後の('A`)
その後、この期に及んで「何故一緒に死んでくれなかった」などとアルーアを責めるセス司祭との戦闘に。

VS セス異変
マインドはフロレイン×2と、あと1匹いましたが失念。
戦闘後のアルーアさんによると、今戦ったのが本物のセスの思念かどうかは解らないが、彼が自分を責めるのは正しいかも、とのこと。
そんな事ないよぅ。たぶん、このセスは病院が造り出した歪んだ思念なんだよぅ(´;ω;`)

【診察室】
「診察室」からはまがまがしい邪念が。その正体は、この病院に集められ、非人道的実験の道具にされていた人々の思念でした。
ここも他の部屋同様、別の場所と繋がっているだけの様なのですが、「セクター12」で感じたものと似ているって事は、相当のもんだったんだろうなぁ。

その直後、室内で姿を現したのは、馬(犬かも)の頭を持った怪物。実は怪物こそが、レインの恋人「マシオ」の変わり果てた姿である模様。
この部屋に渦巻いている思念に冒され、異様な姿へと変貌してしまった彼を解放するには、魂を砕くしかない……って事で、戦闘突入です。

VS マシオソウル
マインドは2体出してきましたが、覚えてないや(゚∀゚)
強くはございませんでしたよっと。

【帰らずの病院 4Fへの階段】
4Fへの階段へと向かうと、リーザ、三度登場。
アルーアの足跡が鍵穴となり、思念を流れ込ませている、とのこと。
このままでは病院に喰われる上、この先に会いたくない思念があるから、と、リーザは姿を消しちゃいました。心細いよぅ(´;ω;`)

3Fに行く前のアルーアさんのまとめによると、この病院は、死者の記憶や、アルーアがこれまで「食べてきた」思念が流れ着いている、とのこと。そして、ヴィが言っていた「大いなる場所」こそが、この病院を指している様です。
なんだかよくわからないので、今回はひとまずここまで。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。