残暑お見舞い申し上げます

フツー お盆もあっと言う間でしたね。

帰省やお出掛けされた方、お疲れ様でした。
また、これからそうされるご予定の方は、どうぞお気を付けて~(*´ω`*)
おひさま

さて、ようやく「グランディア」(SS)のプレイを再開した今日この頃。
現在は「リエーテ」を仲間にし、シナリオも終盤に突入した様相です。
このまま一気にクリアまでいきたいところですが、本作には本編には関係無いボーナスダンジョンが3つ存在し、その誘惑に負けちゃいました(∀`*)ゞ

3つのうち2つは既にクリア。今は残る1つ「魔導の塔」を探索中。
ゲーム中での最高難度を誇るだけあり、この塔、敵は強いわ構造が複雑だわ仕掛け解くのが面倒臭いわと、厄介なことこの上無し。気を抜くと余裕で死ねます。

唯一の救いは、一度塔から出ても、(基本的に)解いた仕掛けはそのままの状態になるという点。
当然敵は復活しちゃうのですが、また一から仕掛けを解かされるよりは遙かにマシ。

そんなこんなで時間をかけてジリジリと攻略した甲斐あり、残るは3連戦となるボス戦のみ。
が、この塔のボスだけあり、下準備無しで勝てる相手ではないので、少しでも強力な装備品を手に入れるため、再び本編に復帰しようと思います。
本来、この手の隠しダンジョンはラストバトル直前に攻略するのが好きなんですが、シナリオがある程度進むと進入不可になっちゃうそうです。残念(´・ω・`)

ちなみに、プレイ時間見たら80H超えてました。
ああんもう、時間かけ過ぎだよ……。

にくきゅう にくきゅう にくきゅう

話は変わりまして。
実は上記の「グランディア」と並行し、GBAの「サンサーラナーガ1×2」をプレイしています。これもRPG。
以前は複数のRPGを同時進行するのは苦手だったのですが、グランディアがちょっとダレ気味になったので試してみたら、案外気になりませんでした。
手軽に出来る携帯機だったからだろうな、たぶん。
それか、歳取ったせいでこだわりが無くなった(笑)。

サンサーラナーガ1×2 Best Collectionサンサーラナーガ1×2 Best Collection
(2006/02/16)
GAMEBOY ADVANCE

商品詳細を見る

本作は'90年にFCで発売された「サンサーラナーガ」と、'94年にSFCで発売された「サンサーラナーガ2」のリメイクを、1本にまとめたもの。
監修が押井守氏であるため、氏のファンの方の間ではそれなりに有名なのだそうですが、私の場合は、キャラデザの桜玉吉氏目当てでSFC版の2を購入しました。
キャラデザでゲームを買ったのは、後にも先にもこのゲームだけ……だと思う。たぶん。

SFC版の2はクリア済という事もあり、今回は1をプレイ中。
……とはいえ、まだ序盤も序盤、相棒である竜すらまだ手に入れていない状況なのですが。

このゲームを一言で言うなら……「苦行」(笑)?
一筋縄ではいかない局面だらけです。
ゲームスタート直後でも、強力な敵に容赦なく襲われ、全滅を繰り返すあの理不尽具合は、レトロRPGを遊んでいる様……ってそうだった、元はFCなんだからレトロで当たり前か。

正直なところ、ゲームとしてのバランスは良くないと思うのであまりお薦めは出来ませんが、絵柄に反し世界観は非常にシビアかつ哲学的だったりするので、少々毛色の変わったRPGを遊んでみたい方にはおススメです。
何より、赤ちゃん竜が可愛い(*´ω`*)!

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。