続・歯医者さんの話

ダメだコリャ 以前書いていた歯医者話の続き。
それなりに痛そうなお話ですよ。実際は痛くなかったけど。
本日、朝から口腔外科に行って参りました。
下奥歯の歯茎に出来た謎の塊の正体を調査すべく、めくったり削ったり(´;ω;`)

表面麻酔のための綿を噛んでいる間、先生が手順を説明。
歯茎を8mmほど切開して、顎の骨を削り、塊の一部を採取するんですって。

説明が終わったら麻酔を注射され、いざ作業(というのか)開始。
麻酔が効きまくっているお陰で痛みは殆どありませんでした。
敢えていうなら、先生が指で引っ張ってた上唇が痛かった(笑)。

ただ、流石に、顎の骨を削られる際の高周波音と震動には冷や汗が(´;ω;`)
あればっかりは何度やられても慣れない……。

塊を採取される時は少々痛かったです。我慢出来ない程では無かったものの。
この時の痛みは、日頃、患部を圧迫した時に感じていた痛みと同じものだったので、やっぱりこの塊が痛みの正体だったのね(`・ω・´)

最後に歯茎を糸でチクチクっと縫ったら、作業はお終い。
先生が事前に言っていた通り、20分もかからず。
検査結果は今週の金曜日に判明するとの事で、その時に併せて抜糸もするそうな。

とりあえず、先生が見た限りでは「たぶん良性の腫瘍」とのこと。
だとしたら、次の診察の際に取るか取らないかを決めなきゃならないと思うのですが、やっぱりこういうのって早い内に取っておいた方がいいよねぇ。
……日帰り手術は流石に無理かな(゚ω゚;)

そんなこんなで、本日の診察はお終い。
待ち時間を除いたら30分もかかっておらず、些か拍子抜けしましたが……ま、いいか(゚∀゚)

今回は化膿止めと痛み止めを処方して貰ったのですが、「薬を貰ったら即服用して下さい」と言われたので、病院を出る前に待合いロビーの端っこでゴソゴソと飲んでいたところ、前の席に座っていた男のお子様(3歳ぐらい)から一部始終をガン見されてしまい、やたら恥ずかしかった(*´ω`*)
薬が珍しいのか、それともお菓子食べてると思われたのか……。

今現在、痛み止めが効いているようで何よりですが……切れたら痛むんだろうな。やっぱり(´;ω;`)

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。