WIZARDRY New Age of Llylgamyn プレイメモ 【3】

PS 「Wizadry LLYLGAMYN SAGA」(PS)、シナリオ4「ワードナの逆襲」のプレイ記録です。
今回はB7F~B5Fまで。

前回も申し上げましたが、今回はかなり攻略本べったりでプレイしてます(いつも以上に)。
折角の#4なのに、教科書通りのプレイというのも面白味に欠けるかなぁとも思ったのですが、攻略本見てようが見ていまいが、死ぬ時はさっくり死んじゃうので、あまり気にしない事にしました(゚∀゚)

常にギリギリのところを突っ走っているこの#4プレイ日記。
本当はもっと慎重に行きたいけど、狂王のおっちゃんが追い掛けてくるんだもん。

【B7F】
今回はB7FにあるLV.4召喚陣(N1,E4)からスタート。当面の目的はB6Fへと進む事のみ。
召喚陣ではソードマン、オーガ、ストラングラーバイン、ゴブリンシャーマン、プリーステスの5体を召喚。
面子は毎回攻略本を参考にしっ放しなので、かなり面白味に欠けてます。すみません。

召喚が済んだら南の外周沿いにくっつき、召喚陣のある部屋から扉を5つ開けるまで Go Eastヽ(´ー`)ノ
この間、やたらとエンカウントし、大変な目に遭いました。
目的地はまだ遠いのに、こんな所で消耗だなんて。

5つの扉を抜け(N0,E14)に来たら、今度はそのまま北進。途中、前方に扉が二つ並んでいる部屋を幾つか通過するのですが、(N12,E9)の部屋に出るまではひたすら左の扉へ。
「せっかくだから、俺はこの左の扉を選ぶぜ!」などと叫ぶと雰囲気出るかもしれません。何のだ。

(N12,E9)に来たら、シークレットドアを看破しその先へ。
後は北へ北へと進むと、階段のある小部屋へと到達します。

ところで、道中の戦利品で不確定名「会員証」というものを入手しました。
正式名は「モルドールチャージ」というのですが、攻略本によると「神託を聞くのにお金がかからない」との事。
神託って言うと、あの時折出没する妙な男の事? 確か選択肢に「カード」とあった様な……。
気になったので更に調べたところ、使用すると15%の確率で死ぬ模様((((;゙゚'ω゚')))) トラップアイテム?

さて、話は本題に戻ります。
B6Fへの階段がある部屋に入ると、メッセージ出現。

突然、空気が一変した。どうやら神殿の中枢部にたどり着くことができたらしい。

神殿の中枢部……って、何処が神殿? このダンジョンが? それともこのフロア自体が(゚ω゚;)?
疑問を深めつつも、今は先に進むしかないようです。

【B6F】
B6Fへ到達。途中、主戦力だったオーガが死んじゃったのが不安要素。
階段から最寄りの魔法陣までが結構離れているので、無事に辿り着けるか心配(´・ω・`)

階段室から一歩出ると、いきなりメッセージがありました。

【ここは、16の部屋がある階】
【目をまわすなよ!】
君は鼻で笑った。余計なお世話だ。

お爺ちゃん、鼻で笑うの好きねぇ。警告は素直に聞いておきましょうよ。

このフロアの特徴は、4×4の小部屋が整然と並んで配置されているところ。
そして、各部屋の間を縦横に走っている通路の交差部分は、回転床になっております。
Wizではよく見られるフロア構成ですね。

忠告通り、ここの回転床は実に厄介でした。回転後、現在の方向を確認しようとマップを開いても、閉じた時点でまた回転しやがるのです(´;ω;`)
回転時間の長さから方向を推測する事も可能なのですが、慌ててるとつい間違えちゃうのよね……などと、方向正解率10%程度の人間が言ってみる。

さて、(N7,E1)のLV.5召喚陣に辿り着いたら早速メンバーチェンジ。
レベル3サムライ、アーマーイーター、ハリコン、ワイト、ビショップで。
準備が整ったら、まずは(N13,E13)にあるらしい「希望の外套」を取りに行きます……と、その前に。
召喚陣の真横に、何やらメッセージがありました。

ここでは何がおこっているんだ?

こっちが知りたいわい。

気を取り直して探索開始。実は、(N7,E1)の召喚陣がある4×4の部屋に入る直前、B5Fへの階段を発見したのは良かったのですが、東西を青いキラキラしたもので守られておりました(南北は壁)。
この青いキラキラは一方通行のワープゾーンらしく、踏み込めば、当然別の場所に飛ばされます。ならばどうやって階段へ到達するのか……は、また後ほど。

回転床を二つほど乗り越えて、(N13,E13)へ。部屋に入ると、突如メッセージ出現です。

「探究者よ、汝が探し求めしものの名は?」

なぞなぞタイムの様です。このぐらいは自力で解きたい、と、シンキングタイムに突入。
ところで、メッセージやキャンプ画面を開いている時も、ワードナって迫って来てるのでしょうか(゚ω゚;)?

とりあえずワードナさんは「アミュレット」を奪還しようとしてるんだよね、という事でそのまま入力してみると……。

突然、空中から白い外套が舞い降りてきた。君はそれを身体全体で受け止める。
「おお、これはなんと見事な……」
外套は、純白に輝き、君の目を引き付けてやまない。誰の意志なのかは知らないが、もうけものだ。君はありがたく頂戴することにした。

爺ちゃんは、もうちょっと警戒というものを覚えた方がいいと思う。なんか無邪気過ぎる。邪気溢れる無邪気さ。
ちなみに、 部屋をでた直後、「ティルトウェイト」という名前の司教に、出会い頭にティルトウェイトをぶっ放されて死にました( ゚д゚ )
良かった……。外套の入手直後にセーブしといて良かった……!

何事も無かったかの様にロードしたら、最寄りの召喚陣で態勢を立て直し、次の目的地である(N2,E13)へ。
ここには固定的であるドルイドが居るのですが、それを倒すと、上り階段のある座標へとワープ可能だそうな。

・VS ドルイド
ドルイドの「ジェシーザスミス」との戦闘。可愛い女性魔導師でございました(*´∀`*)
でも弱い。ほぼ瞬殺。

戦闘後、戦利品の中に不確定名「狂った物語」を発見。

人の皮で装飾された本……。君は、戦慄した。これがかの有名なネクロノミコンか!? 震える手で、君はそれを手にとった。

正式名はそのまんま、「ネクロノミコン」でした。常人が読んだら脳が沸騰するんだっけ?
そういやウチにもあったよ(゚∀゚)! まだ読んでないけど(゜∀。)!

ネクロノミコンネクロノミコン
(2006/01/25)
ドナルド・タイスン

商品詳細を見る

さて、ドルイド倒し「ネクロノミコン」を入手したら、そのまま階段へワープ。
B5Fへと突入です。

【B5F】
スタート地点は(N0,E0)。このフロアは、ダークゾーンと通常床がチェックの如く配置されています。
ミルワ系は、かけても無駄って事ね。

LV.6の召喚陣は(N5,E5)にあり、スタート地点からはダークゾーン以外の障害物も無し。
まずは南の外周沿いに行こうと一歩踏み出したところ……。

光と闇の世界へようこそ。

これはこれは、どうもご丁寧に。
召喚陣までの間に2回ほどエンカウントしたのですが、下僕ちゃん達の魔法が強いおかげか、だいぶ楽になってきました(;-ω-)=3

召喚陣に到着したら、ガーゴイル、ディスプレッサービースト、マスタードラゴン、フェアリー、ビショップを召喚。
「マスタードラゴン」ってドラゴン系だとばかり思っていたら、戦士だったんですね(゚ω゚;)
軽く驚愕したところで、今回はここまで。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。