WIZARDRY New Age of Llylgamyn プレイメモ 【10】

PS 「Wizadry LLYLGAMYN SAGA」(PS)、シナリオ4「ワードナの逆襲」のプレイ記録です。
今回は宿屋で騎士団と会見。おじーちゃんモテモテの巻。
前回入手した鍵で宿屋へと乱入。奥へと行こうとすると、当然ながら宿の人に呼び止められたのですが、モンスターに威嚇させて素通りする爺さん。
ごめんねお店の人。この爺様、モンスターに介助して貰わないと歩き回れないの(´;ω;`)

数歩先に進むと、固定的との戦闘が待っていました。パーティ名は「ケガ人たち」で、戦闘突入時の台詞が「またお前か!」とか「こっちは松葉杖をついてるってのに!」とか(ΘωΘ)
要するに、ワードナが倒した事のある敵のパーティみたい。当然弱いです。

戦闘後は1Fの部屋を片っ端からチェック。すると、一部屋だけ中に人が居ました。

「おっと……」
君はどうやら人の部屋に入ってしまったようだ。ゆっくり踵を返そうとした君の背中に声がかかる。
「トレボーの亡霊に悩まされているなら、いいアイテムがこの世の中にはあるらしいぜ」
その投げやりな態度が何故か君は気に入った。「方」珍しく君は返事をして、その場を去った。

間違って部屋に入った爺様はともかく、いきなり入って来た見知らぬ老人にトレボー王の亡霊の話をする人というのも、どうかなーと思います。
気を取り直して(N11,E14)の階段を上ると、周囲には4つの部屋がありました。とりあえず今立っている地点の北にある部屋は「虎の子騎士団御一行様」、でもって南は「月桂樹騎士団御一行様」、か。

ここで説明を入れると、この4部屋にはそれぞれ騎士団がいて、対面する事によるイベントが発生します。
その際、ワードナの言動によりイベントの展開が変わってくるのですが、初対面時のイベント展開がED分岐に影響を与える仕組みになっているようです(アレンジ版の場合)。

攻略本を参考にもう少し詳しく触れますと、各騎士団との間で起こる計4つのイベントでは、展開により各イベント毎に善、中立、悪と、アライメントが決定されます(実際の属性とは無関係)。
そして、この4イベントが終わった時点でのアライメントの内訳により、EDの属性が決定するというわけです。
たとえば、4イベントとも善だったら善EDとか、悪が1つでもあったら悪EDなど。中立の場合もあります。

また、各イベントでの属性が善になる展開を迎えた場合、各騎士団からアイテムを1つずつ入手する事になるのですが、今回のプレイで目標としている真EDを迎えるにはそれらのアイテムが全て必要となるため、今回は全て善ルートという事で。

それでは、イベントを一つ一つ見ていきましょう。
まずは「虎の子騎士団」のお部屋から。

「見つかったんだね! ありがとう!!」
君は突然、見に覚えのない歓迎を受けた。
「……なんのことだ?」
冷めた視線を向けると、相手は唐突に状況を悟ったようだ。少年達は一斉にうなだれる。
「すいません。実はぼくたちの学校の旗が、柄の悪い冒険者たちに盗まれてしまって……」

どうやら、騎士学校の生徒さん達みたいです。学校の旗を盗まれて困ってるみたい。
この後、「持っている」「大変だな」という選択肢が出るのですが、該当アイテムである「騎士学校のペナント」を持っているので、正直に申し出、返還してあげると、過剰なまでに讃えられた末、善認定&アイテム「夢の宝珠」を頂けます。

少年達は君を取り囲んで、次々に合唱した。
「これを」「これを」「受け取ってください」「ください」「夢の宝珠です! ぼくたちが心からの感謝をした相手に送るものです!!」
君は、ちょっと誇らしげにそれを受け取った。

満更でもないのね、お爺ちゃん(*´ω`*)
ちなみにここで不所持なのに「持っていると」を選ぶと、悪認定&戦闘となります。正直なのが一番って事ね。
……言っておきますが、「柄の悪い冒険者」とはワードナの事じゃないよ。ペナントを持っている冒険者パーティの事だよ(笑)。

ところで、この部屋に再度入ってみると……

「あ、ワードナさんだ!!」
いつのまにか君は、この少年達のヒーローになっていた。
「う、うるさい、馬鹿め!そこをどけ!」
君がどれだけなじってみても、その純粋な瞳はがんとして揺るがない。やっとの思いで君は部屋を抜けだした。まったくここは幼稚園か。

ツンデレだ、ツンデレがここにいる。

さて、お次は「月桂樹騎士団」のお部屋。

そこでは悲痛な沈黙を保ったままの騎士たちが、身動き一つしないでいた。
雰囲気に引き込まれるように声をかけようとした君を制して、一人の騎士が声をあげる。
「これも何かの運命なのかもしれない。もしかすると君は、ダヴオブピュースを持っているのではないか? もしかして運命に導かれたのではないか?」

「ダヴオブピュース」というと、魔女様の所で貰った黒ペンキ缶の事でしょう。
「持っている」「欲しいのか?」という選択肢が出ますが、善狙いなので素直にお返事。すると、予想通り「譲ってくれ」と頼まれ、今度は「よかろう」「断る」という選択肢が。
なんか「伝説の塗料」らしいですよ、この黒ペンキ(゚∀゚)

ペンキを快く譲ってあげると、またしても騎士達から感謝感激雨霰。御礼に「真実の矢」を貰いました。

「心よりの感謝を!!」「ワードナ万歳!!」
君を称える合唱はしばらくやむことがなかった。ちょっとだけ君はいい気分になった。

ここでも、持っているのにあげなかったり、持っていないのに持っている振りをしたりすると、悪認定&戦闘。更に、侮辱する様な言動を選ぶと戦闘となります。
そして、一旦部屋を出てまた入ってみると……。

部屋では騎士たちが無心に作業へ没頭していた。巨大な像の鼻がダヴオブピュースによって丁寧に丁寧に塗られていく。しばらく、よい気分に浸っていた君だったが、ふいに像が、あのトレボーのものだと思い出した。……吐き気がしそうだ。君は慌てて部屋を出た。

あれ? この町ってトレボーの事はタブーなんじゃなかったの??
それはまぁいいとして、次は「ペリカン騎士団」の部屋へ。

「おお、あなたがワードな殿か! 探していたぞ」
突然、その騎士が君の手を取った。全力をあげて振りほどこうとしたが、がっちり捕まれている。そんな君には一切関知せず、他の騎士たちも君の腕をつかんだ。まるで万力の様な力で!
「おかげで、我が騎士団が王より拝命していたドリームペインター神殿の復活を終えることができた」「どうか、これを受け取っていただきたい!!」

とても強引な展開になりました。B7Fでドリームペインター神殿を復活させた上で彼等と対面すると、その時点で善認定を貰い、謎の黄色いヘルメットを渡されます。見た目は工事現場的な。

「さあ、早速かぶってみてくれ!」
君は躊躇した。しかし、騎士たちの汚れのない瞳が、君の腕を強引につかんだ。
「おお、よく似合っている。どうであろう? それをつかって、ついでに1階のプー……」
それ以上聞く耳持たず、君は憤慨して、部屋を出た。

ここで入手したのは「メンテナンスキャップ」。ワードナーがスルーした騎士の台詞がヒントになっているのですが、このアイテムを装備した上で1Fにあった修理中のプールに入ると、属性が晴れて善になります。
その件についてはまたのちほど。

ペリカン騎士団とのイベントでは、ドリームペインター神殿を復活させていない状態で部屋に入ってしまうと、悪or中立の認定しか貰えません。
なので、「メンテナンスキャップ」が欲しいのなら必ず神殿を復活させてから会わなければならない様です。そんなの、攻略情報ないと気付けないよねぇ。

「あ、ワードナ殿! どうです? 今から夜通しで体力訓練を行うところなのですが、一緒にどうですか?」
全員が全員、邪気のない笑顔をむけてくる。それは肝が冷えきる薄ら寒い光景であった。
「さあ! ワードナ殿!!」
いつのまにか掛け声が輪唱となっている。これ以上いたら強引にやらされかねない。君はさっさと退散した。

もう一度入ると以上の様な展開に。光景が容易に想像出来ちゃうのは何故でしょう。
さて、残るは「薔薇の騎士団」。ここもちょっとばかり手順が難しいです。

君がその部屋に入ったとたん、全員が殺気立った。あたりを漂うかぐわしい薔薇の香りは、死の香りになろうとしている!
「不浄なる者め! その臭気、我慢ならぬ!」「ここは己のいる場所ではない!」
それを受けて、君は人の悪い笑みを浮かべた。
「愚かな……力こそは正義よ。勝ってからほざけ!」

今までの騎士団は友好的だったのですが、ここは超好戦的。
実はこの騎士団、ワードナの属性が善でない場合、喧嘩をふっかけてくるのです。中立でもダメ。
この時、戦闘をするか逃げるかを選べるのですが、戦闘しちゃうと悪認定を喰らい、逃亡すると中立認定となります。

さて、「薔薇の騎士団」の皆様をすっかり怒らせてしまったワードナさんですが、彼等からも重要なアイテムを貰わねばなりません。
そこで、何事も無かったかの様に部屋に入る直前のデータをロード。ひとまず宿屋を後にすると、ペリカン騎士団から貰った「メンテナンスキャップ」をかぶり、ミルク色のプールへと向かいました。

君はメンテナンスキャップをかぶって、プールにと飛びこんでみた。するとどうしたことだ! 次々と君の頭の中に、このプールを直すための知識が入ってくる!! 君は早速行動に移った。
そして、君は心地好い満足感とともに、白く閉ざされた区間にあった。自分という区切りのない世界。五感すべてが断たれていてなお、心地好いだけの世界。
やがて時間も失われ、自我だけとなった君は、ふと世界の真理を悟った。……そういうことか!
眼を開くと見慣れた景色が戻ってきた。君は再びプールの縁に立っていた。清々しい気分だった。

ここは笑うところなのか、そうではないのか。世界の真理を悟った感想が「そういうことか!」というのも、大雑把な気がしますが。
とにかく、これで属性が善になったので、再度「薔薇の騎士団」のお部屋に行ってみます。

極上の笑みを張り付けた女性達が、君を出迎えようと待ち構えていた。薔薇の香りでむせかえるようだ。
「ようこそ、ワードナ殿」
一人の女性が近づくと。君の手にそっと薔薇を持たせた。
「あなたは本当の自分に気づかれた……すばらしいことです。この薔薇細工を受け取ってください。私たちがあなたを認めた印です」
君が手元に目をやると、その薔薇は、素晴らしく精緻なガラス細工であることがわかった。

あら、薔薇の騎士団って女性騎士団だったのか。てっきりお耽美ナル兄ちゃんだとばかり(偏見)。
ここでは善認定&「クリスタルローズ」を入手出来るのですが、そのためには、属性がGであるだけでなく、トレボーの亡霊を浄化しておく必要がある模様。浄化していないと、中立認定しか貰えないそうです。

「よくお似合いですわ」「……あら、ほんとうに」
貴婦人たちは手放しで褒め称える。よくよく考えてみれば、女性に声をかけるのもいったい何千年ぶりだろうか? 君は笑みで、感謝の意をあらわした。どこか遠い記憶で違和感を感じながら。

とても不可思議な空間に巻き込まれた爺様。逃げる様に外に出てはみたものの、再度入ってみたところ……。

「あら、ワードナ殿」
君が部屋に入ると、次々にご婦人方が名前を呼んでくる。
「今、お茶会の準備をしているのですが、御一緒にいかがです? フルーツケーキも今焼いているところですよ」
君は、自分がこの婦人たちと優雅にお茶を飲んでいるところを想像して目眩がした。そして、誰にもきづかれぬよう部屋を出た。

気持ちはよく解ります。実は私も紅茶が飲めないタチなので……え? そういう事ではなく?
実質的に宿屋でアイテム回収しただけなのですが、長くなっちゃったので今回はここまで。

Comment

Re: WIZARDRY New Age of Llylgamyn プレイメモ 【10】
こんにちは。

爺ィ中々お茶目さんですねw
ゲーム中のメッセージも狙っているのかいないのか、味があって面白いです。

Wizは私も持っているんですけど、最近耐性がなくなっていて最初のキャラメイクでしんどくなるんですよね(汗)

でも4は普通に面白そうなんで挑戦してみようかなw
Re: Re: WIZARDRY New Age of Llylgamyn プレイメモ 【10】
e-68 影男さん
こんにちはー。
#4は他のシナリオに比べ、明らかにネタ的要素が強いと思います。
(とは言っても#5以降はプレイした事が無いので、よく解りませんが……)
特に今回の騎士団とのやりとりは、一番かっ飛ばしてるんじゃないでしょうか(笑)。

   > 最近耐性がなくなっていて最初のキャラメイクでしんどくなるんですよね(汗)

解ります解ります。6人分せっせと作るのって、意外と骨が折れますよね。
かと言って、ボーナス値を一発勝負にする度胸もなく。

#4、1周するのに要する時間が短いのでおススメですよーヽ(*´∀`)ノ
うまいこと進めない時はイライラしちゃいますが……。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。