ファンタシースター プレイメモ 【1】

PS2 「ファンタシースター」(PS2)のプレイ記録、第1回目です。

ゲームスタートから、利用者が多いとは到底思えない、閑散とした「スペースポート」まで。

SEGA AGES 2500シリーズ Vol.32 ファンタシースター コンプリートコレクションSEGA AGES 2500シリーズ Vol.32 ファンタシースター
コンプリートコレクション
(2008/03/27)
PlayStation2

商品詳細を見る

さてさて、今回は「ファンタシースター」をプレイしてみる事になりました。シリーズの初代作品です。
シリーズに対する知識が殆ど無い私は、初代はMDが最初だと長年思い込んでたのですが、MDのは復刻版だったのかぁ。なんともお恥ずかしい(∀`*)ゞ

今回プレイするのはPS2版。「SEGA AGES 2500」のコンプリートコレクションに収録されているものです。
コンプリートコレクション自体はPS2が最初ではなく、'98年にSSでも発売済みであり、また、現在はWiiのバーチャルコンソールでも配信されているので、実機プレイへのこだわりが無いならば、比較的プレイし易い環境にあると言えますね(*´ω`*) いい時代になったもんだ。

前置きはこの辺にしておき、そろそろ本題。説明書にあるストーリーの導入部を意訳するとこんな感じ。

「アルゴル太陽系」にある「惑星パルマ」は、国王「ラシーク」の統治のもとすこぶる繁栄しておりました。
ところが、この国王&一部貴族が何をトチ狂ったか、邪教崇拝を始めた挙げ句、永遠の命と引き替えに「アルゴル太陽系」を売り渡すという無茶をしでかしたらしいのです。
そのせいか、「パルマ」にはモンスターが湧いて出る様になってしまいました。

そんな惑星「パルマ」の「カミニート居住区」に、ネロとアリサという兄妹が住んでおりました。
兄妹は両親を幼い頃に失っていたため、兄のネロがスペースポートで働くことで、糊口を凌いでいたのですが……。

どっとはらい。いや、終わってどうする。

□ ■ □

さて、ゲーム開始。スタートから始めると、オープニングイベントが始まります。
いきなり、誰かが武装兵らしき連中にボコられてしまった様です。

「ラシーク様の事をコソコソと嗅ぎ回りやがって。これからは精々大人しくしている事だな」

あらら、この人無茶やっちゃったのね……と他人事みたいに思っていたら、やられたのは主人公アリサ(15)のお兄ちゃん、ネロでした。「精々大人しく云々」言っていた割にかなり本気でやられた様で、既に虫の息です。
結局お兄ちゃんはここで帰らぬ人となっちゃうのですが、彼の遺言をまとめるとこんな感じ。

・ラシークのせいで世界は破滅に向かっている。
・ネロはラシークが何を企んでいるか探っていたが、一人じゃどうしようもなかった。
・旅の途中「タイロン」という強い男の噂を聞いた。彼と一緒ならラシークを倒せると思う。

……兄さんはちょっと無計画が過ぎたんじゃなかろうか。
あと、まだ15歳の妹に後事を託すというのも(´・ω・`)

何はともあれ、兄さんの形見である「ショートソード」を手に、アリサは旅立つ決意をするのでした。

【カミニート居住区】
ここでようやくアリサを操作可能に。スタート地点は自宅の真ん前です。
兄妹が生まれ育った土地という事もあり、居住区の中には知り合いがチラホラいます。スエロという女性はタダで回復してくれるみたい。覚えておこう。
また、居住区の出入り口に立っている兵からは「居住区の外に出ない方が身のためだ」、ですって。

その他、情報をまとめると以下の通り。

・このカミニート居住区は戒厳令が敷かれている。
・カミニートの西は「スペースポート」。
・港町ではいろいろな取引ができるという話だ。
・勇者タイロンは「シオン」という町にいるらしい。
・明かりがないと進めないダンジョンもある。
・カギのかかったドアをあけるには「ダンジョンキー」が必要。

その他、ネロの友人らしき人から「ラコニアンポット」という壷を貰いました。ネロが預けてたらしい。

さて、街の西側にてトンネルみたいな入口発見。が、「ロードパス」が無いと通れないみたい。
「ロードパス」はどうやらこの街には無い様なので、他所の街に探しに行くしかないのかな……?
また、自宅の直ぐ東にはダンジョンらしきものがあるのですが、規模が小さい上に50メセタ(メセタ=通貨単位)しかありませんでした。何なのここ。

ある程度要領が解って来たらフィールドへ出ます。居住区は外壁らしきものに囲まれていて、そこから外の方で戦うとエンカウントし易いみたい。
雑魚相手にしばらく頑張り、LVが2になった頃合いを見計らって南西にある街へ。

【パロリト居住区】
ここもカミニート居住区同様、外壁に囲まれています。LV上げいらなかったかもしれない(´・ω・`)
ともかく、早速情報収集。

・東へ行くと「シオン」という港町がある。
・パロリトの西にある「ガシコの森」へは地下通路がある。
・居住区の南の洞窟に「メデューサ」という魔物が蘇ったという。姿を見た者は石にされるそうだ。
・森の中は特に気をつけた方がいい。
・スペースポートから「モタビア星」の「パセオ」まで行ける。

また港町の話題が。次はそこに行くのかな。メデューサも気になります。
武器屋に「アイアンソード」があったので購入したのは良いのですが、ネロの形見のショートソードはどうしよう……。もう要らないんだけど売っていいのかな(゚ω゚;) υ)

カミニートやパロリトを囲む外壁から出て南へ進むと、ダンジョンがありました。しかし、まだ真っ暗で進む事が出来ない様です。中を照らすアイテムが要るって事か……。
とりあえずは東にあるという港町「シオン」を目指す事にします……って、あら、すぐ着いた。

【シオンの町】
シオンと言えばポケモンのシオンタウンを思い出すんですが、そんな事はまぁいいや。
情報は以下の通り。

・シオンは昔、貿易でにぎわっていた。
・この町から北へ行くと「バヤマーレ」という丘がある。だが、我々は近づく事ができない。
・魔法のかかったドアはマジックを使わないと開かない。
・「モタビア星」にはモタビアン、「デゾリス星」にはデゾリアンという星人が住んでいる。
・「バヤマーレ」の北の海岸に「ナウラ」という洞窟がある。
・シオンの南の半島には「イアラ」と呼ばれる洞窟がある。
・この前、「メデューサの洞窟」で喋る動物を拾った。パセオの商人に高く売りつけてやった。
・「エピ」という迷いの森は「コンパス」がないと通れない。
・「タイロン」ならメデューサを倒しに行った。奴は言葉を話す動物をつれていた。動物は首に薬瓶をぶらさげていた。

……なんか不穏な展開が見え隠れ。ネロが探せと言い遺した「タイロン」は、言葉を話す動物と共にメデューサを倒しに行き、一方、メデューサの洞窟で言葉を話す動物を拾い、商人に売りつけたという人物がいる……って事は。

メデューサだけに、どうせ石化しちゃってるんだろう、などとボヤきつつ町の探索を続けると、アイテム屋で「ヒミツノモノ」を発見。購入しようとしたら、「諦めた方が身のためだ」とか何とかで追い出されちゃいました。だったら店頭に置くな。
3度目の正直で売ってくれたのですが、その正体は「ロードパス」。なるほど、ここで購入出来るのか……って、こんな売り方してるところを見ると、これって非正規品か(゚Д゚;

【カミニート居住区】
スペースポートへの連結通路入口へと向かうと、「通って良し」と許可が。よかった、お咎めは無いみたい。

【スペースポート】
その名の通り宇宙空港。パスポート発行所や、積荷の積み下ろしをしている(と思われる)人達がいます。
乗客らしき姿は……無いんだけど、大丈夫なのかしら???

・「ガシコ」の研究所では、昔、スペースシップを作っていたらしい。
・「パセオ」には総督がいる。「モタビア星」全部を治めている。
・ここは「パルマ」のスペースポートだ。「モタビア星」の「パセオ」までいける。

100メセタ払ってパスポートを発行して貰ったら、いざ搭乗口……っていうか、スペースシャトルの所まで。
3機あるシャトルは全て「モタビア星」行きなんだそうです。採算取れてなさそうだけど。
……ところで、私は一体何をしにモタビアまで行かねばならないのか、と思ったところでまた次回。
ああそうか、パセオの商人が買い取ったらしい喋る動物を探しに行くんだった。

Comment

Re: ファンタシースター プレイメモ 【1】
こんにちは。

お誘いを受けて、例のVol.1の方のプレイを開始しましたw

プレイ日記の方は完全に後追いという形になりそうです。

今回のプレイ日記を拝読して、元はもちろん同じ作品なんですけど、細かい部分の違いやら意味不明の追加システムまで、予想通り中々芳ばしい感じですよw
Re: Re: ファンタシースター プレイメモ 【1】
e-465 影男さん
こんにちはー。コメントありがとうございます。
例のVol.1のプレイ開始も、ありがとうございまーす(笑) ヽ(*´∀`)ノ

  > 意味不明の追加システム

これが一番気になる点です。
オリジナル移植とリメイクのシステムを比較するのは乱暴でしょうが、意味不明と評されたとなると、逆に楽しみになってきました(笑)。
また、私が聞いた話では喋る獣なパーティメンバーの性格が、劣化してるとか何とか……。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。