ゼルダの伝説 プレイメモ【後編】

GC 「ゼルダの伝説」(GC)のプレイメモ。今回は後編となります。
LEVEL5~ゲームクリアまで。
-----------------------------------

LEVEL4をクリアした時点でライフが12になったので、フィールド北西部にある墓地地帯へ。
墓石地帯の一番右上のマップにて墓石を動かすと、隠し部屋(洞窟?)が出現。中では、ライフが12以上だと「マジカルソード」を入手出来ます。攻撃力が一番高い剣で、クリアには必須だそうな。

【LEVEL5】
「マジカルソード」を入手したらLEVEL5へ。「ホワイトソード」を入手した泉の東のマップにあります。
最初は地図を眺めつつ鼻歌混じりで進んでいたものの、LEVEL5入口の一つ手前のマップが完全完璧にループ状態。
東に行っても西に行っても抜ける事が出来なかったため、「うるせー! 大人しくLEVEL5に通せー!」などとヤケを起こして北へ向かって進んでいたところ……あら、抜けちゃった(゚∀゚)!
今回は偶然にも正解を選んでしまったのですが、北に3回ほど進むのが正解だった様です。珍しい事もあるもんだ。

LEVEL5内部では「笛」を入手。

「デグドガニハ キライナ オトガ アル」

という爺様ヒントと併せて考えると、「デグドガ」という濁音まみれのモンスターは笛の音が嫌いなのでしょう。
……ところで「デグドガ」ってどいつだ。ボスか。

余談ですが、LEVEL5にて初めてゲームオーバーになりました。
なんかね、真正面からの攻撃を盾で防いじゃう奴等がウジャウジャいる部屋があってね。
自分が絶望的なまでに立ち回りが下手であるという事を、身を持って知った('A`)

「バクダンヲ モット モチタイジャロウ」

爆弾で壁を壊さなければ入る事が出来ない隠し部屋の中に、100ルピーで爆弾の所持上限を増やしてくれる老人を発見。前述の台詞だけ聞くと、危ない発言に聞こえなくもない。もちろん増やして貰いました。

LEVEL5のボスは目玉みたいな化け物。たぶん「デグドガ」とはこいつの事でしょう。部屋の四隅には弾を吐いてくる石像があり、かなり邪魔。
そのままでは攻撃が効かないので、ヒントに従い「笛」を使ってみると、かなり小さくなっちゃいました。小さくなった分攻撃が当てにくいですが頑張って撃破。

ボスを撃破したら、南北の扉がオープン。あれ、どっちに行けばよろしいのか。
なんとなく南に進んだら思いっきりトラップで、ミイラ男が沢山湧く部屋に閉じ込められてやんの。もちろん全部倒さないとドアが開かない仕様(+ω+)
でもミイラ男で良かった。あの盾持ち野郎だったらまた死んでた。

危なっかしくもクリアしたLEVEL5。まだフィールドでやるべき事は無いので、そのままLEVEL6へ。
……それが地獄の始まりだとは、知る由も無いのでした(´;ω;`)

【LEVEL6】
場所は墓場地帯のすぐ東。スタート地点からちょっと遠いので、戦闘は極力回避して向かいます。

「ゴーマノ メ ヲネラエ」

これまでの経験からすると、その「ゴーマ」っていうのがボスに違いない。
よし、サクサクっと行っちゃうぞー……と思いきや。

結果から先に言うと、LEVEL6内で5回ぐらい死にました(ヽ´ω`)

LEVEL6には、呪文を飛び道具として投付けてくる魔術師が青と赤の2体いるのですが、赤はともかく、青はいきなりワープしたり突っ込んで来たりと、非常にトリッキー野郎なのです(´;ω;`)
更に、こいつらと一緒に出現する重ねお好み焼き(モンスターの見た目の話)がいるのですが、これに捕まると暫く身動きが取れなくなり、そこを魔術師に襲われて以下省略。

お好み焼きはブーメランで動きを止めてから滅多突き、という対処法があるのでまだマシですが、魔術師の呪文はマジカルシールドでも防げず。
ならば逃げるかと思っても、魔術師を全滅させない事には先に進めない部屋が有ったりしてどうもこうも。
嗚呼、私はここで完全に行き詰まってしまうのだろうか、と嘆きつつ攻略情報を眺めていたところ。

……どうやら、例のお好み焼きに「マジカルシールド」を喰われていたらしい事が判明しました。

お好み焼きこと「ライクライク」はリンクを捕縛し「マジカルシールド」を食べてしまうという特性があるので、捕縛されない様に立ち回る事が肝要。もし捕縛された場合は、素早く撃破しなければならない(攻撃は出来る)様です。
なるほど、普通の盾になってたから、呪文をガード出来なかったんだ……。

謎は、すべて、解けたヘ(゚∀゚ヘ)!

原因が解れば話は早い。即座に店に飛び込み「マジカルシールド」を再購入し、LEVEL6へ。ブーメランで「ライクライク」を近付けないよう心掛けつつ進むと、流石にノーダメージとはいきませんが、比較にならない程楽に、魔術師共を片付ける事が出来ました。
畜生、これまでの時間と苦労は何だったんだ(´;ω;`)!

気を取り直しまして。ボスの「ゴーマー」は一つ目のカニ。通常は半目で移動し、時折見開きます。
ヒントでは目を狙えとあったので、目を全開にしている時を狙って剣を投げてみたのですが一切通じず。そこで、今までまともに使った事の無かった弓矢を撃ってみたところ、たった一撃で撃破完了しました。やけにあっさりだな∑(゚ω゚;)

そうそう、マジカルシールド騒ぎですっかり忘れておりましたが、LEVEL6では「マジカルロッド」を入手。装備した状態でBボタンを押すと呪文を飛ばします。
剣とは違いライフが満タンでなくとも使える飛び道具なので、ブーメランと上手く使い分けるとかなり便利そうだ。

さて、私的には鬼門だったLEVEL6のお次は、もちろんLEVEL7。一旦セーブ+回復し、このまま突撃……する前に、100ルピーを貯め、ついでに店で「エサ」を買っておきます。
LEVEL7にはLEVEL5同様、爆弾の所持数を100ルピーで増やしてくれる老人がいるためなのですが、「エサ」については追々説明をば。ちなみに、俗に言う「マンガの肉」みたいな「エサ」は100ルピー。結構高いな。

【LEVEL7】
LEVEL7があるのは、フィールド西側にある妖精の泉の、一つ西にあるマップ。
一見泉の様なのですが、ここで「笛」を吹くと、水が干上がり階段が出現します。

「メガネイワ ハ シヘノ イリグチ」

いきなり不吉なヒントを言われてしまいました。メガネイワって「眼鏡岩」? 眼鏡みたいな形の岩?
100ルピー払って爆弾の所持数を増やして貰い、先を急ぐと、途中「ブツブツ……」と言ってるモンスターが登場。道を塞いじゃってます。
ここで、先刻フィールドで買っておいた「エサ」を渡したところ、道を開けてくれました。

その後は「赤いロウソク」を入手し、進んだ先の隠し通路経由で、ボスルームへ向けてひた進みます。
ボスは角が生えたドラゴンで、何だか既視感が……と頭を捻って思い起こせば、そうだ、LEVEL1のボスと同じだ。勿論HPは高くなってはいるみたいですが。

LEVEL7は、LEVEL6に比べれば格段に楽だったよヾ(*´∀`*)ノ

いよいよ何もする事が無いので、そのままLEVEL8へ。

【LEVEL8】
場所はフィールドの東にある森の中。道を塞ぐ様にして生えている木をロウソクで燃やすと、入口が出現します。
このダンジョンで入手可能なアイテムは「マスターキー」と「バイブル」。前者は何度でも使用出来る鍵で、後者は「マジカルロッド」で出した呪文(というか飛び道具)に炎を付加するそうな。

これまでは「キー」を拾いつつ進む必要がありましたが、「マジカルキー」を取った後は敵から「キー」を奪う必要がなくなったので、必要以上の戦闘は回避して突っ切ります。敵の相手しても消耗するだけだしね。

ボスは4本首のドラゴン。LEVEL4のボスだった双頭竜の、4本首版。
もちろん落とした首は飛び回るので、面倒臭いったらない。

ボスを撃破しトライフォースのかけらを入手すると、遂に「知恵のトライフォース」が完成しました。
……知恵とはほど遠いプレイしてるけどね!

さて、いよいよ最後のダンジョン。念のため爆弾を上限まで持ち、ルピーも100ほど溜め込んだら、ガノンの塒であるLEVEL9に突撃です。

【LEVEL9】
LEVEL9があるのはフィールド最北。中央から少し西に行ったところです。同程度の大きさの岩が二つ並んでいる(眼鏡岩ってやつですね)マップで、左の岩の下の方を爆破すると、入口が現れます。
このマップはいずれの妖精の泉からも距離があるので、余計な消耗を避けるためにもワープを利用するのが楽。

さて、問題の内部ですが……BGMが露骨に違うー。なんかこわいー。
ちなみに、トライフォースが完成していない状態でここに来ると、入口から一つ先の部屋で門前払い喰っちゃうそうな。

さて、ここでの入手アイテムは「赤い指輪」と「銀の矢」。前者はダメージを四分の一まで軽減してくれるという素敵アイテムで、後者はクリア必須アイテム。
スタート地点から比較的近いのは「赤い指輪」の方なので、まずはこちらから。どのみち、途中までは「銀の矢」を取りに行くための通り道でもあるので。

あーあーあー、天敵「ライクライク」と青い「ウィズローブ」(トリッキー魔術師)がいるー。・゚・(ノД`)・゚・。
後から調べて解ったんですが、青の「ウィズローブ」は雑魚敵の中でも最強なんだそうです。そういうのをLEVEL6に配置するか……。

文字通り、死に物狂いで「赤い指輪」の元へ。入手するなり、リンクさんのカラーが真っ赤になりました。
マヌケな事に、この時点で既にライフがピコピコ鳴っていたので、赤い薬をグイっとな。
お次は「銀の矢」のある場所へと向かうのですが……遠いんだ。これがまた('A`)

「トナリノヘヤ ヘ ユケ」

このヒントをくれる爺様の部屋の、西の壁を破壊すると、隠し通路のある部屋へ。
そこから更に幾つかの隠し通路を通り「銀の矢」の元へと向かいます。

流石最後のダンジョンだけあり、厄介な敵がウジャウジャいるワケですが、青ウィズローブさえ居なければ、どうにかなるのになぁ(´;ω;`) 一度付いた苦手意識はそうそう抜けないのよね。
そんなこんなでようやく「銀の矢」を入手するも、その頃には青の命の水も使用し、薬はすっからかん。その後、更に地下通路を抜けガノンの元へと辿り着いた頃には、ライフが2と半分になってました\(^o^)/

案の定、ゲームオーバー。

ただし「ツヅケル」を選ぶと、ダンジョン入口へと戻してもらえる上、入手していた「赤い指輪」も「銀の矢」もそのままなので、これまでの苦労が無駄になるワケではございません。
一旦外に出て、命の水や爆弾を補充したら、再度LEVEL9へと突撃します。

2度目の挑戦で楽なところは、中ボス系の敵を撃破した状態になっていたり、爆弾であけた穴がそのままになっている点。爆弾をセットする手間が省け、ダメージを喰らう回数も減ります。
お陰様で、ガノンの元へはライフが5減った程度で到着出来ました。

さて、ガノン戦リベンジ。通常ガノンは姿を消した状態で、瞬間移動しながら光弾を放ってきます。
そのため、弾を回避しつつ、大体の位置を予測して剣で数回突っつく必要があるのです。
ダメージを喰らったガノンは一瞬だけ姿を現すのですが、なかなか当たらないんだ。これがまた(´;ω;`)

それでも頑張って数回当てていると、普段は青なのが、いきなり真っ茶色になって登場します。
実はこの時がトドメを刺すチャンスで、先刻入手した「銀の矢」を撃ち込むと、ガノンを撃破出来るのです。

……とまぁ、頭では解っていても、実戦ではなかなか上手くいきません。取り敢えず、弾が飛んでくる方向に突っ込んだり、時には適当に駆け回ったりしつつ剣を振り回していると、運良くリンクの真隣に出現した時に、まっ茶色で出現。そのままBボタンでえいっと「銀の矢」を発射したところ、うっかり勝利してしまいました∩( ・ω・)∩

さて、ガノンの部屋から奥に向かうと、ゼルダ姫の姿が。
周囲を囲んでいた炎を剣で叩き消し、側へ近付くと……。

【エンディング】

「アリガトウ リンク アナタハ ハイラル ノ エイユウデス」

昔のゲームらしき、エンディングは超あっさり。リンクとゼルダがそれぞれトライフォースを掲げます。
ハイラルに平和が戻って、物語はお終い……と思いきや。

「イマカラ モウヒトツノ タビ ガ ハジマリマス
スタートボタン ヲ オシテクダサイ」

もう一つの旅、とな!?
ここでスタートボタンを押すとオートセーブされ、データ選択画面へと戻るのですが……うわ! リンクが剣持ってる!?

実はここからは難易度の高くなった2周目が始まります。が、1周目だけでもヒィヒィ言ってたのに、そんなあなた2周目だなんて私を殺す気ですか、という事で、今回は見送らせて頂くことに。
……いや、次回以降もきっとないよ(゚∀゚)!

思いっきり駆け足となりましたが、以上で、「ゼルダの伝説」プレイメモは終了。
いつにも増して中身の無い記録となっておりますが、どうぞお許し下さい。

攻略情報を見ながらのプレイだったため難易度が格段に下がってしまった訳ですが、この点は猛省。苦手なアクションに気を取られ、「アドベンチャー」の部分を蔑ろにしてしまいました(´・ω・`) 謎解きを試行錯誤するのも、このゲームの楽しみの一つだったのに。

ただ、もし自力で解きつつプレイしていたのなら、ホワイトソードの存在にすら気付かない怖れもあったりするワケで、どう転んでも私はヘボゲーマー\(^o^)/

それでは「ゼルダの伝説」のプレイメモはこれにて終了。
機会がありましたら、また次のゲームでお会いしましょう!

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。