ARC THE LAD 3 プレイ日記【4】

PS 「ARC THE LAD 3」(PS)のプレイメモ、第4回目です。

現在フォレスタモールに滞在中。シナリオ絡みの仕事が発生したので、早速請け負い。


●11:赤ちゃんモンスターの里親探し

協会で世話している赤ちゃんモンスターの元気がないので、モンスターを上手に育てる事ができる人に預かってもらいたい。

シナリオイベント。山奥でモンスターと暮らしている人が居るらしいので、その人に依頼してみる事に。
詳しい話を知っていた「ベロニカ村」村長によると、モンスターと暮らしている人物の名は「シスターリーザ」といい、「アストーニ橋」の向こうにある牧場でモンスターと暮らしている模様。
ちなみに、村長達も牧場の先にある「カルカド山脈」に行く予定なんだそうです。

【アストーニ橋】
エリアに入ると、橋の途中で狼型のモンスターが通せんぼしてました。仕方無いので戦おうとするも、一瞬でボコボコにされる3人。「強すぎる……」だって(笑)。
そんな中、ベルニカ村の村長達が到着。このモンスターの事を見知っていました。
モンスターは「パンディット」という名らしいのですが、何故か興奮しているので、一旦村に戻り解決策を探す事に。

村に戻ったアレク達はハンナという女性から「しずめる木の実」の話を聞き、「ノアリスの森」へ。クリムゾンロック数体と戦闘した後、実を探す事になるのですが……君達、それがどんなものか解るのか(笑)。
あっさりと「しずめる木の実」を発見したら、再びアストーニ橋へ。パンディットに木の実を使うイベントを経て、リーザの牧場へと向かいます。

【シスターリーザの牧場】
前作をプレイされた方はお気付きかと思いますが、「シスターリーザ」とは、前作で登場したモンスター使いの少女、リーザのこと。パンディットも、前作で登場したあのパンディットです。
リーザとの会話により、パンディットの気が立っていた理由が判明。以前、白い服を着た人々が来て、リーザを強引に連れて行こうとしたのが原因との事でした。以来、ここに来る人を追い払う様になっちゃってたみたい。
白い服って……そう言えば、テオのお母さんの事を嗅ぎ回ってたのも、白い服の連中って話だったような(゚ω゚;)

さて、本題であるモンスターの赤ちゃん。リーザによれば、寂しくて食欲が無かった、とのこと。更には快く預かってくれる事となり、仕事はこれで一件落着。



●12:アストーニ橋の盗賊団を追い払え!
アストーニ橋に盗賊団が現れ、橋を通る人々に金銭を要求しているので、追い払ってほしい。

アストーニ橋に行くと、盗賊「虹色の橋団」登場。リーダー、いや、団長は何故か着流しを着てます。
団長がご大層な口上を語り終えると、結局は戦闘突入。戦闘に入るまでの遣り取りがバカ全開なので弱いと思いきや、全員銃を持っているのでレンジが長く、侮れません。
戦闘後は決め台詞と共に退場。絶対また出て来るな(´・_・`)



ここまで片付けたら、「ベルニカ村」を拠点とし、しばらく手配モンスター狩り&カード集め。
それが大方片付いたのでリノのギルドへと向かっていると、ギルドの前で、町人の会話を聞くイベントが発生しました。
山の向こうに、不思議なものが光ながら落ちていった、とかなんとか話している様なのですが……真偽はいかに。



●13:なやめる絵かきに新作を
依頼人は画家のガース。創作のお手伝い。

ガースと会うために酒場へ。ガースはラミアという女性にモデルを依頼したい様なのですが、以前モデルをしてもらっている最中に怒らせた事があるので、頼みづらいんだとか。
そこで、ルッツが一肌脱ぐ事になるのですが、ラミアを怒らせないような選択肢を選んでいけばいいだけなので、簡単な任務です。



●14:コレリア街道のモンスター退治
またしても「コレリア街道」にモンスター大量発生。全滅させてもすぐ元通りになるが、何もしない訳にもいかないので、全滅させて欲しい、とのこと。

内容自体は簡単。雑魚とフツーに戦闘すればOKです。戦闘後、イベントにて「アルバー」という自意識過剰気味な新米ハンターが登場して非常にウザいのですが(笑)、仲間2人はマトモだったので、大目にみておきます。どうせそのうち出て来そうな予感。



この時点でギルドに出ている依頼は、シナリオ絡みのイベントが1つだけ。



●15:謎の飛行物体回収

依頼主はリノのショップにいるバグダ爺さん。凄いスピードでどこかに飛んで行ったという謎の飛行物体を探し出し、回収して来て欲しい。

シナリオイベント。まずはショップに向かい、バグダ爺さんと会話します。
バグダ爺さんが欲しがっているのは、「カルカド山脈」方面へと飛んで行ったという黒い球体。
超古代文明の遺産とか何とか、という話になった途端、アイテムフリークのルッツが食いつく食いつく(ΘωΘ)

【カルカド山脈】
爺さんの言う通り「カルカド山脈」へと向かうと、シャロンが2人の男を伴い、何か調査してました。本部長と呼ばれているところをみると、シャロンは偉いひとの様です。
ちなみに、男2人は白衣を着てるのですが……うん、見なかった事にしておこう(゚∀゚)

アレク達に気付いたシャロンに事情を話すと、自分達には必要ないからと、黒い球体をあっさり譲ってくれました。
問題の球体にはプロペラが付いているのですが……ど、どっかで見た覚えがΣ(゚Д゚;
それはともかく、シャロンがとっとと立ち去った方がいい、と忠告してくれたにも関わらずグズグズしてたもんだから、結局敵が寄って来ちゃいました。

戦闘後、リノに戻って爺さんに球体を渡すと、会話の中で「アイテム協会」の名前が。アイテムを研究してる団体みたい。
すっかりテンションが上がったルッツが所在地を聞いたところ、「北スラート」という地名が出ました。
次の目的地らしき場所の名前が出たところで、今回はここまで。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。