ARC THE LAD 3 プレイ日記【7】

PS 「ARC THE LAD 3」(PS)のプレイメモ、第7回目です。

治安が悪いってなもんじゃない「ギスレム」にて、ギルド仕事開始。


●22:困ったお客をなんとかして
宿屋主人の依頼。宿泊している女性客がふさぎこみ、部屋からでてこない。間違いでも起こされると困るので、落ち着かせるか、部屋から出て行くよう促してほしい。

早速宿屋で女性と会うも、鬱&自殺願望全開で、詳しい話は聞けずじまい。
ひとまず部屋を出ると、大災害で死んだ息子の形見である槍を盗まれたらしい、と店の爺さんからの情報が。知ってるんなら先に言え。
さらに「この町で盗まれたものは『デンジャードーム』に集まるという事なので、早速行ってみる事に。

【デンジャードーム】
「デンジャードーム」は手持ちのアイテムを賭け一対一で勝負をする場所。解り易い事に、扉の前にいる男が槍を持っていたので勝負する事となりました。ただし、ここで戦うのはアレクではなくテオ。「息子を亡くした母親」というものに思う所があったんでしょう。賭けるのは「青のごふ」にしとくかなぁ。

VS 名前忘れた(´・ω・`)
テオはLV.16で挑戦。少々危なかったですが、薬草をこまめに使用した事でどうにか撃破。
戦闘後、自動で宿屋へと戻り槍を渡すも、どうやら形見の槍では無かったみたい。もう一度情報集めからやり直そうとすると、宿の爺さんが「酒場の奴が何か知ってるかも」とヒントをくれました。だから、先に言えと。

酒場に行くと、カウンターにて槍を持っている男と遭遇。彼こそが槍を盗んだ張本人で、怒り心頭のテオとデンジャードームで決闘する事に。賭けるのはやっぱり「青のごふ」で。

VS 槍を盗んだ男
テオはLV.17。まず「ガードフィールド」で防御力↑したので、随分と楽に戦えました。
……さっきもそうしていれば良かった(´・ω・`)

勝利するとまた自動的に宿屋へ。今度こそ息子さんの形見だったようです。喜んだ女性は、最初に渡していた槍「シルバーサリッサ」をテオへとプレゼントしてくれましたとさ。

この後は、戦闘が少々辛い感じがしてきたので、手配モンスターを狩りつつLV上げ。「ガレキの滝」の敵がいい感じに強いので、しばらくはそこをメインに頑張る事に。
手配モンスターやLV上げが一段落ついたら、次の仕事を請け負う事にします。



●23:発電所所長の危機
協会集落にある発電所所員メルトが依頼主。所長の周囲で不審な事故が相次いでいるが、所長は仕事一筋で無頓着。なので身辺警護を依頼したい。

ギルド窓口のおっちゃんいわく、所長は頑固者だけど人に恨まれるような人物じゃない、という事を踏まえた上で、発電所へ。副所長はメルトがハンターに依頼した事に対し「大袈裟な」などと口走るものの、一応は警護させてくれることになりました。……なんかこの副所長、怪しいなぁ(ΘωΘ)

その後、メルトから「前所長は事故死した」という話が。彼は事故原因に納得出来ていない様子です。
また、他の職員曰く、「前所長が死んだ時、現場には現所長しないなかった」ですって∑(゚ω゚;)

面会した所長は頑固者で、アレク達を追い返しにかかります。が、真っ正面から前所長の事故死の事を切り出したアレクは、何かを心に抱え込んでいる様子の所長に対し「こっちも仕事ですから」と言い切ると、半ば強引に警護を始めるのでした(; ・`д・´)

その後は、ドタバタ騒ぎの末、2Fにて不審者が所長と対峙。所長に怨みがある人物の様なのですが、所長は相手の事も知らず、身に覚えも無い様子。何はともあれ、アレクと不審者の一騎打ちに突入です。

VS ノイエ
侵入者「ノイエ」との戦闘。アレクはLV.23です。ノイエは「ためる」で攻撃力を上げて来ますが、槍で間合い取りつつ戦えば問題無し。
……ところで、ノイエってもしかしたら女性?

戦闘後、なおも闘志を剥き出しにするノイエでしたが、ルッツ達が2Fへと上がって来たために逃亡。所長はノイエになんとなく見覚えがある様でしたが、それについて突っ込むと「知らん」で片付けられた(´・ω・`)
ルッツが「物騒なねーちゃん」と表現していたところをみると、やっぱりノイエは女性だったのね。

結局事件そのものは解決出来なかったものの、目的である所長の護衛は一応成功という事に。
「また何かあったら依頼する」と副所長に言われたのですが……正直、コイツが絶対クロだと思うので、締め上げたいんだけどな(ΘωΘ)



●24:サビ荒地のモンスター退治
ギルドが依頼主。内容はタイトルのまんま。

まぁた、あの自意識過剰ハンター「アルバー」が登場。今回は「モンスターを倒すターン数を競う」という勝負を挑んで来やがりました('A`)「ハンデなし」を選択したので、3ターン以内で戦闘を終わらせなければなりません。
面倒臭いのでテオのアタッカードで「プラウラー」使ったところ、見事、1ターンで終わっちゃった∩( ・ω・)∩

アルバー、アレク達をなめてた事を仲間に叱責され(´・ω・`)な感じ。
一方のルッツは、アルバーの仲間の女性「エネア」を見るうちに姉ちゃんの事を思い出し、ちょっとだけナーバスなのでした。



●25:流れの商人が新薬を開発!
行商人ドルバンが依頼主。新薬の実験を「ガレキの滝」で行いたいので護衛を頼む。

ガレキの滝には大きな荷物を背負った行商人「ドルバン」が。「誰にも真似出来ない品揃えのショップを開く」ことが彼の夢なんだとか。
どんなモンスターにも負けなくなるパワーアップの薬を開発した、という彼は、早い話がアレク達に実験台になれと要求。仕事だからと割り切って飲んだところ、パワーアップしたのはほんの一瞬だけで、後はHP&MPが徐々に減っていく中での戦闘を強いられるハメに。

戦闘後、お詫びとして普通のショップでも買えるアイテム+合成に失敗しないと入手できないアイテム数点を、100ゴッズで売って貰える展開に。これが「購入する権利」というやつか(゚∀゚)!
安かったので、うっかり買ってしもうた(笑)。



●26:いっしょにジャンク山に行って!
依頼主はチャイルドハウスの子供。ジャンクを拾いの護衛依頼。

チャイルドハウスに行くと、少年と少女と共に自動でジャンク山へ。クララにはちゃんと言っている、という子供達でしたが、ガレキ山到着後、実は無断で出て来ていた事を白状。
クララを助けてくれないこの町を見限り、お金を貯め、皆で町を出ようと考えているらしい子供達の気持ちを汲み、今回は護衛してやる事にしたアレク達でしたが、その矢先、ジャンクを狙うならず者2人が出現。戦闘に突入です。

出現したのは忍者系と銃装備系。忍者は攻撃力が高いもののHPが少ないので、一気に叩けば大丈夫。
銃装備は弱いので問題無し。

戦闘後は自動でチャイルドハウスへ。クララはアレク達がハンターの力を誇示するために子供達を止めなかったと誤解し、激怒。そのまま追い出されちゃいました。仕方無いので帰ろうとすると、先刻撃退したならず者二人がチャイルドハウスへ侵入するのを目撃。ここで放置するor戻るの選択肢が出現するのですが、戻っとかないと流石にマズいだろ∑(゚ω゚;)

チャイルドハウスに戻ると、先刻の二人組と再戦闘。1回目と要領はまったく同じなのでサクサクと撃破。
戦闘後のイベントでは、誤解が解けたクララとアレクが、お互いを誉め合ったりするワケですが……なんだこれ。あんたら俗に言うLOVEってやつか(笑)。
さて、この時点で残っている仕事は1つのみ。



●27:貴重な合成用アイテムの入手
依頼人はアイテム協会員エルナン。北スラートにはほとんどない、貴重な合成材料になるアイテムを入手して欲しい。

シナリオイベント。まずは協会集落のアイテム協会へ向かいます。依頼主は例の黒い物体の鑑定を依頼している人でしたが、今回探すものはそれとは無関係みたい。ちぇ(´・ω・`)
今回必要なアイテムとは「かたい金属」。合成に使うと強力なアイテムが出来るそうです。「ギスレムの酒場で見かけた」という話を聞いたということで、早速酒場へ。

「かたい金属」についての情報は、酒場のマスターが計300Gで教えてくれました。情報は小分け状態。
それによると、目的のものはシェリルが持っているものの、彼女はグダン一味に呼び出され「デンジャードーム」へと向かったそうです。……あ、なんか嫌な予感。

【デンジャードーム】
デンジャードームでは、グダン一味の一人と戦うシェリルの姿が。ところが、一味の罠にかかり身動きが取れない状態にされてしまいました。一味のバックにいたのはアカデミーで、彼等も「かたい金属」を狙っている模様。

その後、間一髪のところで駆け付けたアレク達は、グダン一味との戦闘に突入。グダンの攻撃力が少々高いものの、他はどうという事も無いのでHPに気を配ってやれば問題無し。

戦闘後は、君を放っておけなかったと真正面から言い放つアレクの直球さに負けたのか、シェリルはあっさりと「かたい金属」をくれました。
「……あ、あんたたちに、借りを作りたくなかっただけだよ」
ツンデレキタ――(゚∀゚)――!!

……それはともかく。「かたい金属」をアイテム協会の人に渡して仕事は成功。
ルッツがまたほかの土地に行きたがり始めたので、そろそろ外に出る仕事が来るかな? などと考えつつ、続きは次回。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。