ARC THE LAD 3 プレイ日記【10】

PS 「ARC THE LAD 3」(PS)のプレイメモ、第10回目です。

しばらくは手配モンスターを狩りつつLV上げ。
手配モンスターを全て倒したら、次の仕事を請けてみます。


●34:アイテム取引きコンテスト IN 闇市
依頼主はテスタギルド。闇市にてハンター技術向上のためのアイテム取引コンテストが行われるので、出場者募集、とのこと。

請けたら直ぐにイベントが起こるタイプでした。コンテストの対戦相手は……アルバーかよ('A`)
わざと名前を間違えたりとか、小学生かおまえは。

コンテストの内容は、ミニゲーム。ギルドに提供された薬草を元に、市場のお店相手に「わらしべ長者」を行います。
ルールは、闇市内でアイテムを交換し、より価値の高いアイテムと交換出来た者が勝利。交換出来るのは5回までです。

ちなみに、この仕事はアルバーの侮辱に怒り狂ったルッツが担当する事になります。どのみち面倒なので、攻略本を参考にさせて頂きますよ、っと(゚∀゚)

闇市の店主達は各々欲しがっているものがあり、交換条件を提示してきます。まずは市場を一通り巡ってそれらをまとめていけば、攻略本が無くとも正解に近づけそうな予感がします……が、実のところ、対戦相手であるアルバーが今回のキーパーソン。
彼に話し掛けると「ブロンズナイフ」を詐取され、すりおろしたリンゴにされてしまうのですが、これが実は重要なんだそうな。

最後に「シルバーブレード」を入手したところで、試合は終了。無事に優勝出来ましたとさ。



さて、No.34の仕事が終わったワケですが、ここで一個番号が飛んでいる事に気付きました。No.33をまだやっていないようです。
慌てて調べてみたところ、No.33はギスレムギルドにあるという事で、早速戻る事に。
あらら、抜け道から、選択肢だけで北スラートに戻れるようになってたのね(笑)。



●33:発電所所長の危機、再び
依頼人は発電所所員のメルト。内容は前の依頼時とほぼ同じなのですが、今回は脅迫状が届いたみたい。

発電所に行くと、早速メルトを叱る副所長。自分が依頼を出すつもりだった様ですが……怪しい(ΘωΘ)
直後、副所長が頼んだというハンター3人組が登場。3人には発電所の周囲の護衛を担当し、アレク達は所内警備をする事になりました。ルッツは1F、テオは2F。そしてアレクは両方を監視という配置。

イベントが進み、隙を突いて(主にルッツの)登場したのはノイエでした。やはり彼女は、亡くなった前所長の娘だったのです。

VS ノイエ
今回もアレクと一騎打ち。LV30なのでさすがに楽勝。

戦闘後、所長の過去回想。所長の親友だった前所長は、所長を発電機の暴走から庇って命を落としていました。友人に、二人の娘の事を託して……。
しかし、二人の娘の一人であるノイエは、町を追い出したのは所長だと思っているので、俄には信じられない様子。

この後はノイエの妹であるエフィナが登場し、一連の事件は仕組まれた事なのだと暴露。更にはやっぱり黒幕だった副所長が登場し、副所長が雇った偽ハンター3人との戦闘になります。1体だけ攻撃力が高いものがいるものの、あとは弱め。戦闘開始直後、ルッツの「ナイフレイン」で結構削れたので、楽な戦闘となりました。

戦闘後、副所長はエフィナを撃とうとするも、色々あって感電死(゚Д゚; 仕事は無事に成功です。
少し補足すると、姉妹を捜すようライオルに依頼していたのは所長であり、ノイエを唆していたのは副所長。そして、副所長の動機は、所長の座が欲しかったからだそうです。わかりやすいねヽ(´ー`)ノ



●35:墜落跡の抜け道のモンスター退治
テスタのギルドからの依頼。墜落跡の抜け道に大量のモンスターが出現したので、複数のハンターを動員し、一気に退治したい。

南側の入り口に行くと、またアルバーが。今度はモンスターを倒す早さを競うそうな('A`)
アルバーの物言いに腹を立てたシェリルが発砲した時は、ちょっとすっきり(笑)。
実は、競争をやるかどうかの選択肢で二の足を踏むとハンデを貰えたそうなのですが、二つ返事で受けて立ってしまったので、引き分けも負けと見なされるパターンになっちゃいました。しまった(´・ω・`)

この勝負の勝ち負けは、計4回の戦闘を終わらせるのにかかった総ターン数で決まります。
とりあえず最初の戦闘で2ターン、2回目はアタッカード使用で1ターン。3回目、4回目共に2ターンで、計7ターン。一方のアルバー達は9ターンだったので、アレク達の勝ちぃヽ(´ー`)ノ
……でも、アルバー全然反省してないっぽいので、また何かありそうです。



●36:流れのアイテム協会員の新発見!
依頼主は各地を旅する協会員のラウバン。「大災害」前のアイテム「超すごい剣の守りの実」を発見したので調べて欲しい。「ドンゲル岬」で待っている。

「ドンゲル岬」へ行くと、でっかい荷物を担いだ男性が。遠く北スラートを旅するお父さん……って、いやな予感。店を開くのが夢って言ってた人、前に会った様な。
肝心の仕事内容はというと、発見した「超すごい剣の守りの実」を使用し、モンスターと戦って欲しい、とのこと。使用した上で戦闘に入るのですが、実の効果で武器攻撃が一切不可。特殊能力のみで戦うハメになりました。
話のオチとしては、この実は「武器をダメージから守るアイテムだった」、ですって。

ちなみに、彼は以前に出会った商人「ドルバン」の息子でした。お詫びに「おまもりを6つ集めて合成したらすごいのになるらしい」という情報もらえたので、まぁ良しとする。



●37:通の店をはやらせたい
依頼主はアリじい。通と認めた客にしか商売していないせいで客足が遠のいてしまったので、宣伝の手伝いを頼みたい。

店の前で客引きをするミニゲーム。ターゲットと相性が良い仲間キャラ2人に客引きをさせます。
客の好みは、合間合間に挟まれるイベントがヒントになっている様です。
一人目はふられ忍者スパイシー。やっぱり女の子が良いだろうから、1人目はシェリル。でもってもう1人はルッツでした。予想外。絶妙なセールストークで成功です(笑)。

二人目はスパイシーを振った女性。軟派男が嫌いなので硬派なハンターを逆ナンしたら、相手が硬派過ぎて振られてしまい、「もう男はこりごり」とのこと。なので彼女相手は女子供のシェリル&テオが正解。

次は、先刻の女性を振った堅物ハンター。彼は礼儀正しいアレクとテオで。そして最後はオカマのラベンダーちゃんなので、男性でアレクとルッツを送り込めば、仕事は成功となります。



●38:闇市のかっぱらいをつかまえろ!
依頼主は闇市管理事務局。かっぱらいが現れているので、捕まえてほしい。

シナリオイベント。ギルドの威信がかかっているので最優先、とのこと。
かっぱらいの標的になっているのは、店主がぼ~っとしている新顔の店らしいのですが……チョンガラー。・゚・(ノД`)・゚・。! アンタの店か!

内容はミニゲーム。逃走した犯人はそっくり(というか同じグラフィック)の兄弟を呼び、ぐるぐる回転して最後に横並びになります。プレイヤーはそれを目でしっかり追った上で、犯人が左から何人目かを当てなければなりません。
犯人当てゲームは計3回か4回ぐらい(正確な回数忘れた)あり、最終的には4人になるのですが、一度ハズした時点で仕事は失敗になります。ただ、回転中は時折犯人である事を示すアイコンが表示されるので、そこまで難しくもありませんでした。



仕事終了後、特にシナリオ進行イベントが起きる気配も無いので、とりあえずトッシュ親分の所へ。シュウへの信頼と、町を守らなければならない自分の立場との狭間で、激しく揺れてる親分心(´・ω・`)

結局親分の所でもイベントが起きなかったため、ギルドで精算して外へ出たら……やっとイベント発生。アカデミーが「水の珠」を強奪しやがりました。ばっかやろう(# ゚Д゚)!

当然親分は怒り狂い、組全員で取り返しに行こうとするも、まずは水のある場所へ町人を避難させるのが優先。そこで、アレク達は親分から「アカデミーの連中の居場所を探ってくれ」と依頼されたのでした。でも、とりあえずギルドは通さなきゃならないので、ギルドへ。



●39:水の珠を取り戻せ!
依頼主はトッシュ。水の珠はアカデミーの「基地」に運ばれたらしい。

依頼を受けた後、皆で会議。アカデミーが「南スラートの基地」云々と言っていたのを、シェリルが覚えていました。記憶力いいなぁ。
とりあえずはギスレムにあったアカデミー支部が怪しいという事で、早速行ってみることに。
ギルドから出ると、テスタの人々がトッシュ組の護衛で避難開始するイベントが発生。遺跡を通って北に行く様です。

【ギスレム】
テスタの人々が避難して来ていました。ギルドに行くとNo.40の仕事が発生しているのですが、この仕事は、アカデミーの基地を発見しトッシュに報告すると消滅してしまう模様。なので今のうちに片付けます。



●40:民衆の暴動を止めろ!
依頼主はトッシュの子分達。一部の避難民のストレスが爆発し、トッシュ組に八つ当たりしている。うかつに手出しできないのでどうにかしてくれ、とのこと。

仕事を請けると自動で北口へ。そこにはトッシュの側近「オルマー」と「コムサ」がいました。
2人によると、住民は組の数人を人質(?)に立て籠もっている様なのですが、組の人間が行っても煽るだけだし、若い組員が間違いを起こしたら困るので、第三者のアレク達に仲裁して欲しいそうです。あと、オヤブンニハナイショダヨだって。

中では住民3人と子分3人が議論。どうみても住人3人の主張がおかしい('A`) アレクにまで八つ当たりするし。
結局は、モンスター出現→子分が住民庇う→僕達が戦いますから逃げて下さいbyアレク、という流れで、戦闘後は仲直りして終了。
ルッツやテオは任侠的なノリに付いていけない様ですが、シェリルは好きみたい(笑)。



さて、この後は引き続きアカデミーの調査なのですが、続きはまた次回に。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。