ARC THE LAD 3 プレイ日記【11】

PS 「ARC THE LAD 3」(PS)のプレイメモ、第11回目です。

テスタの町から「水の珠」を奪ったアカデミーを追い、探索は続きます。
【ギスレム:アカデミー事務所】
あれだけの事をやらかしたので、流石にもぬけの殻……と思ったら、男性が一人居ました。アカデミーへの入社(?)希望者の様ですが、置いて行かれたところをみると不採用だった模様。
この男性により、抜け道の巨大戦艦こそがアカデミーの基地だと判明。戦艦内には、「大災害」前の貴重な物資が大量に残っているんだそうです。
また、戦艦には南スラート側からしか入る事が出来ない、という事なので、ひとまずそれをトッシュに報告する事に。

【テスタ】
親分に状況報告。親分が戦艦を指して「あのロマリアのか」と言っているという事は、やっぱりシルバーノアじゃあないのね。
戦艦の入口を知っているというトッシュ親分をパーティに加え、いざ出発。

【巨大戦艦】
巨大戦艦のエリアへと入ると、ムービー開始。いかに巨大かという事をアピールされます。
その後、入口が見当たらないので困っていたら、親分が目の前の砲台を叩き斬って穴を開けやがった( ゚д゚ )
早速中に踏み込むと、前回、アレク達の目の前でアカデミーに連れ去られた男性が登場。彼はあの後基地へと連行されたものの、研究者の目を盗み、シュウが逃がしてくれたそうです。
明かされた事実に、親分は、シュウには何らかの狙いがあるのだと確信。さらに彼から得た情報は以下の通り。

・この戦艦の中には「超エネルギー」を研究するための資材がそろっている。
・そのため、研究に従事できる技術や才能のある人間を集めている。
・メイン資材と集められた人々は既にどこかに運ばれた。
・シュウはブリッジに向かったと思われる。
・ブリッジにアカデミー総裁「教授」が来るので、幹部達が集まっていた。

この後、本格的探索開始。パネルでロックを解除しつつ進みます。
折角なので戦闘にはトッシュを出したいところですが、アレク達のLVがやや不足気味なので、出したり出さなかったり。

ブリッジへと進むとアカデミー側のイベント開始。シュウとアカデミー支部長、戦闘兵、そして、でっかい盾と槍もった巨漢が。グラフィックだけならシュウの1.5倍はあるな……。
でっかい人の名は「ガルド」。アカデミーの戦闘部隊長で、支部長が雇ったというシュウを警戒している様です。鋭い。

ガルドが言うに、「教授」はここには来ず、既に次の目的地に向かった模様。その代わり「水の珠」はガルドが運ぶ事になったというので、支部長がガルドに「水の珠」を差し出そうとした刹那……シュウがパクった!
シュウはアカデミーを探るために「教授」を待っていたのであって、来ないのならば、もう用は無いってさ。

怒ったガルドが槍をぶんぶん振り回し、シュウがそれを避けてるところへアレク達が到着。「水の珠」をトッシュに渡すシュウと、それを受け取るトッシュの姿に、シェリルは「仲間」の本質を見る事が出来た……のかな?
結局ガルド達はその場から逃走し、アレク達とシュウがそれを追う事に。トッシュは一刻も早く「水の珠」をテスタに持ち帰らなければならないため、ここでお別れです。

ブリッジの先にある部屋でセーブ&回復。甲板へと出ると、謎の飛行船が飛び立つムービーが。逃げられちった(´・ω・`)
現時点で飛行船を飛ばす事ができるアカデミーの技術力に、ただの組織でないことを確信したシュウなのでした。

【艦内工場】
再奥へ向かうと巨大ロボット登場。支部長も居ました。「おまえ等のせいで破滅だ」って事は、置いて行かれたみたいね。そりゃそうか。
「私が生き延びるには、おまえ等をここで葬り去るしかない」ってどういう理屈だ。

VS カオスアームズ
ロボットのくせに「甲殻虫」を召還するという、いやらしい仕様。このモンスターは本来カード化出来るのですが、ボス戦の場合はカード化不可ときたもんだ。
戦法はテオは防御↑と「アタッカード」、シェリルは回復と、基本に忠実に。敵の攻撃力は高めなので近付き過ぎない方が良いかもしれません。

戦闘後はシュウが支部長を尋問。アカデミーは「特殊な水に沈んだ資源」を有効利用するため、「水の珠」を必要としていたようです。
支部長を追い払った後、「水の珠の見張りを厳重にしろ」というトッシュへの伝言を頼んだシュウは、さらに、アカデミーに気を留めておくようアレクにアドバイスしたのでした。

「ある男を探し出し、これまでの事を伝えねばならない」というシュウとは、ここでお別れ。
意気揚々とテスタへ戻ると、町の人達が皆で「水の珠」を眺めてました。
ここで親分いわく、「仲間ってのは離れていても心のどこかでつながっている」。
この言葉に、「アレクたちと仲間として一緒に旅したい」と告げるシェリルなのでした∩( ・ω・)∩

シェリルが正式に仲間になったところで、続きは次回。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。