ARC THE LAD 3 プレイ日記【15】

PS 「ARC THE LAD 3」(PS)のプレイメモ、第15回目です。

イーガから預かった手紙を携え、「パルテ」へと赴きます。
ジハータ港から船で「パルテ」の地へ。「ダータネル海岸」から上陸するイベントを経て、フィールドマップへ。先ずは「パルトス」の町へ向かいます。

【パルトス】
パルトスは石畳の美しい神殿風な町。町に入るなりイベントが発生し、武闘大会の優勝賞品のお披露目があるとの情報を得ました。
どうせそのお披露目にも行く事になるんだろうけど、今はリシャルトに会うのが先決。その所在を聞きにアイテム協会へと向かったところ……皆、闘技場に行ってお留守でした(´・ω・`)

【闘技場】
予想よりも早くお披露目へ。今回の優勝賞品は大きな宝石を抱いた女神像。
観衆の中にはシャロンの姿があり、「あの大きさなら問題ない」とか「波動を採取できるのはあの石をおいてほかには云々」とか言ってるところをみると、何か企んでいる模様。さらにはアレク達の姿に気付くのですが、「計画を止めるわけにはいかないのよ」ですって。
ちなみに、アレク達はシャロンには気付いていないのでした(´・ω・`)

シャロンが立ち去った後もイベントは続く。アレク達の隣にいた見物人が、女神像が抱いているのは古代の「波動石」だと教えてくれました。不思議な力があるとも言われている、とか何とか。「波動石」はパルテでは希に見付かるものの、あんなに大きいのは初めてだそうです。
また、この解説お兄さんはアイテム協会の人だという事が判明(格好でバレバレなんだけどね)。彼が言う事にゃ、リシャルトはアイテム協会の創立メンバーなんだそうな。

イベント終了後にアイテム協会へ向かうと、先刻の人がリシャルトの所在を調べておいてくれました。体調が思わしくないため、町から少し南に行った山奥にて静養中、とのこと。
ちなみにリシャルトと一緒に暮らしている弟「ヴェルハルト」は、パルテで1、2を争う有名な剣士であり、武闘大会の優勝候補なんだそうです。

【リシャルトの家】
フィールドに出て、パルトスの南にある山奥の家へ。ようやく会えたリシャルトは、誠実そうな青年でした。
そんな彼に手紙を見せ「アカデミー」の報告をしたところ、アカデミーという組織こそは知らないが、かつて「ロマリア」で「巨大な未知なるエネルギー」の研究していた科学者なら心当たりがある、とのこと。

その人物とは、大災害前にリシャルトが学んでいた研究所の同級生だそうですが、そこまで話が進んだところで、突如、弟のヴェルハルトが登場。
パルテの英雄「グルガ」が武闘大会に出場しない事を、かなり腹立たしく感じている様です。物凄く無愛想で、また直ぐに出て行っちゃいました。何なんだ(´・ω・`)

些かフリーダムな弟さんはさておき。自分もアカデミーについて調査をしてみる、というリシャルトのお言葉を頂いたところで、仕事は終了。家を出ると、先刻の弟さんは不自然にも庭で素振りをしてました。よっぽどグルガと戦いたかったのねー。

ところで、ヴェルハルトが戦いたがっている「グルガ」という人物は、前作で登場した仲間の一人。己の肉体と斧を武器とする、肉体派でございます。「エレナ」という愛娘がいて、それはもう溺愛中(笑)。
そんなグルガも、今ではパルテの町のお偉いさんになっている模様。町には立派な家があり、現時点で訪問してもはイベントなどは起こりませんでしたが、エレナが育ってたー(゚∀゚)! 白いワンピースが可愛いぜ!

それはさておき、ここからしばらくはギルド仕事に勤しみます。



●57:謎のメモの暗号解読
依頼主はギルド。怪しげな奴等が秘密の実験をしている。場所を特定し、現場に乗り込んで欲しい。情報提供者のハンターが酒場にいるので、そちらに向かえ。

酒場で情報提供者のハンターと会話。実験は「トラーカの廃墟」「パルテ砂漠」「ダータネル海岸」の3ヵ所でで行われているらしいのですが、今回は何処でなのかは解らない、とのこと。酒場にこっそり残された、謎のメモがヒントになっていて、実験の参加者はそのメモで集合場所を確認しているそうな。

今回残っていたメモは「ハートはブレイク」「いちばん好きな」「きみにふられた」「よのなかうらむぜ」という4つの文。一見、ふられ忍者スパイシーを彷彿とさせます(ΘωΘ)
このヒントを解くカギは、いわゆる「縦読み」。各文章の頭文字を順に拾っていくと「ハいきよ」=「トラーカの廃墟」だという事が解ります。

選択肢で行き先を指定し「トラーカの廃墟」へと向かうと、アカデミーの実験しているイベントが発生。そこへ乗り込んだアレク達は、実験中のメカ型モンスター3体と戦闘する事になります。結構強かった。
戦闘後、仲間から何故暗号が解けたのかを尋ねられ、再び選択肢が登場するのですが、ここできちんと正解を選ばないと、仕事は小成功になっちゃうそうです。当てずっぽうじゃダメ、って事なのねー。



この辺りから戦闘が辛くなってきたので、レベル上げを兼ね、パルテ内の手配モンスターを狩っておきます。



●58:モンスターカードの意義を問え!
モンスター協会が依頼主。ある金持ちがモンスターカードを高額で買い取っている模様。それはルール違反であり、カード交換希望者が困るので止めてほしい。

この仕事は、カードはカーディストにとって体の一部、と憤るテオが中心。
問題の金持ちはよそ者らしく、あちこち動き回っている様子。町で聞き込むと、嫌がる人から強引に奪ったりもしている様です。
酒場にて、宿屋に泊まっているとの情報を得たので早速行ってみると、イベント発生。聞いた通り、強引な交渉をしてました。
そこでアレク達は一芝居打ち、金持ちと「トラーカの廃墟」でカード交換する事に。

トラーカの廃墟にて、金持ちはテオから強引にカードを奪おうとするも、突如出現したモンスターとの戦闘に突入すること2回。
戦闘後は金持ちが改心する展開となり、お仕事成功です。



●59:トラーカ廃墟のモンスター退治
依頼人はパルトスのギルド。多くのモンスターが確認されたので協会員が調査に出かけたが、数名が戻ってこない。複数のハンターの合同作戦により、救出したい。

まーたアルバー登場です。全然懲りてません。
彼の父親は高名なハンターだったそうですが……もしかして、比較されて拗ねてる、とか?

途中途中でイベントを交えつつ、雑魚戦を2回終えると、アルバー達とのイベント発生。
雑魚に憑依していたモンスター「赤い死神」が、油断していたアルバーを襲撃。その際、アルバーの仲間であるエネアが身を挺して庇ったために重傷を負い、そのまま重体に陥ってしまいました。

結局「赤い死神」には逃げられ、エネアは闘技場の医者に診て貰う事に。
ベルガの回想によれば、アルバーの父「キャプテン・ガデム」も「赤い死神」に殺されており、その状況が今回にそっくりでした。
当時、エネアとベルガはキャプテン・ガデムと組んでいたのですが、モンスターを甘く見ていたエネアは、油断したところを「赤い死神」に襲われ、今回とまるっきり同じような状況で、キャプテン・ガデムに庇われていたのです。
そんな事情から、キャプテンの死後、エネアとベルガは一人前のハンターになるようアルバーを育てつつ、仇討ちのため「赤い死神」を探していた模様。

「赤い死神」は他のモンスターに入り込んで自在に操る能力を持ち、頭に大きな傷があるのが特徴。もし発見したらベルガ達に知らせる、と約束し、今回の仕事はひとまず終了に。



●60:指揮官は君だ!
依頼主はギルド。モンスターの数が増え被害が大きくなっているので、モンスターが出現する複数の場所を同時に攻撃する作戦を行う。その指揮をしてくれるハンター募集。

依頼を請けたら即開始となるタイプ。攻撃場所は「パルテ砂漠」「ダータネル海岸」「トラーカの廃墟」。「ダータネル海岸」には強力なモンスターが出現し、「トラーカの廃墟」は普通の、「パルテ砂漠」は弱めのモンスターが出る、とのこと。

まずは(アレク達を除く)6名のハンターを2人1組にし、各エリアへと割り振ります。集まった6名の台詞を参考に、同程度の能力の者同士を組ませ、能力に見合ったエリアへと派遣。アレクはギルドで待機するだけなのですが、結局は心配なので見に行く事に。

海岸と廃墟はOKで、一番心配だった砂漠も大丈夫……と思いきや、新米ハンターが帰った後、ドラゴン2体との戦闘に突入。
戦闘後はギルドへと自動で戻り、仕事成功となりました。



●61:武闘大会の準備にあたれ!
依頼主は武闘大会実行委員会。武闘大会の準備を手伝って欲しい。グルガの指示を仰ぐこと。

待ちに待っていたシナリオイベント。グルガの家に向かうと、ヴェルハルトがグルガに喧嘩を売っている真っ最中でしたΣ(゚Д゚; 何故グルガが出場しないのか腑に落ちず、直接殴り込んだ様です。なんなのこの人('A`)

ヴェルハルトの事はさておき、今回のアレク達の仕事はパルトスの大富豪、「ロシュフォール家」の警備。グルガがいいと言うまで護って欲しい、とのこと。
なんで金持ちの警護と武闘大会が関係あるのさ、と疑問を抱きつつロシュフォール家に行くと、令嬢「アンリエッタ」が登場。絵に描いた様な高飛車お嬢様キャラですが、ある手順を踏むと仲間になります。…………実は、あんまり好きくないけどね(笑)。

執事「セバスチャン」から依頼されたエントランスホールの警備をしていると、アカデミーが突如襲撃。実は武闘大会の優勝賞品である「輝きの女神像」はロシュフォール家に保管してあり、それが目的の模様。当然ながら戦闘に突入するのですが、何しろ狭い場所なので、全体攻撃連発であっという間に片付きました。

戦闘後、アカデミーが女神像を狙ってきたという事実をリシャルトに報告しておいた方がいいかも、という事で、自動でリシャルトの所へと向かう展開に。
報告を受けたリシャルトは「波動石」と「教授」に何か思うところがあるようで、「輝きの女神」を確認してみる、とのこと。

ちなみに、この任務でアンリエッタがアレクに興味を持ってしまった様なのですが……どうなる事やら。
続きはまた次回。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。