ARC THE LAD 3 プレイ日記【17】

PS 「ARC THE LAD 3」(PS)のプレイメモ、第17回目です。

やっと物語が大きく動き始めましたが、それでもギルド仕事はこなしてゆくのさ。


●65:ダータネル海岸の盗賊団を追い払え
依頼主はギルド。海岸に盗賊が出現しているので退治すること。

毎度お馴染み「虹色の橋」団ネタ。今回は団長が独りぼっちになってました。おカマ副団長に厳しく当たったために団員の反感を買い、副団長を団長とする、新盗賊団を立ち上げられてしまったそうな。その名も「こじゃれた恋どろぼう団」。もう何でもいいよ。

彼等の何が楽しいって、副団長はオカマではあるものの、ごく普通の人だという点。未だにノリに付いて行けてないところが素敵。
結局は戦闘になっちゃうのですが、戦闘後もイベントはまだ続く。仲直りするかと思いきや、団長は今度こそ一人になっちゃいました。うおお、まだ引っ張る気かこの盗賊団ネタ(笑)!



●66:ロシュフォール家に大事件発生!
依頼主はアンリエッタ。武闘大会で優勝できるほどの真の強者でなければ解決不可能な事件が発生した。

令嬢アンリエッタが、アレクに会いたいがために依頼した仕事の様です。
内容は猫を捕まえるミニゲーム。全3ラウンドあります。
温厚さに定評のあるアレクさんも、最後にはキレ気味で命令形になってました(笑)。



●67:英雄グルガの依頼・秘密厳守
依頼主はグルガ。娘のエレナがやたら外出するようになった。怪しい男と会っているらしく、心配。娘と男が何をやっているかを調べ、娘を守ってほしい。

お父さんは心配性(ΘωΘ)エレナを尾行したところ「ハンス」という彼氏と会っていました。物静かな雰囲気の青年です。
グルガは強い男しか認めないため、こっそりと会うしかないみたい。気の毒だ(´・ω・`)

その後「ダータネル海岸」へと移動し、二人の逢瀬を覗き見(笑)。
すると、お約束と言うべきか、ガラの悪い連中に絡まれちゃいました。

その後はごろつき3人との戦闘。全体攻撃を使えば1ターンで終了します。
逃げた男たちは画面外でグルガにボコられた様です。後に登場したグルガ的には「すれちがった」だけらしいけど(笑)。
初めこそは交際を認めようとしないグルガでしたが、説得の末、ハンスはグルガが鍛える事でどうにか話がまとまりました。グルガはあくまで「基本的なことだけ」と言うのですが、エレナ曰く「お父さんの基準って、どこにあるのかわからないから……」(笑)。



●68:キャッチー・マママンのなやみ
依頼主はキャッチー・マママン。武闘大会以来、司会に対する情熱が湧かず困っている。司会者として新境地が開けるよう協力してほしい、とのこと。

キャッチー・マママンと言っても、初代からプレイしている熱心なファンじゃないと何の事かさっぱりの様な気もしますが。
それはさておき、宿屋のキャッチーの部屋で事情説明。彼が情熱を注げるような、新たな司会の新境地を開拓して欲しい、とのことで、皆で相談。その後、全員のアイデアをキャッチーに披露する展開になるのですが……とりあえず、ヴェルハルトが天然ボケ&いじられキャラだという事は解った(`・ω・´)

最終的に決まったのは、シェリル案の「男女ペアバトル選手権」。これの司会をやって貰う事にします。
その後、アレク達が集めた男女複数名からペアを1組作る事になるのですが、ここからがこの仕事の本番。候補者の要望を聞き取り、ペアを作らなければなりません。途中、ふられニンジャスパイシーが乱入し、候補者に加える事となりましたが、とりあえずスルーの方向で。

候補者達の要望の傾向としては、基本的に女性は希望を答え、男性はNGを答えます。女性が希望するタイプの男性は、大抵、その女性をNGとしているところが何とも(´・ω・`)
正解を言ってしまうと、男性陣の中で唯一要望を述べる「ゼンデン」」と、その要望に合う女性「パメラ」の組み合わせでいく事になります。

さて。ペアを作ったのは良いものの、その対戦相手は誰? ……という事で、今度はアレク達の中でペアを作る展開に。
こちらは色気付きつつある(笑)ヴェルハルト君とマーシアもいい気がするんだけど、無難にアレクとシェリルでいくことに。二人共、回復持ちなので。
戦闘では、1ターン目にサイレントでパメラの呪文を封じてしまえば、後は楽勝です。



この時点で仕事が一通り片付いたので、ようやくホバークラフトを取りに行く事に。



【カリオテの洞窟】
先ずは入り口の封印解除を……と、メモを探していたところ、あっさりイベントでやってくれました。覚える必要なんて無かったのね。

内部はトラップ満載。先ずは地雷の洗礼を受けます部屋。一回踏んだ地雷は×印がつく親切設計なのが嬉しいですね(´;ω;`)! 画面切り替えると消えちゃうけど。
弓矢トラップを解除したら、入口から右方向へ。落とし穴地帯を抜けたり落ちてみたり。上下関係を把握した上で進むなど、複雑なルートを模索しつつ進む事になります。かなり面倒臭い。

最奥では、目的の「ホバークラフト」を発見。このイベント時、ルッツが「記念すべき瞬間を云々」言いつつセーブを推奨してきました。あれ? でも、さっきセーブポイントあったんだけどΣ(゚Д゚ υ)?

不思議に思いつつもセーブを済ませ、いよいよホバー発進! ムービーが挿入されるのは良いのですが、何故にアレクは動かし方を知っているのか。
……きっと、ギルドからマニュアルか何か貰ってたのね。うん。

ムービーが終わったところでDISC1が終了。DISC2へいそいそと入れ替えます。
なるほど、だからルッツがセーブを促してきたのか。

【ラグナーク】
DISC2では、いきなり「ラグナーク」に到着。アカデミー本部を目指す事となるのです……が。
ホバーで世界中を巡る事が出来る様になったので、ここは一旦各地を巡り、装備品の強化や、アイテム調達といきたいのです。
とりあえずは南北スラートに滞在し、せっせと武器を合成する事にして、続きはまた次回。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。