ARC THE LAD 3 プレイ日記【22】

PS 「ARC THE LAD 3」(PS)のプレイメモ、第22回目です。

「不滅の鋼」を無事に入手し、ちょっくらお仕事復帰。今回は「ジハータ」から。


●82:実録・アカデミーの真実
ペイサスギルド。依頼主は図書館長。
アカデミーに関する資料をまとめているのだが、不明な点がいくつかあるので、実際にアカデミーと対峙した者から話を聞きたい。

早速図書館へ。質問に対し正しい選択肢を選べぶだけでOKです。
いちいち、そのイベントの回想シーンまで出て来るのが面倒。



●83:偉大な研究書は何処に?
ギスレムギルド。依頼人はアイテム協会員エルナン。
研究者の中でも有名な、ある研究書を見付け出して欲しい。研究書は以前に盗まれ、現在も行方不明。

この仕事では、一冊しか存在しないという研究書、「秘伝アイテマス」を巡り、各地のウェポン&アイテム研究所を彷徨う事となります。
結構時間を食う仕事で、顛末をまともに書いてしまうとかなり長くなりそうなので、ここではざっくり割愛。独断と偏見で要約すると、リシャルト(ヴェルハルトの兄ちゃんね)超天才! しかも人間が出来てる! ……ってところでしょうか。

最終的に発見出来た研究書を依頼主に渡したところで、仕事は成功となりました。



●84:ベルニカ村の秘宝を守れ!
リノギルド。依頼主はベルニカ村の村長。
「カルカド山脈」に住み着いた野盗達から、「村の宝を寄越さないと村を焼く」との脅迫が。宝は大災害前から村人の心の支えなので、守って欲しい。

村人たちは野党を恐れ、家に引きこもり中。ヴェルハルトは「武器を持って戦え」と言うのですが、無茶言うなよ(´・ω・`) 挙げ句、ルッツと衝突しちゃうし。

さて、野盗が狙っている村の宝とは「風の珠」というもの。テスタにあった「水の珠」の風バージョンで、これのおかげで良い風が吹き風車が回るので、生活が営めるんだそうです。
そんな説明を受けている最中、問題の野盗であるニンジャ十人衆が村を襲撃。迎え撃とうとしたアレク達でしたが、その素早い動きに翻弄され、イベントでボコられてしまいました。

その後、怒ったり、単独行動に走ろうとしたり、シェリルに図星突かれちゃったりと、ヴェルハルトさん大活躍。
最終的には、再襲撃してくる野盗を退治すべく「アストーニ橋」にて迎え撃つ事となりました。

迎え撃つとは言っても、メンバーはヴェルハルトとルッツのみ。しかも戦闘ではなく、ミニゲームです。
アストーニ橋の左側から駆け寄って来る10人のニンジャ達を、橋の右端に立つヴェルハルトで叩き斬っていくのがゲーム内容なのですが、ニンジャ達は素直に真っ直ぐに突っ込んで来るとは限らず、ジャンプをしたり、急にスピードを速めたりなどのフェイントをかけてくるので、動きをしっかり見切る必要有り。

斬り損なって橋を抜けられてしまった場合、ルッツがナイフでフォローしてくれますが、それも3人まで。なので、10人中7人は絶対に成功させなければなりません。
……私の場合、きっちり3人ミスってしもうた(´・ω・`)

ミニゲームが成功したら、イベントを経て仕事完了となります。



●85:増えたぬいぐるみの謎
テスタギルド。依頼主は闇市管理事務局。
倉庫の点検を行ったところ、闇市で売り出す予定だったモンスターのぬいぐるみの数が増えている。気味が悪いので調べてほしい。

早速管理局へ。倉庫内は荒らされているものの、盗られた物は無い模様。ただ、見回りの際に不審な人物がいたらしく、表示されたグラフィックは、スーツを来て帽子をかぶった男性でした。

とりあえず、増えたぬいぐるみを特定して欲しいという事で、商品を仕入れた女性店主と面会。ぬいぐるみの種類はよく覚えていない、と有り得ない事を言う彼女は、並び方なら覚えているらしく、実際に商品を並べて確認して貰う事に。
……そんなに数があるワケじゃないのに、何で自分が仕入れた商品を覚えて無いんだよぅ('A`)

ここからは商品並べのミニゲーム。リアルなモンスターのぬいぐるみを並べ、どれが女性が仕入れた商品なのかを見極めます。

ぬいぐるみは前列に2体、後列に3体あり、確認作業は1列ずつ実施。アレクがぬいぐるみを並べると、店主は正解しているぬいぐるみの数と、そのぬいぐるみの配置が正しいかどうかを教えてくれるので、それをヒントに、正しい商品だけを選び出していきます。
正しく配置出来たと思ったら、店主に話し掛けて正否を問う事となるのですが、店主に話し掛けられる回数は決まっていて、それをオーバーしてしまうと仕事は失敗となるそうな(´;ω;`)

そんなこんなでミニゲーム開始。最初は前列の2つを選びます。
候補となる4つのぬいぐるみの中から、まず任意で2つを選択&配置。その後、店主に話し掛け、ぬいるぐるみの種類及び配置が正しいかどうかを教えて貰う流れになります。後列の場合は、5個の中から3個を選択。

こんな調子で正しい商品を選出すると、偽物のぬいぐるみ4体が、実は本物のモンスターだと判明。
うち1匹はイベントでアレクが倒し、残りの3対との戦闘に入ります。

戦闘後、女性に不審者について尋ねてみると、心当たりがあるとのこと。そして、詳細を言うために口を開き掛けたその時、倉庫の入口から飛んで来た謎の物体に当たり、女性は倒れてしまいました。……し、死んだのΣ(゚Д゚ υ)!?

犯人らしき男を追い掛けて行くと、今度は闇市で男を追いかけ回すミニゲームに突入。こっちが近付けばあっちが逃げる、というパターンです。
ゴーゲンと会う際の宝箱を彷彿とさせますが、南北にある闇市の出入口の前へと男が移動してしまう、そのまま逃亡され、仕事は失敗となります。
また、成功させるには闇市の南西にあるチョンガラの店まで追い込めばいいのですが、実際のプレイ時は追い詰めるべき場所をあえて教えてくれないので、地味に難易度が高いかも('A`)
もしこの追いかけっこで失敗してしまうと、やり直す場合は、また商品の選出のところから始めなきゃいけないのが面倒だー。

チョンガラの店の前まで追い込むと、イベントが発生し、犯人を捕縛。仕入れ主の女性も無事であった事が解り、めでたしめでたしなのでした。



さて、ギルドマスターのところへ向かうと、お次は「久遠の大樹」だという指示が。
その在処は「フォレスターモール」とのこと。



●86:久遠の大樹を入手せよ!
リノギルド。勿論シナリオイベントです。
ベルニカ村のハンナが、それにまつわる伝説を知っている、とのこと。

【ベルニカ ハンナの家】
ハンナと会話。「久遠の大樹」はあらゆる草木の先祖と呼ばれているそうなのですが、もしかしたらもう枯れているかもしれない、とのこと。しかし、「大地の傷跡」の神殿付近なら、残っている可能性があるそうな。
古代の人々は「久遠の大樹」を大切にし、祈りを捧げるために神殿を建てたという説があるんですって。

【大地の傷跡 神殿】
神殿の奥に扉があるものの、案の定開きません。すると、以前テオにカーディストの力をくれた精霊さんが登場しました。
ハンナの言っていた通り、ここはかつて「久遠の大樹」を祭る神殿であったものの、大樹はもう根っこしか残っていないそうな。

また、奥への扉が閉ざされている理由も判明。ここに住むモンスターの卵が、少し前に人間に盗まれてしまったため、親モンスターが他の子供を守るろうと、扉を閉じてしまったのだそうです。

扉を開けてもらうためには、モンスターの心を開かせる必要がある、という事で、ここはひとつ、シスターリーザの牧場のモンスター達に手伝って貰うことに。人とモンスターが仲良くしているところを見せよう、といういうのですが……さてはて。

牧場に向かい事情を話すと、リーザは快諾。更に、扉の向こうの親モンスターに確実に聞かせるため、音楽家のポコを呼ぶことを提案してくれました。
ご都合主義的に丁度良い事に、ポコは演奏のためにリノを訪問中。早速会いに行ったところ、彼からもOKが出ました。

その後、牧場経由で「大地の傷跡」へ向かうと、皆でダンスするイベントが発生。途中、選択肢で曲を選び、更に踊り続けていると、扉の中から件の親モンスターが出現。ペンギンみたいで可愛い姿をしているのですが、どう見ても、以前にアレク達が保護した赤ちゃんモンスターの親だよ(笑)。

親モンスターが、リーザー達と一緒に居た赤ちゃんモンスターの姿に気付いたところで、パーティはお開き。アレク達は開いた扉から奥へと向かいます。
「不滅の鋼」の時はヴェルハルトの物語でしたが、今回はテオがメインの様です。

洞窟の様になっている神殿の奥をしばらく進むと、謎の小さいモンスターと遭遇するイベントが発生。唐突な感がありますが、この時、テオがモンスターの言葉を理解出来る様になっていた事が判明しました。
「大変なことになっている」とモンスターが言うので、後を付いて行く事に。が、その道中、蔓を付けたり外したりしつつ進まなければならず、実に面倒です(´・ω・`)

最奥では、巨大な虫が「久遠の大樹」の根を食べている現場に出遭遇。このモンスターの声は、テオの心には聞こえない様です。つまり、邪悪なモンスターって事?
この直後、先刻の小さいモンスターが巨大虫に突撃をかまそうとしたものの、険なので皆で庇った……のは良かったのですが、虫に気付かれちゃった('A`)

VS ルートデバイス
暫く攻撃すると、頭と尻尾を入れ替え回復してしまいます。どうやらイベントバトルだったようで、数ターン後に戦闘は強制終了となりました。仕方ないので一旦その場から離脱です。

その後、皆で対策を考えるのですが、話し合う仲間達をよそに、テオは小さいモンスターと会話。それによると、小さいのが巨大虫に突撃しようとしたのは、「久遠の大樹」が「おかあさんの樹」だから、とのこと。
更に、小さいのに強く望まれ、テオは小さいのをカード化してしまいました。初めこそは「使用したら消滅してしまう」事を理由に拒んだのですが、「『久遠の命』を持っているから消えない」、という、小さいのの強い意思を信じたのです

小さいのをカード化した後、巨大虫に向けてもう1度突撃する事にしたアレク達。
テオがカード化した小さいのを使うと、虫は真の姿を現したのでした。

VS ルートデバイス(二戦目)
アレクLV.70、ルッツLV.67、テオLV.67、ヴェルハルトLV.59での挑戦。
ルッツで魔防力と攻撃力、そしてテオで防御力をアップさせておきます。アレクは攻撃をメインに状況を見て回復し、ヴェルハルトはひたすら攻撃。テオはクロスジャベリンを使えば効率良くダメージを与えられました。
敵が仕掛けてくる毒については、ルッツが回復出来るので問題ありません。

戦闘後、そこには種が残されました。試しに遺跡の外で撒いてみたところ、ムービー開始。
種子は即座に芽吹いたかと思うと、凄まじい勢いで樹が成長し、あっと言う間に大樹になっちゃいました∑(゚ω゚;) どうやら、あの小さいのは「久遠の大樹」の種子だった様です。
少々強引な展開の様な気もしますが、「久遠の大樹」ゲットだぜ!



仕事の完了後、リノのギルドへ精算に向かったところ、やっぱりマスターからお呼びが。
でも、まだ行かないもんねーっ。



●87:パンディラの借金親子を救え!
テスタギルド。依頼人はポッコル&アミー親子。ある事情で借金を抱えたが、返済出来ないので借金を重ねていたところ、首が回らなくなった。一緒にどうしたらいいか考えてほしい。

何とも凄い内容の仕事だと思いつつも、依頼人の待つパンディラの宿屋へ。宿屋内にあるバーにはトッシュの姿がありました。何でもカジノにはまったそうな('A`)

それはさておき、2Fで依頼人親子と面会。どうやら結婚詐欺にひっかかったらしいのですが、娘はそれを信じたくない模様。とにかく一生かかっても返せない額に膨れ上がっている、と聞いたところで、突如トッシュが登場。何かキナ臭いものを感じたらしく、自分に任せろと言い出しました。

その後、トッシュと共に貸し主の元へ乗り込んだのは良いのですが、証文がある限り自分に非は無い、と豪語する貸し主。……確かに。
そこで、今度は結婚詐欺を働いた「デューク」という男を捕まえ、娘の所へ連れて行ってみたところ、親子はあっさりデュークを許し、デュークはそのまま逃亡。トッシュが慌ててそれを追う展開になりました( ゚д゚ )

結局、詐欺師と金貸しはグルだった事が判明したので、逃げられる前にとっ捕まえようと「地獄が原」で戦闘。
トッシュは固定メンバーですが、敵は雑魚3体なので何の問題もありません。
戦闘後はトッシュが証文を粉々にし、今度こそ詐欺師を追い込もうとしたところ……被害者の女性、アミーが登場。彼をまだ愛しているという彼女は、婚姻届を盾に、強引にデュークとよりを戻してしまいました。……なんか、よくわからん仕事だった(;-ω-)=3

一気に疲れてしまったので、続きはまた次回。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。