真・女神転生 if... プレイ日記【1】

PS 「真・女神転生 if」(PS)のプレイメモ、第1回目です。


真・女神転生if...(通常版)真・女神転生if...(通常版)
(2002/12/26)
PlayStation

商品詳細を見る

「真・女神転生 if...」のプレイ開始です。
前作&前々作にあたる「真・女神転生」の初代と2は未来の世界が舞台となっていましたが、今作の舞台は現代日本の、とある高校。
説明書を参照しつつ、物語の導入部をまとめてみると、こんな感じ。

ある日の放課後……主人公の通う「軽子坂高校」は、突如として魔界に飲み込まれた。
その現象を引き起こしたのは、主人公と同じく軽子坂高校の2年生である「狭間 偉出夫」(ハザマ イデオ)。

超ド級の天才であるハザマは、偶然入手した「悪魔召喚プログラム」を駆使し魔界を支配するまでに至ると、自らを「魔神皇」(マジンノウ)と称し、学校を魔界へと引きずり込んでしまった。
何故彼がそんな行動に出たのか、その理由は定かでは無いが、ハザマはどうやら他者とのコミュニケーション能力に欠け、常に孤独な少年だったらしいので……その辺は推して知るべし。

それはともかく、学校ごと魔界へと引き込まれた主人公は、果たしてハザマの手の内から逃れる事が出来るのだろうか?

身も蓋もない言い方をすれば、ハザマ君はいわゆる「中二病」ってヤツも患っている様子です。
しかも、願望を実行出来るだけの頭脳を持っていたがため、こんな事態を引き起こせちゃったというタチの悪さ('A`)

□ ■ □

さて、いよいよゲーム開始です。難易度はNORMALで。
EASYの場合、逃走が成功し易くなるなど、所々で親切設計になっているそうです。

とりあえず初回は男主人公で。名前入力後、占いで成長タイプが決定します。
成長タイプは「パワー」「スピード」「バランス」「ラッキー」の4種があるのですが、今回は「パワータイプ」になるように回答しました。

タイプが確定すると、白い服を着た人物が登場。元は人間だったが「魔神皇」となり魔界を支配した……とか言っているところを見ると、彼が問題のハザマの様です。最後にバカ笑いして消えちゃった。

ハザマが消えた直後、クラスメイトに声を掛けられ目を覚ましたた主人公。場所は放課後の教室で、どうやら眠り込んでいたみたい。
「先に帰る」と、クラスメイトが教室を出て行ってしまった……その直後。
轟音と共に震動が起こったかと思うと、窓の外は妖しい色へと変貌し、獣の咆吼の様なものが聞こえて来ました。

この異常事態に教室はパニック状態。ひとまず主人公が教室を出ようとしたところ、同じクラスの「白川由美」が話し掛けて来ました。うおお、金髪だ。
「ユミ」と呼ばれる彼女は、正義感が強い姉御肌。ここでの彼女の主張をまとめると、以下の通り。

・学校に閉じこめられた。学校全体が別世界に飛ばされた様だ。
・このままじゃ皆助からない気がする。皆を助けるため、手を貸してくれ。

ここでユミと共に行動する選択をすると、そのまま彼女が主人公のパートナーとなります。
今作はパートナー候補が4名存在し、どのキャラをパートナーにするかでシナリオ展開が異なるのですが、初周でパートナーとしての選択出来るのは、女子の「ユミ」「レイコ」と、男子の「チャーリー」の3名のみ。残る一人の男子「アキラ」は、2周目以降にしか選択出来ない仕様です。

ちなみに、ユミは初心者向きのキャラらしい、という事で、今回は彼女にしました。

【軽子坂高校】
ユミをパートナーにしたら、校内を歩き回って情報収集。皆、パニックになってます。
廊下の突き当たりで謎のフロッピーディスクを入手しつつ探索を続けていると、風紀委員が意味有り気にドアを通せんぼしてました。やたら上から目線だし、何か怪しい……。

その後、用務員室で丹下団平に酷似した用務員さんに会ったり、倉庫に隠れている主人公の友人とその彼女を発見したり。
また、音楽室にはパートナー候補の一人である「レイコ」が居るのですが、ユミに向かって「あなたが学校を救うのは無理」とか言いやがるしΣ(゚Д゚ υ)!
……まぁ、実のところレイコの言う事は多少は正解で、ユミルートではいわゆる真EDには到達出来なかったりするんですけどね(´・ω・`)

1Fにある保健室では、養護教諭の香山先生から「傷薬」を6つほどゲット。美脚美女です。
また、保健室の隣にあるパソコン室では、眼鏡を掛けた男子生徒が「回線が切れていて外部と連絡が取れない」とパニックになってました。ちなみにここではセーブが出来るので、今のうちにセーブ、っと。

探索はまだ続く。理科室では、「すべてプラズマで説明がつく」と断言する大月先生が登場。モデルは言うまでもなし(笑)。
1Fの廊下奥にある運動部室エリアでは、各部室から武器&防具を調達出来るのですが、その際、部員達から少しばかり情報を得ました。

・体育館に怪物が出現し、怪しい儀式をしているらしい。
・皆、武器になりそうなものを部室から持って行った。
・ハザマは怪しい奴だ。悪魔や魔術を使って、何かを企んでいた。

武器を回収した後は、校舎3Fへ。教室の一つに八幡先生という男性の先生がいるのですが、軽くパニックになっちゃってます。
また、他の生徒から得られた情報は以下の通り。

・化学の大月先生は怪しい。いつも実験室にこもっている。
・大月先生は風紀委員の顧問。
・ハザマを廊下で見た。ぼーっと光って幽霊の様だった。
・体育館にオカルトっぽい儀式の跡がある。

その後1Fに戻り、再度PC室の前に来ると……イベント発生。男子生徒の悲鳴が聞こえてきました。
登場したのはPC室にいた男子。悪魔に襲われた様で、ここで初戦闘となります。

VS 幽鬼 ガキ
ひたすら攻撃したところ、大して苦労もせず勝てました。
少々攻撃力が高いので、危なくなったら、即、傷薬を使う方針で。

戦闘後は、眼鏡男子「佐藤くん」との会話イベント発生。彼は電子演算部の部長であり、PC通信で外部と接触しようとしたところ、怪しいネットに繋がり、変なプログラムを入手したそうな。で、試しに動かしてみたところ、先程の悪魔が出て来てしまった、とのこと。
ちなみに、アップロードしたのはSTEVENというハンドルネームの人物だったそうですが……メガテンでお馴染みの、彼かな(゚ω゚;)?

ここで、主人公は佐藤くんから問題のプログラムを貰うものの、携帯出来るPCが無いと不便(というか意味無し)。
そこで、ノートPCを購入したとか何とか言っていた八幡先生の所に行き、ノートPCを貸してくれるよう頼むと、その代わりに、自作のアーム・ターミナル型PCをくれました。
「ハスキー犬を連れてる男の子が同じ様なものを持ってていいなと思ったんだ」……って、それってもしかして真メガテンIの主人公の事?

それはさておき。八幡先生からPCを貰い、廊下を少し進むと……ハザマのアストラル体が登場。

「私は狭間偉出夫だった者だ。だが、もう君達のようなただの高校生じゃない。今や偉大なる魔界の支配者魔神皇だ! ひ弱な高校生ハザマイデオはもういない! 代わって万能の力を持つマジンノウが現れたのだ!」

のっけから図に乗りまくっているハザマ君の言い分をまとめると、以下の通り。

・学校を魔界へと引きずり込んだのは、自分の大いなる力をほんの少し使ったせい。
・主人公達がハザマに逆らうのは不可能であり、学校から脱出しようとするなど無駄な事。
・せっかくなのでヒントを与えると、体育館である物を手に入れれば、魔界へ行ける。
・魔界に入って生きていられるとは思えない。

どうやらハザマ君は上から目線がデフォの様です。

このイベントを済ませた後、近くにあった3Fの倉庫にて、学生服を着た「ヒーホー君」(妖精ジャックフロスト)発見。折角なので仲魔になって頂きました。

その後は、ハザマの言う通り体育館へ行く事になるのですが、そこではボス戦が発生するらしいので、先ずは体育館手前の廊下にて、しばし経験値稼ぎ。この廊下は、校内で唯一悪魔とエンカウントする場所なのです。
ちなみに、ゲーム開始直後に拾ったフロッピーは佐藤くんに預け、調べて貰う事にしました。中身は後に判明するのですが……今はヒミツ。

さて、廊下でしばし経験値を稼ぐワケですが、手始めにわざと二人を殺し、それぞれに「ガーディアン」を憑けてみました。
この「ガーディアン」システムが、今作の肝。

「ガーディアン」とは、その名の通り主人公達の守護悪魔で、憑依させる事により、主人公&パートナーのパラメーターをアップさせてくれたり、パートナーに魔法を覚えさせてくれる存在です。
後に展開される事となった「ペルソナ」シリーズで言うところの「ペルソナ」と似ているのですが、大きく異なるのは、憑依させるには主人公orパートナーを死亡させなければならない、という点。
特徴をまとめると大体こんな感じ。

・主人公は成長タイプ別、パートナーはキャラ別に、憑依可能なガーディアンが16体ずつ存在している。
・ガーディアンにはランクがあり、ガーディアンポイント(以下GP)をためる事により、現在憑依させているものより高ランクのガーディアンが憑依する。
・GPはステータス画面にてゲージで表示され、戦闘を重ねていく事により溜まっていく。
・新たなガーディアンに変わると、GPはゼロに戻る。
・GPゲージはポイントを溜めるにつれ黄→赤と変化する。
・GPゲージが黄色の状態で死ぬと、現在のガーディアンより1ランク下のガーディアンが憑依する。
・GPゲージが赤色の状態で死ぬと、溜まっているポイント量に応じ、より上位のガーディアンが憑依する。
・ガーディアンを変えた直後(=GPがゼロの状態)で死亡すると、最弱ガーディアンが憑いてしまう。
・ガーディアンは通常の悪魔同様LVがあるが、仲魔とは違い、主人公のLVによる憑依制限はない。
・パートナーは、ガーディアンが所持している魔法を覚える(主人公は魔法が使えない)。

思い付いただけでもこの位かな(;-ω-)=3 何かあったら、またその都度説明します。
この時点で憑いたのは、ユミに「妖鬼ボーグル」、主人公は……メモし忘れてた('A`) たぶん「妖獣ガルム」だったかと。

渡り廊下でしばしLV上げを続け、LV.8程度になったら体育館へ。
儀式の跡から「謙虚の指輪」を発見した直後、魔神皇様のお声が。

「学校から魔界へでるとすぐに”封印の間”がある。そこで謙虚のリングを使えば封印が少し解ける。君達の学校が元の世界へ戻るには当然、封印を完全に解かなければならない。それは君達のお粗末な頭でもおわかりだろう。だが……まずはメリジェーヌに勝ってからだ」

いちいち人を小馬鹿にしなきゃ気が済まないんでしょうか、この男は。

VS 魔獣 メリジェーヌ
ジャックフロストを召喚しての戦闘。何の問題も無く勝てました。
ちなみに、主人公が女の子の場合は、「魔獣フォーン」が出現するそうな。

体育館から校舎に戻っていると、廊下にて風紀委員と遭遇。「大月先生に言いつけてやる」、だって。
そういや風紀委員の顧問は大月先生だっけか。

大月先生の所に行くと……。

「お前達、魔神皇様の御戯れを真に受けて、謙虚のリングを手に入れたな。お前達が学校の外に出ていい科学的根拠は無いのだ!」

ちょっと待てー! なんか思いっきり魔神皇様の犬になっとるΣ(゚Д゚;!

VS 教師 オオツキ
何やら怪しげな装置を装備して襲いかかってきた大月先生。基本はメリジェーヌ戦と同様。よ、弱い……。
が、撃破後に逃亡したらしいところを見ると、また出て来るみたい。

大月撃破後、風紀委員達の洗脳が解け、3Fの非常階段から外に出られるようになりました。
ようやっと学校から脱出出来る様になったのですが……続きは次回。

Comment

Re: 真・女神転生 if... プレイ日記【1】
こんにちは。

『アーク~3』のプレイ日記完結、本当にお疲れさまでした!
…って未プレイなもので、本文はほとんど読まないようにしていたのですが(汗)

メガテンシリーズといえばDSで発売されている最新作が面白いみたいですね。

同シリーズのPS版って何故か軒並みプレミア化しているという不思議。アーカイブで配信してくれればまとめてDLするつもりですw

本作も未プレイ故、本文は拝読できないのですが、既にプレイは何周かされているようなので充実した内容になりそうですね。
コメントありがとうございましたー
e-276 影男さん
こんにちはー。
メガテンSJ、なかなかの高評価みたいですね。
新規プレイヤーも昔ながらのファンも満足な出来とか何とか。
積みゲーのノルマがある程度消化出来たら、購入しようと思ってます(*´ω`*)

 > 同シリーズのPS版って何故か軒並みプレミア化しているという不思議。

えっ、そうなのですか? I&IIもPS版持ってるのでちょっと嬉しいかも(笑)。
SFC版のIはバーチャルコンソールで配信されている様ですが、やっぱりオリジナルのSFC版が、リメイクのPS版より優先されちゃったりするのでしょうか。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。