真・女神転生 if... プレイ日記【19】

PS 「真・女神転生 if」(PS)のプレイメモ、第19回目です。

4周目、アキラルート攻略中。
遂に「幽閉の塔」に突入した主人公とアキラ。本格的な探索が始まります。
【地のノモス 10F】
まずは10Fにいる魔界びとの話のまとめ。

・この塔の中は「ノモス」というエリアで6つに分けられている。
・上から「天のノモス」「第4ノモス」「第3ノモス」「第2ノモス」「第1ノモス」ときて、今いるのが塔の地下部分である「地のノモス」。

なるほど、やはり主人公達は、塔の最下層から最上層まで登って行かねばならない様です。
この辺りで主人公のGPゲージが赤くなったので、1ランク上の「妖獣バイコーン」に変更。アキラはまだまだ。

B10Fでの戦闘が楽になったところを見計らい、B7Fにある防具屋を目指してみます。
途中にいる魔界びと達から情報を得るのも忘れずに。

・地のノモスにある玄室は4つ。魔界びと達の力では開かない。
・以前は下の階にある間欠泉が動いていて、上に行くのも楽だったが、今は魔神皇様に止められている。動かす方法はあるにはあるが……。

えええ、こっちでは間欠泉止めてやがるんですか、魔神皇め。
そんな不満はさておき、しばらくはB7F~B10Fを徘徊し、経験値稼いだりお金貯めたり。主人公のガーディアンも「幽鬼グーラー」に変わりました。
一方、アキラはギリギリまでゲージを貯めてLVアップの時間稼ぎをした後、「妖獣ヌエ」に変更。「タルカジャ」を覚えます。

アキラのガーディアンについては、次は「地霊ツチグモ」→「魔人ゴトウ」といきたいのですが、余裕が無い場合、どちらかを諦める必要がありそうです。「エストマ」を欲しいのでツチグモは憑けたいんですが、ゴトウのディアラマが優先だろうしなぁ。
一応、エストマは「破壊神ホクトセイクン」でも覚えられるけど、まだまだ先のガーディアンだし……でも、エストマって意外と使わないかも(ΘωΘ)

こんな感じでゴチャゴチャと悩みつつやっている最中、折角引き上げていたアキラの知力を、ヌエに下げられてしまった。・゚・(ノД`)・゚・。
実はこの先のイベントである程度の知力が必要となるのですが、ツチグモorゴトウで引き上げられそうなので、今はまぁそれでもいいか。

さて、LV.15になったらB6Fから先へと進んでみます。B6Fにはアモンの仲魔「神獣セベク」が幽閉されているのですが、救出条件を満たせていないので今はスルー。
先に、B4Fに幽閉されている「女神ハトホル」の救出に向かう事に。

ハトホルを救出するには、新月の時にハトホルの出現する地点へ向かわねばなりません。が、日頃の行いが悪いのか、玄室の扉を目の前にして新月終了ときたもんだ(´;ω;`)
ハトホルが居るのは広い玄室の隅っこなので、次の新月を迎えるまで室内をウロウロさせて貰いました。
ちなみに、新月でない時にハトホルのいる地点へ行くと、「出てってちょうだい」と追い出されます。ハトホル、色っぽいやらでっかいやら。

さて、新月時にハトホルの出現地点へ向かうと……先程とは全く違う立ち姿で登場。

「もしやそちらの貴方、姿は変わっているけどアモンではありませんか?」

おお、バレてる。

「この玄室は月の光がさすたびに気がおかしくなるらしく、自分ではどうしようもなかったのです……」

なるほど、だから新月意外の時に話し掛けると素っ気ない態度だったのか……。
こうして「女神ハトホル」を仲魔にした後は、探索中に捕獲した仲魔を合体させてみたり。

・「妖鬼イヒカ」×「妖鳥ベンヌ」→「鬼女ハッグ」(「霊鳥ホウオウ」用に使える)
・「地霊スダマ」×「妖魔キンナリー」→「妖精エルフ」
・「魔獣ケットシー」×「精霊アクアンズ」→「魔獣カーシー」(上記のエルフと合体して「聖獣ユニコーン」に)

こんな感じでしょうか。特にユニコーンは「エストマ」が便利なので、作れるLVになったらすぐに作っておきたいところ。

さて、LV.17ぐらいになると、だいぶ経験値稼ぎがし辛くなってきました。そこで思い切って1Fに上がってみる事に。
もしもの時はハトホルを召喚すれば大丈夫。たぶん。

……余談ですが、B4F探索時に「カベの向こうから聞こえていた音は、もう聞こえなくなったよ」と言う魔界びとが居たのですが、一体何の事だったんだろう(゚ω゚;)
ハトホルを仲魔にしてから会ったので、もしかしてハトホルに関するヒントだったのかもしれない。

悔しさをちょっぴり滲ませつつ、続きは次回。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。