Wizardry Empire 復活の杖 プレイメモ 【1】

GB 「Wizardry Empire ~復活の杖~」(GBC)のプレイ記録です。
今回はゲームスタート~B2Fまで。
「Wizardry EMPIRE ~復活の杖~」のプレイ日記、はじまりはじまりー。
前作「Wizardry EMPIRE」(GBC版ね)もプレイ済みなのですが、そちらはバグやら不思議仕様やらが印象深い作品だったので、今作も不安だったり楽しみだったりです。適当にボカして書くのが大人の思いやり。

とりあえずはバックアップ電池が生きているかどうかが第一関門。
念のため交換用電池と道具一式を傍らに置き、GCのスイッチオン(GAME BOYプレイヤーでやってるのです)。

□ ■ □

電源投入後、まず驚いたのはBGMが鳴らなかったこと(笑)。TVかケーブルが壊れちゃったのかと思い焦りまくり。
どうやら前の持ち主さんが設定でBGMをオフにしていたようで、初期化したら直りました(;-ω-)=3 あーびっくりした。
こういうケースもあるから、ゲームを売る時はデータを真っ新にした方がいいですね。

初期化後の設定では、幾つかの項目をON/OFF、もしくはマニア/ノーマルへの個別設定が可能。
とりあえず宿屋は従来のWiz同様となるマニアで。ノーマルの場合は、HP&呪文が一気に回復する代わり、部屋の選択が出来ない仕様だそうな。

更には、オートセーブのタイミングもノーマルorマニアを選択出来るのですが、ここで少々苦悩。
ノーマル仕様での「戦闘&キャンプ後オートセーブ」はあまり好きではないのですが、かと言ってマニアだと冒険の中断が出来ないので、探索中に睡魔に襲われた際に大変困る(笑)。……と、いう事で、今回はノーマルで。

設定確定後、ようやくキャラ作成。ボーナスは30以上で合格とす(`ω') 案外簡単に出てくれるんですけどね。
キャラ作成後は、デフォルトキャラを身ぐるみ剥ぐ→キャラ消去という外道コンボ。これもいつも通りですな。

準備が整ったら、一応はシナリオ的なものを確認するため「砦」へ。バックストーリーが不明のままでのプレイ開始なので、何が目的かがさっぱり解らない状態。
実は今回プレイしているのは中古購入したソフトで、説明書のコピーが一応同梱されてたのだけれど(いいのだろうか)、肝心のストーリー部分の頁は省いてあったのよね(´;ω;`)

「案内された部屋に入ると、階段の横に座っている男が話しかけてきた。
『ふむ、初めて見る顔だな。この砦まで来たからにはもう既に知っておるであろうが、王女からの触れを伝える。町から程近いゴータナスの穴の底に魔道が開いた。魔界へ降り、ジェルマの杖を魔族の手から奪い返し魔道を封ぜし者には、勇者の称号と共に爵位を与える。以上だ。よい知らせを待っておるぞ』」


シナリオが何であれ、街外れからダンジョンに行けば万事OKって事ですね。
ちなみに再度砦に入ると、違う情報が貰えます。

「ゴータナスのB1F南にある封印された扉の向こうはこの世界とは異なった別の世界へと繋がっているという言い伝えがあるそうだ」

絶対に後で行く事になるぞ、これ。

【B1F】
準備が整ったら、いざB1Fへ。すぐにイベント床がありました。

(N13 E0)
「見張りだと思われる一人の兵士がパーティに話しかけてきた。
『ジェルマの杖の探索に来られた方ですね? 魔道からやってくるモンスターですが浅い階層にはそれほどいないようです。危険な冒険になるとは思いますが、がんばってください。あなたがたにガルガンの祝福があらんことを!!』」

(N13 E2)
「既にジェラルド卿とマイヤー卿率いる探索隊が先行しております。そしてさきほどフェリクス様率いる精鋭部隊が応援のためダンジョンに足を踏み入れました。お願いします、彼らの力になってあげてください。」

何かいきなり人名が色々と出て来ましたが、今作はイベント満載だったりするのでしょうか。
気を取り直し、フロアの探索を開始。まずはドアを開けた先にいる、固定敵の所で修行します。

しばらくは固定敵を狩りまくり、経験値稼いだり装備を強化したり。「クリーピングコイン」が出ると、がっぽり経験値もらえるのが素敵。
装備次第では、序盤からでも後列からの攻撃が可能なのがいいですね(*´ω`*)

ちなみに、本作はオートマッピング機能があるのですが、マップを参照するには呪文「コンパス」もしくはアイテム「マップきろくシート」が必要。
序盤は呪文回数を節約するためアイテムを使う事となるのですが、使用すると一定確率で壊れてしまうのが玉に瑕。作業中、2回も壊れちゃいました……。

(N3 E3)
「ひどく濁った井戸がある。パーティが井戸を覗くと何かが飛び出してきた!!」

直後、戦闘突入。BGMが変わったところを見るとボス戦でしょうか?
登場したのは不確定名「ケモノ」が2体。……よ、弱かったΣ(゚Д゚ υ)!

(N5 E9):シークレットドア発見。
(N7 E12):またイベント床。「地面に魔法陣が描かれている。魔法陣の中に入ってみますか?」のメッセージの後、誰が入るか選択できるものの、何も起こらず。
どうやら、パーティに召喚師がいないとダメみたい。

(N15 E12)
「朽ち果てた宝箱がある。突然、宝箱の中から何かが飛んで来た!!」

ここでは「きみょうなもの」×2との戦闘。またイベントバトル。やっぱり弱いよ(´・ω・`)

(N3 E7):「パーティは不思議な力に阻まれ、先に進むことができない」
(N1 E14):下り階段発見。

【B2F】
下り階段を発見したので、早速B2Fへ。LVは4~5。

(N5 E3):魔法陣発見。やっぱり何も起こらない。
(N14 E3):下への階段発見。まだ未探索箇所だらけなので降りません。
(N12 E12):西側のドアには鍵が。盗賊で開ける。
(N12 E10):「部屋の奥に祭壇のようなものが見える。」
(N11 E9):「今にも動き出しそうな彫像がある。」

(N12 E7)
「パーティの目の前には古びた祭壇がある。祭壇を調べてみますか? はい/いいえ」
「パーティが祭壇を調べると周りの彫像が襲いかかってきた。」

直後、「ガーゴイル」との戦闘に突入。物理攻撃が効かないので、魔法のみで頑張りました(`・ω・´)
戦闘後は、イベントの続き。

「祭壇の壁に、消え入りそうな文字で何か書いてある。
『みちをふりかえりしみるもの……さいごのことばしり……みちびきて……さいごのかぎ……しゅごしゃとなる……』
一部は崩れさっており、うまく読みとる事ができなかった。」

何だか意味深な文章ですね。そして肝心な所が読み取れないのもお約束。
この時点でB2Fの探索は大方終わったので、次回からはB3Fに突入します。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。