Wizardry Empire 復活の杖 プレイメモ 【3】

GB 「Wizardry Empire ~復活の杖~」(GBC)のプレイ記録、第3回目。
今回はB7F~B8Fまで。
B5Fの中央エリアにいる謎のケモノはひとまず放置し、先にB7Fを探索します。

【B7F】
それなりに怯えつつ、B7F探索開始。まずはマップ埋めを優先し、余裕が出て来たら固定敵の部屋へ飛び込んで宝箱を強奪します。
アイテムがそこそこ良質になってきたのは良いのですが、やたらと識別料がバカ高いアイテムばっかり拾うんですけど! ちょっと極端過ぎやしないか!
資金不足は、禁断の「キャラ作成→身包み剥ぐ→キャラ消去」で対応しましたが、それでも追い付かない(´;ω;`)

ちなみに、前回の識別料7500Gの「ひも」は「まほうのスリング」という武器でした。まぁまぁ強力。

さて、本題のフロア探索。(N9 E5)北側にSドアを発見しました。

(N8 E8)
「見るからに弱そうな冒険者がいた。
『僕の仲間が怪しい奴等にさらわれてしまったんだ……。あんた達、頼むよ。助けてやってくれないか?』」

そういう事情なら救出してさしあげたいところですが、MPカツカツなんで今度の機会に。ごめんね。
その後地上に戻り、久々に砦へ行ってみると、情報が変化していました。

「いつの間にか、狂った魔導師が研究所をゴータナスに開設したとの事だ。そこでは怪しい研究が行われているらしい」

「ロフシュタイン卿の息女カタリーナ様がゴータナスにジェルマの杖を探しに行かれたとの話だ。ご無理をなされなければよいのだが」

前者はともかく、後者は似たような情報を以前聞いた様な。どっかの貴族のお嬢様が云々って話。
そのカタリーナとやらがNPCだとすれば、迷宮内のどこかに居る筈ですな。

話は変わりまして。この時点で、当パーティーの僧侶はLV.10になるのですが、まだLV.3魔法の取りこぼしがあります(´;ω;`) それも、敵を識別する魔法「エンサイクロペディア」を。
もうー! 早く覚えてくれないと、ボスの識別できないでしょうが!(#゚Д゚)

気を取り直し、B7Fの探索を続行。仲間の救出を頼んできた冒険者のいる地点から、更に奥へ向かうと……。

(N11 E7)
「怪しい一団がパーティの前に立ちはだかった。
『あたらしい……にくたい……ほかくする……』」

((((;゙゚'ω゚'))))
直後、「マミー」との戦闘。珍しく不確定名ではなく、ラッキー。
そう強くもありませんでしたが、仲間を呼んだり「きょうふ」にされたりするので、油断ならず。
撃破したら攫われた冒険者達が帰って来るのかと思いきや、何も起こりませんでした。あれ?

B7Fを一通り探索したら、再びB5Fの中央エリアへ。ボス戦をやってみます。以前よりは楽に戦闘出来るんじゃないかしら。
相変わらず「エンサイクロペディア」は覚えていないので、ボスの部屋の前でセーブし、最初から確定状態で出てくるまで粘る戦法で……と思っていたら、コマンド「にげる」で普通に逃げられる事が判明。ボス戦なのに。

そんなこんなで逃走→突入を5回ほど繰り返していたところ、やっと「ミノタウロス」登場。
予想外にもあっさり倒してしまったのですが……あれ? 何もイベント起こらないのΣ(゚Д゚;!? さっきから、イベント投げっ放しの様な気がしますが。

【B8F】
B7F (N14 E5)の階段からB8Fへ降ります。LVは11前後。

(N14 E6)
「パーティ達と身なりも年の頃も同じくらいの冒険者達がいる。
『よう。あんたらもジェルマの杖の探索に来たのかい? 知ってるか? ジェラルド卿の第一次探索隊って最下層の辺りまで進んでいるそうだぜ。こりゃ~もう、ジェルマの杖なんて見つけちまったんじゃね~か?商売上がったりだぜ。あっ!!そうそう!!この下の階層に怪しい研究所があったぜ。あんなのいつ出来たんだ?』」

よく喋る冒険者ですな。ちらほらと名前を聞く「研究所」とやらは、この下のフロアの様です。
ここを少し探索した段階でMPが切れつつあったので、ひとまず撤退。
砦では、新たな情報が追加されてました。

「B11FからB13Fの間のエレベータの辺りに蜘蛛が大量に出現して困っている」
「ゴータナスにはノーム達の住処があるという話だ」

そう言えば、ノーム達はB15Fに住んでいるという話でしたね。まだまだ先だ('A`)
とりあえず今回はここまで。

【今回の戦利品】
「ヘビークロスボウ」「ヒーリングストーン」「ふるいチェインメイル」「エクソシストストーン」「ロッド オブ フレイム」

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。