「魔神転生2」 プレイメモ 【5】

SFC 「魔神転生II SPIRAL NEMESIS」(SFC)のプレイ記録、第5回です。
今回はステージ2-7までと、2-4です。
異次元に繋がっているという新橋駅構内へ突入。ここからは連戦になるのですが、ステージ開始直後ならペナルティ無しでフィールドに戻れるので全然シビアでは無かったりします。

◆ STAGE2-6:Underground @ SUBWAY-STATION
◇ 勝利条件:壁に空いた穴へ到達

初期位置は駅のホーム。線路を挟んで反対側のホームの壁に、穴らしきものを発見したので、とりあえずその穴を目指すのがこのステージの目的。

前ステージの反動か、かなり楽なステージでした。手始めに初期位置付近にいるゴズキ3体を倒し、その後、経験値稼ぎを兼ね、ジェネレーターから湧いて出た敵を片っ端から倒していきます。ジェネレーターが打ち止めになったら、宝を回収しつつ残りの敵を片付けて終了。

クリア後イベントでは、壁の穴に入った時点で、以前に聞いた「新橋駅はもう一つある」という話を思い出すナオキ。……えっ、それを踏まえた上で駅に来たとばかり思ってたよΣ(゚Д゚;!

◆ STAGE2-7:Nightmare @ GHOST-STATION
◇ 勝利条件:階段に到達

穴の向こうに広がっていたのは、不気味な雰囲気の駅構内でした。
ステージタイトルが示す通り、やっぱり悪魔だらけです。邪霊と外道ばっかり。

ここで初めての悪魔合体に挑戦。2身合体までなら、実はマップ上でも可能なのです。
手始めに「闘鬼ウェンディゴ」×「聖獣ユニコーン」で「龍神ペクヨン」(LV.18)を作ろうとしたら、いきなり合体事故発生! なんと1ランク上の「龍神ウィツロポチトリ」(LV.27)が出来ちゃいましたΣ(゚Д゚ υ) ……ラッキー、だったのかな?
更に「闘鬼ゴズキ」と「魔獣タンキ」で「地霊ノッカー」も作成。ゴズキを使ったのはちょっと勿体無い気もしたのですが、今のうちに新たな盾(ひどい)を育てておこうと思いまして。

それにしても、龍神は強い。一撃でランク7の敵ゾンビを屠るので、他の仲魔のランク上げのためにも、まだ引っ込めておいた方がいいかも。

敵を全滅させた後に階段に到達すると、クリアイベント発生。
何者かの気配を感じつつ、階段を上った先でナオキが見たものは……なんと、カオルでした。生きてたのか!

再会を喜んだのも束の間、カオルはトモハルの消息までは知りませんでした。トモハルはナオキと一緒に居るものとばかり思っていた様です。
それにしても、この先は異次元だという話なのに(実際イベント中の背景は明かに異空間)、何故こんな所に居るのかとナオキが尋ねてみたところ、カオルはここが異次元的な場所である事を曖昧ながらも認めはしたものの、何があったかは教えてくれませんでした。そして更には、一緒に行くことは出来ないと言い出したのです。

一体どういう事かナオキが問い質しても「オレはオマエと戦う資格を、もう持たんのだよ!」と吼えるだけで理由を教えてくれないカオル。そして「もう遅いんだ」とか「何もかも前とは違うんだ」とか、一人切羽詰まった様な事を散々主張した挙げ句、いきなりいなくなってしまいましたとさ( ゚д゚ )

折角再会したというのに、再び姿を消してしまったカオルに困惑しきりのナオキは、手掛かりがあるかもしれない場所を思い出しました。それが、品川の地。
品川は完全にイベントのみのマップなので、戦闘は発生しない様です。

★ @ SHINAGAWA

品川に入ると早速イベント発生。相変わらず死んだ目をしているトモハルが再登場し、悪魔を嗾けて来ました。ろ、ロキって、そんなもん放つなよΣ(゚Д゚;!
ナオキどころか妹のアヤの事すら解らなくなっているトモハルは、「邪魔なヤツは……殺す」と、中二病暗黒面に落ちた気配が濃厚。
ですが、例えトモハルが殺す気満々で挑んでこようとも、ナオキは友人を傷付ける事など出来ません。抵抗出来ないまま、ナオキが殺されそうになったその時……カオル、再び見★参!

ここでの展開を簡単に説明すると、実のところ、カオルはトモハルの異変を知っていた様です。その上で、ナオキやアヤと再会すれば元に戻るだろうと信じ、二人を接触させてみたのは良かったのですが……konozamaだよ(´・ω・`)
結局「何をやっても元に戻らないんなら、いっそ自分の手で引導を渡してやる!」という考えに至ったカオルは、「ナオキにはこんな事をさせられない」「オマエには先がある。だから、オマエだけでも生きてくれ!」とナオキに熱く叫ぶのですが……ごめん。正直、訳解らんわ('A`)

この電波飛び交う非常事態に、当然ながらナオキは激しく混乱。そして、悲嘆に暮れたアヤが「みんな、わがままばっかり!」と感情を爆発させた、その時。
謎の光がアヤから放たれたかと思うと、周囲の悪魔達は消滅するわトモハルは正気に戻るわと、それはもうえらい事になったのです(笑)。

かくして、トモハルが正気に戻ったという事もあり、この先は4人で旅する事になりました。アヤ、普通はアニキ呼びだけど肝心なところでは「おにいちゃん」って呼んでるのね。かわええ(*´ω`*)
ところでカオルさん、さっきは「一緒には行けない」と仰っていた様な記憶があるのですが……それはまぁ良しとしましょう。彼に何があったのかは、まだまだ語られそうにないので。

さて、ここからはトモハル&カオルを仲間に加えての旅路となります。トモハルはナオキと同じく「DIO」を所持しているため悪魔の勧誘も可能。更に仲魔のストック上限も増えました。
自軍が強化されたという事で、次は後回しにしていた難関マップ「新宿」へと向かいます。何度でもやり直す覚悟で(`・ω・´)

◆ STAGE2-4:SLUM-TOKYO @ SHINJUKU
◇ 勝利条件:自拠点を守り、かつ、敵拠点制圧

本筋とはまったく関係の無いステージ、新宿。……が、前回触れた様に特定の条件を満たしてクリアすると、隠しイベント発生フラグが立ちます。
その条件とは、「15ターン以内にクリア」かつ「クリアイベントで出現する選択肢で、正しい回答をする」こと。この条件を満たしておけば後々にビシャモンテンやゾウチョウテンといった「四天王」を仲魔に出来るんだそうです。
そう言えば、前作でも四天王を仲魔にしたなぁ(*´ω`*)

さて本題。無我夢中でやったので細かい部分は覚えていないのですが、大雑把に振り返ると、ウィツロポチトリ様様(笑)。もちろん獣系ユニットが多いマップなので(獣系は飛行系に与えるダメージ2倍)、慎重にやりましたが。
……でも、これって逆に2周目から苦労しちゃいそうな予感。

1ターン目から進軍してくる「夜魔リリム」はやばそうな魔法をもってたので、近付いて来たところを一斉に取り囲んでボコボコに。「聖獣ゲンブ」は仲魔にし、脅威の「龍王ユルング」2体の射程内にある宝箱(「M16マシンガン」)は、周辺の魔獣を片付けた上でウィツロポチトリに取りに行って貰いました。もちろんユルングからの砲撃は受けましたが、1ターン分の攻撃なら余裕で凌ぎます。

一番しんどかったのは、ランク8の「魔獣ネコマタ」と、敵拠点手前にいる「妖獣ドドンゴー」2体。前者は特に手を焼きました。どちらも移動して来ないので、それが唯一の救い?

そんなこんなで頑張った結果、12ターンでクリア完了! クリアイベントでは謎の自衛隊員が登場し、ナオキ達のような民間人が危険地帯にいる事に驚愕。そして、そこまでして「東京を守りたいのか?」といった主旨の質問をされるのですが、選択肢は「よう分からんが、そうかも」と「なに言ってんだ?おっさん」の二つ。ここで前者を選ぶと、シナリオを進めた先で、四天王を仲魔に出来るんだそうです(*´∀`*)

ナオキの本音は一貫して「全く訳が分からない状態」というものなのですが、自衛隊員はナオキには何か信念があるのだと勘違いした模様。そして、敵は一層強くなるから死に急ぐなと言い残すと、姿を消してしまいました。
アヤ曰く「なんだか自分だけしゃべって行っちゃった」。確かに。

ちなみに、新宿をクリアすると、その先にある「REMIX-STATION」が使用可能になりました。ここを利用すると、3身合体も出来る様になるので便利です。
ただ、マシンボイスでなんとなく喋ってくるのは凄いのですが、その分表示がもっさりしている様な。

続きは、また次回。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。