「魔神転生2」 プレイメモ 【11】

SFC 「魔神転生II SPIRAL NEMESIS」(SFC)のプレイ記録、第11回です。
今回はステージ4-6、4-5、4-7。
旧銀座を抜け「鬼神ジコクテン」を仲魔にしたナオキ達の前に現れたのは、「SIDEPOLIS-09」へと続く道だった……。
と、いう事で早速行ってみたいのは山々ですが、「SIDEPOLIS-09」は少々特殊なマップなので、今はちょっと後回し。理由は追々。

◆ STAGE4-6:Junction @ NORTH JUNCTION
◇ 勝利条件:自拠点を守り、かつ、敵拠点制圧

【冒頭イベント】
新都心「COREPOLIS」への入口である「ノース・ジャンクション」へ到達したナオキ達。メガロポリス中心部のビル街はもう目の前です。
開始時、軍からの脱走兵から「軍といっても殆どが悪魔。人間のあんたらに勝ち目はない」とナオキ達に忠告が。その脱走兵曰く「軍には『HELIOS』がある」とのこと。なんかまた新しい用語が出て来たぞ。しかも詳細は、喧嘩腰に尋ねようとしたトモハルのせいで聞けず終い(´-ω-`)

【戦闘】
そう広くもないマップに敵たくさん。「邪龍ニーズホッグ」「妖魔テング」そして凶鳥(名前忘れた)が1ターン目から接近して来ます。そこで邪龍は鳥系3体、凶鳥はデュラハンで撃退。とりあえずは接近してくる妖鬼達を片っ端から片付け、川で隔てられた場所にいる「夜魔インキュバス」は仲魔ラドンで砲撃…… していたところ、一気にHPを削ったせいか次ターンで後退されてしまいました。チッ。
ジリジリと近付いて来ていた「妖精エルフ」のうち1体は仲魔にしておきます。

マップ中央寄りのハイウェイでは「地霊フィルヴォルグ」が通せんぼ。動かないのでこちらから接近&攻撃するしかないのですが、迂闊に近付くと海上の小島にいる龍王ナーガの餌食になるので、もう一つのハイウェイを利用。ナーガの射程外になる背後へと回り込み、弓装備のナガスネヒコで撃破。
また「魔獣ケルベロス」と共に島を占拠している「龍王ナーガ」は、ケルベロスの攻撃があたらない場所から、弓装備のアメノウズメでチクチク間接攻撃し撃破しました。女神のランク上げに最適。

【クリアイベント】
冒頭イベントで名前の出た「HELIOS」について、オギワラの説明。知ってたんなら早く言え('A`)
詳細は以下の通り。

・「HELIOS」は軍の誇る最新の戦略兵器。メガロポリス上空約60000mにある太陽光照射衛星。
・「HELIOS」が火を噴いたらひとたまりもなく、軍は「HELIOS」により、首都の人間を人質にとっている。
・いち早く評議会を追い払い、軍が「HELIOS」を発動させる前にメガロポリス市民を守る必要がある。
・軍の暴発が起きない内、評議会から異世界勢力を排除しなければならない。


軍も評議会もまともな人間がいなのか('A`)? とげんなりしていると、突如怪しいおじさんが登場。「旧・池袋」から「旧・上野」への抜け道があるらしく、ナオキ達の地図に描き加えてくれました。
実はこの抜け道こそが、前回出現した「SIDEPOLIS-09」(旧・上野)への道。「鬼神ジコクテン」を仲魔にしていない場合は、1万マッカと引き替えにルートを教えて貰う展開になるそうな。

フィールドに出たら、楽しい三身合体の時間。
「妖鬼トゥルダク」×「龍神ウィツロポチトリ」×「魔獣オルトロス」→「地祇タケミナカタ」
「妖精エルフ」×「龍王ユルング」×「霊鳥ホウオウ」→「神獣スフィンクス」
以上の2体を作成。また、仲魔がごっそり減っちゃった(´-ω-`)

◆ STAGE4-5:MEGALOPOLIS @ SIDEPOLIS-09
◇ 勝利条件:自拠点を守り、かつ、敵拠点制圧

後回しにしていた旧・上野こと「SIDEPOLIS-09」へ向かいます。ここは少々特殊なステージで、「鬼神ゾウチョウテン」「鬼神ジコクテン」「鬼神コウモクテン」の3体が仲魔に居る状態で、15ターン以内にクリアすると、「鬼神ビシャモンテン」が仲魔になります。後回しにしていたのは、戦力不足で15ターン以内にクリアする自信が無かったからに他なりません(´;ω;`)

【冒頭イベント】
かつて「上野」と呼ばれていた街は、他の街と同様に'95年当時の面影を残してはいませんでした。
ナオキ達が飛ばされた2024年の「スラムトウキョウ」時は、時代が違う事を気付けないほど上野としての姿を留めていただけに、尚更驚愕は深いものです。

【戦闘】
初期配置では、ハイウェイの上に鬼神3体と天使を配置。残りはすぐ側にいる「邪龍ニーズホッグ」2体を殲滅出来る様な配置に。まず最初のターンでニーズホッグ1体を落とし、もう1体は仲魔の麻痺攻撃で動けなくしておきました。

地上ユニットの進軍が不便なビルだらけのマップである上、急ぐ必要があるので、メインは飛行ユニット。敵に獣系がいないので独壇場です(堕天使はいるけど)。ただ、後にジェネレーターから妖鳥と凶鳥が出現するので、その時ばかりはちょっと怖い(笑)。
とりあえずジェネレーターは鳥系を乗せておき、「女神アメノウズメ」と「天使プリンシパリティ」で「邪龍ニーズホッグ」を攻撃。人間ユニットが追い付いて来るまで時間稼ぎです。ただ、ニーズホッグの側にいる「妖精エルフ」の魔法は割とダメージが大きいので、こまめにヒット&アウェイ。結果、11ターンでクリア出来ましたヽ(´ー`)ノ

ちなみに、このマップで入手出来る「ベルオブリバイブ」という武器を持っておくと後々のステージでとある悪魔が仲魔になってくれるそうなのですが、NEUTRALルートは関係無いんですって。残念。

【クリアイベント】
15ターン以内でクリアしたので「鬼神ビシャモンテン」登場! これで四天王揃い踏みです(*´ω`*)

4-5をクリアした後は、仲魔集めステージ「SIDEPOLIS-08」でしばらく経験値稼ぎ&材料集め。LV.37になったので、「妖精エルフ」&「地霊ドワーフ」で「霊鳥フェニックス」を作成。地霊の堅さには散々お世話になりましたが、鬼神が4体もいるので、もう主力で使う事はないかな?

◆ STAGE4-7:GREAT CORE @ COREPOLIS-CAD
◇ 勝利条件:目標地点への到達

【冒頭イベント】
ついに「MEGALOPOLIS」中枢部、「COREPOLIS」のブレインである「CAD」(Center-Administer-Division)へ侵入を目前にしたナオキ達。
ここで、評議会と軍が対立したそもそもの原因について、オギワラからの説明が。

・当初は、評議会の独裁色が強まっていく事を軍部が苦々しく思っていた、という程度の話だった。
・「ヘリオス・プロジェクト」のスタートで評議会と軍の権力構造に変化が起きた。
・プロジェクトが国防省から統合作戦本部へ移行されると、評議会は「HELIOS」を持つ軍への警戒心から圧力をかけ始め、その事により両者の対立が決定的になった。
・軍がクーデターという手段を選んだ原因のカギは「DIO」にある。
・「HELIOS」を持つことで発言権を増した軍に対し、議会はDIOの開発を行うことで権力の保持を計ろうとしたものの、その情報が軍に漏洩。先手を打った軍がクーデターを起こした。
・この時代にDIOがある理由はオギワラにも不明。オギワラのDIOは「ベイツ」から受け取った。
・ベイツから受け取ったDIOは、2019年の終わりにネット上で無差別にバラ撒かれたもの。
・当時ベイツは「E・A・ラフレーシュ」という人物から手に入れたと言っていたが、それ以上の事は語らなかった。
・ベイツとは'95年に行った際に分かれて以来、会っていない。


以上がオギワラの説明。ここで名前が出た「ベイツ」という人物は、序盤でオギワラがパルチザンのアジトを襲撃した際、オギワラの命でナオキとトモハルの後を追った(らしい)サングラスの兄ちゃんの事です。見た目が某ガンダムのクワトロっぽい人(笑)。
それはともかく、ベイツがDIOを入手したという相手「E・A・ラフレーシュ」ですが……嫌な予感がしたので前作のプレイ日記を読み返したら、居ました居ました。謎の天才少年「エティエンヌ・アルフォンス・ラ・フレーシュ」。
今作は前作とリンクしているそうなのでおそらく同一人物なのでしょうが、だとすると、その正体は(一応反転)天使「ウリエル」の筈。うーむ、謎は深まるばかりです。

【戦闘】
嫌がらせとしか思えないマップです(´;ω;`) ビルが渦巻き上に立ちならび、飛行ユニット以外は遠回りしなければなりません。更に、要所要所に龍王が配置されていて、射程に入らないよう細心の注意を払う必要があります。

最初から接近してくるのは「闘鬼ヤクシニー」と「地霊ブッカブー」、「妖精エルフ」。エルフは魔法が厄介なので材料としてゲット。四天王で前線を押し上げると楽ですが、やり過ぎると他のユニットがちっとも育たないので、使用は少し控えていた方がいいみたい(´・ω・`)

基本は敵龍王の射程に気を付けつつチマチマと進軍。「夜魔インキュバス」は魔法に強いユニットで一体ずつ誘き出し……ていたら、油断しました。中央部にいる龍王が、移動+攻撃を仕掛けてきたのです:(;゙゚'ω゚'): 途中に障害物があるのでそれ以上距離を縮められる事はありませんが、アヤが砲撃を受けた時は心臓が止まるかと思った。実際、HP10まで削られちゃったし……。

その後は、ひたすら誘き出す戦法の繰り返し。幸い「凶鳥ズー」付近の龍王は移動しないので、凶鳥2羽を誘き出すのは簡単です。凶鳥を片付けたら今度は龍王の番になるのですが、「魔獣ケルベロス」の射程に入らない位置を陣取り、チクチク攻撃します。
そんな調子でラドンを2体片付けたら、残るはマップ中央部、建物の前にいる連中のみ。最寄りにある回復の泉に立てばケルベロスが接近して来るので、これを退治し、移動しないケルベロス2体は、敵龍王の砲撃が届かない範囲から仲魔龍王にひたすら攻撃させます。
今思うと、ミスであったとは言え、敵龍王を移動させておいて正解だったのかな(ΘωΘ)?

最後の最後で誤算だったのは、建物へと続く直線道路に差し掛かった際に、中央部にいたもう一体の龍王が動き出した事((((;゙゚'ω゚'))))  仕方が無いので中央部の「龍王ナーガ」2体は飛行ユニットでチクチクしました。誘き出した上で飛行ユニット2体で挟み込めば、龍王は身動きが取れなくなるので、射程が固定出来ます。

【クリアイベント】
いよいよ評議会ビルへ突入。正面突破するハメになってしまった様ですが、「建物にまともな入口がないらしいので、仕方ない」by カオル(笑)。
この局面においても明るさを失わない4人組ではありますが、アヤは、これが終われば全てが終わるという訳ではない事を予感している様子です。更には「あの中から出て来れないなんてことはないよねっ」……って、不吉な(´;ω;`)
オギワラ曰く「建物は単なるビルであることにかわりはない」と言うのですが、「戦い方さえ間違えなければ脱出できなくなることもない」……って、やっぱり不吉だよ!

フィールドに出た後は、再度「SIDEPOLIS-08」で仲魔集め。「女神アメノウズメ」の特技「マインドキャッチ」はDARK悪魔も仲魔に出来るので非常に便利。
ここで仲魔にした「地霊コボルト」と「妖精ドリアード」に手持ちの「妖鳥ケライノー」を合体させて「妖鳥ネヴァン」を作成したところで、続きはまた次回。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。