WILD ARMS 2nd プレイ日記 【7】

PS 「WILD ARMS 2ndイグニッション」(PS)のプレイメモ、第7回目です。
今回は「レイライン観測施設」~「アグエル坑道」を攻略。
2つのエネルギー体を取りに行く前に、住人を救助した「ハルメッツ」へ。
案の定、強い武器が売ってあったので装備強化。

【ライブリフレクター】
今回は「火山龍脈」へ。まずは「レイライン観測施設」へと向かい「ゲルマトロン鉱石」を入手します。

【レイライン観測施設】
場所を発見するのに苦労し、ついつい攻略本を見てしまいました(+ω+)

入ると直ぐにイベント発生。「あ~~れ~~お~た~す~け」と、「闇をきりさく怪しい悲鳴」が聞こえて来て、当然不審がる3人(笑)。
先へ進んでマップを切り替えたところ、いきなりボスの登場エフェクトが。え、ボス戦? と焦っていたところ、でかいロボットが人間外の生物2匹を蹴りまくっているではありませんか。とりあえず助けに入ります。

VS 精霊素体獣 ウンディーネ
パーツは本体と腹部。単体攻撃の「学校の怖い胸像」が強烈なので、リルカはシールドで防御力を上げておいた方が良いかも。
また「びりびりギニャア~~ッ!」という技でこちらの行動を全キャンセルしてきます。憎い。

撃破後、救出した人間外生物との会話。見た目は二足歩行するトカゲなのですが、話を聞いていると気が狂いそうになります。
彼等は科学者「トカ」とその助手の「ゲー」で、温泉を堀り当てるための地質調査で来ている様子。話を聞くだけ聞いて先を急ごうとしたら、付いて行くと言い出しました。仕方ないので一緒に行く事に。

ここからはこのトカゲ人2匹を連れて歩く事になるのですが、道中で変なイベント盛り沢山。
アシュレーが何故「踊り念仏」を知っているのか……。

そんなこんなで再奥の宝箱から「ゲルマトロン鉱石」を入手……したのはいいのですが、ここで、トカ達の真の目的もゲルマトロン鉱石であったことが発覚。鉱石があれば大怪獣が量産出来るとか何とか。
ウンディーネに襲われていたのは、調整実験用に連れて来たものが暴走してしまったからでした。

アシュレー達に救ってもらった恩義はあるが、鉱石は譲れないというトカ&ゲー。
しかも、「黒づくめの男たちから追われぬ生活を約束してくれたオデッサへの忠誠の証」ときたもんだ(笑)。

VS 科学班統括(自称)トカ & その助手 ゲー
全員LV.15。BGMも専用のもので、あからさまに待遇が違います。
トカはゲーに薬を投与し強化するものの、同時にゲーは毒状態になる自爆っぷり。
更に、全体攻撃に至ってはトカとゲーもダメージを食らいます。色々な意味で凄い。

撃破語、「『ブルコギドン』さえ完成しておれば……」と負け惜しみを残しつつ逃走する2匹。
彼等を組織に加えているオデッサについて、「恐ろしいまでに懐が広い」評するリルカなのでした。的確。
正直に言うと、このゲームではトカ&ゲーが一番好きです。愛していると言ってもいい(`・ω・´)

イベント後は自動で外へ脱出。お次は「アグエライト鉱石」を入手するため「遺跡鉱山」へと向かいます。

【発掘鉱山ホルスト】
ホルストは町の中に鉱山への入口があります。まずは近辺で情報収集。

・ホルストは鉱山の中に作られた町。完全自由採掘が大きな特徴で、モンスターから自分の身守りつつ採掘が出来る人間に開放してある。
・ホルストの周辺地域一帯は「遺跡鉱山」と呼ばれている。天然の鉱石ではなく、遺跡に蓄えられたエネルギーの結晶体を掘り出している。
・ついこの間、発破マニアの「渡り鳥」がやって来たが、宿屋でも爆発させるほどのマニアだったため追い出された。
・ホルストの中心から「アグエル坑道」が延びている。中では「アグエライト」が少しだけ採れる。
・アグエル坑道の奥には「パイルバンカー」という、堅い岩を破壊するための機械がある。
・ホルストの鉱脈は地下の奥底で太古の遺跡とつながっている。

宿屋のベッドでは、何故かブラッドのグッズである「ボム」をゲット。
ああ、発破マニアの「渡り鳥」の話はこれのヒントだったのね……。

【アグエル坑道】
ここに登場する「ガレイオン」が凄い。経験値が2500EXPもあるので(同ダンジョンに出現する他の的は90EXP程度)経験値稼ぎの目玉です。
ただし、お約束の様にRES(速さ)が極めて高く、1ターン目から「蔭腹を詰める」(自害する。経験値&金は獲得不可)で勝手に消滅する事が殆どと、そう簡単に倒させてはくれません。HPや防御力も他の雑魚的に比べると非常に高いので、尚更のこと。

それでも、たまに自害せず攻撃を仕掛けて来たり、こちらが先制攻撃出来たりと少なからずチャンスはあるので、自害される前に3人がかりで撃破出来ればラッキー。
今回のプレイでは粘るに粘って4体程撃破しました。うち2体は「ラッキーカード」(経験値&ギャラが2倍になる)を使ったので、それだけでLVが2、3は上がった様な。

さて、肝心の内部探索ですが、殆どの仕掛けはブラッドの「ボム」頼み。
さほど苦労した仕掛けもなく、奥にて鉱石の入った宝箱を発見。直後、ブラッドさんの蘊蓄コーナーが始まりました。

・2つの鉱石は先史の文明を支えていたエネルギーの高密度結晶体だと言われている。
・遺跡内に蓄えられたエネルギーは長い年月を経て自然抽出され、結晶体となる。それが地下に埋没して『死骸』となった遺跡より『鉱石』という形を取って掘り出されている。
・「アグエライト」も「ゲルマトロン」もロストテクノロジーの再生に用いられる。
・ブラッド的には「先史文明の建造した死せる超兵器を今の世に蘇生させるための外法」。


ここで、アーヴィングが何をしようとしているのかが不安になってきた一行。が、今は彼を信じることに。

【ヴァレリアシャトー】
2つ目の鉱石を入手すると、自動的にアーヴィングの書斎へ。これら2つの鉱石で「エマ・モーター」を再起動するとのこと。
「エマ・モーター」とは、電磁連結を応用した一種の永久機関であり、「エマさん」って人が発明したからその名前がつけられたワケじゃない、ですって(笑)。確かに前作のエマ博士を絡ませるには無理があるもんなぁ。

さて、次のミッションについては「エマ・モーター」の再起動の完了を待つ必要があるみたい。その内容は「『ガーディアン』との接触」です。
「世界を支える力」と呼ばれるガーディアン達と接触出来れば大きな戦力になる事は間違い無く、接触のための「鍵」も判明している、とのこと。

何やら話がでっかくなってきましたが、「エマ・モーター」の再起動が完了するまでは休息となったARMS。
ここでアシュレーの一人行動となったので、いつもの様に「タウンメリア」へと帰ってみました。

【タウンメリア】
町に入るなりイベント発生。トニー達が怪し気な男達に追い掛けられているところに遭遇しました。男達はアシュレーを見て逃げ出してしまいましたが、どうやらティムを狙っている様です。
直後、ヴァレリアシャトーから、タウンメリア上空に巨大な機影を確認したとの通信がΣ(゚Д゚;
ポンポコ山で遭遇した機体ってことは……「バルキサス」か!

流石に空には手が出せないとアシュレー焦っていると、「方法はある」と言い出したアーヴィング。
まさか、「エマ・モーター」を再起動させたのは……などと考えつつシャトーへと戻ります。
……「タウンメリア空中戦」って、もう何が起こるかバレバレなんじゃ(´ω`)

場面かわって「バルキサス」内。トロメアとアンテノーラの登場です。
彼女等の目的は「柱」を手に入れること。タウンメリアにモンスターを投下し、混乱に乗じて「柱」を奪取する作戦らしいのですが……何のこっちゃ。

【ヴァレリアシャトー】
いよいよ「エマ・モーター」大活躍のお時間。案の定、モーターの力で空を飛びやがりましたヴァレリアシャトー。
アシュレー達は立入禁止区域だった「エリア51」……現在はシャトーの「甲板」となった場所でオデッサを迎撃する事に。

VS 光翼始祖怪鳥 アルファエル
全員LV.18。アグエル坑道のガレイオンで経験値稼ぎまくってたのでLVは高めです。そのお陰で随分と楽出来ました。
構成は本体と右足、左足。リルカの「ブレイク」でガスガスと削っていくのみ。

戦闘終了後、トニー達とのイベント。ティムのミーディアムに反応する力を狙い、何者かが動き始めている様です。
「バルキサス」はアルファエルを撃破した時点で撤収してしまった様ですが、ARMSはティムを保護する必要があると判断しました。
自分の置かれている状況を知り、自らの力が怖いというティムに、アーヴィングはティムの故郷である「バスカー」達の集落に行ってみる事を提案。そこに行けば何かが解るかもしれないって事で。

こうして、アシュレー達はティムを連れガーディアンの守人である「バスカー」の集落を目指す事に。移動手段はヴァレリアシャトーです。
これ以降、ヴァレリアシャトーでの空中散歩を楽しめる……のは良いのですが、乗り降り出来る場所が制限されているため、残念ながら、自由に飛び回れるという訳ではありません。

シャトーに乗り降り出来るのは、地面に描かれた魔法陣の上でのみ。その魔法陣も世界に3、4箇所ぐらいしか無いみたい。
内一つはヴァレリアシャトーが元々あった場所付近で、もう一つはおそらく「バスカー」達の里付近にあるんでしょう。

ここで一旦、城内で情報収集。

・ヴァレリアシャトーに対し、特別に各国の領空を航行する権限が緊急手配された。ギルドグラードだけは難色を示していたが、メリアブールとシルヴァラントに押し切られる形となった。
・「バスカー」は隠れ里なので、守の深奥にあるのだろう。里周辺には深く美しい森が広がっている。
・「バスカー」の隠れ里付近はファルガイアの中でも有数のレイラインが通っているところ。
・ずっと遠い北西の地。誰も知らない転送魔法陣の周りには強い風が支配する洞窟がある。
・「災厄」とはファルガイアを守護するとされるガーディアンの暴走体らしい


なるほど、シャトーに乗り降りするのは転送魔法陣って言うのか。
で、そのうち一つが北西の地にあるのね。メモメモφ(・ω・)

折角情報を貰いましたので、バスカーに行く前に「強い風が支配する云々」を探してみる事に。
続きはまた次回。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。