WILD ARMS 2nd プレイ日記 【19】

PS 「WILD ARMS 2ndイグニッション」(PS)のプレイメモ、第19回目です。
今回は「生け贄の祭壇」~グラウスヴァイン戦まで。
攫われたマリナを救出するため「ロストガーデン」を目指す……前に、再び「生け贄の祭壇」へ。
「生け贄の祭壇」には幾つかの隠し通路があり、その先には、取り損ねた重要アイテムがあるのです。

【生け贄の祭壇】
隠し通路の目印は、石の像。通路がある部屋には石像が置いてあるので、同じ部屋を探します。
一つ目は、石像のある部屋に入ってからすぐ左にある柱の根本に。道から飛び降りると裏側に入口があります。
降りる場所を間違えると穴に落ちてしまってやり直しになるので、くるくるっと視点変更するのが鍵。

先にあった仕掛けのヒント文「4つの瞳の見つめし先に~」については、「4つの瞳」と「4つの足」が双子座という事は解ったのですが、そこから先がどうにも謎だったので攻略情報を見てしまいました(+ω+)
正解は、射手座のパネルの上に数秒だそうな。
奥では「いしのりゅうじん」を入手。これと、この後で入手する二つの石像は、後にハイクラスのガーディアンを入手するために必要となります。

二つ目は、像に向かって左側の階段の裏。妙に細い柱のあるところです。
ここの仕掛け自力でいけました。壁沿いの階段を上って照明の上に降り、そこから更に像の上に降り、「VI」の手前にある像へとリルカの「ファイアロッド」を撃つとOK。
奥では「いしのししおう」を入手。

一番最後は石像近くの壁をブラッドで蹴り壊すと入口出現。隠し部屋の仕掛けは、石を順番通りに四隅の水の中に落とせばOKです。
順番は、地面にある文字盤のようなものを時計に見立て、時計回りの色順で行きます。最奥で「いしのめがみ」を入手。

石像を3つ回収したら、今度こそマリナを助けに「ロストガーデン」へ。
場所は、内海のほぼ中央部にある孤島です。

【ロストガーデン】
しばらく進むと変なブロックを発見。顔が書いてあります。先へ進むための仕掛けかと思いきや、本筋とは直接関係無い上、今はまだ何も出来ない様なので無視して先を急ぎます。

少し進んだ先の部屋にて、仄かに光りを放つ魔法陣を発見。扉を閉ざしている魔鍵「ランドルフ」のコントロールサークル、とのこと。
魔力を抑制するため誰かが魔法陣上に残り精神ジャミングを行う必要がある……つまり、先に進みたければ一人置いて行け、って事か(´・ω・`)

とりあえずここではブラッドを残し、アシュレー達は開いた扉から先へ。仕掛けを解きつつ先に進むのは良いのですが、所々に魔法陣があり、その都度仲間を一人置いて行かなければならない模様。
カノン、リルカ、ティムの順で残して行き、アシュレーが一人ぼっちになったところで、アシュレー宛ての挑戦文が書かれた石板を見付けました。
その文面はヴィンスフェルトを奪われた怒りに満ちていて、「お前のすべて」の墓標としてくれる、って……嫌な予感。

何はともあれ最奥のカイーナの元へ。彼の目的は仇討ちでなく、アシュレーに「大切なモノを失う想いを味合わせる」事でした。
マリナを殺すつもりなのだと勘付いたアシュレーはカイーナに飛び掛かり…………場面変わって、アーヴィング@書斎。
彼はアシュレーの中の人について思考を巡らせていました。

・アシュレーは「ロードブレイザー」という、人間のキャパを超える存在を内的宇宙に封印している状態。
・「大切なモノを守る」という感情によりその制御が成されている。
・制御と表裏一体である発動のトリガーもまた「大切なモノを守る」という感情。
・激情によりタガが外れ、制御と発動の暴走状態に陥ってしまった場合、最凶最悪の存在である「オーバーナイトブレーザー」となる可能性がある。


…………もしかして、今がその状態Σ(゚Д゚;?
ここで場面は再びアシュレー達へ。戦闘に突入したのはいいんですが、な、なんか金ペカになってますよ! アシュレーさん!

VS カイーナ
アシュレーの力は「すべてを奪う力」だと言うカイーナとの一騎打ち。使って来る技は魔界柱で戦った時と同じみたいですが、1ターン目で使ってきた「ゲート・オブ・イゾルデ」で寝やがったよこの金ペカめ('A`)
しかし、こちらの攻撃力が桁外れなのであっという間に倒せました。半分イベントバトルのようなもの?

撃破後、アシュレーのすべてを奪った事に喜びながらも、深い虚しさを感じつつカイーナは消滅。
そもそも戦闘後に「大切なモノを失う苦さを味わえ」的な発言をしたところをみると、マリナ殺害が目的では無かった様です。

さて、カイーナを退けたアシュレーはすぐさまマリナに駆け寄るものの……マリナはアシュレーを拒絶。
ここから先は本当に腹が立つので掻い摘んで説明しますが、マリナは変身したアシュレーの姿にショックを受ける余り、アシュレーが違うモノになってしまったとパニックを起こしてしまった様なのです。
つまり、カイーナが目的としていたのは、アシュレーの「大切なモノ」であるマリナによるアシュレーの拒絶……ってヤツですね。

「アシュレーを返してよ」と罵ったマリナに対し、アシュレーは膝をついてまでして謝罪するものの、彼女は完全無視。
その後、シャトーの部屋で一人「アシュレーは悪くないのに」などと反省を見せるものの……知るか、バーカヽ(`Д´)ノ!
……まぁ、黙ってたアシュレーも少しは悪いのかもしれないし、マリナがショックを受ける気持ちはよく解るんだけど、とにかく嫌な罵り方をしてくるのでイラっとします(笑)。

ここで場面は変わり、シエルジェ自治領の天文台。遂にヴィンスフェルトの置き土産である核兵器が発動してしまいました(そういやそういうのがあったな……)。
ファルガイアに向かって接近中の核兵器の名は、「グラウスヴァイン」。

【ギルドグラード】
急遽、首脳会議。会議内容をまとめると以下の通り。

・グラウスヴァイン自身の熱量がレーダーの観測機能を狂わせ正確な軌道測定に支障が出ているため、降下地点の割り出しに時間がかかる。
・核ドラゴンではあるが、降下したからといってすぐには爆発しない。
・召喚直後のグラウスヴァインは空の反応炉のようなもので、体内にエネルギーを蓄え核反応を励起させる。
・グラウスヴァインは取り込むエネルギーを求めて行動するので、逆に高エネルギー反応をちらつかせれば降下地点をコントロール可能。
・ギルドグラード内の工房をコンビナート状にリンクさせれば、「アルケミックプラント」並の出力も可能。


ええええ、グラウスヴァインってドラゴンだったの!? しかも核ドラゴンって、わけわかんね(゚∀゚)!
それはともかく、要はお腹ペコペコ状態のグラウスヴァインを、エネルギーを餌にギルドグラードへと誘き寄せる、ってのが今回の作戦の様です。
「ARMを信じ、国を囮に差し出す」って、漢を見せたなぁ、ギルドグラードマスター。

【ヴァレリアシャトー】
今度はシャトーで作戦説明。ギルドグラードの高エネルギーで誘導したグラウスヴァインを、核反応を励起するまえに殲滅します。
準備が整い次第シャトーを降下地点まで移動させるそうですが、アシュレーは作戦の参加を禁止されてしまいました。今の状態で下手を打つと、ロードブレイザーが目覚めかねないというのです。

この後は自由行動可能。アーヴィングがしっかりレベル上げとけ的な事を言ってくれるものの、面倒なのでそのままいってみる事に(ΘωΘ)
アシュレーは隊員用ルームで待機し、マリナは「自分の気持ちなのに伝えられない」とか、どうでもいいことをグジグジと。

VS ニュークリアドラゴン グラウスヴァイン
パーツは本体と腹部。当たり前ですが、でっかい(  Д )    ゚ ゚
仕損じればファルガイアが一瞬にして蒸発する、とか恐ろしい事を言われます。

メンバーはとりあえずブラッド、リルカ、ティムで。攻撃は強烈ですが、その分FPが溜まり易いので逆に楽でした。
ティムはひたすら「ファーストエイド」。リルカの「ゼーバー」が案外効きました。

頑張って撃破してはみたものの、何故かエネルギー励起が急速拡大となΣ(゚Д゚;!?
ヤケを起こしかけたアーヴィングがシャトーでの特攻を覚悟したその時、アシュレーは部屋を飛び出すと、変身して飛び掛かって行きました。もちろんグラウスヴァインに(笑)。

VS グラウスヴァイン
自分を信じてくれ、とアーヴィングに呼びかけつつ、「オーバーナイトブレイザー」状態での一騎打ち。パーツは本体と腹部で、HPも3人で戦った時と同様です。
アシュレーの攻撃力が高いのでさほど苦戦はしませんでした。最後に「ファイナルバースト」をブチ込んで、終ー了ー。

こうして「グラウスヴァイン」を葬ったのは良かったのですが、中の人の封印がより一層緩くなったため、アシュレーは暴走状態に。
消滅直前の理性を総動員したアシュレーは、ロードブレイザーが解放されてしまう前に自分ごと貫くよう仲間達に告げ、カノンに「約束を果たせ」と訴えるものの、アシュレーを仲間として認識する様になったカノンがそれを出来る筈もなく。

その後はマリナが登場し、一騒動ありはしたものの、結局は愛の力で元に戻りましたよ、っと。
はいはいお約束お約束。

マリナ関連のイベントをあっさり流したところで(笑)再び首脳会議。
これで、本当の意味でオデッサを葬ることが出来たものの、オデッサのお陰で各国が協力体制を築くことが出来たっていうのは皮肉なものね、とか何とか。
更に、またあのドラゴンの様なものが出現したら、という懸念が湧く中、アーヴィングが「我等の力となるドラゴンが存在するのではないか」と言い出しました。相変わらず発想が突飛だ。
噂レベルですが、ギルドグラードには最後のドラゴン伝説があるみたい。ドラゴンキャリバー「ロンバルディア」だってさ。

【ヴァレリアシャトー】
場面は変わりシャトーの会議室。この異常な状況下でドラゴンを上手くコントロール出来るのか、と皆は不安がるものの、やたらとドラゴン入手を訴えるアーヴィング(笑)。あれこれ考えてる場合じゃない、ファルガイアを守ることが第一、とか言ってますが。

ドラゴンの所在はエネルギーとなるマグマのもとらしく、予想ポイントは「レイライン観測所」の観測対象「眠れる火山」とのこと。
場所は「レイライン観測施設」より西、との事ですが、アーヴィングの顔を立てて行ってやるかなぁ。
続きはまた次回。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。