ヘラクレスの栄光 プレイメモ【1】

NFC 「闘人魔境伝 ヘラクレスの栄光」(FC)のプレイメモの第1回目、始まり始まり。
タイトルから推測出来る通り、ギリシア神話の英雄「ヘラクレス」が主人公のRPG。私の地元ではどういうワケかどの店に行っても180円で売られているのですが(2010年11月現在)、何かの協定が結ばれているとでもいうのか。

発売は'87年6月。同年1月にはドラクエ2や「リンクの冒険」が発売されている、そんな時代でございます。
ドラクエ2の頃にはもうディスクシステム出てたのか(´・∀・`)ヘー

……ヘラクレスとは全然関係無い話はさておき。
前々から「謎解きが難しい」という話を見聞きする事が多いこのゲームですが、今回は出来るだけ攻略情報は見ない方向で頑張りたい所存。
そして、そんな意思表明をすると大抵初っ端で挫折するハメになる法則。

とにもかくにも、途中で心折れない様に祈りつつ、電源を投入するのでありました。

□ ■ □

力強く表示されたタイトル画面。ペガサスが駆けてます。
スタートボタンを押すと「START」と「REPEAT」の項目が。後者はどうやらパスワード入力画面の様です。
今回は新規プレイという事で「START」を選んだところ……いきなり海辺に放置されました(゚ω゚;) 錨のマークが書いてあるって事は港かな?
スタート地点は町の近く……というか、港そのものが町の中にあるっぽい。まずはこの町で聞き込みです。

・ここはポロポネス地方の「アテネ」の町。
・北の方にはとても強い魔物がいる。旅に出るならばまず南の方へ向かえ。そして「ペルラの村」を訪ねるのがよい。
・まず南へ旅に出て経験を積め。
・すぐそこが「タロスの入り江」。
・「パロス」は呪われた島。今では「ガイア」の町もすっかり寂れてしまって魔物が住み着いている。
・「カルターゴ」の南の果てに海の神様が住む「ミレトス宮殿」があるそうだ。


以上、まずは地理的な情報をピックアップ。下から2つはまだまだ先の話でしょう。たぶん。
お次はアイテム関連のものを。

・「ネメアの谷」のほこらには美しい宝物が隠されているらしい。
・魔物と戦って傷ついた時は薬が必要だ。
・「まほろばの杖」は地上、「ひむろのうつわ」は地下で使え。
・ほこらに入るためにはロウソクが必要。
・「金の角」が欲しければ「銀の弓」だ。
・砂漠を旅するまえに赤いヤシの木の根本を調べた方がいい。
・「こころみのまど」を持っていれば、魔物達の本心をよむことができる。
・「ボルクの毒」はきく。


最後の「きく」はおそらく「効く」なんでしょうが、一体何に効くのやら。
その他には以下の情報も。極力原文のままにしてます。

・私、ネネです。ああ!そのことだったら私のおじいちゃんがきっと知っているわ。あっ、私のおじいちゃん「ペルラの町」にすんでいるの。
・「セレネ」の町の西側の林の中をくまなく歩き回ると出会うらしいわ。「にんじん」を忘れないでね!えっ?案内しろですって?冗談言わないでよ!あんな恐ろしい所へ誰がゆくものですか。


「そのこと」って、どのこと('A`) あと「出会うらしいわ」って、誰に?
とりあえず、最初は町の南に向かった方が良いみたいですね。でもって「ペルラの村」に行く、と。

やたらと広いアテネの町にはお店も沢山。武器屋さん道具屋さんは当たり前で、魚屋や八百屋まで。
町の南にあるバーでは、10G払えば次のLVまでに必要な経験値を教えてくれます。
とりあえず道具屋で「ろうそく」を買っておこうかな。その他の販売品は以下の通り。

ろうそく25/こころみのまど80/
さんま2/えび4/たい18/
ナイフ30/どうのよろい800/てつのたて380/どうのつるぎ200/かわのふく20/くさりかたびら210/きのたて20/どうのたて100/
だいこん2/はくさい4/にんじん34

そうだ、肝心な事を忘れてた。この町には鍛冶屋さんもいて、戦闘で消耗した武器防具の耐久値を最大まで戻してくれます。もちろん有料。
更に、5000G払えば専属の鍛冶屋として雇う事も可能だそうです。その場合は道具扱いになるんだとか。
慣れてきたら頑張ってお金貯めてみるかな……。

さて、町人に教えられた通り、初めは町の南で経験値稼ぎ。そしてLV.3になったら遠出に挑戦です。南にあるという「ペルラの村」を目指します。
ちなみに町はシームレスになっている様で、フィールドと一体化してます。

アテネから南下すると山岳地帯へと突入。一つだけ色が赤い山を見付けたので近寄ったところ、戦闘に突入しました。
最初は普通の敵かと思ったのですが、いつもとは異なるBGMが鳴り始め、思わぬ所で初ボス戦です。

VS てつのイノシシ
その名の通り鋼鉄のボディを持つ猪みたい。が、とりあえずボス戦は逃げろと聞いていたので今回は逃走。
このゲームはボス戦からも逃走可能である上、逃走成功後は何事も無かったかのように先へ進む事が出来てしまうのです。

そんなボスの出現場所からまっすぐ東に向かうと、ようやく集落を発見。「ペルラの村」かしら。

【ペルラの村】
アテネに比べるととても小規模。が、重要な情報がたくさんありました。
今回もほとんど原文ママ。

・おい!あの橋の下に変なものが落ちてるぞ!
・ふーむ、おうごんのつのか。逃げ足が速いからのう!アレス様に相談してみなされ。
・アレス様だったら湖の近くに住んでいるそうです。
・セントリアリーの島にはナナの女王レイラが住んでいるそうだ。
・そうかわしのことをネネに聞いて来たのじゃな。えっ!ネメアの宝物?あれはもとはレイラ様の物だったのじゃ。


何の逃げ足が速いのかよく解りませんが、とりあえず湖の近くに住むという「アレス様」に相談すればいいみたい。
また「ナナの女王レイラ」というのも意味不明。「ナナ」というのは国名もしくは種族名とか?
で、「ネメアの宝物」というのが本来はレイラ様のものだった、と。
ちなみに、一番下の情報をくれた老人はアテネにいた少女ネネのお爺ちゃんだそうな。

ここで、アテネ及びペルラで得た情報をざっくりまとめてみると……

・「ネメアの谷」のほこらには美しい宝物が隠されているが、それは本来セントリアリー島にいるナナの女王レイラのものだった。ほこらに入るにはロウソクが必要。
・「おうごんのつの」については、湖の近くに住む「アレス様」に相談してみるといい。


こんな感じでしょうか。

ところで、「橋の下に変な物が落ちている」という情報に従い橋の周辺を探ってみたのですが、何も発見出来ず。
橋の下には川が流れているので、やっぱり船か何かで探さないと駄目なのかなぁ。

いきなり暗礁に乗り上げた感がありますが、気を取り直して町の探索を続行。この村にはゲーム再開のためのパスワード(ドラクエで言う「復活の呪文」)を教えてくれる神殿があります。それはつまり、一旦ゲームを開始したらこの村まで進めないとパスワードを貰えない、という事でもあり……(゚ ω゚;)
そういう重要施設はアテネに作っておいて欲しいんだけどな!

また、村の中には小さな神殿もあるのですが、中はダンジョンになっていたので直ぐに脱出しました。
暗いし怖い(´;ω;`)

村の南にある店で売っていた「ふしぎなかぎ」を1つ購入したところで、続きはまた次回。
確かアテネの町の民家にドアがあったんだよね。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。