ヘラクレスの栄光 プレイメモ【3】

NFC 「闘人魔境伝 ヘラクレスの栄光」(FC)のプレイメモの第3回目。
改めてアテネ北から伸びる道を行きます。前回西に曲がったところを真っ直ぐ行くと、「セレネのくすりうり」と遭遇。
彼からは1個50Gで回復役を買う事が出来ますが、6つまでしか持てないのが残念。
ただし、アイテム欄は1つ分しか埋めないので携帯させ易くなっとります(*´ω`*)

「くすり」購入後、とりあえず西方向を重点的に歩き回っていると、小さなほこらを発見。
またボス戦が待っているのかと警戒しつつ踏み込んでみたところ、イベントが発生しました。

「私の名前はアレスだ。お前のような勇者が現れるのを待っていた。お前の行く手には様々な魔物が待ち受けている。空を飛ぶ魔物に出会った時にはこの銀の弓を使うがよい。いずれまた会おう、勇者ヘラクレスよ!」

おおおー、思わぬ所でアレス様登場。湖の近くに住んでいるという話でしたが……そうか、この神殿は前回立ち寄った湖の北側にあるんだった。
ところで、アレスには「おうごんのつの」について相談云々でしたが、彼が言う「空を飛ぶ魔物」というのが関係あるのかな? で、その時に銀の弓を使えって事か。

さて、再び街道へと引き返し、今度は東方向へ向かいます。しばらく進んでいると兵士三人組と遭遇しました。
兵士達の発言をまとめると以下の通り。

・以前3人は「ガイア」の王に仕えていた。しかしガイアは魔物に滅ぼされ、王も命を落としたらしい。
・3人は「ガイアの町」から命からがらここまで逃れてきた。

まとめるほどでもなかった。
そう言えば「パロス」とかいう呪われた島の話を聞いたなぁ。ガイアって町はその島にあった筈。

その後、北側の壁(世界の果てらしい/笑)に沿って道を進んでいると、今度は老人が登場。「ビーナスは今どこに!」と力強く叫んでます。
……そう言えば、このゲームの目的って女神「ビーナス」を助け出す事だった。説明を忘れてたわヽ(゚∀。)ノ

気を取り直し更に東へ。徐々に敵が強くなっているのが怖い。
それでも街道に人がちらほら居るところを見ると、この近辺の人って意外とたくましいのね。

【セレネの町】
ピンクの街道の果てにあったのは「セレネの町」。早速、情報収集。

・その昔、「ポセイドン」の三つ叉の矛が海賊に奪われてしまった。しかしその海賊船は嵐に遭って海に沈没してしまった。
・この町は遠い昔「ゼウス」によって拓かれた歴史のある町。
・町や村の名前をよく聞いておけ。さもないと「たびのつばさ」は宝の持ち腐れ。
・「ペテルホース」はテレポートができるらしい。


以上。上から二番目以外はなかなか重要っぽいね。
この町の道具屋には「まほろばのつえ」という、かつてその名を耳にした事のあるアイテムが売ってあるのですが、9800Gと高額。貧乏人には手が出せません(´;ω;`)

ところで、以前アテネの町にて、セレネの西側にある林についての話を聞いた事がありました。
林の中を歩き回ると何かに出会うというのですが……。「にんじん」を忘れるなとも言われたので実はずっと持っていたりして(ΘωΘ)

VS ペテルホース
西の林の中を歩き回っていると、「ペテルホース」とエンカウント。
ボス戦のBGMが流れ出したという事は、前述の「何か」とはこいつの事だったのでしょうか。確かに馬ならニンジン好きだし。

「ペテルホース」を撃破すると、「たびのつばさ」をゲット。これは、かつて行った事のある町へと一瞬でワープ出来る代物だそうです。超便利!
ただし、使用するとHPが少々減り、町の名前をきちんと聞いておかなければワープ出来ないんだとか。意外とシビア?

素敵なアイテムを手に入れたという事で、早速「ペルラ」へと戻ってセーブ。
ついでに、今まで見落としていたペルラ南のピンク火山も調べる事にしました。あんな所にあるなんて気付かなんだ……。

VS おうごんのしか
今更ながらペルラ南の火山の下へ行くと、「おうごんのしか」が出現。ボスの様です。
今回はLV.9で挑戦。町の人のヒントを参考に「ぎんのゆみ」で倒すと、「おうごんのつの」を入手しました。

早速「たびのつばさ」を使用しアテネ&ペルラへ。
セーブやアイテムの補充などを済ませたら、今度はアテネの町の東側から伸びている街道を進んでみます。
こっちにもボチボチ人が居るようですが……大丈夫かしら。

「私、これからヘベの町まで兄を訪ねていこうと思っていますの! えっ?兄の名前ですか!カルノフっていいますのよ」

道中出会った女性が、こんな事を言ってました。へー、ここを行くとヘベに出るのね……と思っていたら、別の人が「もうすぐセレネだ」って。……あれ? セレネに着いちゃった(?ω?)
結局、アテネから伸びる街道は、どちらを進んでもセレネへと繋がっている様です。

そこで、今度はセレネの東から出て、新しい土地へ向けて出発。さっきの女性が言っていた「ヘベの町」とやらはこの先にあるんでしょうか。
道中は、やっぱり旅する人々の姿がありました。

「黄泉の国はまだまだ遠いようですね」

そ、そんな所、まだ行きたくないんですけども!

【ヘベの町】

セレネ東から街道沿いにひたすら進み、ヘベの町へと到着。ヘベはセレネより大きい……というか縦に長い町。
ここで得られた情報は以下の通り。

・ここがカルターゴ地方ヘベの町です。
・このままでは世の中が魔物によって支配されてしまう。
・「かいふくのタネ」はHPを最大まで戻してくれる。
・西の海と東の海の境には火山がある。
・パロスの島には幻の港があるそうだ。
・西の海と東の海を隔てる火山の麓に女神が住んでいるそうです。
・ダンタミラ地方の東の果てにはほこらがあるらしい。
・ミレトス宮殿から西に34、南に23の所を探してごらん。
・アテネの町の港から南に58、東に72。海賊船が沈んでいる。
・王様の耳はロバの耳!
・王様の悪口を言ったのはカルノフね!


どれが有益でどれが無益なのやら('A`)

町の南にはお城がありますが、「ふしぎなカギ」が無いと先へ入る事が出来ません。
手持ちが無かったので「たびのつばさ」で買いに戻りました。とても便利だ。
改めて扉を開けて先へ進むと、「王様からあなたに贈り物があります」だって(゚∀゚)

王妃様
「ラストのマジックを使う者には気をつけなさい。銅、鉄、鋼が錆び付いてしまいます」

王様
「勇者ヘラクレスよ! 天界を目指せ。そして太陽の神アポロンに会うのだ」


側にあった宝箱の中は「てつのつるぎ」と「くすり」。いらないや。

さて、ヘベの町の西側には砂漠があり、あからさまに変な色のヤシ(?)が1本生えているので調べてみると、「いのちのみず」が手に入りました。
このアイテムを使えば、砂漠を通過時に受けるダメージを無効に出来る、とのこと。但し、戦闘後は効果が切れてしまうらしいので、逐一使い直す必要があるそうな。

ヘベの町からひたすら南下して行くと、砂漠を発見。早速「いのちのみず」を使用し通り抜けます。
やがて見えて来た陸地の南端には神殿らしき建物がありました。

「私はポセイドンだ。おまえが持っている『おうごんのつの』を譲ってくれないか?」

あまりにも唐突ですが、「はい」を選択。すると……

「タソスの入り江を探してみるがよい!」

……ですって。タソスの入り江ってどこだ、頭を捻りつつ続きは次回。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。