WIZARDRY New Age of Llylgamyn #5 プレイメモ 【1】

PS 「Wizadry LLYLGAMYN SAGA」(PS)、シナリオ5「災渦の中心」のプレイ記録です。
今回から頑張って始めていきます……とか言いつつ、実際は既にシナリオクリアを果たし、アイテム収集作業に入ってるのですが(∀`*)ゞ

ウィザードリィニューエイジオブリルガミン ベストウィザードリィニューエイジオブリルガミン ベスト
(2001/08/30)
PlayStation

商品詳細を見る
「Wizardry New Age of Llylgamyn」、今回はシナリオ5をやっていきます。

今作に関する情報は大雑把ながら見聞きした事があるので、ラストボスは勿論、奥の奥にいる隠しボス(?)の正体まで一応は把握しています。が、肝心のシナリオ展開についてはさっぱりなので、今回も極力攻略情報を頼らない方向で潜ってみたい所存です(`・ω・´)
……手に負えないと思ったら即座に見ますけどね、攻略本を。

ここで簡単に#5のあらすじ。物語は#3から数年後となります。

冒険者達の持ち帰った宝珠の力で平穏を取り戻したかと思いきや、またしても度重なる厄災に見舞われる事態となったリルガミン。その原因は、邪悪な魔女「ソーン」の企みにありました。
徐々に拡大している「災いの渦」を生み出した彼女は、その渦により世界をいったん破滅させ、その上で自らが新たな世界を創造しようと画策していたのです。
この災いの渦に唯一対抗出来るのは「ゲートキーパー」なる人物だけなのですが、既にソーンは彼をも捕らえ、渦の中心に幽閉。世界は着々と滅亡へと向かっているのでした……。

色々と端折ってますが、大体こんな感じ。今作のシナリオ上の最終目標は、「ゲートキーパーを解放し、魔女ソーンを倒す」。これだけ。
それでは、張り切ってまいりましょーヾ(*´∀`*)ノ
□ ■ □

さて、手始めにキャラメイキング。前衛は戦士1~3(ドワーフ)、後衛は僧侶(ノーム)、魔術師(エルフ)、盗賊(ホビット)と、ごくごく平凡な構成。盗賊は中立、他は全員が善です。

今回プレイするにあたっては、アイテム図鑑コンプ&モンスター図鑑コンプが一応の目標。
前者は頑張っていきたいですが、状況によっては後者は放り投げるかも。今のうちに言っておきます(ΘωΘ)

それでは、はじまりはじまりー…………って、げげげ、今回、初期装備が売り飛ばせなくなってるΣ(゚Д゚;!?

【B1F】

恐る恐る地下へ進入。階段を下りてすぐ後ろに、何やらメッセージありました。どれどれ。

「いつの日にか災禍を統べんがため、その中心を捜し求める者のみ入られよ」

要するに魔女を倒す気がないなら帰れって事なのね。厳しい。
それはともかく、先ずは入口付近でウロウロ。今作はそう簡単には死ななくなっているようで、経験値稼ぎもやり易いようです。
が、いつまでも同じ所を徘徊するのにも飽きてきたので、思い切って遠出してみました。大した距離じゃないけど。

(9,8)「君は大きな部屋の真ん中に立っている。そして、その床には、不可思議な記号が彫り込まれている。」

// ! *:,: ====
// ! U; : ----

……なんぞこれ。

どうせ後々解るでしょう、という事でその周辺をぐるぐる周りつつ経験値稼ぎ。
たまーに出現する「アイスファントム」が1体で200ちょいのEP持ってるのが素敵です(*´ω`*)

(N17 W8)「*ブラザーフット寺院* その価値がある者のみ入られよ」
「声が響いた。宝珠なくば通さん!」

「宝珠」とやらがいるようで、瞬く間に追い出されてしまいました(´・ω・`)

拒否られた後もマップ埋めつつフロア探索。と、(11 14)西側に施錠された扉を発見。しかしLV3の盗賊ではまだダメだったようで、幾度挑戦しても開かない('A`)
その後も病的なまでに周囲を調べながら歩き回った結果、シークレットドア発見。何かイベントが起こるのかと胸を高鳴らせつつ進んだところ……NPCの「笑うヤカン」がいました。なんか笑顔がエロくさい。

「黄金で満たされた小さな釜が、ニヤリと笑ってこう言った。"金をおくれ"。」
「金をくれれば秘密をあかしてやろう。寄付は100 500 2500 5000G.P.のどれかだよ」

とりあえず100G.P.をあげてみると、「みなさん方に心からご挨拶申し上げよう!」だって。……もしかしなくても騙された(´・ω・`)?
他の情報も聞きたいところですがお金が無いのでまた後で。

(N14 W28)に施錠された扉。LV5盗賊でOKでした。中に入ると……

「部屋中にもの凄い量の壊れた古い木箱が散らばっている」
アイテム探索→「フーーーム…どうも小さな棺のようだ」

ひぃ((((;゙゚'ω゚')))) アンデットさんがこんにちはするフラグではないのですか。
恐る恐る「捜しますか?」→「はい」で「?鍵」発見。アンデットさんはいませんでした(;-ω-)=3

(N11 w20)の南側に施錠ドア。中は広い部屋で、奥の方にはあからさまに何かありそうな1マス部屋。

「小さな意志の祭壇から発している光が、その部屋をバラ色に輝かせていた」

調査すると「?宝珠」発見。たぶんこれが寺院へ入るためにアイテムになるんじゃないでしょうか。
先刻の鍵と併せて地上に持ち帰り鑑定してみると、「銀の鍵」と「リルガミンの宝珠」だと判明。
……鍵はともかく、宝珠をそんな所に置いておいて良かったのかしら?

さて、宝珠を入手したので早速例の寺院へ。

「ようこそブラザー。汝、価値ある者なり!」

入場許可を貰えました。奥に進むと(N24 W8)でイベント発生。NPC登場です。

「我は、グブリ・ゲドック。ブラザーフッドの高位なる僧侶なり。ラーラを賛美せよ!」

……ラーラって誰?

「ブラザーフッドはゲートキーパーの知識と教えに従う使徒による、古くからの教団である。ラーラを賛(ry」
「ゲートキーパーは、三軸の門の、高貴なる守護者にして、三軸の門と、それを行き交う四大の力の、正しき本質を理解する者なり。汝、ゲートキーパーを探索せし者なりや?」


ここで何をトチ狂ったか、うっかり「いいえ」を選択。すると「我が待ち人にあらず」と言われ立ち去られてしまいました(´・ω・`)やりなおしです。

ここでグブリさんからは「三軸の門」や「平衡」など、物語の根幹に関わる重要な話を説明して貰えます。
彼の話を理解出来た範囲でまとめるとこんな感じ。

・「三軸の門」とは、四大の力である大地、水、炎、空気が、我々が存在する次元へ入って来るための入口。
・四大の力が不安定になると平衡は消失し、強力な裂け目がこの世界に具現化する。
・「ゲートキーパー」は四大の力の平衡を永遠に維持する役割を持つ。
・ゲートキーパーは力の平衡を取り戻すため、裂け目の中心である結び目に立ち入り、そこで神聖な儀式を執り行う。
・儀式の秘密を知るのはゲートキーパーのみ。
・裂け目は、この寺院内にて執り行われた邪悪な呪文により再び現れた。
・邪悪な呪文を執り行ったのは「ソーン」という悪魔の化身でゲートキーパー最大の敵。その力の源は世界に拡がる混沌と滅亡。
・裂け目が現れた時、ソーンはゲートキーパーが結び目に入るのを見計らい、ゲートキーパーのみが制御し得る力の中心に彼を捕らえた。
・ゲートキーパーは「三軸の門」の中へ消えた。彼を見付けるためには冒険者達が門の中へ向かう必要がある。
・リルガミンの宝珠にて三軸の門を開き、混乱の中心に下りて行け。
・ラーラを賛美せよ!


以上。要するに目的の再確認といった感じですね。本番はこれからなんでしょう。
ちなみに、ここで「治療」や「寺院」などについて尋ねてみると……。

治療→「汝、毎日曜日の正午から六時まで、カント寺院に我を訪ねよ。ラーラを賛美せよ!」
寺院→「たいしたことは知らない。」 えっΣ(゚Д゚ υ)
消滅→「もう話したはずだけど?」(´・ω・`)


その他、彫像を25000GPで売っているようですが、序盤でそんなお金があるわけないので後回し。
長くなっちゃったので今回はここまでです。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。