WIZARDRY New Age of Llylgamyn #5 プレイメモ 【10】

PS 「Wizadry LLYLGAMYN SAGA」(PS)、シナリオ5「災渦の中心」のプレイ記録、第10回。
【B7F】
地上に預けていたカード類と杖を持ち、いざB7Fへ。一気に全部持って行くと大変なので、様子見の意味も込めて今回はハートからいってみます。
「ハートのクイーン」のカードを「ハートのロード」に渡したところ、先へと進めるようになりました。ロードの背後にある扉の先に広がっていたのは、大広間。その中央部に行ってみると……

「燃えない冷たい白い炎が、奥底からおどりあがった」

中央部にはこれが4色分。白の他には、赤、青、黄があります。要するにロード達の色と対応してるというわけですな。今回は「青」であるハートのカードを使ったので、青い炎の所にてイベントが起きる筈……が、何も起きないでやんの(+ω+) あれ? ここでもカード使えば良いんじゃないのかな?

何が何やら解らないのでログを漁ってみたところ、B1Fの寺院のグブリさんや、B4Fの予言者ルーンがそれっぽい事を言ってました。
「リルガミンの宝珠」で「三軸の門」を開け、と。…………また地上に取りに戻らねば。゚(つω`)゚。

「リルガミンの宝珠」を携え、再度挑戦。ハートに対応する青い炎の場所で「リルガミンの宝珠」を使用。

「半透明の炎の真ん中から入り口が現れた! キラキラ輝く門 入ってみますか?」

【B8F】
「はい」でワープした先はB8F。東西南北どのあたりかはちょっと謎。慎重に探索を始めると……

「声が叫んだ "APARRE MODUS CLONI" そして、奇妙な人物と共に、そこから天空の門が現れいでた!」

唐突に戦闘へと突入しました。相手は……自分達の偽物ですか!
敵の総数は4人で、メンバーは魔、戦2、盗賊、戦3。こちらのパーティのクローンらしいので戦々恐々です。とにかく「ティルトウェイト」が怖いので、真っ先に魔術師を叩き潰しました。
戦闘後、更に奥へと向かうと何やら発見。

「部屋の中央、床に刻まれた黄金の円の上に、燃えさかる青い球が漂っている。球をとりまくオーラによって、パーティは円の内側に入ることができない。」

「青い球」が登場。青なのは「ハート」に対応しているからでしょうか。ここで「ルーン」が教えてくれた該当部分を思い返してみる。

進まねばならぬ 三軸の門に みたび、そしてよたび それぞれの杖を持って それぞれの答を持って

「それぞれの杖」って言うのがポイントかな。「カード」の他に「杖」が必要ということで、「青」に対応しているっぽい「水の杖」を使ってみました。この辺は完全に当てずっぽうです(´・ω・`)

「君の手の中で、偉大なる杖は輝き始め、円の中に入る門を開いた。円は、9つの部分に分かれ、そのそれぞれに碑文と、灯されていないロウソクがたっていた。」

「ここには9本のロウソクがある」、という事で正解選びのお時間。
選択肢は「肉体」「精神」「短命」「過去」「現在」「未来」「知識」「熱情」「食物」とあり、この中から「青」に対応する3つを選ぶ必要があるみたい。

ええと、確か青=ハートは「現在」に対応してるよね。そいでもって以前に見掛けたカーテンの色と囁き声も関係してるとみた。……となると、青いカーテンの部屋で囁かれたのは「精神」。そして最後の選択肢はおそらく「本質」に関わっているものなのでしょうが、「すべての悲しみの苦痛、すべての愛の喜び」ってのは一体……。それっぽいのを選択肢から選ぶなら「熱情」?

結局、何がなんだかよく解らないまま「現在」「精神」「熱情」を選択してみると……

「青い球から顔が現れ、厳かな調子でこう告げた。あまたの顔、数限りない名を持とうとも、我は、三者の内のひとつなり。我は生命の定まる事なき感情、それゆえ我が象徴は水。我は生命の静まることなき海。それゆえ我が色は、青。考えるがよい、この問を。我に王国あり。しからば、我の統治すべきものとは?」

とりあえず3つの答は正解だったようですが、まだ質問がありました。ここで困った時のログチェック……って、あれ? 本気でわからん\(^o^)/ 情報取得漏れがあったんかいな。
この後、かなりの時間を費やし答を探したものの、これといった答が見付からず。遂には攻略本をカンニング(´Д⊂ 答は「せいちょう」だって。

「汝の考察、正しきものなり!そして、球は溶けるように消え失せた……。」

「汝の考察」と言うからにはノーヒントだったのでしょうか。それともヒントがどこかで出て来てたのか……。
ともかく正解という事で探索を続けると、イベント発生。

「たけり狂う炎の結び目の中に、ワナにかけられ身動きもできない人影がある。突然、強い力が君を押し戻し、断固とした声がこう告げた。立ち去れ、愚か者!さもなくば、汝が肝臓を引き裂き、我が歯ですりつぶしてくれよう!!」

早い話が押し戻されてしまいました。おそらくこの人影がゲートキーパーと見た。三軸の門でのイベントを全てこなせば救出出来るのでしょうが、今はまだ無理みたい。
ここで一旦B7Fへと戻ります。戻り口はB8Fへと転送された時に使ったゲートです。

【B7F~B8F】
先ずは「ハート」が片付いたので、今度は別のロードを目指します。が、この時点でハートのカードしか持って来ていなかった事を思い出し地上へ一旦帰還するハメに。
更に、この時は気付いてなかったのですが、後々この行為が面倒な事態を生み出す事になろうとは……。

気を取り直し再挑戦。カードを携え今度は「スペードのロード」の元へと向かいます。色は赤。
通行を許可された後、大広間の赤い炎から転送された先はB8F西のエリアでした。どうやらB8Fは「ゲートキーパー」の囚われている座標を中心に、東西南北にエリアが広がってるみたいです。ちなみに前回の「ハート」は南のエリア。

ハートのエリア同様、今回も待っていました偽物戦。今度は盗、戦3、戦2、僧との戦闘です。
嫌な予感しかしなかったので、開幕早々僧侶に「モンティノ」をかましておいたのですが、案の定「ラバディ」唱えようとしてました。クローンは実に凶暴(゚Д゚;

クローン戦を終え奥に進むと「赤い球」出現。赤なので「炎の杖」かと思いきや「大地の杖」でやんの。
その後もハートの時と同様に「赤い球」にて問答タイム。

ええと、スペードのロードは自らを「過去」と言い、赤いカーテンの部屋は「肉体」でした。でもって本質が「すべての食物の基礎、すべての土地の財産」について、残る選択肢「短命」「未来」「知識」「食物」から選ぶと……ズバリそのまま「食物」?

「(前略)我は生命の本体、それゆえ、我が象徴は大地。我は生命の血液、それゆえ、我が色は赤。(後略)」

3つの選択肢は正解だった様ですが、その続きがまたしてもわからん。
正解は「しぜん」だそうですが……ここまで来ると冗談抜きで情報を聞き損なってる疑いが濃厚です('A`)

とりあえず再びB7Fに戻り、今度は「ダイヤのロード」の元へ。炎の色は黄色で、転送先はB8F東のエリア。
毎度おなじみクローン戦では、戦2、僧、戦1、魔が登場。魔と僧が居る時点でかなり嫌な組み合わせ:(;゙゚'ω゚'):「モンティノ」効かないと命取り。魔は「ティルト~」覚えてるとガンガン使って来やがりますねorz

クローンを退けたら「炎の杖」を使用し「黄色い球」との問答タイム。「ダイヤの王」は自らを「未来」と言い、黄色のカーテンの部屋は「短命」。そして本質は「すべての思考の力、すべての行動の知識」でした。これらのヒントから推測……するまでもなく、未だ選択していない選択肢を選べばいいって事です。

「(前略)我は、生命の鍛えられし知性、それゆえ、我が象徴は炎。我は生命の移り変わりし炎、それゆえ、我が色は黄。(後略)」

正解は「へんか」でした。もう本気で解らない\(^o^)/

さて、前回のハートに続き、今回はスペード、ダイヤと問い掛けを突破。残るは「クラブ」だけです。彼に対応するカード「クラブのエース」は3回目のクローン戦を終えた時点で入手出来るはず……なのですが、何故か貰えていない事に気付きました。
……もしかするともしかして「各カードの王の通行許可~各色の球の謎掛け」は、地上に戻る事なく連続でやらなきゃダメだったりする(゚д゚)?

もうそれしか原因が思い付かず、とりあえず最初に通過した「ハートの王」に話し掛けたところ、質問の選択肢が増えている事に気付きました。

王国について「私の王国は成長の領地。なぜなら、私は生命の熱情で、すべての飢餓の精神であるから」

ええええー(  Д )  ゚ ゚ !? 「王国について」とか、そんなの最初は無かったよ、ね!?

何処でフラグが立ったのか、はたまた私が見落としていただけなのか。結局その後B8F南のエリアへ入り直すと、クローンも復活を果たしており、これを撃破すると「クラブのエース」が入手出来ました。
やはり、一度迷宮から脱出した事が原因かと思われます。連戦でないとカード貰えないみたい。

さて、流石にクローンとの連戦は辛かったのでB7Fの泉に戻って体勢を立て直すことに。
また、他のロードと会話した際も「王国について」の質問がそれぞれ追加されていたので、以下にまとめてみました。

【王国について】
ダイヤ「私の王国は、変化の領地。なぜなら、私は過去の破壊者で、未来の創設者であるから」
スペード「私の王国は自然の領地。なぜなら、私はすべての物質の身体であり、すべてのエネルギーの形であるから」
クラブのロード「私の王国は統一の領地。なぜなら、私はすべての部分の全体であるから」

ここで改めて「クラブのロード」の所へと向かい、カードを渡した後に寺院の中へ。面倒なのは、一回ロードに渡した(というか見せた)カードは再び「?カード」に戻ってしまい種類が解らなくなるので、パーティに司教がいない場合は、間違ったカードをロードに渡さないよう注意する必要があるという点。
試してないので定かではないのですが、間違って渡した場合、カードはそのまま没収されちゃうみたい:(;゙゚'ω゚'):

さて、先にある白い炎からB8F北エリアへ入ると、おそらくは最後になるであろうクローン戦が待っていました。構成は僧、盗、戦1、戦2。
撃破後「大気の杖」を装備して向かうと奥には「白い球」が。蝋燭は、おそらくは全てに灯せばいいのかな?

「我は、なにものでもなし。我に名や顔はなくとも、我は三者のすべてであり、それらを越えたものでもある。我は、生命をとりまく姿無きもの、それゆえ我が象徴は空気。我は、生命に光をもたらししもの、それゆえ我が色はすべての色。考えるがよい、この問いを。みたび問は放たれ、みたび答は得られた。問われしことみたび変わらず、答、みたび異なる。今ひとたび考えるがよい。三つの答、すべて正しきものなり。これぞ三者の王国の本質。そのすべてが己自身の真実を持ち、そのすべてが己自身の答を持つ。考えるがよい。我は三者の統一なり。我が王国は三者のすべてを含み、我が名は理解をもってあまねく知れ渡る。さあ、答えるがよい、この問いに。すべての生き物の中で、三者の王国をすべて含むものは唯一つ。三者すべてを理解する者のみが理解し得る唯一のもの。唯一なるもの、その名とは?」

ヒントが多過ぎた事もあり、今回はさすがに解りました。「三者の王国」を「成長」「変化」「自然」と考えると、全ての生き物の中でそれらを全て持ち、また、全て理解出来るものと言えば……「にんげん」とか「ひと」?
とりあえず「にんげん」から試してみたところ……。

「汝の理解、偉大なり…。平衡はやげて回復するだろう!」

どうやら正解だったようです。過剰なまでに誉めて貰えたところで、いざゲートキーパーの所へ。

「炎は次第に力を弱め、君が進むと二つに分かれて道を作った…。炎に囚われていた人影は、君をじっと見つめてから話し始めた…。しかし、突然その人影は消え失せてしまった!まがまがしい怒鳴り声が頭上から響いた。『ならず者よ、ゲートキーパーはもうここにはおらん!やつは、この私が永遠に天空の虚無の中に葬り去ったわ!そして、今こそ私の約束の時。この、ぬるぬるのヒキガエルめ!!』」

ひ、ヒキガエルなんかじゃないもんヽ(`Д´)ノ! と憤慨しつつラスボス戦。BGMがまるでEDテーマのようです。

敵は諸悪の根源である魔女「ソーン」、そしてお供に「カコデーモン」2体、「ピットフィーンド」3体、イフリート3体。
手始めにティルトをお見舞い。案の定効いてませんが想定内……って、あれ? なんか通常攻撃も当たってなくないΣ(・∀・|||)?
どうも様子がおかしいので攻略情報をチェックしたところ、今の状態ではソーンに傷一つ付ける事が出来ないみたい。魔女を倒すためには、異次元へ吹っ飛ばされてしまった「ゲートキーパー」をこの場に呼び戻さなければならないようです。そんな無茶な。

「ゲートキーパー」を呼び戻すには、僧侶の「バモルディ」もしくは魔術師の「ソコルディ」を唱えて彼を召喚すればいいそうな。そう言えば以前に「ルーン」がこんな事も言ってましたっけ。

「(前略)そして、いよいよ 最後の対決の時を迎えても おそれる必要はない 消滅した者も 失われはしない 召喚の呪文を唱え 彼らを その運命から 救うことさえできれば」

今考えたら、これってヒントというかネタバレというか。
それにしても、通常の召喚呪文で対処可能なレベルの嫌がらせ(?)しか出来ないとは、凶悪な魔女とやらも大した事は無さそうm9(^Д^)……ってことで「バモルディ」を唱え「ゲートキーパー」を虚無の中から呼び戻した……のは良かったのですが、その後、お約束のごとく全滅してしまいましたとさ。

何はともあれ、戦闘の要領は解ったので仕切り直し。お供の雑魚には何パターンかあるようで、2戦目は「インキュバス」が登場しました。どのみち呪文が面倒ですが。
…………これも全滅。敵の団体様が呪文で畳み掛けてくるんだもん(´;ω;`)

そして、ここで更なる悲劇が。ここまでクイックセーブで来ていたのですが、なにを血迷ったのかロードをし損ない、シナリオ選択画面に戻っちゃったのです。
本作は仕様上、シナリオ選択画面に戻るとクイックセーブの内容が消去されてしまうワケで。

また4人のロード連中の所からやり直しかあああああああ。・゚・(ノ∀`)・゚・。!
でもいいや。ソーンにはまだ勝てないことも解ったし。なんかやけくそになったので、次回は禁断のBF777に行ってみることにします。

Comment

PS版はわかりませんが、SFC版は質問の答えは「にんげん」「ひと」「man」どれでも有効でしたね。
他の階でも「きゅうけつき」「バンパイア」「vampire」、「いのち」「せいめい」「life」がどれもOKでした。

私がSFC版で初めてソーンと戦ったときは、ヒントに気づかないまま「召喚の巻物」使ってゲートキーパーが出てきて驚いた記憶があります(笑)。
Hearnさん
こんにちはー。情報ありがとうございました!
PS版では「きゅうけつき」の所は「バンパイア」でもOKだっので、たぶん「ひと」も大丈夫……かな?
何にしろ、答そのものが解らない場合は話にもなりませんが(笑)。

> ヒントに気づかないまま「召喚の巻物」使ってゲートキーパーが出てきて驚いた記憶があります(笑)。

それはなんという強運!
あればかりは、普通にやっていたら気付けなかったと思います……。
ちゃんとヒントは貰えているのですけれど(´;ω;`)
  • 2011/11/16 22:15
  • タココ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。