「サンサーラナーガ」(GBA)プレイメモ 第5回

GBA 「サンサーラナーガ」(GBA)のプレイメモ第5回目です。
【はらたま】
チビの鱗を硬くしてあげるために「ルズの泉」へ向かうのはいいのですが、場所がわからんちん。
なので「はらたま」で場所を聞いてみようとしたものの、店員さんもわからんちん。
その代わり「北東の半島に町があるからそこで聞いてみたら?」とのアドバイスをもらいました。

「ルズの泉」の手掛かりを求め北東の町へ出発。チビが打たれ弱いのが少々不安ですが、こまめに回復しつつ経験値を上げていきます。時々言う事を聞かなくなるので、「竜使いの笛」を吹いて反省させての繰り返し。
そうこうしているうちに、気付けばチビのLVが5になってました。ただ北東目指してるだけなのに。

ここで、竜について簡単に説明。
竜は主人公とは異なり、戦闘で経験値を獲得することによりLVアップし、それに伴い一部能力値(攻撃力、防御力、素早さ)が上昇します。また、倒したモンスターを戦闘後毎に食べることでHPの回復も可能。その際、ついでに能力値が上昇する事もあります。

ただし「勇敢さ(BR)」「思いやり(CO)」「道徳(MO)」の3つはLVアップでは上昇せず、行動によって上下します。
この3つのバランスが取れていないと、戦闘中に命令を聞かなくなる事もしばしば(´・ω・`)

一番良いのはこれらの値がMAX(999)になる事らしいのですが、とりあえずCOをMAXにしておけばどうにかなるっぽい。
COをMAXにするには、師匠からもらった笛を吹きまくるだけでOK。BRは敵撃破で上昇、戦闘からの逃亡で下がります。MOは100ずつ上昇させるアイテムが道具屋に売ってありますが、100を切っていても別段問題無い事に気付いてからは、基本放置してました(ΘωΘ)

何はともあれ、竜は戦闘を重ねる事でしか成長しないので、これからは極力逃亡は避けて(BRが大きく下がるので)いきたいところ。

【はらたま 2号店】
北東を目指している途中、「はらたま2号店」を発見。店員さんから「イクシュ」に行くようすすめられました。やっぱり北東の半島にあるみたい。
ここのトイレから4号店にワープ出来るのが便利です。帰りに使ってみよう。

この時点で気付いたのですが、この世界は、王宮とその周囲の湖を中心とし、東西南北、北東、南東、北西、南西の8方向に半島がのびた形になっている様です。ちなみに主人公の故郷「オリッサ」は南西方角。

【イクシュの町】
ようやく「イクシュ」へ到着。第1村人曰く「イクシュ・ヘルスセンターにようこそ!」。
……ヘルス、センター?

温泉施設があるせいか町は歓楽街といった雰囲気で、怪しげな店もチラホラ。呼び込みのおっちゃんがいたり、謎のスイカ割りの店なんかも。
もちろん、宿屋、道具屋、武器防具屋といった基本の店もちゃんと存在します。何故かお土産屋さんや警察署まで。
とりあえずは、町をざっと回って情報収集。

・竜をふぬけにする木の実がある。
・泉についてはターラが知っているかも。紅サンゴのかんざしをなくして困っているので相談に乗ってやるといい。
・世界のどこかに、どの地図にものっていない幻の町がある。

どれもこれも後で関係してくるニオイがぷんぷん。特に最後のが気になるなぁ。

酒場に行くと踊り子の「ターラ」ちゃんと出会いました。確か「ミーナの村」にいたおばさんの娘さんです。
ターラちゃん曰く、ルズの泉は都の北の半島にあるそうな。小さい頃にお母さんと一緒に行ったそうですが、「でもたしか今は……」って、今は何なのΣ(゚Д゚;?

しかし、泉の現状はスルーしたまま話は続く。ターラちゃんはお母さんに貰ったかんざしをなくしちゃった様子です。
ここで一旦会話を終えてから再度話し掛けると、「もし紅サンゴのかんざしの噂を耳にすることがあったら私を思い出してほしい」だって。はいはい。

ターラちゃんの話を聞き終えたらお買い物のお時間。イクシュの武器防具屋は中古品を扱っているらしく、店主に話し掛けるたびに品揃えが変化していきます。
とりあえず攻略情報とにらめっこしつつ「われたよろい」と「ハゲ竜のヘルメット」を購入。防御力でいうと「ハゲ竜~」は「竜使いのヘルメット」より全然良いのが哀しい(´;ω;`)
あとは「いだてんのくつ」が欲しかったんですが、約1万ルピーとな!? ……お金足りないよ。

さて、ここで一度セーブした上で、呼び込みのおっさんのいる怪しげなお店へ。一晩800Gだそうな。
中に入ると個室が3つあって、おばちゃん二人にお嬢ちゃん1人がいます。
……ええと、徹夜であやとりとしりとりとババ抜きができました! どうせそんな事だろうと思ったけどね!
しかも主人公は女の子なんだけどね(。A 。 )!

温泉街を堪能したら、今度こそ「ルズの泉」へ……って、あれ? 本当は確か「メーザーほう」を買うためのお金を稼いでいる最中だったような気がするんだけど、まぁいいか。

そんなこんなで「ルズの泉」を目指し、都からひたすら北進。北の半島に入ったのち少し西へ進むと、何やら遺跡というか廃墟っぽい場所に着きました。中に人が居たので話しを聞いたところ……えっ、「泉の水は枯れたままなんです」って、ここがルズの泉なんですかΣ(゚Д゚;!?
詳細はここに昔からいるおばあさんに聞け、という事で、南西あたりにいた老婆に話を聞いてみると……

・この間も女の竜使いが来たが、泉の水は枯れて久しい。
・最後に浴びたのはアル・シンハの竜だった。
・女の竜使いは「イクシュに戻る」と言っていた。

こんな感じ。「女の竜使い」っていうのはアムリタの事でしょうか。とりあえずまた「イクシュ」に戻ればいいのな。
ちなみに、再度老婆に話し掛けると「聖なる竜にまみえし竜、また聖なる竜とならん」だって。古い言い伝えだそうな。
結局、泉の水が枯れた原因については解らずじまい(´・ω・`)

泉を出た後にマップを開いたところ、現在いる半島の東側にも何かあるっぽい。折角なので探索してみようと歩き出したところ、途中で「マーヤー」という名のモンスター1体と遭遇しました。
赤いムチを持ってハチのコスプレした人と言えばいいのか……いや、ちゃんと羽で浮いてるよなぁ?

とにもかくにも撃破したものの、何故か「えもの」に出来ない「マーヤー」。しかも1000ルピーも持ってた上、「紅サンゴのかんざし」を落としました。
…………あれ? これってもしかしてボスバトル?

「紅サンゴのかんざし」は後ほどターラちゃんに渡しに行くとして、とりあえず今は東を目指します。すると今度は「ハゲ竜」という敵と遭遇し……一人と一頭は、仲良く一撃ずつ喰らって撃沈してしまいましたとさ。なんだこいつ強すぎるよ(´;ω;`)

さて、オリッサに問答無用で送還された事により、完全に興が殺がれました。もう北の半島なんて知らないもんヽ(`Д´)ノ
ぷんすかしながら「はらたま4号店」トイレから2号店にワープ。そこから「イクシュ」に戻ってターラちゃんに「紅サンゴのかんざし」を渡そうとしたところ、間の悪い事に酒場からいなくなってました('A`)
聞けば、彼女は「女の竜使いと何か話していた」とのこと。そしてその女竜使い……たぶんアムリタなんでしょうが、今温泉に入ってるみたい。ぐへへへへ。

清い心で向かった女湯の脱衣所にてアムリタと再会。が、イベントが起こるでもなく普通に会話になったので拍子抜け。
ターラちゃんはアムリタに「ハワプールの酒場へ仕事に行く」と言っていたようです。「ハワプール」って新しい町かぁ。場所はどこなのかなぁ……などと思っていたら、あらびっくり。「ハワプール」とは都の名である事が判明しました。あれ? どっかで情報出てたっけ?

そんなこんなで慣れ親しんだ王都目指して出発。途中で遭遇した「いっぽんどっこ」が「いだてんのくつ」を落としてくれました。ラッキー! 買わずにすんだ(∩´∀`)∩!

【ハワプール 西】
西の城下町の酒場に行くと、控え室にターラちゃんが。話し掛けると「紅サンゴのとかんざし」を渡すイベントが発生……したのは良かったんですが、会話の途中、変な男が乱入。主人公がターラちゃんにちょっかいをかけていると思ったようで、有無を言わさず戦闘突入です。
……主人公、女の子なのに(´・ω・`)

VS ターラの彼氏
HPは250。ものすごいへっぽこでした。他に言い様がない(笑)。

戦闘終了後、ターラちゃんがお詫びとして「おりょうりセット」くれました。なんだろこれ。
ターラちゃん曰く「あの人は自分に都合が悪くなるとすぐ逃げてしまうんです」って、うわそれ私にとっては一番の地雷だわ。男女問わず人間として。でもそれが解っててなんでそんな男と付き合ってるのアナタ。とっとと別れなさい? いい? 女の幸せっていうのは(以下略)

ちなみに「おりょうりセット」の効果は、戦闘終了後、倒した敵を主人公も食べる事が出来るようになるというもの。
おお、主人公もHP回復出来るのは地味に嬉しい!

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。