「サンサーラナーガ」(GBA)プレイメモ 第10回【最終回】

GBA 「サンサーラナーガ」(GBA)のプレイメモ第10回目。いよいよ最終回でございます。
【リタ・サテイヤ】
最後の買い物を済ませ、再度「リタ・サテイヤ」へ。王様の部屋へと続いていた扉がショートカットになっております。

散々言われた通り、祭壇の扉から先へ進むと元の世界に戻る事は出来ない……らしい。
門番に腹を括った旨を告げ、扉を潜ると、殺風景な塔へとワープしました。背景は空で、雲がものすごい勢いで流れてる。

【リタ・サテイヤの塔】
画面は塔の外観のみを表示。塔の内部迷路を探索するタイプではなく、狭いフロアに幾つかの出入口があり、そこに出入りする事によってフロア間をワープ移動する形です。ワープは一方通行のものもあるので、気を抜くと迷う迷う。というか迷った(´;ω;`)
とにかくワープが複雑だったので簡易メモを取りつつ探索。宝箱が無い(たぶん)のが不幸中の幸いでしょうか。……あったらどうしよう。

結構な時間を費やしてしまいつつ進んで行くと、遂に塔の最上部へと到達。
そして主人公を迎えた新たな世界は……「はらたま」のトイレでした。何でこの期に及んで洋便器と繋がってんのΣ(゚Д゚;?
ここで突入口である便器を再度調べてみると……

「はらたまチェーン社長 アル・シンハ 便所の機能を封印す」

……ですって。
色々とツッコミどころ満載ですよ師匠ぉおおおお!

師匠が実業家でもあった事に驚愕しつつ、店内を探索。特別変わった点も無いごくごく普通の「はらたま」でしたが、なんとアムリタがいました。既に到達してたのか……。

久方振りに再会したアムリタ。しかしその第一声は「私達は騙されたのだ」と、何とも穏やかではありません。
更に話を聞いてみると、この世界にいるのは「聖なる竜」などではなく、彼女の竜はその「聖なる竜」とは異なる存在に殺されてしまったというのです。
……ど、ど、どういう事なの? それに「騙された」って言ってますが、そうすると騙したのは一体……?

アムリタからはこれ以上の情報を得る事が出来ないので、とりあえず店員さんにギブミーヒント。が、何故か台詞がすべてカタカナである店員さんからヒントは貰えませんでした。その代わり無料で一泊出来るようです。
更に、一泊した後に話し掛けると「おべんとう」を貰えました。以降、泊まる毎に貰える模様。ありがたやありがたや(´Д⊂

店内にはその他、記憶のタオや、お布施してMOを上昇させる石塔があります。また、座敷席のショップでは装備品の購入や加工、道具の売却が可能。ただし道具の購入はできません。
装備品の品揃えは「いだてんのくつ」が9800ルピー、「魚竜のよろい」が2000ルピーでした。

さて、意を決し「はらたま」からフィールドへ出てみると、そこはまるで月面世界。白い大地は六角形がびっしりと敷き詰められたようにも見え、まるで生命の気配が感じられません(モンスターは出るけど)。
そんな世界を歩き出した直後、どこからともなく師匠が姿を現しました。び、びっくりした!
師匠の話をまとめると以下の通り。

・聖なる竜が死んですでに久しい。
・そこに見える竜の巣にいるのは最悪最強の竜「カオスドラゴン」。
・「カオスドラゴン」は人の世界を支配しようと目論んでいる。
・アル=シンハは「カオスドラゴン」と戦える竜使いを探し長い間旅を続けていた。

なるほど、アムリタが言っていた意味が解りました。たぶんアムリタをここに導いたのも師匠なんだろうなぁ。
で、「聖なる竜」はいないわ自分の竜は殺されるわで、彼女は「騙された」と感じてしまったのか。まぁ無理もない(´・ω・`)

それはともかく、主人公を「最後の希望」だという師匠は「カオスドラゴン」と戦うよう頼み込んできました。表示された選択肢は「わかった」と「いやだ」。
話を先に進めるには承諾するしかないワケですが、試しに拒否してみたところ「あのな、このさいハッキリ言うとくが」などと突如ぶっちゃけモードになった師匠から「カオスドラゴン」を倒さなければ元の世界に戻れないと宣告された挙げ句、「ちゅうわけだからすまんがよろしくな」と強制的に承諾させられる展開となります(ΘωΘ)

ちなみに素直に承諾した場合、「ほんじゃそういうことでひとつよろしく」と拒否した時以上にあっさり押し付けられる展開に。これじゃあアムリタも騙されたって思うわー。

師匠から世界の命運を軽いノリで託された後は、フィールドを進み「はらたま」南東に見えていた紫色の建造物へ到着。
ここが最後の戦いの舞台のようです。

【カオスドラゴンの巣】
中に入ると直ぐ側に黄色のタオがあったので、とりあえずセーブ。その後は「リタ・サテイヤの塔」と同様にワープを繰り返し先を目指す事になるのですが、行ったり来たりしているうち、ある事にふと気付きました。
出入りする入口によって、ワープ時のSEが異なるのです。低め、もしくは高めのワープ音が鳴ります。

おそらくは何か法則性があるんだろうなーと思いつつ音の高い方を辿って進んでみたところ、青色のタオへと辿り着きました。おお、もしかしてこれが正解ルートってこと?

ワープした先は、謎の神殿。今しがたワープしてきた足下のタオは黄色のタオへと変化していました。
もう戻れないって事ですね。はいはいセーブセーブ。

竜の形を模しているらしい巨大な石像を左右に見ながら通路を直進すると、薄暗い広間へ到達。
ここからはイベントに突入します。

広間の奥に座していたのは「カオスドラゴン」。黒く巨大な身体に、禍々しく赤い目が幾つも並んでいます。
この時、迂闊にも主人公はカオスドラゴンと目が合ってしまいました。
直後、床が大きくうねって目の前が暗くなり……意識が戻ると、そこはオリッサ村の実家。当然、おばあちゃんもいます。

おばあちゃん曰く、主人公は「変なジイさん」(師匠のこと?)によって家に担ぎ込まれ、2週間もうなされていたそうな。
そんな主人公の身を案じたおばあちゃんは、竜使いを諦めて家で暮らすよう主人公を説得してくるのですが、話せば話すほど異様な態度に。最終的には、絶対外には出さない、一生ここで暮らせと狂ったように言い放つと、何故か襲い掛かってきました。もちろん戦闘突入。

VS おばあちゃん
かなり心が痛みますが、おばあちゃんとの戦闘。たぶん偽物なんだろうけど。
HPは400でさほど強くありません。

おばあちゃんに勝利した後は瞬く間に舞台が変わり、雨の草原へ。目の前にはアムリタと彼女の竜がいました。
ここでアムリタは、竜使いを辞め共に「くずれ竜使い」になろうと誘ってくるのですが、もちろん拒否。すると、口封じのためアムリタまでもが主人公に襲い掛かってきました。なんだこの超展開。

VS アムリタ&アムリタの竜
HPはアムリタが400、彼女の竜が510。アムリタ本人はそう強くありませんが竜のブレスが少々強いです。

お次は「はらたま」。まさか店員さんと……と思いきや、そこに店員さんの姿はなく着流しのお客さんのみ。
「つきみそば」を奢ってくれるというので食べてみたら、腹痛発生。どうやら騙されたようで、襲い掛かってきた男性と戦闘に。

VS 立ち喰いのプロ
HPは400。こんな名前だったのか……。ちょっと攻撃力高めです。

さぁさぁお次は何でしょう。この感じだと師匠かな……思いきや、暗転した視界の中、聞こえてきたのは師匠らしき声。
師匠曰く、「カオスドラゴン」を倒すには、丹精込めて育てた竜だけがたった一度だけ使えると伝えられる伝説のブレスが必要で、それが使えないと勝つ事は出来ない、とのこと。
……なんで今頃そんな事言うんですか(´・ω:;.:...

「それはそれとして風呂でもつかってしばし休むがよかろう」などと緊張感の欠片もない師匠の台詞通り、今度は温泉に出ました。何故か湯船にはメイドさんもいっぱいいます。もう深くは考えるまい。
判で押したように主人公を誉める台詞しか言わない彼女達は、各々の台詞を言い終えると、一人また一人と消滅していきました。そして最後に番頭さんに話し掛けると、意味不明のかけ声と共に……あれ? これってスイカ割りゲーム?

相変わらずカオスな展開の中、スイカ割りゲーム開始。本編中は1回しか遊んだことなくて、その時に失敗して放置してました。
1回目は見事に空振ってミスしてしまい、これってスイカ割るまでクリア出来ないのかと涙目になりつつ2回目。今度こそ上手くいくかと思いきや、方向転換に失敗し、側に寄って来ていたおっさんを殴ってしまった……と思ったら、それが正解だったみたいΣ(゚Д゚;
気が付けば、ターラちゃんと最初に出会った酒場にいました。そして目の前にはターラちゃん。

ターラちゃんが訴えてきたのは彼氏についての愚痴でした。結局彼氏は更正出来なかったようで、耐えかねたターラちゃんは主人公に向かって「私を連れて逃げて」と言い出す始末。……ええと、何度も言うけど主人公、女の子だからね。
ここで「やめとく」を選んだところ、案の定、彼氏が登場。戦闘に突入です。

VS ターラの彼氏
HPは400。弱いのであっさり戦闘終了と思いきや、彼氏を倒された事に怒ったターラちゃんとの戦闘にもつれ込んでしまいました。ええええ、何なのこの展開('A`)
ちなみにターラちゃんのHPも400です。

二人を撃破すると、今度は王宮内の王の間へ。ずらっと並んだ兵士達は全員で主人公ヨイショ(ΘωΘ)
そしてその奥にいた王様と会話してみると、「主人公のはたらきでカオスドラゴンは退けられ世界に平和が戻った」、とのこと。そいでもって、これからは主人公が世界を統べる王だとか何とか。
直後、広間には歓声が響き渡り王様は消滅。一応、自由に動き回る事は出来るので王宮内を探索するも、他には誰の姿も無く、外に出る事も出来ません。

他に行けそうな場所といったら地下水道しか思い付かず、ダメもとで無人の厨房へ。涸れ井戸に入り地下水道を少し進むと盗賊の親分がいました。
「待ってたぜ」の一言だけで戦闘突入です。

VS 盗賊のおやぶん
HPは400……だったと思う。やっぱり強くありません。

戦闘後、そのままフィールドへ。王宮の前に放り出されてしまいました。少し歩くと……チ、チビの後ろにもう一人主人公がいるΣ(゚Д゚;!?
一瞬バグかと思ったものの、おそらくはイベント絡みだろうし、何より面白いのでしばらく放っておいたところ、「…………」というメッセージの直後、戦闘になりました。

VS 主人公
偽物の主人公との戦闘。HPはもちろん150。
やはり能力値も本人と同じなのかと思っていたら、チビがいきなりクリティカル出して撃沈。空気読め('A`)

さぁ、主人公の偽物も倒したしお次は何だ……と身構えると、唐突に「カオスドラゴン」との戦闘に突入。
……あの、戦闘用のフロアが狭そうですね。みっしり詰まってる感じ。

VS カオスドラゴン
HPは不明。いよいよ最後の戦闘となります。ブレスが強力なので主人公は回復役に徹してました。攻撃はチビに任せます。
とにかくブレスがきっついです。あと「あやしいひとみ」でチビが眠ってしまった時は焦った焦った:(;゙゚'ω゚'):

しばらく攻撃を続けていると、チビが命令無視。いつものアレかと思いきや、いきなり最後の力を振り絞ると……「最後のブレス」を……!
チビ渾身のブレスを浴びたカオスドラゴンは断末魔を上げたものの、チビもまた……。゚(つω`)゚。

さて、ここからはEDイベントとなります。
一枚絵に描かれているのは、骨と化したカオスドラゴン。そして……チビはもういません。
戦いの最中、チビは丹精込めて育てられた竜だけが使える伝説のブレス──師匠が妙なタイミングで教えてくれた──を、自分の命と引き替えに使ったのです。主人公を護りたい、その一心で。

その時、主人公はチビの亡骸の下から光るタマゴを発見。
直後フィールドへと画面が切り替わり「虹色のタマゴ」を入手しました。
BGMは……お馴染みのあのテーマだ!

ここからは、フィールドを歩き各地を巡る事も出来るようです。正直何処に行けばいいのかさっぱり解らず、とりあえずオリッサ近くの「はらたま」へ行ってみたところ、「社長が王宮で待ってるそうですよ」、ですって。…………師匠。
ちなみに、オリッサのおばあちゃんの所に行くと、ほっぺたスリスリしてもらえました(笑)。

【王宮】
おばあちゃんのほっぺスリスリを心ゆくまで堪能したら、いよいよ王宮へ。
言われるがまま王の間へと向かうと、王様、師匠、そしてアムリタの姿がありました。
ここで王様に話し掛けると、人々と話し終えたかどうか念を押される展開に。……あ、ターラちゃんとかアムリタの家族とかとも話したかったけど、直前にセーブしてきたからいい、かな?

見事世界を救った功績を讃え、王様は主人公とチビに大勲章をくれました。
そして主人公に対し「そなたの竜は何も残さなかったのか?」という問い掛けを投げて来た……その時。
突如「虹色のタマゴ」が──────

後は、実際にプレイしてのお楽しみ。

以上で「サンサーラ・ナーガ」の物語は幕を閉じます。
この後は2への導入イベントが始まり、そのまま2本編が開始される流れとなりますが、主人公の名前&性別は引き継がれる様なので、変更したい場合はタイトル画面から新たに2を始めるのが良いみたい。

□ ■ □

10回に渡ったGBA版「サンサーラナーガ」プレイ日記ですが、これで終了となります。
1終了後、そのまま2へと続いていく演出は、作品のテーマに沿っていてとても素敵ですな(*´ω`*)

もとがFCのソフトという事もありシステムはとてもシンプルで、謎解きも少々不合理な点もありますが、サクっと遊べるのが良かったです(携帯機という事もあるんですけど)。
FC版は未プレイなので比較が出来ないのが残念ですが、聞いたところによると戦闘の演出などに関してはFC版が上、というお話のようなので、機会があればそちらもプレイしてみたいものです。

シナリオに関しては全体的に見れば重めなのですが、イベントの端々に軽い部分があるので、お互いに相殺しあってフラットな感じ。淡々と進んでいきます。
ただ、2に比べればまだ明るいかな。あちらもイベントに軽めの表現があるのは同じなのですが、それでもプレイ後に何とも言えない重さが残るので……。

結局のところ、「桜玉吉氏がキャラデザやってるから」というのが主なプレイ動機である身と致しましては、赤ちゃん竜の可愛らしさに悶えるのみでございます(*´ω`*)

それでは、余計な事をダラダラと書き連ねましたが、今回はこの辺で。
ご縁がありましたら、また他のゲームでお会いしましょうヾ(*´∀`*)ノ

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。