「真・女神転生」(PS)Cルート プレイメモ第3回

PS 「真・女神転生」(PS)カオスルートのプレイメモ、第3回目。
エコービルのターミナルから転送されてしまった(自分で選択したんだけど)主人公達。その行き先は「研究所」でした。

【研究所】
スタート地点は研究所2F。一体何の研究所なのやら。恐る恐る探索すると、ゾンビの姿となった研究員がいました。

・ここでは秘密のプロジェクトでコンピュータ通信によるターミナルシステムを開発していた。
・二、三日前に悪魔の襲撃を受け、皆殺されるかゾンビにされてしまった。

なるほど。ゾンビになってるのに自我を保てているのは凄いですね、などと妙な事に感心しつつ進んで行くと、通路を塞ぐ「邪鬼オーク」との戦闘に突入。雑魚なので問題ありません。

1Fでは車椅子の男性に再会。この研究所にもゴトウの手が伸びていた様です。
男性から仲魔の上限数を+2してもらったら、研究所を脱出。再度オークが待ち構えてますが、やっぱり雑魚。

研究所から出ると、そこはシンジュクでした。「アルトビジョン」では戒厳司令官である「ゴトウ」の演説を見る事が出来ます。雰囲気的に、三島由紀夫が軍人になっちゃった感じであるゴトウさんの主張は以下の通り。

・大地ガイアからの搾取の上に成り立っている世界文明は腐敗している。
・真の危機に備えるため、悪魔と呼ばれる古代の神々を目覚めさせた。
・危機とは「ニッポン抹殺計画」。これを阻止するためにゴトウ達は悪魔の力を借りた。
・悪魔と人類が共存するユートピアを築き上げる。


どうやらゴトウは悪魔=神と位置付けているようです。近からず遠からず、といったところでしょうが。

【シンジュク地下街】
とりあえずは「シンジュク地下街」へ。だだっ広い地下街は各種施設が充実していて、BARやディスコまであります。ディスコってなんか懐かしい響きだな(ΘωΘ)
街で得られた情報は以下の通り。話題別にまとめてみました。

・アメリカ軍はきっとミサイルを撃ってくる。
・クーデターが成功して悪魔が東京中を支配するようなら、トールマン大使は東京にミサイルを落とすと言っている。
・ゴトウが率いるクーデター部隊と、トールマン大使が出動させたアメリカ軍の両者がシンジュクには大勢いるが、現時点では直接衝突する気配はない。
・ゴトウ司令官の邪魔をしているのはアメリカ軍だけでない。「(ヒロインの名前)」という女が率いているレジスタンスグループもある。
・レジスタンスと名乗る人々がアメリカ軍の邪魔をしている。ゴトウの部下とは思えない。
・ゴトウの手下であるオザワがレジスタンスのリーダー「(ヒロインの名前)」を探しているらしい。
・オザワは「(ヒロインの名前)」がわからないので、同名の女性を手当たり次第さらっている。
・オザワはゴトウ司令官の右腕。シンジュク北西のビルにいる。


概ねこんな感じ。とりあえずアメリカ軍とゴトウ率いるクーデター部隊、そしてヒロインと同名の女性が率いるレジスタンスが存在しているようです。で、ゴトウの手下であるオザワはレジスタンスのリーダーである女性を探しているものの、顔を知らないので同名の女性を片っ端から捕まえている、と。
……まさか、幼馴染みちゃんが行方不明なのって:(;゙゚'ω゚'):!

さて、情報収集のついでに悪魔を仲魔にしまくったお陰でCOMPは満杯。そこで悪魔合体のお時間です。手持ちが妖精ばっかりなのでバリエーションがないのが難点ですが(´・ω・`)、「妖鬼アズミ」を作成。見た目はアレですが、メディア持ってるのが素晴らしい。更にLV.16まで経験値を稼ぎ、「女神アメノウズメ」も作ってみました。

その後、マップ南のBARにてバーテンさんと会話し「BARのマッチ」を入手。これを持っていれば探している人に会えるそうな。
ちなみに、この店にもゆりこがいます。神出鬼没すぎる。

貰ったばかりのマッチを持ち、レジスタンスのアジトへ。最奥まで行ったのは良いのですが、途中の戦闘でロウ君が麻痺状態に陥っていたせいか、回復して来いと追い出されてしまいました(+ω+)何でじゃと思っていたら、ここでのイベントはロウ君が進行役であったため、ロウ君が健康体である必要があったみたい。

ここでようやくレジスタンスのリーダー「(ヒロインの名前)」と対面。さすがに隣家の幼馴染みではありませんでした。
夢の中で出会ったヒロちゃんでもある彼女は、三人が現れるのを待っていたそうな。

・ゴトウは悪魔を喚びだし、自らの思いのままの世界を作ろうとしている。
・それを脅威だと判断したアメリカ大使トールマンは軍を率い鎮圧に乗り出した。
・レジスタンスでは両者を止める事ができない。

うわー、どっちもどっち('A`) 何にせよ、自分と同名のせいで捕まった人々を救助し、ゴトウの手下であるオザワ一味を壊滅させたい、というヒロちゃんの話にロウ君とカオス君が食い付かない筈もなく、協力する事になった……のは良かったのですが、いきなりゆりこ登場。「オザワの所に連れて行く」と言い放つと、ヒロちゃんを攫って行ってしまいました:(;゙゚'ω゚'):

状況を把握するなり、すぐさまリーダー救出に向かったレジスタンスのメンバー達。一方の主人公達はアジト内に取り残され(゚д゚)な顔を…している場合ではなく、ゆりこの行方を追います。とりあえずアジトから地下街へと戻っていると、留守居役のメンバーから「リーダーの行方がわかったら、メンバーは例のBARに集まる」という話を聞けました。まずはBARに行ってみればいいのか。

マッチをくれたバーテンさんがいるBARへ行くと、レジスタンスのメンバーが登場。ヒロちゃんは都庁前広場で公開処刑にされてしまうようですΣ(゚Д゚;! 一刻も早く都庁前広場へ……と思ったものの、その広場が何処にあるかよく解らず、手当たり次第にウロウロしていたところ、建物の中でオザワと遭遇してしまいした。あ、ここ、オザワのアジトだったんだ(∀`*)ゞテヘヘ

オザワはゴトウに忠誠を誓っているわけではなく、彼の力を利用しているだけでした。しかも悪魔召喚まで出来るらしく、幽鬼ベイコクを嗾けてくる始末。当然戦闘になります。
ベイコクはそこまで強くはないものの、足留めとしては十分。戦闘後、当然のようにオザワは姿を消していましたとさ。

さて、問題の処刑場についてですが、実は都庁に入るのが正解だったようです。都庁前って言うから都庁周辺だとばかり('A`)
処刑場に飛び込むと、クーデター部隊や悪魔、そして群集の姿がありました。処刑を仕切っているのはゆりこで、どうやらゴトウの配下だったようです。
ゴトウはレジスタンスの妨害工作を許すと言っているらしいのですが、ゆりこはヒロちゃんを処刑する気満々。……私怨?
更に目敏く主人公達を見付けたゆりこ曰く、「初めからあたしを選んでいればこんな悲しい目に遭わなかったのに」。

ここで、ゾンビコップ、ゾンビアーミー、ゾンビアーミー&悪霊レムルース、悪霊レムルース&グールと4連戦。カオス君のマハラギ連発してれば楽勝でした。

戦闘終了後、ヒロちゃんの救出成功。アジトはもう使えないので例のBARに来てくれ、とのこと。
早速行ってみると、彼女の持つ情報を開示してくれました。

・隣家の少女はイチガヤのクーデター部隊司令部に連れ去られている。
・オザワの隠れ家を突き止めているので、間もなくレジスタンスがそこを強襲する。


あれ、幼馴染みはともかくオザワのアジトってさっき主人公達が襲撃したような……とか言ってる間に、それぞれ目的の場所に向かってしまったロウ君とカオス君。もぅ、慌てんぼさんなんだから……って、いきなりパーティ離脱ですか(゚д゚)!?

置いて行かれた主人公を哀れに思ったのか、主人公に同行してくれる事となったヒロちゃん。彼女の目的はイチガヤのゴトウ、そしてアメリカ大使との面会のようです。
司令部はシンジュクの東のほう、大使館はイチガヤ南のヨツヤから地下を通りロッポンギ、とのこと。偽造IDカードがあればどっちも入れるってすげぇな:(;゙゚'ω゚'):

さて、ここでシナリオ進行を一旦止め、仲魔の見直し作業をやってみます。今回はなるべく攻略本に依存するのは止めようと思いつつも、使えそうなの探してみたら結局は同じものになっているという('A`)
シンジュク近辺では、うっかりすると妖精族がCOMPを圧迫してくれるので油断出来ません(仲魔にしなきゃいいだけでは)。

・LV.14闘鬼スパルトイ←魔獣サンキ×妖鬼ボーグル
・LV.14天使エンジェル←堕天使アンドラス×妖精ピクシー

作ってみたのはこの2体。魔獣サンキはシンジュクの2Dフィールドで出現。現時点で野良の魔獣はあまりいないようなので貴重です。そして何故かまだピクシーを後生大事に持っていたという。

準備が整ったら、NEUTRALルート用のセーブファイルを別に作成しておきます。ここから本格的にルート分岐が始まるので、今のうちに。
本当は難易度をExpertに変えた上で最初からプレイし直すつもりだったんですが、最初からやり直す気力が湧かなかった時の事を考え、色々と妥協したのでありました。
しょっぱい事情を披露してしまったところで、続きは次回。ヒロちゃんとイチガヤへデートします。

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。