「真・女神転生」(PS)Cルート プレイメモ第6回

PS 「真・女神転生」(PS)カオスルートのプレイメモ、第6回目。ロッポンギ~大地下道~ギンザまで。

今回向かうのはロッポンギの地。皆が幸福に暮らしているというのはあくまで噂で、実体はゾンビの街とかなんとか。
シブヤからは行けず、一旦シンジュク方面に戻り、そこから南東へと向かいます。フィールドマップでは黒い結界に覆われていて入る事が出来ないので、その西側の連絡通路から侵入することに。

【ロッポンギ】
不思議なことに悪魔が出現しませんが、それが逆にあやしい。オザワの件で学習したよ(`・ω・´)
北東にある3件のショップは何故か全て休業状態でした。困った。

・赤いおっさんと黒いおっさんがロッポンギの回りに結界を張っていて、悪魔が入ってこれない。
・ディスコの奥には女の子が閉じ込められている。悪魔に取り憑かれ暴れ回るため。
・ロッポンギは二人の男が支配している。赤伯爵と黒男爵と名乗っている。

以上が得られた情報。「ディスコの奥に閉じ込められている女の子」に会ってみると、なんと隣家の幼馴染みちゃんでした。無事を喜んだのも束の間、30年が経過しているにも関わらずかつてのままの容姿である彼女に驚愕するロウ君。
それもそのはず、彼女はこの赤伯爵と黒伯爵が治める死人の街でボディコニアンにされてしまったというのです……って、そこはボディコニアンじゃなくても普通に「ゾンビ」とかで良かったんじゃなかろうか(´゚ω゚`)

……話は戻りまして。何がどう作用したのか、彼女だけは屍人になっても人間だった頃の記憶を失わず、それ故に幽閉されてしまったとのこと。屍人なので死ぬこともかなわず……(´Д⊂

自らを楽にして欲しいと願う彼女は「反魂香」を望むのですが、この世界での反魂香は貴重品であり、当然主人公達も不所持。また、反魂香を使って彼女を救ってしまうと属性がLAWに傾いてしまうらしいので、CHAOSルートの今回はこれ以上の事は出来ないのです。ごめんね。・゚・(ノД`)・゚・。

さて、罪悪感に苛まれつつも街の探索を再開すると、西側の行き止まりのところで「アリス」と名乗る少女に出会いました。嫌な予感しかしない(笑)。
お約束のように「おトモダチになって」とせがまれるワケですが、なんでもこの街は、「赤おじさん」と「黒おじさん」がアリスのために作った街なんだそうです。ひぃ。
無邪気にも「赤おじさんに会ってよ」という彼女。「私が頼んであげる」というのですが……何を?

正直気乗りはしないものの、赤おじさんとやらを探しロッポンギ探索。2F以降にも人(ゾンビ?)がいて、情報をくれました。
「この街のどこかに赤伯爵と黒男爵が大切にしている壺がある」そうな。

2Fの中央部には開かない扉が。イベント進めてからなのかな? 更に3Fのある部屋に入ると、アリスが赤伯爵の秘書と会話をしている真っ最中でした。伯爵は誰も通すなと命じているのですが、アリスが我が儘を言って秘書を困らせているようです。
結局、伯爵と面会出来ることになり、伯爵の部屋へと向かった主人公。そこで待っていたのは、赤いスーツに身を包んだ小柄な男性でした。

アリスの幸せだけを願っているという彼は、アリスが不自由なく暮らせるように街を造り、悪魔に襲われないように結界を張っているそうな。
結局、伯爵は一方的に自分がアリス好きである事だけを主張すると、多忙を理由に立ち去ってしまいましたとさ。

さて、その後アリスが再登場。伯爵が多忙であることに理解を示したかと思ったら、唐突に「ヒランヤ」が欲しいと言い出しました。へぇへぇ、持ってるのあげましょうね、と思いきや「早く買ってきてね」と部屋を追い出されたので再度入り直し。
ヒランヤを受け取ったアリスはたいそう喜んでくれましたが、更に頼みごとを言ってきました。……「死んでくれる?」と。

いくらなんでもそれは無理、とお断りすると、泣き出した挙げ句、赤伯爵にちくりやがった。・゚・(ノД`)・゚・。
彼女の理屈では「大好きなのでお友達になってずっと一緒にいたい」→「赤おじさんに頼んでゾンビにしてもらう」のようです。一方、赤おじさんは当然アリスの願いを叶えようとするわけで、早速本性を現し襲い掛かってきました。その正体は……魔王ベリアル(  Д ) ゚ ゚

VS 魔王ベリアル
早い話がイベントバトル。戦闘開始からしばらくすると、ロウ君がベリアルがダメージを受けていないことに気付きます。更に、次のターンで強制的に逃走となりました。その間、ヒロちゃん撃沈しちゃった('A`)

満身創痍で脱出した後は、いったんシブヤへ退避。ロッポンギには回復施設がないのです。
態勢を整え直したら再びロッポンギへ。赤伯爵が怖れている壺とやらを探す事にします。

【ロッポンギ】
まだ探索していなかったB1Fへ。もしかすると2Fの開かずの扉の中かもしれませんが、とりあえずこちらから。
宝箱がことごとく爆発するのに耐えつつ壺を探していると、「黒男爵」と名乗る長身の男と遭遇。ひえぇ:(;゙゚'ω゚'): べ、別に何も探してないよ! 本当だよ!?

黒男爵は、初めこそはアリスのために街を復興したものの、今では他の人々にも喜んでもらっている、と自信満々。幸いにして戦闘にはなりませんでした。あぶないあぶない。

ダメージ床だらけの小部屋地帯を抜け、その奥にあった「脇見の壺」入手。その後、再び赤伯爵の部屋へ戻ると、アリスは未だにわんわん泣いていて、それを慰めるために伯爵登場。先程と同じ流れで戦闘に突入します。しかし開始直後、ベリアルは「脇見の壺」に怯んだかと思うと、次の瞬間、壺に封印されてしまいました。直後、アリスも消え去ってしまい……どうなってんの?

事態は更に進み、突如姿を現したのは「ゆりこ」。どういうワケか見た目は30年前のままです。あの昭和臭のするスーツもそのまま。まさか、アリスの正体ってゆりこなの(ちがいます)?

主人公達の困惑は他所に、封印した壺を渡せと迫るゆりこ。主人公達が持っていても危ないから大人しく渡せというのです。
ここで、この選択がルート選択に関係あるかどうかを調べてみたら、ルートには関係無いものの、渡さなければ状態異常を喰らわせられた挙げ句、結局は持ち去られてしまうらしい事が判明。なので大人しく渡すことにしました('∀`)

壺を渡すとそのまま姿を消してしまったゆりこ。気を取り直し1Fへと戻ろうとしたところ、黒男爵が現れました。「君達はどういうことをしたのか分かっているのですか?」って、こええええ:(;゙゚'ω゚'):! アリスの幸福を踏み躙った事におかんむりのようです。

「アリスの笑顔が見たかったがために、アリスに永遠の命を与え、街を造った」という黒男爵に対し、そのために大勢の人々を殺し魂を虜にしたのかと激高するロウ君。すると男爵は「永遠に平穏な日々」を与えるため主人公達に襲い掛かり、それを庇ったロウ君を連れ去ってしまいました。……魂って、まさか魂抜かれてんの!?

ここでロウ君がパーティ離脱。人間は主人公とヒロちゃんだけになります。更に、赤伯爵、もといベリアルを退けたために結界の効力が弱まったのか、ロッポンギ内に悪魔が出現するようになっちゃってました。
そんな中で黒男爵とロウ君を探さねばならないのですが……そうか、ここで2Fのあの部屋に行けばいいのか。

2Fの開かずの扉は、案の定開いていました。中には黒男爵から魂を抜かれた人々の魂がいるのですが、黒男爵は魂を集め、エネルギーに変えているようです。
また、この部屋でロウ君の魂も発見。男爵に操られたロウ君の肉体は街のどこかに居るらしく、男爵を倒さない事には魂が解放されない、とのこと。なるほど、男爵とロウ君の身体を見付ければいいのね。

さて、男爵が居るのはB1F。以前に出会ったあの部屋です。
主人公達の魂も手に入れる気満々の黒男爵は、今度こそ正体を露わにして襲いかかってきました。

VS 堕天使ネビロス
主人公はLV.37。仲魔は「鬼女ターラカ」「鬼神コトシロヌシ」「鬼女ラミア」。
ラミア以外は攻撃要員、ラミアはラクカジャ担当。タルカジャ担当がいないのがちょっと不安です。
とりあえずジオ系で感電する事がわかったので、ヒロちゃんはジオンガを撃つ機械と化してもらいました。

撃破後、ネビロスは「愛する者のために尽くすのがなぜいけないのだ」と言い残し消滅。彼とベリアルはアリスのためにこの街を造り、屍人を住人として操っていたわけですが、そのためには膨大な生体エネルギーが必要だったようです。……価値観の相違って事ですね。人と悪魔の(゜∀。)
ところで当のアリスはどうしたんでしょう。彼女もまた永久の命を与えられていたようなので消滅しちゃったのかな?

戦闘直後、ロウ君の魂が登場。無事解放されたようです。ところが、ロウ君は死後の世界へ行っちゃう模様。え、肉体に戻らないの!?
ボディコニアンになってしまった幼馴染みちゃんの事だけが残念、と言い残したロウ君が消滅した後、入れ替わるように「神の使い」が登場。ロウ君の献身的な魂こそ、神のもとに送るのに相応しい、とかなんとか。ロウ君を天へと連れて行く事を約束してくれました。

そんなこんなでロッポンギから外に出ると、結界が解かれてました。そこで早速、その北西にある「大地下道」へと潜ってみます。

【大地下道】
薄暗い地下道を進んでいると、途中、ロウ君の魂が出現。あれ? 天に導いて貰ったんじゃなかったの(; ・`д・´)?
ロウ君は「警視庁だったビルにあるロボット警官のコントロール装置を何者かが動かそうとしているので、止めて欲しい」と主人公に依頼してきました。現在地点の先を右に曲がるとギンザ、真っ直ぐ行くと警視庁だったビルがあるそうな。

ロウ君とのイベント後、更に先へ進むと、十字路に差し掛かりました。正面と右手側は教えて貰いましたが、左側はなんだろ?
そこで、おそるおそる左方向へ向かってみると……今度はカオス君登場! 久し振り過ぎる!

俺も力を付けてきた、という彼は唐突に勝負を持ち掛けてきます。面白いので受けて立とうとすると、冗談だと躱されてしまいました。えー(´・ω・`)
それはともかく、カオス君は「この先のイケブクロ方面へは絶対行くな」という忠告をしにきたようです。「お前のためを思って言っているから言う事を聞いてくれ」とまで。
そう言われると行きたくなりますが、何らかのイベントに巻き込まれる事は明白なので、今は回避。順路的にはロウ君の依頼をこなすのが先なのかな?

何はともあれ、まずはギンザを目指す事にします。ターミナルあった筈だし。

ちなみに、前述の十字路の側の小部屋には、車椅子の男性がいました。ここで、同時に召喚出来る仲魔を一体増やして貰えることに。あの、できればストック数をもうちょっとですね……あ、まだなのね(´・ω・`)

【ギンザ】
到着しましたギンザの街。入ってすぐ正面にターミナルがあるので、すかさずセーブ。
ざっと集めた情報は以下の通りです。

・トウキョウの4つの方角に鬼が住んでいる。シナガワの悪魔使いが見たことがあるらしい。
・ここから南のシナガワにあるメシア教の大教会へ足を運んでほしい。
・シナガワのどこかにあるらしい「草薙の剣」には秘密があるらしい。
・警視庁だったビルは、昔は警備システムが作動していた。
・海の上に大きな建物が浮かんでいた。
・スミダガワ河口にできた島は、どこからか動いてきたらしい。
・ウエノにガイア教の総本山がある。
・ウエノへは北に行けばすぐだが、現在のトウキョウの地形は滅茶苦茶なのでイケブクロへと迂回すればいい。
・メシア教もガイア教も人を救うと言っているが、勢力争いをしているようにしか思えない。


やっぱりイケブクロには行かなきゃならないのか、と思ったところで続きは次回。

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。