「真・女神転生」(PS)Cルート プレイメモ第7回

PS 「真・女神転生」(PS)カオスルートのプレイメモ、第7回目。旧警視庁ビル~シナガワ~スガモプリズンまで。
LV上げと仲魔確保を兼ねてギンザB2Fを探索。北の方に車椅子の男性がいました。
メモリーボードがあれば仲魔のストック数を増やせるそうなのですが……どこかから取ってこい、ってことね(ΘωΘ)

その後、南のエリアを探索中、モヒカン男が登場。「悪魔使い」のようです。シナガワに行きたいのなら1万マッカ寄越せと脅してきたので断ると、仲魔を嗾けてきました。「悪霊ピシャーチャ」「幽鬼ベイコク」「邪鬼ラケー」の順で戦闘になります。正直弱い。
撃破後、主人公の強さに驚嘆し、勝手に主人公をアニキと呼び始めた悪魔使い。なんとも超展開ですが、彼を撃破するとシナガワへの道を通ることが出来るようになります。

LV.41になったら警視庁ビルへ。LV.41なら「龍王ナーガ・ラジャ」を仲魔に出来るので、道すがら捕獲する計画(ΘωΘ)

【旧警視庁ビル】
地下道からエレベーターでビルB1Fへ。エレベーター出たらいきなりダークゾーンでびびった。
目指す場所は最上階の5F。壊れてセキュリティが仕事をしなくなっている扉を抜け、最奥の部屋へ入ってみると、そこにはマッド・サイエンティストの姿がありました。ロボット警官のコントロールシステムを動かしているようです。

人も悪魔も皆殺しにするのが目的であるらしい男は、主人公達を邪魔者と判断すると、ロボット達(雑魚)を嗾けてきました。それを戦闘で蹴散らすと、コントロール・システムを破壊するかどうかの選択肢が出現。とりあえずYESを選んだところ、警備システムが作動。今度は警備システムとの戦闘に突入です。

VS マシン けいびシステム
主人公はLV.42。「闘鬼ゴズキ」「鬼神オオモノヌシ」「龍王ナーガ・ラジャ」「妖精ホブゴブリン」。
ヒロインはジオンガ、ホブゴブリンはタルカジャ、ナーガはラクカジャがメイン。残りは物理攻撃です。
けいびシステムは複数回攻撃で威力もなかなか高め。一応はジオ系で感電してくれるので、毎ターン先手をとってジオ系を浴びせられれば楽なのですが、たまにヒロインより先に行動する場合があったため、なかなかに緊張感がありました。

戦闘後、残骸の中から「メモリーボード」を発見。これを車椅子の男性のところへ持って行けばいいのかな。
一方、マッドサイエンティストはと言うと、ロボ軍団を壊滅させられ落ち込んでおりましたとさ。

ギンザの地下にいる車椅子の男のもとへ「メモリーボード」を持って行くと、早速スットク上限を2体分増やしてくれました。
それが済んだら、B2Fの悪魔使いが居る先からシナガワ方面へ。

【シナガワ】
メシア教のお膝元となっているシナガワ。各種施設が入口近くでコンパクトにまとまってます。ガイア教寺院はないけどね(´・ω・`)
1Fを探索していると、信者がたくさんいるエリアを発見しました。

・南東の方に地下シェルターがあり、大破壊の時に大勢逃げ込んだが、ミサイルの直撃を受け全滅した。
・メシア教大教会への道は属性がロウでない者には苦難の道。コアシールドがあれば楽。
・ここから南に怖ろしい鬼が住み着いている。もう何人も喰われたらしい。
・「黄金のリンゴ」があるとどんな悪魔も正気に返るが、ガイア教徒に奪われウエノに持って行かれた。
・ガイア教徒は「黄金のリンゴ」を地下に住んでいる怪獣の餌にするらしい。
・私の夫はカテドラルへ行ったまま帰って来ない。


更に、街頭(?)TVも発見。そこで流れていた放送によると……

・遂に神がメシアを遣わされた。その名は「(ロウ君の名前)」

なんですってー(  Д ) ゚ ゚

実はとっくに知ってた、というのは心の内に隠しつつ驚いた振りをしつつ、引き続き1Fを探索。CHAOS属性限定の床トラップにがっつり削られたり、「妖魔ロア」のムドを主人公君が喰らって泣きそうになったり(´;ω;`)主に出費的な意味で。
それらを乗り越えつつ探索を続けていると、ある一室でメシア像を発見。ローブ姿のそれはロウ君によく似た姿をしているようです。更に信者達から以下の情報を入手しました。

・カテドラルさえ完成すればガイア教も悪魔も恐るるに足りない。
・ここにはメシア「(ロウ君の名前)」の像がある。彼は自分の命を犠牲に友人を助け、神の下へ召された。そして間もなくメシアとして蘇る。

あ、やっぱりあれはロウ君だったんですか。わー、すごいなー、おどろいたなー(棒)。

ロウ君の事はさておき、今度は2Fへ。ワープゾーンだらけだわ、1Fへの落とし穴はあるわ、爆発コントかって言うぐらいにトラップ宝箱はあるわともう大変ヽ(゚∀。)ノ それでも「草薙の剣」を無事にゲット出来ました。やたー!

続きましては3F。中央の部屋にてメシアとして蘇ったロウ君と再会しました。なんかとんがったローブを身に纏ってます。
神の力により復活した彼は、地上に永遠の平和をもたらすという「千年王国」を実現するため、救世主として闘うことを決意したそうな。へー、ほー、なんか大変そうだけど頑張ってね……え? 悪魔多すぎて手が回らないから「トウキョウの東に住み着いた邪龍エキドナを倒せ」だって? でっかい身体でカテドラルの破壊を企んでるって……なにそれ見たいΣ(゚∀゚ノ)ノ

平和と勝ち取るため神の名の下に戦ってくれ、とのことですが、そんなん言われてもなぁ。

ロウ君との再会が終わったら、最上階の4Fへ。フロア北側にて、ふとっちょの悪魔使いと遭遇しました。自分の仲魔が一番強いという彼と、案の定、戦闘突入。敵は妖獣ヌエ、幽鬼サウォバク、邪鬼バーベガジの順で登場。それぞれが団体様です。……実はプレイ時にメモし忘れてたので、攻略本を参考にして書いてるのですが('A`)
バーベガジは若干手強かったものの、ジオ系で感電させられたので結局はいつものパターン。勝利後、悪魔使いから「四門の玉」というものを入手しました。なんだこれ。

さて、これでひとまずシナガワ攻略は完了。直後フィールドに出て気付いたのですが、主人公の属性がNEUTRALになってました。アイコンが回転せず左右に揺れてる状態だったのです。しまった、シナガワにカオス寺院が無いからと、回復道場ばっか使ってたからだ(+ω+)
でもまだ修正は効くので、大丈夫……と思いたい。メシア教会さえ利用しなければいい筈なので。

この後は邪龍エキドナを探す旅へ出ることになるのですが、その前に「南の館」で経験値稼ぎ。とりあえずLVを47まで上げて「天魔アグニ」を造ってみました。本当はLV.49まで上げて「龍神ガンガー」を造りたかったんですが、少しずつ経験値の入りが悪くなってきたのでシナリオを進めていきます。
また、「草薙の剣」を精霊シルフと剣合体し「布都御霊」を作成。シルフは合体で造るのがめんどかったので、ラグの店で宝石と交換してもらいました。

気が済んだら今度こそエキドナ探索に出発。エキドナはトウキョウの東にいるってロウ君が言ってたので、とりあえず東を目指せばいいのか、と思いきや、シナガワ周辺のフィールドからは何処にも行けない模様。やっぱりイケブクロ経由じゃないとダメなのね。
イケブクロと言えば、カオス君が来ちゃダメだと言ってましたが、どうせ行くハメになるだろうとは思ってましたとも。ええ。

ギンザ経由で地下道へ戻り、例の十字路をイケブクロ方面へ。するとフィールドに出た直後にイベントが発生し、カオス君が姿を現しました。
カオス君がイケブクロに来ないよう忠告していた理由は、主人公を捕まえなければならなくなるからだったみたい。
結局、忠告を無視した主人公はカオス君に捕まり、「裁き」とやらを受けるハメになりました。

【スガモプリズン】
場面は一転、カオス君に連れて来られたのは「閻魔大王ことヤマさまの裁きの間」。これから悪魔使いである主人公の裁判が始まるようです。
閻魔様の前に引っ立てられた主人公の罪は、古来からある悪魔との契約儀式等々を無視し、悪魔召喚プログラムを用いて悪魔をコキ使ったこと。とはいえ、情状酌量もあるようで、カテドラルの完成を邪魔するのならば許してくれるそうな。

そんな事で良いのならいくらでも、と二つ返事でOKした主人公。それにより、今後はその力をカオスに捧げ、カテドラルを地上から葬り去るまで戦う事を命じられます。早い話が「カオスルートへようこそ!」って事ですな(ΘωΘ)

裁判後、主人公達が無罪になったことに安堵してくれたカオス君。命があったらまた会おうぜ、と何処かに行ってしまいました。
その後はスガモプリズン探索。開始地点は2Fですが、1Fに降りるとターミナルや邪教の館、各種ショップなどの施設があります。人々から得た情報は以下の通り。

・北に怖ろしいが頼りになる鬼神がいる。
・ウエノにガイア大神殿がある。
・ヤマ大王の裁きは公平。悪人とメシア教徒は皆死刑。
・スガモプリズン最上階には特別監獄があるという噂があるが、行った者はいない。そこには悪魔合体の名人が閉じ込められているという噂がある。

フラフラと3Fを探索していると、ニオウ様と遭遇。スガモプリズンを護っているという彼は「罪無き者に用はない」と、やんわりと退室を促してきました。確かロウルートでは戦わなければならなかったような。
無罪放免になったせいか、牢獄がメインのスガモプリズン3、4Fでは大したものは入手出来ないので、大人しくカテドラル破壊への旅に出発しましょう。……あれ? その前に、誰かが東に行って何かを探せって言ってたような……?

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。