「真・女神転生」(PS)Cルート プレイメモ第10回

PS 「真・女神転生」(PS)カオスルートのプレイメモ、第10回目。都庁~カテドラル(地階)~西の島まで。
カオス君の依頼を請け、ラーヴァナの手伝いをすべく都庁へ。

【都庁】
カメさんに乗ってトウキョウの西の端にある都庁へ。下のフロアは水没しているので32Fからのスタートとです。
32Fでは、ターミナルと2基のエレベーターを発見。とりあえず奥のエレベーターに乗ると……あ、45Fまでしか行けないのか。
都庁は左右に分かれていて、32Fのエレベーターがその分岐。最初に乗ったのは右側へのエレベーターになります。右側は鬼女が3種も出現するので、精霊ウンディーネを作る際に重宝しそう(*´ω`*)覚えとこう。

48Fの奥の部屋に入ると「天魔ラーヴァナ」と対面。助力を求めてきたラーヴァナはそのまま仲魔になってくれました。COMPに空きがあってよかった……!

そんなこんなでラーヴァナとの合流後、いったん32Fまで戻り、今度は左側へ続くエレベーターへ。左側はLAW悪魔が多く登場します。
48Fでは、メシア教会風の部屋の中「魔神ヴィシュヌ」と対峙。問答無用で戦闘突入です。

VS 魔神ヴィシュヌ
主人公はLV.67。仲魔は先程仲魔にした「天魔ラーヴァナ」「鬼神タケミカヅチ」「龍神マヤ」「妖獣フェンリル」。
うわっ、フェンリル引っ込めるの忘れてた! けど勝ったから良しとします。
……白状すると、戦闘の詳細メモ紛失しました(゜∀。)

【カテドラル】
依頼を片付けカテドラルへ帰還すると、ようやく内部へと進めるようになってました。ここから本格的にカテドラル探索となるのですが、広くて泣きそう(´Д⊂
B1F中央には聖堂のような部屋があり、カオス君とりえちゃんの姿が。

カテドラルの動力炉を動かしたロウ君に憤慨しているカオス君。更には、B8Fにアスラ王が居るにも関わらず、大天使ミカエルが上級天使達と共に8Fに降臨したとのこと。悪魔が入り込んでしまえば天使もおいそれとは神を呼べないだろうと思いきや、メシア教側は何が何でも神を呼び出すつもりのようです。
こうなったら神を呼び出される前にミカエルを始末する、と宣言したカオス君は、りえちゃんと共に去って行ってしまいました。

イベント後は、何事も無かったかのように探索続行。とりあえず1Fと2Fのマップ埋めを第一目標とします。
1Fの南側にはカテドラルロウの街がありました。カオス街とは違い街中に悪魔が出ないのはいいよなぁ。ちなみにメシア教の人々は、洪水を神の怒りだと捉えている模様。神が汚れたトウキョウを洗い流したのだと考えているようですが……。

1F&2Fのマップを埋めたら、腹を括ってカテドラル攻略を開始。
天使が居る上に行くべきか、味方がいる地下に行くか……とりあえず何か貰えるかもしれないので地下から行くかな。

まずはB2Fにて「魔王スルト」と対面。「カテドラルは間もなくカオス側の手に陥ちる」、とのこと。主人公達の働きを誉めてもくれました。そしてカオス軍を率いているのは「アスラおう」か。ふむふむ。……あれ? それだけ? 他にイベント無し?

探索は後回しにし、そのままB3Fへ。ここのフロアの主は「魔王アスタロト」。主人公達が勝利し続ければ、真の姿を取り戻せるかもしれない、と言ってますが……あぁ、もとは神だったのに悪魔に堕とされたんでしたよね、確か。

B4Fは「魔王アリオク」。でっかいやらグロいやらなのですが、見た目とは裏腹に「何とけなげな」などと優しいお言葉を掛けてくれました(ΘωΘ)

結局、魔王様お三方が共通して仰ったのは、「神の手先に騙されんなよ」ってこと。
その後も各フロアに魔王がいるのかと思いきや、B5F~B7Fは不在で、最下層のB8Fまでせっせと降りるだけでした。

B6Fにはカオス属性以外はダメージを受けるトラップがあるのですが、無関係だと余裕ぶっこいて歩き回っていたら、ニュートラルのフェンリルが凄まじい勢いでHPを削られてしまったので、慌ててCOMPに押し込みました(ΘωΘ)
ここは「コアシールド」を使った方がいいんだろうけど、じきに満月だから勿体ないしなぁ、などと考えつつ進んでいると、通路の途中で突如ルイ・サイファーが出現。

「こんなところで何をしているのだ」って、そりゃこっちの台詞ですよ。……え? 西の島に「魔王ベルゼブブが」来てる? ……な、なんか唐突ですが、情報ありがとうございます。

ベルゼブブの事も気になりますが、とりあえずB7Fへ。地下に潜るに従いマップが狭くなってくるので探索もそれなりに楽です。
黄金の扉の前に行くと、カオス君が登場。この先に「アスラおう」がいるそうです。そして、りえちゃんが主人公に話したい事があるそうなのですが……あれ、なんか既視感。

りえちゃんの正体は「リリス」でした。本当は主人公と自分が新たなアダムとイブになるはずだった、という彼女は、主人公に遠ざけられてしまったが故にヒロちゃんを奪おうとしたものの、結局はそれも適わなかった、と自らの心情を語ると、謝罪の言葉を口にし消え去ってしまいました。もう二度と主人公の前に姿を見せないと告げ、「ベリアルの壺」をそこに残し……って、律儀だなオイ。

一方、カオス君はりえちゃんの正体に全く気付いていなかったようで、「またあの女に騙されたぜ」とボヤき、更には自分が主人公の当て馬だったと知り、いたくご立腹。ま、まぁ、そこまでショックは受けてないみたいね……と思いきや、「少し独りにさせてくれ」だって。やっぱり傷付いてるよこの子(´Д⊂!

カオス君のハートブレイクはそっとしておき、B8Fへ降りた主人公。遂にアスラ王と対面です。
アスラ王は当初カテドラルを破壊しようと思っていたものの、半分は制圧完了したので、完全に乗っ取ってしまう事にしたみたい。それが成功した暁には、ここをガイア教徒のためのガイア大神殿とし、法の神により悪魔へと貶められた古の神々を等しく祀るそうです。

さて、カテドラルを手に入れるためには当然ミカエルを倒す必要があるのですが、かの大天使のもとへ向かうには「デビルリング」なるものが必要。そこで、その材料となる「アリオクの牙」「アスタロトの羽」「スルトの爪」を魔王達から入手し、アスラ王のところへ持って来い、とのこと。

この期に及んでお遣いを頼まれた主人公。ここからはマップ埋めつつお遣いしつつ、1Fを目指します。材料を揃えたら一旦カオス街に戻ってセーブし、ついでに魔王ベルゼブブにも会いに行こう、そうしよう。
まずはB4Fで「アリオクの牙」をゲット。次いでB3Fで「アスタロトの羽」、最後にB2Fで「スルトの爪」を手に入れます。戦闘は発生せず、快く渡してくれる魔王達がなんか優しい。

ここでB2FとB3Fのマップを埋めていて気付いたというか、行き着いたのですが、この2フロアのマップ南側はCOMP使用不可エリアになっていて、特にB2Fはダークゾーンのような見通しの悪い不気味な空間(しかもマップに描かれない)になっている上、少しでも道を外れると穴に落ちるという、探索するのも一苦労なエリアになっていました。
それでも攻略本をチラ見しつつ歩き回った結果「倶利伽羅の剣」を発見。残念ながら既に「ヒノカグツチ」を装備しているので出番はなさげですが……。せめて女性も装備可能だったらヒロちゃんに持たせたのになぁ。

マップ埋め終了後、予定通りに街へ戻ろうかとも思ったのですが、予想外に余力があったので再度B8Fに潜り「デビルリング」を作ってもらいました。これでミカエルのもとへと向かう道が開くそうです。
ただし「デビルリングは悪魔の力の源」らしく、使い過ぎに注意しろとの忠告付き。……い、今頃!?

アスラ王の部屋から出たら、トラエストで脱出。もう地階に用はありませぬ(ΘωΘ)
カオス街で準備を整えたら、フィールドに出てカテドラル西方にある島へ。ぽつんと建った建物に入ると、中はガイア寺院のような佇まいでした。

【西の島】
主人公達をヒヨッコ呼ばわりしつつ姿を見せたのは「魔王ベルゼブブ」。ルイ・サイファーに頼まれていたらしい魔王様は、あっさり仲魔になってくれました。「今後ともよろしく……と言えばいいのか?」だって(*´ω`*)
実は魔王様が仲魔になってくれた時点でCOMPは満員御礼。整理した方がいいかな、とも思いましたが、一応はラストまで行くつもりの面子なので、そのままいく事に。

さて、ここまで来たら残るは上階にいる天使達のみです。次回最終回……に出来るかな?

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。