「真・女神転生」(PS)Cルート プレイメモ第11回(最終回)

PS 「真・女神転生」(PS)カオスルートのプレイメモ、第11回目、最終回です。カテドラル(1~8F)まで。
さて、物語もいよいよ大詰め。今回は8Fのミカエル目指しカテドラルを登っていきます。

地下に魔王達が数体居たのと同様、上階では大天使達が待ち構えているわけですが、実は彼等をスルーしてもミカエルのもとに行けるようです。でも、ここまできて倒さないというのも締まりが無いので、全員薙ぎ倒していきます。まずは2Fのウリエルから。

VS セラフ ウリエル
主人公はLV.71。仲魔は「魔王ベルゼブブ」「天魔インドラジット」「神竜マヤ」「鬼神ジコクテン」。マヤは回復、ジコクテンはタルカジャ要員。
見事に力押しな面子ではありますが、ベルゼブブを仲魔に出来るのはカオスルートだけなので気にしない気にしない。タルカジャを1回掛けただけだったんですが、3ターン目の主人公の攻撃で撃破してしまった……。

次いで、3Fではガブリエル。

VS セラフ ガブリエル
主人公はLV.72。メンバーはウリエル戦と同じ。面倒な事に物理攻撃が効かないようですが、何故か主人公とヒロちゃんの銃攻撃は有効。調べてみたら、状態異常の追加効果のある弾丸はダメージを与えられるんだそうな。
この時の装備はレールガン&閃光弾だったので、効いた上に結構な頻度で金縛りになってくれました。そのため主人公とヒロちゃんのみが攻撃し、残りは防御でもOK。ちょっと拍子抜け。

4Fはラファエル。

VS セラフ ラファエル
主人公はLV.73。仲魔は前と同じ。全体攻撃魔法を使ってくるので、電撃だったり凍結だったりが面倒でしたが、ガブリエルとは違い、物理攻撃が普通に通るのがせめてもの救いでした。

3体のセラフを撃破し、残るはミカエルのみ。4Fから5Fへの階段へ行くには、フロア北にある出口から一旦カテドラル外に出て、南側へと回り込む必要があります。
……あの、もしかして、これってトラエストに影響しない?

地階と同様、5Fと6Fはボス不在。ただし6Fはダメージ床だらけなので、遠回りしたくなかったら「コアシールド」必須。

7Fに到着すると、閉ざされた黄金の扉を開く事が出来ず、カオス君が困ってました。どうやらここで「デビルリング」の出番のようです。
主人公からデビルリングを借り受けたカオス君。指にはめると早速力が湧いてきて、扉を片手で開ける事が出来た……のは良かったのですが、どうも様子が変。リングの力に魅入られてしまったのか、神をも凌ぐ力を手に入れたのだと高笑い。そしてその直後、カオス君の身体が妖しく輝いたかと思うと、不気味な脈動のような音と共に消滅してしまいました。
………………えっ(゚д゚)?

呆気に取られた主人公達の前に姿を現したのは、ロウ君でした。「力のみを追い求めた者が哀れな最後を迎えたようだ」だってさ。
神の御心に背いたのだから当然の報いだというロウ君は、次は主人公の番だと宣言すると、挑みかかってきました。

VS 超人 ロウヒーロー
主人公はLV.75。メンバーは以下略。戦闘が始まるなり、先制攻撃を仕掛けてきます。
戦法はタルカジャ掛けて物理攻撃、という正攻法で。ロウ君はハンマを撃ってくるのでヒヤヒヤしました。
攻撃力も高めで一度につき3回ほど攻撃してくるので、ラクカジャがあると安心かも。私は無かったので怖かった……。
タルカジャを重ね掛けした主人公が1ターンで700近く与えてくれたので、4ターンほどで終了。

戦闘後、これが神の思し召しですかと呟くロウ君。自分は神に選ばれたものではなく、神に捧げられた生け贄に過ぎなかったのだという事に気付いてしまったようです。要は利用されてたって事なのか(´・ω・`)

さて、これで残すところは8Fのミカエルだけになりました、が、ここでちょっと逡巡。いったん引き返してセーブをしておいた方がいいような気がするのです。
まだ探索してない所もあるんだよなぁ……って、クリア後のやり込みがあるならともかく、最終戦を前にして言う事でもないけど。

結局、トラエストで一旦帰還。予想はしてましたが、4Fの外に出ちゃったヘ(゚∀゚ヘ)まぁいいや、帰る前にワープゾーン周辺を探索し尽くそう。
ちなみにその探索中、「妖精センコ」がテトラカーンかけた事に気付かずオート戦闘にしてしまい、壊滅しかけたのは秘密の話。

酷い目に遭いながらも、どうにかカオス街へと生還。ふと思ったのですが、トラエストでのワープ先が4Fになっているという事は、再び8Fを目指す際、ショートカット出来るのではなかろうか……と、いうことで早速トラエストを唱えたところ、予想通り、4Fの北側出口前に出ました。これは便利だ。
そこからはコアシールドと封魔の鈴を使い、ダメージ床と雑魚戦を排除。もうミカエルしか見えてない状態です(ΘωΘ)

8Fにて遂に対面する事となったミカエルさん。主人公を偽救世主と罵ってますが、別に救世主を名乗った事はないのになぁ。
一介のガイア教徒でしかない主人公の最後の決戦が、今、始まります。

VS セラフ ミカエル
主人公はLV.77。仲魔は「魔王ベルゼブブ」「天魔インドラジット」「龍神マヤ」「鬼神ジコクテン」。
ロウヒーロー戦の時と同様に先制攻撃されました。しかも会心攻撃。ラクカジャ使えるのはタム・リンしかいない上、COMP内にいる状態だったので、正直、不安('A`)
それでも物理攻撃は効いたので、いつものようにタルカジャを重ね掛け。ヒロちゃんは回復役でお願いします。

ミカエルは当然ながら攻撃力高めで複数回(最多で6回?)仕掛けてくるのですが、ヒロちゃんのディアラハンとマヤのメディアラハンで回復は十分追い付きました。マハラギオンも頻繁に使ってきましたが、こちらは大して脅威ではなし。メギドラオンはちょっと痛かった。
あとはタルカジャ重ね掛け状態でみんなで殴る、殴る、殴る。ヒロちゃんもマヤも手があいたら殴ってもらいます。

撃破後、ミカエルは自らの力不足で神を迎えることが出来ないことを謝罪し、消滅。
その後はエンディングに突入しますが、例の如く、ここでは割愛させて頂きます。
かなりあっさりしたラストです。後味悪くはないんだけど、「主人公達の冒険はこれからだ!」的な。
……あ、わかりました。とっととNEUTRALルートに入れってことなんですね(゚∀゚)!


以上で、「真・女神転生」CHAOSルートのプレイ記録はお終い。
引き続き、NEUTRALルートをプレイしていきますので、よろしければお付き合い下さいませヾ(*´∀`*)ノ

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。