「幻霧ノ塔ト剣ノ掟」(DS) プレイメモ 第12回

DS 「幻霧ノ塔ト剣ノ掟」(DS)のプレイメモ、第12回。情報収集頼まれ5F探索。

何か進展があるかも、などと密かに期待しつつ再度4Fへ。

【4F】
そういやB1Fで謎の床スイッチ踏みましたけど、あれが実はダークゾーン突破の……あ、やっぱり無関係ですか。押し戻してきましたか。そうですか。

B1Fはまったくの無関係だったらしい事を確認しつつ、何か無いものかと周辺を涙目で探し回ったところ、(E1,N12)西側の壁にて肖像画を発見。あらまぁこんな至近距離にヒントらしきものが。ハハ、ハハハ、ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、

威厳に満ち、圧倒的な存在感を放つ鋭い眼光の老貴族を描いたその絵のタイトルは、

「我から目をそらさずに去れ」

「目を逸らさずに」というからには、絵のある方向を向いたまま移動しろって事だと思うのですが、要するに、後退しつつダークゾーンに突入しろってこと? もしかして。

ダメもとで試してみたところ、珍しくも正解。最初っから後退(十字ボタンの下)で突入したところ、何事もなく進入出来たのです。
その後、(E3,N13)西側の扉を開けると再び明るい通路へ。更にその先の(E4,N14)にあった階段から、いよいよ5Fへ突入となります。

【5F】

「なんだろう。邪悪な気配に満ち溢れている。慎重に進まねばならない」

マジか(; ・`д・´)
そんなメッセージが表示された5Fは、なんとも薄暗いフロア。夜の路地裏の様な様相です。
と、とりあえず扉は無視して左の壁伝いに……って、あれ、あっさり一周してきてしまった。仕方がないので壁伝い戦法は諦め、まずは通路のみを探索してみる事に。

(E13,N21)
久々のNPC登場イベント。お、キャラ絵を貰ってるって事は重要キャラかな? 顔に傷、もしくはタトゥらしきものがある、ちょっとヴィジュアル系っぽい雰囲気を漂わせた女性の登場です。なんかサガフロのアセルス思い出した。

冷たく静かな殺気を放ち、無言で近づいてくる一人の男。値踏みするように、こちらを見つめ。「クリムゾンの手の者では、ないな」問い掛けるような独り言。

……男だった。「冷めた眼差しをこちらに向けている。ひどく血色が悪い」とのことですが、肉喰え肉。
そんな彼との会話で判明した事は以下の通り。

・彼の名前は「スラッシュ」。「同族の処刑者」と呼ばれている。
・「クリムゾン」とは、「鮮血の悪夢」、「デューク・クリムゾン」のこと。
・クリムゾンは闇の眷属の中でも相当の高位に属し、長命の利を活かして様々な能力を身に付けている。
・激闘の末、スラッシュはクリムゾンに致命傷を与えたものの、不覚にも逃げられてしまった。
・スラッシュの与えた傷が癒える頃合いであるため、完全に復活される前になんとかする必要がある。 ・闇の眷属とは、人の血を喰らい、魂を支配する。狡猾にて残忍なる闇の支配者。

なんかちょっと中二びょ……いえ、なんでもありません。続きをどうぞ。

・冒険者達に手伝える事は何もない。スラッシュ以外の者にクリムゾンの相手は出来ない。
・運良く仕留めたとしても、不浄な魂を焼き尽くさない限りクリムゾンは幾度でも復活する。時が経てば肉体が再生してしまう。
・クリムゾンを完全に滅ぼすには「浄化の儀」を執り行うか「浄化の鮮血」にて焼き払うかのいずれかが必要。
・「浄化の儀」は然るべき手順を踏む必要があるため、容易には行えない。準備に手間取っている間に霧散化して逃げられてしまう。ただし、そのような能力(霧散化)を持たぬ者が相手なら有効な手段。
・「浄化の鮮血」とは、闇の眷属の血液に浄化の呪を施した物。それ触れた闇の者は冷たき炎と化し、肉体のみならず不浄な魂も焼き尽くす。
・スラッシュの身体には闇の者の血が流れていて、浄化の呪を施してある。彼に攻撃すれば返り血でその身が滅びる。
・スラッシュは、いざとなれば己の血を使う覚悟がある。
・宿敵を滅ぼすためならば、スラッシュ自身に及ぶ「浄化の鮮血」の害など些事に過ぎない。

とりあえず「クリムゾン」という面倒そうな魔物が居る事はわかりました。で、そいつを完全に倒すには特別仕様のスラッシュさんの血をぶっ掛けるのが手っ取り早く確実な方法であり、スラッシュさんにはそのために自分の身体を傷付ける覚悟もある、と。

が、そうは言っても人外同士の戦いに冒険者達の出る幕はなく、現時点で何か動きがあるわけでもなさそうなので、ひとまず立ち去ることに。するとスラッシュさん曰く、「デューク・クリムゾンに関する情報があれば教えて欲しい。どのような些細なことでもかまわぬ」だって。はいはい。

おそらく、スラッシュさんのために情報を探すのが当面の目的なんだろうな、と考えつつ探索再開。通路を一通り歩き回ってみたものの特に何も無かったので、いよいよ扉を開けての本格調査となります。

まずは南西の区画から探索したものの、短い通路と部屋が2つだけで何もなし。そこで次は北西の区画へと向かい、(E5,N18)西側の扉から内部に進入してみました。

(E3,N20)
謎の美女「ブリュンヒルデ」とここでも遭遇。彼女は「ぼんやりと虚空を見つめている」模様。
さて、今回は一体どんな要求をしてくるのでしょうか。

「この辺りに珍しい木の実があると聞いたのですが、ご存知ありませんか?」

この辺って事は、このフロアにその珍しい木の実とやらがあるって事なのかな?
とりあえずその事に留意し探索を続けます。

(E2,N20)「大きなりんごの木がある」

いきなり発見。やっぱりこの木のことでしょうか? もしもしお嬢さん、目的の木は隣の部屋にありましたけども。
選択肢は「木に登る」「木をゆする」「調べる」「立ち去る」の4つ。とりあえず調べてみると、木の側に立て札がありました。

「おいしいりんご お一人様1個限り 乱獲者には災いあれ!!」

小さな文字で「美人はオマケするよ」って落書きしてありましたけど、これは参考にしない方がいいな(ΘωΘ)
災いあれ、とは物騒ですが、お一人様1個ってことはパーティ人数分の4個までは取ってもいいって事か、あくまで一人が一個しか取っちゃだめってことか。でもこのゲーム、アイテム所持は共通だからなぁ。
何はともあれ木をゆすってみたところ「無駄な努力であろう」だって。ひどい(´・ω・`)

こうなると、後は木登りのみ。「木登り」の補助技能を盗賊が持っていたので、彼に挑戦させてみました。
ここはひとつ、5個いってみようか! セーブしてるから大丈夫大丈夫!

そういう事で木に登り、りんごを採取。景色を眺める事もできますが特に何もありません。1、2、3、4と収穫し、5つ目を取ったところ……「強欲な盗人め!」と天罰がくだり、盗賊即死⊂⌒~⊃。Д。)⊃ 
……わかってます。ロードしてやり直します。

ルールを守ってリンゴを4つ収穫。「酸味が強く歯触りも良い。とてもおいしい」だって。
さっそくブリュンヒルデの所に戻り進呈すると、あと2つ要求されました。いいですとも、4つもあるし。

計3つのリンゴを渡し終えると、お礼に「黄金の腕輪」をくれました。ところでリンゴは何に使うの? 食べるだけ?
……相変わらず、用が済んだらとっとといなくなっちゃうブリュンヒルデちゃん(´・ω・`)

気を取り直して探索を続けていると、重要そうなポイントを発見。

(E2,N11)「教団OZのシンボルが刻まれた扉。なにか強い力で封じられている」

「教団OZ」……ここでその名前が出るとは。B1FでOZの名を持つ狼男が出現してたので、てっきり本拠地は地下だとばかり思ってました。
もしや3Fで入手した「教団OZの指輪」はここで使うのかしら、と思ったものの、違うようです。

それにしてもこのフロア、敵がなかなか強い。量で攻めて来られる感じ(+ω+)
実は既に二度ほど町へと帰還していたりして。

(E5,N13)東側の扉、及び(E21,N13)西側の扉は内側から施錠されていました。こうなると、残りはスラッシュのいる地点(E13,N21)南側の扉しかありません。
(E13,N21)に行くと相変わらずスラッシュとのイベントが発生しますが、それを無視して立ち去り、そのまま南側の扉へと入って行きます。ごめんねスラッシュ、まだ情報見つからないんだ……って言うか、あんたもいつまでもそこに居ないで、探せばいいんじゃないかな( ^q^ )!

(E13,N17)東の扉から入ると「イーストパーク ~宝探しでワクワク体験~」というメッセージ。
えっ、そういうのは4Fの施設じゃないんです? ……と怯えていたら、メッセージはそれだけ。なんだこれ。

(E14,N20)「不思議な光に包まれた空間──」

怪しさ全開なんですが、調べても何も起こりません。本当になんだこれ。
その後(E13,N12)の南側に扉が見えたので、そちらに向かったら……戦闘だ! BGMからしてボス戦みたいです!

VS パールデーモン×1、ナイトメア×4、グレムリン×3
雑魚戦でたびたび遭遇する組み合わせですが、厄介なので気を引き締めていきます。LVは全員12です。

1ターン目は戦士→猛攻、盗賊→隠れる、司祭→呪文封じ、魔術師→攻撃呪文。
戦士は1撃でパールデーモン撃破してくれたものの、司祭の呪文封じはナイトメアには効果がありませんでした。
その後、魔術師の攻撃呪文でナイトメアを殲滅。2ターン目は残ったグレムリンを狩っておしまいです。

どうにか犠牲者を出さずに戦闘終了。ここでボス戦という事は、この扉の先に何かありそう。
が、どうせ挑むのだったら万全の態勢が望ましいので、今回は他の場所を探索してみることに。

(E12,N17)「ウエストパーク ~きっと見つかる 大切なもの~」

大切なもの? ……そう言えば失せ物探しのクエストがあったなぁ。まさかここにあるのか?

(E12,N14)「意味ありげな洞窟───」

洞窟を調べると、ウサギがピョコピョコと穴から出現。そして気付いた時には、ウサギの群に周囲を包囲されていました。
そして戦闘突入。敵はもちろん「キラーラビット」('A`)

VS 「キラーラビット」×9が4組
多いよ! そして何故か「死神のささやき」を使った後、ほんの数秒フリーズしたんですが……あれは一体((((;゙゚'ω゚')))) 無事に復帰したから良かったですが。
肝心のウサギ共については、次ターンで核撃唱えたら一掃できました。よかったよかった。

戦闘後に「不発弾」入手。まさしく「なんだこれは!」状態。
そう言えば「キラーラビット討伐」ってクエスト請けてたから、それの証明アイテムか。よし、町に戻って報告だ。

【町】
町に戻ってついでに店を覗くと、「NODACHI」と「高品質な鎖帷子」が入荷してました。とりあえず「NODACHI」を買っておきます。両手剣だけど、戦士に装備させない手はない。

その後ガーラント卿に「不発弾」を渡してクエスト完了。すると新クエスト「ドルイド技能訓練許可試験」が発生してました。
「ドルイド技能の訓練に値する冒険者の存在を確認するため」の課題とのこと。地下訓練場でやるようですが、一応請けておこうかな、と決めたところで続きはまた次回。

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。