「幻霧ノ塔ト剣ノ掟」(DS) プレイメモ 第17回

DS 「幻霧ノ塔ト剣ノ掟」(DS)のプレイメモ、第17回。王様に謁見しつつ6F探索。

ゴブリンの子供への薬を準備し、6Fのブリュンヒルデのもとへ向かいます。

【6F】
ゴブリンの子供への投薬実験開始。干し肉と、解毒剤は与える事すら出来ませんでしたが、「万能薬」はOKでした。これが正解って事ね。
おいしそうに万能薬を飲むゴブリンの姿に、冒険者が「かなりひどい味のはずだが、味覚が違うのであろうか」などと感想を抱いていたその時、元気になった子供ゴブリンがブリュンヒルデを襲撃。げっ、恩を仇で返しおってからに! 所詮は敵対種族か!

が、ゴブリンは見えない何かに弾き飛ばされ、そのまま逃走。襲われたブリュンヒルデは……なんだか寂しそうです(´・ω・`)
この後、彼女は御礼に「帰還の指輪」をくれました。躊躇いがちにくれたって事は大事なものなんだろうになぁ。「帰還の呪文を封じた指輪」だそうですが、使ったらなくなっちゃうタイプのかな?

(E2,N11)東側、鍵のかかっていた扉を「広間の鍵」で開錠。中はこれまた広いホールです。天井が高いせいか、なんか不安になってきたので、壁伝いで歩きます。またど真ん中にトラップあったら嫌だしね。
左の壁伝いに歩いていたところ、ホールの中ほどでいきなりボス戦! なんでこんな端っこで∑(゚ω゚;)!

VS ゴブリン少佐×1、ゴブリン少尉×4
構成からもわかるように普通の雑魚戦と変わりませんでした。寧ろ雑魚戦より数が少ない分、楽だったかも。

ホールを抜け、更に東の部屋へ。正方形の室内の壁には、それぞれ1つずつ扉があります。
とりあえず真正面(東側)へ向けて歩いていたら、部屋の中央(E10,N11)がスイッチ床になっていたらしく、「カチッ」と例の音が。こ、今度は一体何が起動したのか、それとも停止しちゃったのか(´Д⊂

気を取り直し東の扉へ向かうも、強い力で封印されて開かないでやんの。もしやスイッチ踏んだからロックされちゃったのかな('A`)
仕方ないので北側の扉に行くと、こちらは開いていたので、その先を探索します。結構広い。

(E6,N14)「なんだろう? 一瞬ではあるが、何か強い力を感じた」

これは部屋中を調べるパターンだろ、とチマチマ部屋を調べていると……うわ、ボス戦!?

VS 霧の巨人×1、雲の巨人×3、雲の巨人×1
巨人一族が登場。フロアボスかな? HPが高く、ドルイドの核撃1回では倒せませんでした。パラディンにも攻撃呪文使わせといてよかった。

戦闘後「霧の瓶詰め」入手。あ、討伐クエストだったんか。
その後は特に何も無かったので、再びスイッチ床の部屋へ。が、未だに北の扉以外は全てロックされた状態で、最初に入って来た筈の西の扉すら閉ざされているという事は、やっぱりスイッチ床が原因っぽいです。
そこでもう一度、床をカチってみたところ、今度は東側の扉がオープン。短い通路の向こうに扉が見えたので、そちらに向かっていたその時。

(E14,N11)「ばかでかい足が、進路をふさいでいる」

なんだこのシュールな光景。調べようと近付くも、蹴り飛ばされ、よりにもよってスイッチ床の真上に着地ってどういう事なの。

ここであれこれスイッチを試した結果、解ったのですが、このスイッチ床、どの方角から床に乗るかで開く扉が変化するようです。西から乗ったら北の扉が開き、北から乗ったら東の扉が開く、といった具合。
こうしてスイッチ床の謎が解けたのはいいのですが、それ以上の収穫はなし。やはり例の転送装置がカギのようです。

(E16,N8)の転送装置の部屋へ。さっきは青い宝石のみ消しましたが、今度は素直に順番通りやっていきます。
全部光らせている場合はワープしないので、まずは緑だけ消すパターンから始めてみると、3F(E20,N5)に飛ばされました。しかもそこは「鳥の巣」とのメッセージ。

調べると、周囲に美しい羽根が散乱している事が判明。これってまさか巨大な鳥に襲われちゃうとかそういうフラグでは、と怯えていたところ、「クジャクの羽根」を入手しました。
「やわらかな肌触りの美しい羽根。くすぐるのに最適」だそうです。
……くすぐる? まさか、あの足を?

3Fに叩き落とされたついでに、一度町に戻ります。一方通行のワープはほんとに面倒だなぁ。
再度6Fに戻った後は、転送装置の行き先をチマチマと検証。宝石のパターンを変える→ワープする→周囲探索する→町に戻る→6Fの装置まで行く……を繰り返した結果、以下のようになりましたとさ。

【転送装置行き先まとめ】
→行き先:備考 / ○→光・×→消
○○○→ワープなし
○○×→B1Fの(E13,N11):(E17,N11)で「大地の貴石」入手
○××→2F(E17,N6)
×○○→3F(E20,N5):同座標で「クジャクの羽根」入手。
××○→5F(E3,N8):(E3,N9)で「黄金の貴石」入手
○×○→1F(E16,N11)
×○×→4F(E4,N9):(E1,N6)で「魔術師の記憶」入手。(E2,N7)から(E5,N4)へワープ。
×××→6F(E21,N17)

各転送先で特筆すべき事と言えば、赤い宝石のみを光らせた際にワープする4F南西部。
ここは連続小部屋地帯になっていて、ワープやら回転床やらトラップやらが配置されているので、慎重に進んだ方がいいです。

また、(E5,N4)は壊れたおもちゃが散乱する部屋になっています。それだけでも十分ホラーなのですが……

「突然、一体の人形がむくりと起きた。つられるように他の人形達も。次々と。立ち上がる」

こんな感じで、押し寄せてきた人形達との戦闘になります\(^o^)/

VS ジャンクドール×4、ジャンクドール×6、ジャンクドール×4
見事に奇襲されました_(:3 」∠ )_ いきなりSAMURAIが麻痺&毒を喰らって大弱り。その上、通常探索時にエンカウントする「ジャンクドール」よりも能力値が高いようで、攻撃呪文が効き難い模様。
とにかくステータス異常を仕掛けて来るのが厄介で、前衛が眠らされた挙げ句、ボコボコにされて大変でした。どうにか勝ちはしましたが、パラディン死んじゃってた(´・ω:;.:...

戦闘後、「ドールアイ」入手。あれ、これクエスト請けてたっけ?
どうやら討伐依頼を請ける前でも討伐アイテムは入手出来るみたいですね。知らなかった。

町に帰還。ギルドにてクエスト「ジャンクドールの討伐」が発生していたので、とりあえずクエストを請け、そのまま地下のガーラント卿に「ドールアイ」を渡してクエスト完了(ΘωΘ)
次に2Fの賭博場へ向かい、おっちゃんに「黄金の貴石」を渡してこちらもクエスト完了です。

さて、この時点で請けているクエストは「古語呪文の探索」&「うせ物探し」。
攻略サイトさんを参照したところ、前者に関しては、「魔術師の記憶」を、B1FのZ-LXXXに渡せばOKっぽい。ほぼノーヒントじゃないのかこれ('A`)

後者についてはもっと大変で、「目的のものは1F~3Fの床に落ちているはず」、というの依頼者の説明が、そもそも間違っているというオチでした。
実際は、5、6Fの敵が落とす「帰還の指輪」か「回復の指輪」を、1Fにいるサー・エメラルドに渡せばいいそうな。なんだそれ。
一応「帰還の指輪」は現時点で持っていますが、これはブリュンヒルデから貰ったんだから、あげませんよ。

そんなこんなで、まずは「古語呪文~」の方から片付ける事に決めた一行。
ついでにクエスト「影の舞人の討伐」も請け負っておきましたとさ。

【B1F】
B1F(E8,N18)にて、「Z-LXXX」と対面。「魔術師の記憶」を一つ渡すと、彼の記憶に間違いないようです。
その後、選択肢で「知識を求めて」を選ぶと、「悪魔を滅する呪文を伝えようぞ」と言ってくれたのはいいんですが、会話はそれだけで終了。本当に教えて貰えてるんだろうかと、一抹の不安がだな('A`)
ギルドに戻って報告した際、ヴァンターユさんも「よくわからんが、まぁ良いのであろう」だって(´・ω・`)

ここで「大地の貴石」のクエストが発生してたので、すぐに賭博場へと石を渡しに向かい、こちらもクエスト完了。
すぐさまギルドへ報酬を貰いに行くと……うわっ、またなんか色々発生してる! なんだこの忙しさ!
今回は「八の領域の古語呪文の探索」「八の領域の神聖呪文の探索」「九の領域の神聖呪文の探索」の3つが発生してました。

とりあえず今回は「古語呪文の探索」を請けておきます。内容は「八の領域の古語呪文」……つまりLV.8の古語呪文を探しましょう、って事らしく、実はこれもZ-LXXXのおっちゃんに教えて貰えばいいそうです。
一方、神聖呪文のクエストについてですが、まだちょっと解らないので今回は保留で。

やるべき事がまた増えたので、早速地下に……行く前に、これまで先延ばしにしていた「SHINOBI技能訓練試験」を済ませておく事にしました。技能を習得させる予定が無かったもんだから、これ一つだけ残ってたのです。

地下訓練場にて、いつものように盗賊と戦士の像を光らせた後、北西の試験エリアへ向かいます。
途中見付けたスイッチはすべてONにしつつ、マップを埋めるつもりで隠し扉を探索していくと、最終的に、どうしても埋められない場所が1マスだけ出て来てしまいました(´・ω・`)
実は、ここに入るための隠し扉は通路側に存在しています。そのため、通路側から回り込み、中に入ったところ、晴れてクエスト完了となりました。

さて、連続でクエストやって疲れてきたので、いい加減本編を進めます。
でっかい足を「クジャクの羽根」でこちょこちょしてみるワケですが……本当にその戦法でいいのか。

大広間を通っていると、またしてもボス戦。登場したのはまたゴブリン達でしたが、これ、もしかして塔を出るごとに復活するとか、そういうやつ?

疑問を抱きつつもスイッチ床を経て、(E14,N11)のでっかい足へ。「クジャクの羽根」を使ってみると……あ、本当にくすぐった。
くすぐられた足は、「いやーっほっほっほっほ…」とけたたましく笑って消滅。一体何だったんだ。

扉の向こうは……これはまた大広間(;´Д`)とりあえず真っ直ぐ行くか、と思ったら、途中でまたボス戦です。
襲ってきたのは相変わらずゴブリン達ですが、ここって連中の巣なのかな?

VS ゴブリン将軍×1,ゴブリン少佐×1,ゴブリン少尉×4、ゴブリン軍曹×7
通常の雑魚戦時と同じ要領でいけます。ちょっと軍曹の数が多いくらいでした。

この先に何が……と思って進むと、ほんの二歩ほどでまたボス戦。
やっぱりゴブリン達のアジトっぽいな……。

VS ゴブリンエリート×5
甲冑に身を包んだゴブリンです。攻撃力が高めですが、核撃で一掃できました。

とりあえず広間の奥へ向かいます。扉も何も見当たりませんが、たぶんイベントでもあるんでしょう。これで無いなら泣くぞ。

(E21,N11)「豪奢な椅子にゆるりとかけ、デカタンの香りを発散させている一人の男。彼こそが、ゴブリンキングに違いあるまい」

キャラ絵付きのNPC登場。どうみても人間っぽく、しかも男前。ところでデカタンとか書いてるけど、デカダンの間違いじゃないのか自分。
そんなゴブリンキングはなんだかアンニュイ。とりあえず話してみたのですが……得た情報は以下の通り。

・ティルフィングについての情報を与える訳にはいかない。彼奴の怒りを買う。
・彼奴の弱味が炎であるという事を教えるわけにはいかない。
・彼奴はこの上の階にいる。ここより北に七、西に六の辺り。
・七階へ行く階段は無いが、転送機を反極させれば行く事が出来る。

この王様なかなかの曲者で、「教える訳にはいかない」と言っておきながら、側に仕えている老ゴブリンに発言内容を確認するという体で、情報をベラベラ漏らしてくれます。焦りを募らせた挙げ句、だんだん涙目になる老ゴブリンが可愛い。

さて、肝心な転送機を反極させる方法についてですが、これに関しては情報が無いようです。仕方ないので立ち去ろうとすると、王に呼び止められ、「褒美はやるから、私のため一働きしてもらいたい」と持ち掛けられました。どうやら革命を企てている連中がいるらしいので、それを始末しろ、だって。
まぁいいか、なんのかんので情報くれたし。

この後はその反乱分子を探し回ったのですが……探し当てるのに一時間ぐらいかかりました(´;ω;`)
場所は、一番最初に転送機で飛んだ地点(E21,N17)から南へ向かった周辺。あの時は何も無かったんですが、どうやらゴブリンキングに謁見するのがフラグだったみたい。
いや、早く根を上げて攻略サイトさん除けばよかったんだけどね。ここんところ、攻略見てばっかりだったからね。本編ぐらいは自力でと思ったんだけどね(´Д⊂

(E20,N13)「ゴブリン達が集会をしている。」

「革命万歳!」と叫んだ連中と唐突に戦闘。何の前振りもないんかい。

VS ゴブリン少佐×1、ゴブリン少尉×3、ゴブリン軍曹×3、ゴブリン軍曹×5
まずSAMURAIがゴブリン少佐を一撃で屠り、次にドルイドが核撃唱えたら終了してしまいました。こうすんなりいくパターンは、意外と珍しい。

反乱分子を鎮圧するも、特に入手アイテムも無し。後はゴブリンの王に報告するだけなのですが、このエリアからの脱出口はシュートしかなく、ちと不便。
5Fに落ちたついでに、いったん町に戻る事に決め、続きはまた次回に。

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。