「KING'S FIELD」(PS) プレイメモ 第4回 帰れない詩人と胡散臭い王様

PS 「KING'S FIELD」(PS)プレイメモ、第4回目です。

前回に引き続き第2層のマップ北東部を探索していきます。「王家墓所」のあたりです。
セーブポイントのある洞窟を出て、通路を西へと歩いていると、また洞窟がありました。
洞窟内にて壁に書かれたメッセージを発見。「救いの手を ハインツ」……って、紛れも無いSOSだこれ。
手遅れになってなきゃいいのですが、この辺、「マンイーター」がウロついてるからなぁ(゚ω゚;)

今頃は地下牢の番人の如くモグモグされてるかも、と最悪の事態を想像しつつ奥を目指すと、どこからともなくポロンポロンと楽器の音が。そして、地面に座り込んでいる人物を発見しました。詩人風な身なりですし、彼がハインツさんかな?

・万病に効くという「竜王草の実」と私の竪琴を交換して欲しい。
・竪琴の奏でる音色には不思議な力がある。きっとあなたを導いてくれる場所があるだろう。

声を掛けたが最後、彼も賢者様同様、強引に「竜王草の実」と「竪琴」を交換しやがりました。ジャンさんの意志など有って無いようなもの。
その他の情報はこんな感じです。

・武器も持たず、王の兵でさえ歯が立たなかった魔物がいるこの場所で私が出来る事と言えば、ここにじっとしていることだけ。
・強い魔除けの効果を発揮する物があると聞く。それがある所へは竪琴でも行けない。
・北側の戦士の墓の奥に魔導士の土の神殿がある。何のために造られたものか解らないが、そこへ行って目が見えなくなった。

なるほど、目が見えないから「竜王草の実」が欲しいのか……って、戦士の墓所からこんな所まで、その状態でどうやって来たのよ。よく無事だったね。
ともかく、ハインツから入手出来る情報はこのくらい。「竪琴」も貰った事ですし、私は「緑竜の杖」で帰るとするか。悪いなハインツ、この杖一人用なんだ!

詩人で思い出しましたが、以前エリックが「詩人が何もない所を歩いていた」という内容の事を言ってました。おそらくハインツさんの事でしょう。
そうなると、この竪琴の効果を確かめてみたくなるお年頃。セーブした上で、魔法陣の南にある断崖へと向かってみました。

崖の前で竪琴と鳴らすと、ダカダカと石の橋が出現。しばらくすると再び消えてしまうので急いで渡ります。
渡った先には開かない宝箱が2つ。開けようと試みたものの、手持ちの鍵は全てダメでした。
そこから更に奥へ進むと魔法陣を発見。おそらく第3層に繋がっていると思われますが怖いからまだやめとこ。

その後、回復&アイテム整理のため第1層へ。するといきなりBGMが変化していました。間違って第3層に来たかと思った。
一体何がフラグだったのか……竪琴の使用かな?

BGMはさておき、営舎に戻りバスクさんと会話。人を丸ごと飲み込んでしまうという「ヘッドイーター」の話が出ました。
何でも人の精気を吸い込みどんどん巨大化しているというのですが、これって巨大ヘッドイーターの出現フラグとかじゃあるまいな。

その後、教会に向かい司祭様&オジーさんからも情報収集。

・墓所の中には聖職者が造った祈祷のための部屋がいくつもある。そこを訪れたら祈りを捧げなさい。
・ジャンの母親は王族の出身で、それは綺麗な人だった。
・兵士と一緒に吟遊詩人が下に降りて行った。
・長い間番人をしているが、知らない間に洞窟や部屋が造られている。王から頂いた地図では行けない所が増えた。

この口振りだとジャンさんのお母上は既に故人なのかな? そして吟遊詩人の身を案じるオジーさんですが……あれを無事と言ってもいいのだろうか。とりあえず、まだ生きてはいる。
そんな事より、何故「番人の地図」が不完全なのかがここでようやく判明。後から造成された部分が多いんですね。
……あれ? でも、竜の神殿は昔っからある筈なのに、書いて無かったような。

気を取り直し探索の続き。前回突破に失敗した矢のトラップが心に傷を残しているので再挑戦。
地下牢経由で行くのは面倒なので、北側の騎士・戦士墓所方面から進入します。

ブスブスダメージを喰らうも、薬草などで回復しつつ一気に進んだところ、直ぐに最奥の袋小路へ到達しました。その突き当たりにあるスイッチを押すと矢は完全停止。よしよし。
……こんなにあっさり終わるんなら、最初っから回復しつつ挑戦すれば良かった_(;ω; 」∠)_

ちなみに付近の宝箱の中身は「幻の杖」と「ブラッドストーン」。
後者の宝箱は「地下牢の鍵」で開ける事が出来ます。

トラウマを克服した後は、ハインツが教えてくれた「魔導士の土の神殿」へ。場所は北にある戦士墓所の奥、とのこと。そういや北西は探索したけど北はまだだった。
それにしても、ハインツがそこで盲目にされたというのが気になります。ただのステータス異常の事だと良いのですが。

言われた通りの場所へ向かうと「クレイゴーレム」×3が護る宝箱を発見。護るというか同じ部屋を徘徊してるというか。
宝箱の中身は「土の封印石」でした。「水の封印石」もそうですが、一体何に使うんでしょう。土、水ときたら風や火もあるのかな?

ところで、「土の封印石」回収後も、しばらくは周辺の魔物を倒したりアイテムを回収したりと神殿近辺をウロついていたのですが、結局盲目になる事はありませんでした。以前ファントムに触った際に「DARK」になった事があるのですが、それを考えると、やっぱり敵の攻撃によるステータス異常の事だったのかな?

重要アイテム(たぶん)を入手したのでひとまずセーブ。そして再び第1層に戻り、アイテム補充のついでに司祭様やオジーさんから情報収集しておきます。
なんか頻繁に第1層に戻ってますが、重要アイテムを取ったりイベントが進んだりなどした際は、いったん第1層の営舎に戻るのがクセになっているようです。
が、ちょっとの進展でも新情報が出たりするので、それはそれでいいんですよ。うん。
今回はオジーさんからの追加情報がありました。

・3層の「風の迷宮」はこの墓所が「竜の神殿」だった時よりも古い時代からあり、もともと闇の者が徘徊している。
・「風の迷宮」の闇の者達は風の魔法を使うらしい。
・賢者から聞いたが、魔法は使うほどに魔力が増すらしい。
・早く魔物が消滅してくれないと何も出来ない。地上への魔法陣も封じられてしまった様なので困ったものだ。

「風の迷宮」か。魔法ということは遠距離攻撃してくるって事ですよね(´;ω;`) リザードマンみたく。
魔法と言えば、魔法で戦っていると「魔力が上がった」というメッセージが出る事があるので、三番目はきっとその事でしょう。
連続攻撃してくる敵の場合、魔法を撃ち込み怯んだところを斬り付ける戦法をやっているので、そこそこ使ってるとは思うんですが。やっぱり魔法剣みたいなの買った方がいいかな。

地上へは戻れない状態であるらしいという事実に若干狼狽しつつ、第2層へ。実は、地上には戻れないんじゃなくて、ジャンさんの強い意思で戻らないだけだと思ってたのです。おてんとさまが恋しい(´;ω;`)
それはともかく、大体の所は一通り調べましたが、竪琴を使って渡るのであろう箇所が幾つかあったので、そこを調査してみます。

ここで改めて王家の墓を暴きに行ってみると、長い橋の先にある宝箱に「ヴァータイト」という石が入ってました。効果は魔力が1上昇するそうです。今は大事に取っておこう。貧乏性。

また、王家の墓にはもう一つ宝箱があるのですが、そこへ行くには断崖を越える必要があります。が、奇妙な事に、そこには竪琴を鳴らしても橋がかからないのです。
普通に行っても死ぬだけだしなー、何か別のアイテムが要るんかなー、などと思いつつ、セーブしたばかりだった事もあり、なんとなく断崖へと足を踏み出してみたら……あの、普通に歩いて行けたんですが(゚д゚) バグ? 仕様?

宝箱の中身は「月の魔除け」でした。そういえば詩人君が「強い魔よけの効果を発揮する物がある」云々言ってましたっけ。ただし「それがある所へは、竪琴をもってしても行けない」という話でもありましたが、必要なのは勇気だったって事ですね(゜∀。)!
それにしても、本当は落ちて死ぬ気満々だったのでかなりビビりました。実のところは俗に言う「デスルーラ」のつもりもあったんですが、相変わらずこういう悪運は強い。
ちなみにこの「月の魔除け」は装備品で、防御力が10上昇します。

この後は、買い物ついでに第1層の営舎へ。今回のバスクさん情報は、

・リザードマンという魔物の攻撃には気を付けろ。
・連中は剣に毒を塗っており、待ち伏せをしたりもする。

待ち伏せというよりは、見つかったら直ぐに火の玉吐いてくる印象です。

さて、ここでお金もずいぶん貯まったので、ギルの店で「ファイアメイル」を購入。大奮発です。これがあれば炎魔法のダメージが少しは軽減されるんじゃないかな?
……そう、次はいよいよあの宝物庫を暴きに行くのです。怖いけど(´;ω;`)

宝物庫内のリザードマンは計4体。かなり遠くからでも火の玉を放ってくるのが厄介ですが、火の玉は気にせず一気に近付き、魔法で牽制したところを斬り付けるという、まさしく脳筋戦法。
ただし、1体を相手にしてる間も容赦無く他の奴等が火の玉浴びせてくるのでそれが辛い('A`)

入手アイテムはリザードマンが落とした「ナイトブーツ」、そして部屋の中央奥にある宝箱は……鍵がかかってて開きませんでした。手持ちの鍵を全種試したけどダメ。
他にもそういう宝箱があったので、別の鍵があるのかなー。何せよ、また来る必要があるみたいです。

さて、第2層で今やれる事は片付けた筈なので、いよいよ第3層に向かいます。敵強いだろうな……。

【第3層】
やってきました第3層。LVは16です。適正なのか上げすぎなのか。
どっかで聞いた事のあるBGMだと思ったら、タイトルデモの曲のロングバージョンという感じ?
まずは右手から行くか左手から行くかですが……すみません、セーブポイントの場所だけ確認させてね( ^q^ )

広い通路に出ると、いきなり火の玉ぶっ放してくる動く石像戦士「リビングスタチュー」が。あとクレイゴーレムも徘徊してるわファントムも浮いて笑ってるわと実に賑やか。基本、ヘッドフォン付けてプレイしてるので、死角からのファントムの笑い声はかなりビビります。

セーブポイントのある部屋の前に到達すると、兵士らしき人がウロウロしてました。まさか生存者かと思ったら、第2層のセーブポイントに居たエリックのようです。どうやってここまで来たのよ。

・ここは前々王「ランドルフ8世」の墓所。宝がたくさんあるが魔物が多くて回収出来ない。
・「祈りの塔」には入れない。司教様が地下から溢れる魔物を抑えるため4つの属性による封印を行った。
・「祈りの塔」の先は魔導師のダンジョンに通じている。
・4つの属性というのは、水・火・土と風。前々王は火の属性、賢者は水の属性。
・4つの属性の力を封印石で塔へ流している。
・以前は第4層への魔法陣も使えたが、今はそこへの通路を魔導師に閉じられてしまった。
・この付近にも別の魔法陣があるが、出て来た者を見た事がないので、絶対に入らない方がいい。
・前々王は魔力が強く、前王や今の王も怖れていたらしい。だが兵や民には優しい人物だった。
・魔導師のダンジョンはとにかく広い。何種類ものゴーレムがいる。
・第4層の魔導師と「ブラックナイト」は前王の側近。前王が死んだ際、自分達は死んでもいないのに、各々の墓所を造って住み着いた。
・お互い命を大切にしよう。

かなり興味深い情報が。ええと、前々王が「ランドルフ8世」で、このフロアにそのお墓があるのね。そして前王の側近には「魔導師」と「ブラックナイト」の2人がいて、前王亡き今は、自分の墓を造ってそこに引き籠もっている、と。

とりあえず方針としては、
火&風の封印石を集める→「祈りの塔」の封印を解く→魔導師のダンジョンへ向かう
……という感じでしょうか。そして魔導師を倒し、第4層に繋がる魔法陣へと行けるようにすればいいのかな。
とりあえず現時点では水と土の封印石を持っているのですが、残り2つはおそらくこの層にあるんでしょう。

ところで、これまでは超怪しいと思っていた今の王ですが、実は前王の方が胡散臭いみたい。と、いうか、前々王と前王、今の王の3人は血縁関係があるんじゃ無いのかな? 祖父→息子→孫みたいな。

まだまだ謎は多いですが、とりあえず続きは次回。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。