「KING'S FIELD」(PS) プレイメモ 第6回 「ブラックナイト」(名前のみ登場)

PS 「KING'S FIELD」(PS)プレイメモ、第6回目です。

前回、生きてるのかどうかも定かでない前々王「ランドルフ8世」から、さりげなく前王討伐を言い渡されたジャンさん。
今回は「風の封印石」の入手を目指します。おそらく、たびたび話に出ていた「風の迷宮」にあると思うの。たぶんね。
「風の迷宮」が広がる南東エリアへは、「祈りの塔」の入口前広場東側から行けそうです。そこで早速行ってみるも、その入口は高い場所にあり、広間側からは進入不可でした。おそらく「風の迷宮」側からの一方通行と見た。
そうなると、前々王の墓所を経由して行くしか無さそうです。一応「ランドルフ8世」にご挨拶したものの、台詞に変化はありませんでした。ちぇ。

墓所の南東から南へと延びている通路を進み「風の迷宮」と思しきエリアへ。途中にあった壁のメッセージには「風の刃に気を付けよ」と記されてました。やっぱり遠距離攻撃されるんだろうな。
直後、さっそく第一迷宮人発見……と思ったら、ただのリザードマンだった。ちっ。

ひたすら左手法で南下していると、また壁メッセージ。「ストーンフェイスは倒せぬ」、だそうです。
倒せぬって事は無敵って事なのか。面倒臭そうなのがいるっぽいですね('A`)

その後しばらく進むとセーブポイントを発見したので、そこを拠点に探索。アイテムを回収しつつ奥を目指していると、東西南北に道が分岐している空間へ出ました。
南の道からやって来たジャンさんが地図で確認したところ、北へ進めば「祈りの塔」の南広間に出るみたい。さっき見掛けた一方通行の出口がきっとそうですね。
そうなると残りは東西の道ですが、東の道は袋小路の上、何も無かったので、覚悟を決めて西へと進みます。

西の道を進むと、何やら衝撃波のようなものがビュンビュン飛んでいるトラップが。更に近付いてよく見てみれば、その衝撃波は壁に掛かっている巨顔から吐き出されていました。
この衝撃波が「風の刃」で、でっかい顔が「ストーンフェイス」って事でいいのかな。つまりは壊せないトラップ装置なのね。

それにしてもこのトラップ、吐き出され続ける刃の向こうに宝箱があるのがいやらしい。セーブポイントが比較的近くにあるという事もあり、どの程度ダメージを喰らうのか試すつもりで突っ込んでみたところ……あれ、思ったより喰らわなかった。これ余裕だわ。
ちなみに宝箱の中身は「竜王草の葉」でした。

そうと解ればゴリ押し上等。行けそうな所は「風の刃」を無視し突っ込みまくるという、猪突戦法炸裂です。
「風の迷宮なんて怖くないやい」と調子に乗って徘徊していると、これまで見た事のない、悪魔的な姿の魔物を発見してしまいました。攻略本によれば「ブルーデーモン」ですって。び、びびった。
ちなみにこのブルーデーモン、リングスライサーのようなものを飛ばしてきます。「風の刃」よりこっちのが厄介。

探索を続けていると、迷宮の南に墓所を発見。その東西には隠し扉があり、西には更に隠し通路がありました。
通路の終点は、ブルーデーモン×3がウロつく小さな墓所。宝箱も確認出来ましたが、進入するなりリングスライサーが複数飛んで来たので、開けるどころじゃありません。接近してしまえば飛び道具も放って来ないので、一体ずつ撃破しました。ちょっと怖かった。

宝箱の中身は「タワーシールド」で正直拍子抜けでしたが、ブルーデーモンが「風刃の腕輪」を落としたので良しとします。
これ、名前からして風系のダメージ和らげてくれるんじゃないかな、と思いきや、和らげてくれるのは炎系かよ。
それにしても、肝心の「風の封印石」はどこにあるのやら……。

その後、風の刃の飛び交うあたりを再探索していると、ありましたありました「風の封印石」。これさえ手に入れば後は帰るだけ……などと言いつつも、念のために攻略情報でアイテムの取り漏らしを確認したところ、「ブラッドマスク」というものが。名前からしてアレですが、念のため入手し効果などを確認したところ、やはり装備ペナルティ有りでした。あぶなかった。

この後は「風の迷宮」を脱出し「祈りの塔」の南広間へ。念のためセーブをしておきます。
そう言えば、エリックに忠告されていた事もあり魔法陣から南の方はまだ探索していませんでしたが、封印石を全部置いたらちょっと行ってみようかな。
ちなみにこの時点でLV.18。武器が強力過ぎて多少のゴリ押しでいけてしまっているため、適正かどうかすらわかんないや。

さて、再び「祈りの塔」に向かい二つの封印石をセットしましたが……ええ、静かなもんです(*´∀`*)本当はこの時、あのゴゴゴゴって音がする筈だったんでしょうね。
しかし、ジャンさん的にはたった今封印が解けた事にして、新たに出現した通路へと踏み込むのでした。

緩やかな階段を上って行くと、4本の篝火がある部屋に到着。その中央にあった「竜王草の実」を回収した直後、唐突に「魔法を覚えた」とのメッセージが表示されました。なんと「ブレス」の魔法を覚えたようです。
最初は特殊な「竜王草の実」だったのか、とも思ったんですが、たまたまイベント発生位置にアイテムが置いてあっただけみたい。びっくりした。

更に、この篝火の空間は回復ポイントにもなっていました。こうなると、ますます第1層に戻る動機が無くなってきたぞ。でも、何のかんの言いつつ戻っちゃうんだけどね。アイテム買えるの第1層だけだし(ΘωΘ)

さて、篝火の間から北進を再開すると、前方に長い橋が見えて来ました。そしてその手前の壁には、セーブポイントがあります。
さっきの回復といい、なんか至れり尽くせりな感じですが、この先には魔導師の迷宮があるらしいので、それを見越してのサービス(?)だと思われます。

……よし、ちょっと行ってみよう。
覗くだけ、覗くだけだからね!

長い木の橋と、飛島のように配置されている床を進んで行くと、ようやく建物の内部らしき場所へ到着。そしてその奥にあったのは、魔法陣でした。……あれ? 第4層に続くの? ここはまだ魔導師の迷宮じゃないって事ですか?
切なくなるほどの空振り感ですが、第3層にはまだ未探索の場所があるので、今は引き返すとします。

さて、以前にも触れていましたが、次は第2層からの魔法陣の南側エリアへと行ってみます。
エリックの情報では、他にも魔法陣があるそうですが、そこに入って戻って来た者もいないそうな……。

件の魔法陣を発見したので早速入ってみたところ、転送先はなんと第1層。しかも、いきなりスケルトン×3がお出迎えです。
あれ、ここってもしかして第1層のスタート地点付近にある、施錠された扉の内側じゃないかな? 今持ってる鍵じゃ開かなかったところ。そうか、第3層へのショートカットだったか。
スケルトン達は倒したものの、やはり内側からでも扉は開けられなかったので、戻るしかありませんでしたとさ。

その他は、マミー多発地帯の奥に封印扉があるのと、マップ南西に鍵のかかった扉があるぐらい。まぁそのうち開けられるようになるんでしょう。焦らない焦らない。

荷物整理のため第1層へ。ついでにバスクさんやオジーさん、司祭様に話を聞いておきます。もはや無意識にやっちゃうほど習慣化されてきた(笑)。

バスク
・「ランドルフ8世」は前王に暗殺されたらしい。さらに前王にも不吉な噂がある。
・第3層にあると言われている「風の迷宮」には前王復活以前から魔物がいたらしい。

司祭
・偉大なる司教は既に「祈りの塔」にはいないが、その聖なる力は今だに効力を失ってはいない。
・魔族の血を濃く引くせいか代々の王は聖職者を側に近付けなかった。弾圧をしたことさえある。

えっ。
最後、なんかさらっととんでもない事を聞いた気が。
あと、やはり前々王の弟が前王のようですね。ただ、暗殺って事になってるようですが、本人は封印されたって言ってんのよね。魔族の血を引いてるからか。

王様兄弟の殴り合いの話はさておき、実はこの層には二つ目の「真理の鏡」があるとのこと。あの第2層で強制的に賢者様から取り上げられたやつです。
場所は、マップ北の第4層への魔法陣へと続く一本道の途中。「祈りの塔」の先のセーブポイント以降にかかっている木の橋の、二つ目と三つ目の間にある飛び地の南です。
南側には真っ暗な空間が広がってますが、竪琴を鳴らすと長い石の橋が出現。その先に宝箱があります。ただし入手後は速攻で戻らないと橋が無くなってしまうらしいので、ビビリの私は素直に緑竜の杖を使いました。

この時点で、第3層で出来る事は全て終わらせた……はず。
長い橋を渡り、今度こそ第4層へと向かいます。

【第4層】
やってきました第4層。魔導師が勝手に迷宮をこさえているとの事ですが、どうなる事やら。
転送が完了したらとりあえず地図を確認……って、視界が開けた途端、目の前にクレイゴーレム2体! 殺意の高いお出迎えありがとう!

ゴーレム撃退後、改めて地図をオープン。が、記されている箇所はほんの僅かでした。
そうか、魔導師が後から作った迷宮なんだからそりゃそうよね……。

ここにきて地図が役に立たなくなった事にショックを受けつつ、とりあえずは道なりに西へ。すると八つの道に分岐している小部屋に出ました。周辺にはクレイゴーレム数体がウロウロしてて邪魔なので、それらを撃破しつつ通路を確認していきます。
「トリプルファング」の回復機能を頼りに休み休み進んでいると、ローブを纏った人物に遭遇しました。ただちょっと変わっているのは……なんか身体が透き通っとる。

「よくぞ、ここまでやってきた。しかしお前程度の魔力では、5層への扉は開くことは絶対ない」

あ、この言い種は敵サイドの奴だ。格好からして、こいつが魔導師なんでしょうか。
その後、何回話し掛けても同じ事しか言わないので、たぶんホログラム的なものなんでしょう。「いらっしゃいませ! 第4層へようこそ!」的な。

さて、一つ目の分岐における正解ルートは南西の道でした。うっかり落下死しちゃいそうな落とし穴も多いので、慎重にいきます。床のテクスチャのせいでわかりづらくて……。
と、とりあえずセーブポイントはないのか(´;ω;`)! ちょっとジャンさんが泣きそうになってるんですけど!

途中出現した初見の「ストーンゴーレム」に怯えつつ、ジリジリ前進。
いい加減、緊張が高まり過ぎて苦しくなってきたので、攻略情報でセーブポイントを確認したところ、もう少し頑張る必要がありそう。
そんな中、二つ目の分岐部屋へ到達。セーブポイントへ行くにはこの部屋を南下すれば良いようなので、今はそれを優先します。アイテム回収はまた余裕が出てからね。

ひたすら南進していると、マップ南側の広い通路へ出ました。ただしスパイクボールがいくつもブラブラしております。
とは言え、セーブポイントは目前なので、もうひとふんばり(`・ω・´)
途中、操作を誤ってスパイクボールにツッコミましたが、ダメージは大した事がありませんでした。よし、これならどうにかなる。

ようやく辿り着いたセーブポイントには、哀れ兵士の亡骸が……あ、まだ生きてた。
しかしその兵士は傷を負っているらしく、息も絶え絶えです。それでも情報を引き出そうとしちゃうジャンさんは鬼。
途切れ途切れに教えてくれた情報をまとめると大体こんな感じ。ただし推測で補完しているので、正直自信無いです。

・隊長(ジャンさんの父上)は「ブラックナイト」と相打になった。
・隊長から、ジャンさんに剣を渡すよう頼まれたものの、会えないと思い墓に置いて来た。
・「ドラゴンソード」の力は、剣を振るった後に魔法を続け、技を出す。

…………マジ? ち、父上───っ!
嫌な予感はしてたっていうか、てっきり「ブラックナイト」ってのが魔導師に洗脳された父上とか、憑依された父上とか、そのあたりじゃないかと思ってただけに、まさかの展開。
それにしても、剣を墓(たぶん父上の)に置いてきたというのは懸命だったのか、どうなのか。……まぁ普通に考えて、こんな所まで来れるとは思わないよね。

この兵士さん、しばらくすると何も話さなくなりますが、頭はしきりに動かしているので死んではいないみたい。助けてあげるから、もうちょっと待っててね。
それにしても、彼が絶妙な位置に倒れているため、セーブ画面を出す角度の調整がちょっとめんどいです。

セーブしたら先程の分岐路へ戻り、改めてそれぞれの通路を調査。すると、またしても透き通った人を発見しました。

・相打とはいえ、まさかあのブラックナイトを倒す者がいるとは思わなかった。
・あまりに見事だったので(ジャンさんの父上の)墓は、この私が造ってやった。

わぁ、これはご親切にありがとうございますこのクソ野郎が。

これで北西部の探索は概ね終わったので、再びセーブポイントに戻って南の通路を探索。南西には大きな石がぐるぐる飛び回っている部屋があり、その部屋の中央部にはストーンゴーレムが2体いました。……うわ、見るからに面倒そうなお部屋。
見通しが悪い上に、初見の仕掛けが不安になったので、攻略情報を見てアイテムを確認したところ、部屋の東西と北の三ヵ所にあるようです。

石は決められたルートを回っているだけなので、ジャンさんを狙って飛んで来る事は無いのですが、いやらしい事に室内のアイテムは全て石の軌道上にあります。しかも石に当たると結構なダメージを受けてしまうので(経験済)、まずは岩が飛んで来ない部屋中央に移動した上で、北、西、東の三ヵ所にあるアイテムを回収したいのですが、その中央部にゴーレムが2体もいるわけです。
ならば倒せばいいじゃない、と普通は思うのですが、このゴーレム2体、倒しても次の瞬間には復活する鬼仕様であるため、中央部が完全なる安地になる事は無いのでした……。

こうなったら矢も石も似たようなもんだろ! とヤケを起こしたジャンさん。とりあえず東西の宝箱を回収するため、HPフルにしてGO。回復アイテムはたっぷりあるので問題ないです。もうゴーレムはいないものとして考えよう。

ゴーレムにボコボコ殴られつつ入手したのは、東の宝箱から「魔導師の地図」、西からは「幻の杖」。
この「魔導師の地図」、「番人の地図」では描かれていない箇所を補完したものでした。完全版すげぇ!
……ところでこのストーンゴーレム2体、遠くからチクチク魔法で倒し続ければ、魔力と経験値稼ぎに使えそうです。お金は回収に行くのがめんどいのでまぁいいや。

しばらくは八つ当たり的にストーンゴーレムを魔法でチクチクし続けていたものの、MPが尽きたところでセーブポイントに撤退。
「トリプルファング」の力で全快するのを待ちつつ、続きは次回になります。

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。