「STAR OCEAN 2」(PS) プレイ日記 第4回

PS 「STAR OCEAN 2」(PS)プレイ日記、第4回です。
ハーリー~リンガ~ラクール王国まで。

ラクール大陸に渡るため、港町「ハーリー」に向かう事となったレナ達。が、その前に「紋章の森」で経験値稼ぎを敢行しました。ここまで突っ走って来たため、流石に戦闘が厳しくなってきた(゜∀。)
クロード&セリーヌLV.15、レナLV.17になった頃、改めてハーリーへ出発です。

【ハーリー】
入口にいる老人に話し掛けるとイベント発生。「サルバの町に双頭の竜の化け物が出現した」という話を耳にしました。
実はこのイベント、「アシュトン」という剣士キャラを仲間にするためのものなんですが、今回は彼を仲間にはしないので、双頭竜の話は聞かなかった事にします。ごめんね。
ちなみに何故仲間にしないかというと、今後仲間にする予定の「オペラ」は、アシュトンがパーティーにいる場合は仲間に出来ないから。更にもう一人の仲間予定キャラ「エルネスト」はオペラがいないと仲間に出来ないため、アシュトンを仲間にしちゃうと2名を逃す事になっちゃうのです。

【ヒルトン】
さて、ハーリーから船に乗り、ラクール大陸の港町へと到着。

・こちらの大陸の方がクロス大陸よりは安全。
・ヒルトンから南東に歩けばラクール国。
・今度ラクール王国で武具大会がある。
・ディアスが武具大会に出るらしい。

宿で一泊すると、夜更けに一人部屋を抜け出したクロードが、屋外で緊急通信を試みるイベントが発生。が、通信範囲外であるため失敗に終わった模様です。実はこの時レナがクロードを尾行しているのですが、彼が何をしているのか見当すらつかないのでした……。

翌日、早速「ラクール王国」へと向かいます。

【ラクール王国】
武具大会が近いため実に賑やか。ここの王城も一般公開されているようです。
城下町には武器屋が多いものの、武具大会前ということで、現在は参加者にしか販売していません。ならば早速参加申し込みを……といきたいところですが、大会にエントリーすると消滅するPAがあるらしいので、それらが片付いてからにします。何はともあれ情報収集。

・ラクール王国では超強力な紋章武器を開発中。
・大会に登録するには城で申し込み、強そうな武具を売っている武具店に行く。
・その武具を身につけて戦う。
・もうすぐラクールも戦場になる。

町の探索中に西側の高台の家へ向かうと、外にいた子供に止められました。誰も家に入れないよう、お爺ちゃんから言い付けられてるそうな。良い物を造りたいから集中したいとのことですが、職人さんかな?

【ラクール城】
町の探索を終えたら城へ。エントリーはまだしませんが、見学と物しょ……いやなんでもない。
ここも普段は国王に謁見出来るようですが、現在は武具大会の開催直前という事で、謁見は休止になっている模様。ただし、大会で優勝すればお褒めの言葉を貰うときに会う事が出来るみたい。それがダメなら数日間待ちだそうな。

その他、城内で得た情報はこんな感じ。

・ラクール城内には紋章武器研究所が設置されている。
・研究所主任には「レオン」という息子がいる。

研究室に行くとそのレオンがいます。仲間候補ですが、残念ながらレナが主人公の場合は仲間に出来ません。
また、この国には「ロザリア」という姫君がいるのですが、実はこの方、クロス城下町のPAにて結婚式当日に花婿(クロス王子)をセリーヌさんに奪われしまったため、レナ達に対して冷ややかです。ご、ごめんね。でも宝箱の中身は頂いていきますね(ΘωΘ)

ラクール城から出るとイベント発生。王様にはしばらく謁見出来ない事が解り、今後どうするか話し合うレナ達。とりあえず古文書の解読を依頼するためリンガへ向かうのが妥当なのでしょうが、クロードが武具大会に参加したいと言い出しました。ディアスも参加している可能性があるのなら、自分も参加して彼と戦ってみたいそうな。

そういう訳で結局は武具大会への参加申し込みをする流れになるものの、そうはさせるか、先にリンガに行くぜ! ……と思ったら、一度城に入ったら町から出られなくなるのか∑(゚ω゚;)!

城へ向かう直前のセーブデータをロードし、何事も無かったかの様にリンガへ向かう一行。
が、フィールドの敵が強くて泣きそうになりました。やっぱLV.20はないとマズいか。

【リンガ】
町に入るとイベントが発生。何やら小さな物体を追い掛け回す少女が登場します。逃げ回っている物体が機械である事に気付いたクロードは、驚愕しつつも物体と少女を追って行ってしまいました。そして、何が何やらわからないまま、後を追うハメになったレナ&セリーヌさん。

先程の少女のもとへ追い付いてみると、物体を捕まえ損なった少女は転倒して地面に伏してました。小物体が逃亡した方向を知らせてあげたところ、礼もそこそこに、再び探しに行っちゃいましとさ。

この少女の正体は仲間候補の「プリシス」。リンガ初訪問時のイベントはここまでなのですが、以降、リンガでは彼女を仲間にするためのPAが発生するようになります。
レナはプリシスの父親から「娘と友達になってくれ」と頼み込まれる事となり、何だかんだとイベントを進めた結果、彼女も旅に同行する事となりました。「ソーサリーグローブ」を見たいんだってさ。
このイベント後に町を出ようとすると、プリシスが合流。これで晴れて仲間に出来ます(*´ω`*)

さて、ここで改めてリンガでのイベントをこなしたいところですが、プリシスが仲間になったので一度アーリアまで戻り、彼女絡みのPAを消化しておきました。その道中は戦闘をこなして経験値稼ぎ。
本当はリンガ周辺で経験値稼ぎをするつもりだったんですが、現時点では死亡事故多発で逆に効率悪いのよ('A`)
一通りPAを済ませたら、改めてリンガで情報収集。

・古文書類の解読なら「キース・クラスナ」先生に頼むのが一番。
・キースの家はアカデミー・コープの隣。

早速キース先生の家に行くも、休暇をとって武具大会を見に行ったらしくお留守。大会が終わるまで帰ってこないみたい。やっぱり武具大会を終わらせないとダメかぁ。

この後しばらくはLV上げとスキル上げに勤しみました。目標は全員LV.25になるぐらいまで。
準備が出来たら、いよいよ武具大会への挑戦です。ラクール城に入ってからの手順はこの記事を遡ってご覧下さい(゜∀。)

【ラクール城】
戻ってきましたラクール城。今度こそ武具大会に挑みます。

受付で登録を済ませたら、城下町にある4件の武具店のいずれかで装備を確保。攻守ともにそこそこバランスの取れた装備を提供してくれる店を選び、参加バッジを貰ったら準備完了。当日を待ちます。
このタイミングでなら外に出る事も可能だったので、すかさずセーブしておきました。

その後、宿屋で宿泊しようとすると、「ここで泊まるとしばらくラクールの町の外へ出られなくなる」との忠告が。なるほど、配慮はしてあったか。

さて、大会を前にして落ち着かないレナは一人お散歩……という名の自由行動。が、どこで何をしていいか解らず町を彷徨っていたところ、西の高台にてイベントが発生しました。以前レナ達を追い返した子供「スフィア」が、祖父が鍛えた剣を使ってくれる戦士を探していたのです。
レナはスフィアにクロードを紹介しようとするものの、一度店を決めたら変更出来ないルールのため、それは無理。そこで、二人で剣を使ってくれそうな戦士を探してみる事になりました。

ここで一応、スフィアの祖父「ギャムジー」さんの工房へ。偏屈な感じの鍛冶屋さんだとばかりかと思ってたんですが、優しげなお爺ちゃん。
もう誰も自分の打った剣を使ってはくれない、としょげかえる爺ちゃんを元気づけたい一心で、レナはスフィアを連れ戦士捜し。……結果、酒場で色々あった末、ディアスを確保(笑)。

まだ登録を済ませていなかったディアスをギャムジーさんの工房へと誘導し、レナは皆のもとへ帰還。ディアスと会った事は内緒にしたようですが……嫌な予感。

そんなこんなで大会当日。闘技場の受付で手続きをしているとディアス登場。なんと、ギャムジーさんに頼んだ筈の武具が未到着というトラブルに見舞われていました。
レナは自分がギャムジーさんを紹介した手前、責任を感じ、ディアスに同行して工房の様子を見に行こうとするものの、それをクロードに聞かれちゃったからさぁ大変。更にはディアスが「偶然なんだからヤキモチはやくな」とお得意の煽り宥めを炸裂させたのがダメ押しとなり、余計面倒な展開になっちゃった('A`)

ディアスが一人先に場を離れた後、後を追おうとしたレナとクロードの間で一悶着。「レナはどっちに優勝して欲しいんだ」と嫉妬全開のクロードに対し「どうしてそんな事言うの?」と、質問に質問で返すレナ。お前等どっちもどっちだ。いい加減学習しろ(笑)。
一方のディアスは、レナの言動がクロードに誤解を与えまくってる事に呆れ気味なのでした。巻き込まれてるんだからしょーがないか。

爺さんの店に行ってみると、一人泣いているスフィアの姿が。祖父と一緒に城へ武具を届けに行く途中、武具を奪われちゃったみたい。で、爺さんは一人、犯人の男達を追って行ってしまった模様。
その後、酒場の前で偶然犯人達と出会し(笑)、戦闘突入。ただし雑魚なのであっと言う間です。
ちなみに犯人共の正体は、ディアスと再会した際に酒場で揉めた連中でした。でしょうねー。

ところで、肝心のギャムジー爺さんは酒場の中にいました。無事だったようで何より。

闘技場にてディアスが受付を済ませるのを見届け、一人応援席へと向かうレナ。既に大会は始まっており、クロードは1回戦に勝利したみたい。
ここからはクロード&ディアスが勝ち抜いていくのを観戦する展開になるんですが、一試合ごとにいちいち観客席をウロつかなきゃいけないっぽいのが面倒です。この間セーブ出来ないのも厄介。

また、このイベントの最中、応援席に来ていたギャムジーさん&スフィアに対し、レナはディアスを応援するよう頼んだりしちゃいます。「自分は他の人を応援しなきゃいけないから」というのがその理由なんですが、それ、クロードにちゃんと言ってやれば良かったと思うよ(ΘωΘ)

そんなこんなでイベントは進み、ディアスとクロードでの決勝戦。はいはいクロード君あっさり負けましたよ負けました。

大会終了後、控え室で目を覚ましたクロードの前にディアスが登場。一応ツンデレ式に誉めてくれました。ちゃんと相手を評価しようとするから偉いよね。
更には、レナが失神中のクロードにずっと回復の呪紋を使ってくれていた事が発覚。そうそうこういう積み重ねが大事よ。

ところで、この一連のイベントで感じた事ですが、ディアスがレナに言う台詞は「兄」の目線に近いものがあります。でもクロードとの仲を取り持ってやる義理もないから、レナにだけ釘刺してる感じ。一方、クロードはディアスを恋敵と思ってるっぽいので結局面倒臭い事になる、と。

話は戻りまして。大会終了後に武具を揃えた店に行くと、賞品としてその武具と賞金がもらえます。ついでにギャムジーさんの様子を見に行くと「シャープエッジ」をくれました。ディアスから渡すよう言付かってたんだってさ。

この後はようやくリンガでの古文書解読イベントを進める事が出来るのですが、その前にヒルトンへ向かいます。武具大会が終わると、ヒルトンの酒場に仲間候補の女性「オペラ」が登場するそうなのです。
三つの目を持つ「オペラ」は、同じ三つ目を持つ「エルネスト」という人物を探し、方々で尋ね回っている模様。偶然居合わせたレナにも尋ねてきたので、以前、それらしき人物と(PA時に)遭遇した旨を伝えたところ、オペラは直ぐにクロスへと向かってしまいました。

ひとまずここはオペラを追い掛ける事にして、続きは次回。

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。